Jacksonから今季発売されたラインローラー零改が気になっていつもグルーパーゲームやライトショアジギングに使っているツインパワーXD 4000XGに装着してみる事にした。
実はこれ、シマノ製のリール専用になっており、これに交換する事で様々な恩恵があると言う物。

20191120_172917
(箱に記載はないが焼き色が綺麗なチタン製のローラーです)

MTCWの旋盤技術は凄まじく、1/10000と言われる超精密な特殊製法で成形されるパーツでその技術は魚が触っただけでリールに伝わってくる感度をもたらすとの事。

従来のラインローラー内部には通常ボールベアリングが1個。
これがこの零改に交換する事で付属のボールベアリングが2個入れれる様になっており、その上メンテナンスも自分でし易くなるというから嬉しい(^_^;)

20191120_173120
(箱の中に機種によって必要な金属製のシムも入っております)

そんな訳で下の物が純正のラインローラーの画像ですが、これをマイナスドライバーでビスを外して慎重に交換。

20191120_173847

実は純正ラインローラーの内部にはプラスチック製のパーツが幾つか組み込まれており、それらを全て金属パーツに換える事になり伝達能力や精度が上がるものと理解。

20191120_235020
(純正のローラーを取り出してみたらシムが樹脂製)

樹脂製のシムの奥にボールベアリングが1個入っております。


20191120_235059
(純正のローラーを外した物の反対側もプラスチックパーツ)

初めはラインローラーで感度が上がるなど?‥と思ったが構造からすると分からなくもない。
機種によって使うシムの厚みが違ったりするので仮合わせしながらローラーのはまり具合を見て増し締めする‥。
ツインパワーXD 4000XGの場合は下の画像のような感じになりました。

20191120_182738
(小さなパーツながらチタン特有の焼き色が美しい)

ラインローラー零改はPEライン1~1.5号を推奨となっておりますが、溝の幅や深さなど見ても2号位までは行けそうです。
実際にこの番手のリールにつけて繊細な感度を要する釣りに使うかと言うとそれは流石に無い。
しかし糸ヨレが出来にくい事とそのお蔭でキャスト時にラインのストレスが軽減され飛距離が変わるというところが一番の理由と言える。
ねじれまくったラインを小口径ガイドのロッドでキャストする場合、特に大きな差が出るのではないかと思ってしまう。
何れにせよ実戦投入が楽しみだ。