”釣り”とは常に釣れるとは限らない。
ならどうやったら釣れるか?‥を問う話に数多の答えが存在する。
状況に応じたリグの種類、ラインシステムやロッド、リールという道具による解決方もある。
しかし、あらゆる手段を合成し組み合わせていく事で一匹にたどり着く結果に徐々に近づく事が出来るのが釣りである。
その手段の中で常に現場で要求されるのが最終的に口に入れさせる物、いわゆる自分たちアングラーの使うルアーという疑似餌になる。
ここにも色や形、硬さや臭いなど様々な要素で口を使わせる可能性を高めていく工夫が施されているが‥そう考えればルアーフィッシングはターゲットが何であれ奥が深いと思う次第だ。

DSC_7635
(まだイカナゴの幼魚を捕食していたメバルに対し、一回り大きめのステープルフライで連発)


今回は釣り方ではなく、長い年月をかけて個人的に調べた1つの結果を惜し気も無く書いてみようと思う。
もちろん本人の気まぐれだ‥。
例えばアジやメバルでアミパターンやイカナゴパターン、時にはバチパターンとその時によって口にしている餌が極端に偏り、普段釣れている実績のあるルアーで口を使わせることが出来ない事が有る。
そうすると、出来るだけそれらのエサに似たルアーで誘い、食わせる事に専念するのは当たり前だ。

DSC_0044
(画像では分かり難いがアミとイカナゴの幼魚で腹がパンパンのメバル)


しかし食わない=ルアーが適合していない=サイズが違う‥は一概に正解とは言えない部分がある。
また、プレッシャーがかかり警戒心が強く、小さい物でないと口に入れないと考えるのが普通と思っている釣り人も多い。
何とか小さい物でターゲットの警戒心を解こうとする釣り人。
そこに自然界の厳しい現状を生き抜く生物との意識の違いが生じる事がある。
淡水は池や川、湖に済むものから汽水海水域のものまであらゆる魚を観察してきた中で共通した習性が見られる事に気が付いた。 
それはエサとなる対象を比較的大きな物から狙うという習性。

メバル胃内容物1
(上の画像に有ったメバルの主な胃内容物)


自分が思うにそれは弱肉強食の中を生き抜く為の僅かな努力なのかもしれない。
少しでも大きなエサを捕食できる事で体力も成長も違ってくる‥それもあるが一番無防備になる捕食のタイミングの回数を減らすという意味もあると考える。
小さい物を何度も追い回し隙を見せる事の危険さをどんな生き物でも本能で知っているのだろう。
エサ一つ口にする事も命がけの世界で効率の良いのがどちらか考えれば答えは出る。
DSC04978
(メバル10匹の胃内容物を調べた内、半数にこのサイズのイカナゴが入っていた)


野生の本能はそれを遥か昔に無くしてしまった我々人間にはもう知り得る術はないかもしれない。
だから絶対という答えが存在しないのもこの世界だと思う。
バスの世界ではビッグベイトで一発を引きずり出す事など日常茶飯事だが、これはアジやメバルでも効く事が結構ある。
エサの少ない渓流でもこういう習性が見られる事が有る。
実際にアミパターンに惑わされて22~23Cmのレギュラーサイズのアジをポツポツ釣っている中で、カサゴ用に使うようなグラブにヘビーシンカーのジグヘッドを合わせ47Cmのアジを真横で抜かれた事があった。
大きい魚だからそれでも食ってきた可能性は否定できないが、それだけでは説明できない程レギュラーサイズの数を釣るという結果はどう受け取るかだった。

もし自分たちが猛獣の居るサバンナやジャングルで狩りをして生きていくとしよう。
狩りに出たその日、猛獣の棲家の前で弱ったネズミとウサギを同時に見つけたとして一人の場合どちらを先に獲ろうとするか‥。
そういう事ではないだろうか。
マッチザベイトの中でのビッグサイズパターンという盲点について書いてみた。