たまにはこういうのも書かないといけないかと‥そんな訳で‥。

BBSとはタイトルにある通り、バックスライドさせることが可能なリグの事であり、従来のMキャロの様なロングシンカーを使わず、”ワーム単体のサイズ” でバックスライドさせるリグの構想である。
専用のジグヘッドと専用ワームの構想も既にメーカーへ提案はしているが、やはりワームのバランスや形状により汎用性の低い物になってしまう為、ここでは取り敢えずリグの方を公にしようと思う。

バックスライド‥言わばバスフィッシングの世界には既に存在する特殊な形状のワームを用いた攻略法をソルトウォーターライトゲームの世界で実現させたもの。
バックスライドとは、着水点から通常のリグでは真下か若干手前に寄って来ながらフォールするところを、更に向こうへ滑り込ませるようにフォールさせるシステムの事で、橋脚の奥やテトラの穴・又は岩盤の下や藻の根元といった通常では送り込み難いブラインドスポットへルアーを届ける事が可能な、重心と浮力と抵抗を計算した特殊な技法と言える。
詳しく説明するまでも無く、今まで届かなかった‥或は誘い出せなかったターゲットに対してアプローチが出来るという事が理解いただけると思う。
通常、バスフィッシングの世界では専用のワームを用いるだけで簡単にバックスライドは可能となるが、圧倒的に浮力の高い海水で尚且つ小さな1.5インチ~2インチといったワームをバックスライドさせるとなると先程書いた様にウェイトなどの計算が必要となる。
感覚で慣れてくればだいたいのバランスも分かってくるが、重要なのは扁平なワームで出来ればヒレとなる物が有る形状+前後どちらかに水の抵抗を明らかに受けやすい形状が施されている事だ。
要するに幸いとも言えるがイカやエビをモチーフにした形状がベストだという事である。
形状だけで言えばバス用のバックスライド用ワームと同じ事が言える。
しかし、バス用の物は4インチ~6インチ以上のサイズとなり、マテリアル自体にウェイトを持たせやすくノーシンカーで簡単に使用でき、バックスライドを確実に再現できる構造となっている。
これには淡水であるからこそそれが可能だとも言え、浮力が強く働く海水で更に1~2インチクラスのワームを理想通りフォールさせるには同じ構造では到底無理となる。

セッティングは現在多用されている各種類のリグに比べ繊細さと難度を伴う為、一先ず最近自分が使っているワームとその他の小道具を例に挙げると‥。

RIMG0916
(自分が協賛を得ているメーカーで言えば比較的使い易いのがバークレイのベビースクイッド)

最近出て来たワームだが、このリグに持って来いの物だと言える。
(Jacksonのワレカラ2.3インチも若干尻尾を切れば使える)
これにreinsのタングステンネイルシンカー1/32oz(0.9g)。

RIMG0915

このシンカーがオフセットフックのシャンク長に収まらなければならない。

RIMG0918
(ネイルシンカーとのクリアランス)

ワームのサイズに合わせたゲーブの広いオフセットフック、各社10~4番程度。

RIMG0917

この場合使い易いのはがまかつの325ウルトラライト8番かtictのDFフックMサイズといったところ。
オフセットフックでもアイが完全に前を向いている形状でなければ、リーリングするとワームが回転してしまうのでジグヘッドに使われるようなアイが上を向いた物は良くないとだけ付け加えておく。
予めワームのボディに針で穴を開け、ネイルシンカーを打ち込む。

RIMG0921
(うっすらと打ち込んだネイルシンカーが見えるのもリアルで良さげです)

RIMG0920
(これが滑り込んで来たら子イカにしか見えないでしょうね(^_^;))

その後、従来とは前後逆にオフセットフックを装着するという手順だが、針先はフッキング効率を上げるのに出来るだけ出しておくようにセットする為、ゲーブの深い物を用意するという事。

RIMG0922
(これでキャストすればイカが逃げるように胴の方からスライドしていくのと、ゆっくり引けば触腕を上げて浮遊しているように見えます)

針先を少し外へ曲げておく(ゲーブを広げる)と針先がワームに対して真っ直ぐになり、掛かりが良くなる。
マイクロワームをバックスライドさせるにあたって重要なのは、”如何に水の抵抗を利用するか”‥という所にある。
また、メインとなるワームのボディサイズにフックサイズがほぼ同じ位である事がバックスライドさせるにあたって重要視される。
そしてほぼ中心に重心が来る事。
あまり重心が偏ると、今度は引いた時にワームが垂直になってしまい、リトリーブでの釣りが成立し難くなるので注意が必要となる。

うまくセット出来れば後は使う場所と使い手次第という事だ。
着水後、バックスライドさせて送り込み、ボトムに着く前にラインが止まったらアタリととらえる。
アタリが無ければゆっくり引いて浮かした後、またフリーフォールでバックスライドさせるという釣り方となる。
あまり潮流の早い場所では難しい場合もあるが、岸からでも沖の藻の際を狙う際に威力は絶大だ。
バスの世界でも、ストラクチャーの奥に潜む魚程、警戒心は薄く口を使い易い傾向にあるが、メバルやアジを含むライトゲームターゲットにおいてもそれは例外では無いと感じる。

以上、そろそろ藻が切れ始める時期ではありますが、シチュエーションによっては年間を通して使えるので興味のある方はお試しくださいませ。
また、メバルを狙う場合は成長が遅い個体につき、フィールドを守る事も考えて極力リリースを心掛けていただける様に心掛けましょう(^_^;)