カテゴリ:J・J・Mackerel

何度かベイトタックルを使用した際の利点をこのブログで紹介して来たが、具体的に最も威力を発揮するシチュエーションを書いておこうと思う。ベイトタックルは扱い方に少々慣れが必要な為、この道具を使いきって魚を釣ること事態に 面白さを感じる部分もある。しかし 、確実 ...

先日、仕事の打ち合わせの件でジャクソンへ伺った際、早々とある物を手渡されたのがコレ。話には聞いていたオールソリッド1ピースのアジングロッド(JAM OVER)のNEW SPECだった。(JAM-555XXXL AS)※セパレートグリップの間の部分は流石にソリッドは使っていない。しかし、 ...

以前にもこのネタには少し触れた事が有るので今更書くのも何だが‥アジングと言うものを1つのカテゴリーとして築き上げ、更に追及していくうちにアジの食性や習性といった生態において個人的に思うところがあった。メバルもアジも似たような食性でありながら全く違う生態を持 ...

アジングにおける捕獲数は年々著しく低下していく傾向にあり、よりシビアな釣りを強いられるエリアがかなり増えたと思う。10年前までどこの港でもアジの群れが目視できる程だったのが、瀬戸内海でも離島を除けば今はほとんどそういった状況に出くわす事が無くなった。釣り人 ...

良く巷でアジングやメバリングといったライトリグに関するリールサイズの話をよく耳にする。昨今のソルトウォーターライトゲームのブームにおいてコンパクト且つ軽量化が進むにつれ、どうしても軽さを求めがちになりダウンサイジング化が定説となりつつある。これに対し、自 ...

↑このページのトップヘ