何度かベイトタックルを使用した際の利点をこのブログで紹介して来たが、具体的に最も威力を発揮するシチュエーションを書いておこうと思う。

RIMG1317

ベイトタックルは扱い方に少々慣れが必要な為、この道具を使いきって魚を釣ること事態に 面白さを感じる部分もある。
しかし 、確実に最も効率よくターゲットを狙いたい時にある条件下ではこのベイトタックルが最強の武器になる。
潮流が有り水深の有るエリアでのスプリットショットリグがそれにあたり、そのポテンシャルは一度経験すると虜になる程だ。
スプリットショットリグはジグヘッドの上数十Cmの所にシンカーを固定し、そこを支点に軽いジグヘッドを流れに乗せて探っていくリグのこと。
ウェイトの総重量が大きくなるため飛距離も出るし深いエリアも探り易く風が吹いても操作性が良い。
スプリットシンカーから下を軽くすればするほどナチュラルにジグヘッドを漂わす事が出来、流れの有る場所で使うと非常に効果が有る。
勿論、スピニングタックルでも扱い易い万能リグなのだが、これをベイトタックルで扱う事で更に隙が無くなる。
スプールが回転して糸を放出するベイトリールの構造をうまく使えば、常にラインテンションを感じながらアタリを待つことが可能になり、クラッチを繋がずともサミングで合わせに持っていけるのも利点の一つだ。
そのラインを放出するにあたり、ある程度の負荷(牽引力)が発生しなければならないのだが‥。
それを潮流で補う事で常に一定のラインテンションを維持しながらラインを出していくことが可能になる。
と言う事はフォール中もアタリが取れる上に水流の変化もスプールの回転で見極める事ができ、更にはトレースするレンジもスピニングタックルより確実な把握が可能になる。

15726813_918472301621932_4792800252724169971_n

このスプリットショットリグを扱う際に気を付けたいのがスプリットシンカーを支点としたときのライン角度と全体のスラッグの出具合だ。
極力ラインは比重が有り張りの有る物を選ぶのが良いのでフロロの通しで組むことが多い。
理由としてはスプリットシンカーを支点に屈折する仕掛けを扱うだけに、如何に他の部分を極力直線に近い状態で維持できるかがアタリを感知できるか否かにかかって来るからだ。
また、合わせた際に少しでもフッキングパワーを効果的に伝達する為でもある。
ただそれでも一つだけある条件下では潮流が有っても上記の戦略が役に立たない事が有る。
実は潮が流れていればなんでも良い訳ではなく、向きが重要になってくる。
それは以下の簡単な図で見ると分かりやすいと思う。

ベイトタックル 説明図111
潮流AとB又はBとは真反対に流れる潮には有効だが、Cの流れではフッキング効果が著しく低下する。
要するにジグヘッドがスプリットシンカーより手前に流れてきている状態で合わせると、ラインスラッグを取る程度に他ならないからだ。
この場合、フッキングできたとしても掛かる場所が悪くバレてしまったり外れたりすることが多くなる。
潮流Cの様な条件下では巻きの釣りでスプリットシンカーの後をジグヘッドがついてくる様にする方が良いと言える。
気付いた方も多いと思うが、実は自分の立ち位置から離れていく流れに対してはスプリットショットリグをベイトタックルで扱うと最も効果的であるいう事。
そしてその流れを利用し、メカニカルブレーキでスプールの回転に負荷を掛け潮流よりゆっくり流したり出来るのもベイトタックルならではの特性だと思う。

RIMG1318

フォール、ドリフト等の速度を自在に操り、クラッチを切っていても常にアタリを感知できる能力を最大限に活かす事がソルトウォーターベイトタックルの神髄だと思う。



【使用タックル】
ロッド:ヤマガブランクス ブルーカレント 71 Bait
リール:シマノ アルデバラン BFS XG レフトハンドル & ダイワ T3 SV 8.1 レフトハンドル
ライン:サンライン スモールゲーム FCⅡ 2.5lb
ルアー:Jazz 尺ヘッド 0.9g 又は、ロケットヘッドプラス 0.9g + ジャクソン ステープルフライ 2インチ
スプリットシンカー5B~6B

 


おまけ。
積雪、凍結の緊急脱出用アイテム。
スノーグリップ!!(税込2680円 送料別)
タイヤグリップ1111
これからの時期、釣行帰りの凍結や積雪の際の緊急お助けアイテムとして有れば安心です♪
詳しくはこちら↓
http://item.rakuten.co.jp/treasureworld/10000234/