この時期に限らずアジングで小さなこの魚が釣れる事が有る。

DSC_0269

アジングで釣れるサイズは15Cmに満たない物も多いが、鋭い歯が並んだ目の大きなこの魚は成魚になると深海に移る非常に美味しい魚である。
一般的にはムツと呼ばれ、地方によってはクロムツという呼び方で総称する所もあるらしい。
アカムツは体表がその名の通り赤く、山陰地方ではノドグロと呼ばれ大変高級な魚だが、同じムツでも先に述べた普通のムツは知名度が比較的低い。
ノドグロの影に隠れてしまい、非常に美味しい魚であるにもかかわらず外道で釣れても捨てられることが多いのが残念だ。
しかし、実際は五つ星が着くほど美味しい魚であり、現に最近釣れた物を食してみたらとんでもなく美味しかった。
これを狙わずしてどうするか‥と言いたいほどに。

DSC_0271

釣れた場所は山陰の沖合約20m、水深が15m程のボトム付近。
そして日中である。
良型の物はそれなりに大きなルアーを使って、フラッシング効果を利用すると効率が良いようだ。
つまりはメタルジグやブレードジグと言った物。

DSC_0273

この時は大体が少し早めにリーリングしていたと記憶するが、スローで巻いても食ってきた。
ラインをミスバイトで傷めないようにするには、ブレードジグを一定速度で巻く方が効率が良い。
太刀魚やサワラと言った歯が鋭い魚にはメタルジグも良く効くが、イレギュラーなアクションによりミスバイトを誘発し易く、ラインを切られたり傷めたりする事例が少なくない。
そうなると細いラインでも楽しめるブレードジグは楽でいいものだ。
この日は20Cm~30Cm近いものがポツポツと釣れたが、これはこれで釣れると非常に嬉しい外道だと思う。
近い内に行けたらまた狙ってみよう。
ムチングとでも名付けるか‥(^_^;)
これを専門に狙うのも悪くないかもしれないと今尚思う。