ソルトウォーターベイトタックルの必要性や性能、特化能力についてこれまで検証して来た中で、自分が最も優れた能力というものは何か‥それがうまく伝わっていない気もするので書き加えてみようと思った。
D7K_4633

ベイトタックルの楽しみ方は様々で、チューニングして飛距離を伸ばす楽しみも有れば、如何に軽いルアーをキャストできるかに焦点を置いた楽しみ方も有ると思う。
確かに今日のベイトリールの性能は素晴らしく、ライトゲームで使用するに値する能力を持っている。
如何に軽いリグをキャストし、操作できるかが使い手の技量である‥というのも間違いでは無い。
しかしそこに落とし穴が有るように思えて来た。
自分が先日とあるイベントでこういう質問を受けたのがきっかけだった。
「海でのライトゲームでベイトタックルの必要性ってあるんですか?」とその人は言った。
当然、利点を説明するのだが‥どうも軽いルアーをわざわざベイトで投げる必要があるのか‥という点に疑問を抱いているとの事。
そう言えばここ最近のベイトフィネスの盛り上がりについて見てみると、何gのジグヘッドをキャスト出来るか又は出来たかとい所に視点が集中している。
自分がベイトタックルの利点を説明すると「敢えて軽いルアーを投げる必要が無くなるから」と答える。
当然質問した側は驚くのだが、盲点がそこに有るように思えた。
アジやメバルでジグヘッドを使用した釣りがほとんど1g前後の単体を基準としている事。
これが投げれなければベイトタックルが確立しないという思い込みが定着しているのだ。
はっきり言うとそうでは無い。
なぜ1g前後を基準に考えるかと言うと、沈下速度及び自然に流れに乗せてドリフトさせる事が出来る重さとしてだろう。
それはあくまでもスピニングタックルの場合だからという事。
自分がベイトタックルの最大の能力として挙げるのが沈下速度のコントロール機能だ。
いわゆるメカニカルブレーキの存在。
従来はキャストするルアーの重さに合わせてラインの出方(スプールの回転)を制御するシステムだが、ソルトウォーターベイトタックルではこれをキャスト後(着水してから)のスプール回転の微調整に使用する事で1gでも3gでも同じ速度でフォールさせる事が可能だと言う事。
D7K_4640

ジグの質量や重力に関係なくフォール速度を調整し口を使わせるテクニックとして、個人的にはこの操作を”ゼログラビティフォール”と言っている。
スピニングタックルではそれが構造上出来ず、ただルアーの重さに応じたラインの出方になるため沈むのが早くなるから1gを基準にする考え方が定着しているだけである。
軽いルアーを投げられることに越した事は無いが、それがベイトタックルの敷居の高さになっているとしたら間違いだと知って欲しい。
D7K_4648

ベイトタックルなら3gのジグヘッドでもスピニングタックルの1gのジグヘッドと同じフォールが可能だという事。
そしてそれは例え5gでも可能だと言う事実。
この機能が有る事によって、スピニングタックルの1gで届かないエリアにベイトなら着水させスローフォールでの誘いが出来る。
即ち、この機能を使いこなせば潮の流れの変化も読み取る事が出来き、ボトムの湧潮流を探したり離岸流を探す事にも効果絶大なのだ。
特別軽いトップウォータープラグ等は風の抵抗などを受け易くベイトタックルにおける技量や性能が問われるが、 ジグヘッドリグやスプリットショット、キャロ等においては圧倒的な攻撃力を持っている事を知って欲しいと思う。
DSC04992
DSC_7653

敢えて何度も言うが、重いジグの沈下速度を自在に操れる事こそベイトタックルの神髄だと。