9月23日、島根県の出雲で開かれたキジハタの大会にブースを出すべく現地入り。
大会開始の前にライトタックルでナイトゲームを楽しもうと港内で自ら考案し商品化される事となったJacksonのライトゲーム用マイクロワーム”ピピリング”を投入し調査を開始。
アジでも居れば遊べると思っての事だったが、一投目からヒットして来たのは今季絶望かと思われたムツだった。

RIMG1788
(サンプルのオレンジカラーにヒットしたムツ)

この魚は昨年からメインターゲットにしたて上げようと試みていた魚で、実は見た目に反して凄まじく美味しい魚である事。
アジングタックルで遊べるのだが、それこそアジと同じような誘い方で引き味も良く似ていて面白い。
ウロコがはがれやすく、素手で触るとウロコでドロドロになる辺りもそっくりだ。
しかし、歯が鋭く高々25Cm程の魚でも肌に歯が触れるとカミソリの様に切れてしまうので、フックを外す際は注意が必要となる。

DSC_1231
(フラッシュを炊くと反射する青い目が印象的だ)

今回も写真を撮ろうとジグヘッドのアイを持っていると、暴れた魚の歯が当たり指先を5ミリほど切ってしまった。
太刀魚の様な歯の持ち主なので取り扱いは注意する必要がある。
竿を振れた時間はイベント開始前だったのと寝不足だったこともあり、1時間も時間をかけられなかったが、群れにあたり連続ヒットも楽しめた。

DSC_1224

去年は5月から釣れていたムツが今年は入って来ないのかと諦めかけていた9月にようやく釣れ始めたという感じ。

RIMG1787

何より炙りが一押しの調理法という事で周りでは通っている超美味な魚なので、今後これを狙うアングラーも増えるのではないかと思う。
情報によれば島根県東部だけでなく西部でも釣れ始めたとの事。
大型になり深海に落ちる前の幼魚が港内や沖堤防のかけ上がりで釣れるので是非興味のある方は狙ってみて欲しい。
夜は水面付近まで浮いてくるが直ぐに見切られて釣れ難くなる半面、昼は水深15m位に集まっている群れを7~20g位のメタルジグで狙うと数釣りができたりする。
今回釣れたムツはお土産に差し上げたので、今度は家で食べる分を釣りに行こうと思う。



タックル
ロッド:Jackson ジャムオーバー JAM-555XXXL-AS
リール:ダイワ ルビアス 2004H
ライン:SUNLINE スモールゲーム FCII 2lb
ルアー:Jackson PY ピピリング