年末の恒例となった年忘れ釣行を行い、とあるポイントへ。

今年はお世話になった方と計8人での釣り歩きとなり、ポイント選択も悩ませられながら極寒暴風の荒行釣行を無事に済ませて参りました(汗)

RIMG0533

RIMG0545


そんな中で、ちょっと気になる釣り方を紹介するのですが、その時に始めてお会いした釣友(釣友の幼なじみ)の方の遊び心有る楽しみ方でにおいてたくさんのヒントをいただいた訳です。

RIMG0553

前に書いた様に当日は風が強く、重たいリグかメタルジグでの釣りを強いられたので、個人的にはメタルジグの7gでどん深の潮流やブレイクの際を狙う様に意識した釣りを展開。

RIMG0578

そんな中、マイクロメタルジグにアジング用のワームをセットしてアタリが頻繁に出るという状況を発見。
これはフロントフックにワームを付けても良いが、今回はリアフックにワームを刺して使った方がキャストフィーリングもフォール速度的にも良く、安定した効果が見られたので非常に面白い結果となった。

メタルジグのウェイトで飛距離も出せるし、ワームを付けることでフォール速度を遅く出来る。

RIMG0574

ワームの形状やサイズによってフォール速度も変わり、食わせのタイミングを作る事にもつながるという訳だ。

RIMG0566

ところがメタルジグにワームを刺す事でルアー自体の実寸が大きくなる‥これについて捕食対象から外れる可能性が否めないと思ったのだが、カサゴは勿論のことアジもメバルも頻繁に当たって来る。
これもアジが細ければ相当長いワームでも食いにくる傾向と同じで、太さに比べて長さに対しての警戒心の高まる傾向が少ないという事だと思う。

RIMG0577

ウェイトも有って風の日に強く、他魚種が狙えるこの釣り方は今後も開拓していく余地が有ると思う。
まぁ、さしずめキャスティングマイクロインチクゲームとでも言うのか、まだまだ色んな場所でやってみたいものだ。

RIMG0561

極寒の中でいただくホットコーヒーでみんなこの顔に(^-^)

RIMG0536
温まってモチベーションも回復!!

しかしホント寒い中の暖かいコーヒーは何とも言えない物(^_^;)
カップラーメンも更においしく感じる(^▽^;)

RIMG0562

命を救われた気分だった♪




ロッド:ブルーカレント ストリームスペシャル 77/TZ NANO 
リール:ルビアス 2506H
ライン: PE0.4号+フロロリーダー3lb
メタルジグ:Jazz 爆釣ジグ 7g+バブルサーディン 他、ブリス メバジー6g+アジリンガープロ等



RIMG0548

おまけ画像