ブレードチューンのメタルジグの高速巻き。
やっぱりこの釣りは面白い!!
底を取って直ぐに高速で巻き続けるだけ‥。
そうすると、ドンッ!! 
後はサワラだろうがブリだろうがセッティングしたタックルの特性を考慮し、バレないようにやり取りをする。

o1080067214611472709
(今回はギャロップロングキャストにブレードチューンを施した)

しかしブレードチューンと言えど、高速巻き時にメタルジグ自体のボディが極力暴れない方がバイトが多かった事を考えるとボディ形状も重要だと思えた。
その事は昨年気付いた部分なので今回はより断面が丸に近いロケット型とも言えるメタルジグ「ギャロップロングキャスト」にブレードチューンを施してみた。

勿論、今回もノーマルのメタルジグをジャークさせながら釣果を出そうと試みてみた‥が、やはりブレードチューンには足元にも及ばない(^_^;)

o0750111614611472698
(ブレードチューンモデルだとあっという間に結果が‥)

しかしこの釣りでは目一杯の早さでリールを巻く事により、ヒットした瞬間に口切れ‥と言う事も少なくない。
なのでロッド自体はティップが入る柔らかめのものでありながらバットはしっかり残ってくれる特性の物が良い。
この日も最後に超特大サイズのブリを掛けたもののネットイン寸前でフックが伸びて逃げられてしまうという事態が発生(;一_一)
フックの強度も勿論重要ではあるが、それも含めてタックルバランスを考慮しておくことは大切だと思う。

o0750105814611472582
(まだまだこんな物じゃ納得は行かない‥次こそはメーターオーバーを!!)

因みに百戦錬磨のギャロップロングキャスト・ブレードチューンの拡大画像はこちら ↓

20191011_174926
(ボディの傷やアシストフックの状態からも凄まじいバイトシーンが覗える)

僕の考えるブレードチューンの理想形はこちらに書いておりますので参照下さい ↓
http://blog.livedoor.jp/keepno10-treasureworld/archives/1073002411.html