Ninomyの私邸

ある証券マンが読んだ本のレビューや書いたエッセイを保管するWeb上の私邸

【映画感想】 「ヒトラー 〜最期の12日間」

原作「私はヒトラーの秘書だった(トラウデル・ユンゲ著)」を下敷きにして、ヒトラーと側近たち、ベルリン陥落の12日間を描く。ナチスを肯定するでも否定するでもなく、現場のリアリティに迫ることに徹した映画だ。エクスキューズも最低限にとどめている。やけっぱちの酒盛りなど、著者であるユンゲさんがどの程度記憶が正確なのかはともかくとして、ヒトラーの身近で働いたことのある人の証言というのは実に貴重だ。

日本では(私も好きなのだが)いわゆる嘘字幕をつけて時事ネタやアニメ鑑賞の動画にする総統閣下シリーズで有名だ。実は、件の嘘字幕用によく使われているシーンは本来の文脈では極めて緊迫感があるシーンなのだ。シュタイナー師団の援軍は期待できず孤立無援となり将軍たちにヒトラーが怒りを爆発させるシーンなのだから……

ブルーノ・ガンツをはじめとする役者勢の鬼気迫る演技はヒトラー政権の落日の日々を一層際立たせている。子沢山のゲッベルス家族の集団自決は無理心中にも似て、先の戦争を共に戦い抜き「平家物語」に親しむ日本人にとっては、本作の物悲しさは諸行無常にも通ずる。

155分間みっちりとこの映画が描く総統地下壕の様子はいかにも生々しく、まるで自分が同じ場所にいるかのようだ。ナチスの幹部のお歴々の人物造形も実に通っている。臨場感、それが魅力だ。日頃見慣れたエンターテイメントの映画のようなカタルシスはどこにもない。黒く淀んだ気分が残るけれども、それは考える材料になる。

本作が描くナチスの幹部やベルリン市民や兵士が生きそして死にゆく様を見て、ヒトラーは怪物ではなく一人の人間であり、ナチズムのムーブメントも第二次世界大戦も同じ人間がやったことであるということをあらためて思い知った。映画というフィクションを歴史を学ぶ教材にすべきではないけれども、この映画についてはあまり偏った見方で作られていないので広く多くの方に見てもらいたい作品だ。





英国のEU離脱でユーロが安くなってきたので、ドイツ・ホーエンツォレルン城での挙式をオススメします!

英国のEU離脱でユーロが安くなってきたので、ドイツ・ホーエンツォレルン城での挙式をオススメします!ECBは月額800億ユーロの資産買い入れをはじめとする量的金融緩和を続けており、EUの今後への政治的・継続的な不安心理がユーロを安値圏に留めるでしょう。円安自体のトレンドも一服しており、相対的に強い円を利用して安く海外旅行に行けるようになったのです。
ユーロ 月足

私自身の経験から、ドイツへの旅行をオススメします。特に、私達と同世代の方々にはステキなドイツのお城での挙式という手段があることを強調したいです。
img_0

海外挙式のメリット3つを上げると、まず第1に会社や家族のひとに気を使わなくて済みます(笑)式次第に、余興に出し物に、誰を呼んで誰を呼ばないか、スピーチをだれに頼もうか……悩みは尽きないです。海外旅行も兼ねて挙式してしまえばそんな悩みとはおさらばです。ドイツ土産とみやげ話には事欠きません。私達が使ったプランでは、式の様子を写真や動画をキレイに撮ってくれるのでDVDで家族もいつでも見られるのです。

第2に費用がリーズナブルなこと。挙式と新婚旅行で7泊8日でしたので、諸々含めてトータルで200万円くらいでした。結婚式の平均費用はゼクシィのWEBサイトによれば、約333.7万円とのこと。(費用総額は挙式、披露宴・パーティ費用のみ、結納、二次会、新婚旅行などの費用は含まれない)つまり、新婚旅行も兼ねながらも、実は国内挙式よりも安く済ませることができます。

内訳を見ていくと、まずホーエンツォレルン城の挙式プランはワールドウェディングさんのプランを利用して早期予約割引も使い、2年前当時で102万円ほどでした。(他の会社でもプランがあります)旅費(航空機・電車・ノイシュヴァンシュタイン城のほうのツアープラン、ホテル代)が66万円ほど。持込のウェディングドレスのレンタル代が24万円といったところです。

第3に思い出に残ること。「モノ(物質)」よりも「コト(体験)」消費へと価値観が移り変わったこの時代。私はステキなお城で結婚式という女の子の夢を実現させてあげることができました。また、自身が歴史大好きなので、プロイセン王家発祥の地であるホーエンツォレルン城での挙式は誠に感慨深いものでした。このプランだと普段は入れないような場所で歴代皇帝の肖像画に囲まれながら、最後の皇帝ヴィルヘルム2世が使っていたフォークでウェディングケーキを取り分けてもらえます。古城ホテルからの送迎はベンツ、そして馬車(!)です。普通はできない経験をできることが何よりも魅力です。

以上、おおざっくりにホーエンツォレルン城挙式のプランの体験を語らせていただきました。これはあくまで一例ですが、円高ユーロ安の相場環境をうまく活用して貴方自身のステキな体験を実現させるチャンスです。



英国EU離脱・狂乱相場を巡るツイッター上の反応まとめ





































































































































草津旅行記 2016.0620-21

Cld-IjQVAAAeOsp結婚2周年の妻と一緒に草津に行ってきました。日々の仕事の疲れを温泉で癒すためです。上野駅から特急で2時間半。手軽に行ける気軽さが草津は良いですね。バスで長野原草津口駅から30分で到着。着けばすぐに、立ち込める硫黄の香りに温泉地に来た実感を鼻から感じることになります。

Cld-IjKUkAAJ_Wq湯畑は事前の印象よりは小さく感じたものの、湧き出るお湯が整然と流れ行く様子は大きさに反して意外と壮観です。草津の100人のそうそうたる面々の中に、テルマエ・ロマエの主人公の名前が紛れ込んでいて原作が好きな私歓喜^^

Cld-IjZUgAAwlZS
湯畑の隣には足湯があるのでさっそく入るとこれが結構熱い。しかし、10秒だけ我慢して足を浸かるとすぐ慣れてあとは楽です。仕事柄オフィスだけでなく外回りで営業にも行くのですが、一日中革靴なので足首が随分固くなってしまいました。ですが足湯にじっくり浸かってみると足首が心なしか柔らかくなり、ほんわかとした気分で湯畑の周辺を散歩できました。

Cld-Il9VEAAMyxu湯畑の西側を歩いて行くと、たくさんのおみやげ屋さんやお蕎麦屋さんをはじめとするお店の路地を登っていくことになります。途中温泉まんじゅうとお茶をサービスしてくれるお店がありごちそうになりました。(翌日も「また来ちゃいました♪」と言いつついただきました。もちろんお土産に買って行きました^^)西の河原公園を散策し、道があるのでそのまま登って行くと鬼の相撲場の石碑、池と皇太子ご結婚記念樹がありました。なんとなく登るということで皆登っている様子なんですが適度に上り坂でいいハイキングになります。緑が豊かで小鳥のさえずりを聞きながら歩けるので、都会ですさんだ心が癒やされます。


Cld-lPuUsAAiZpx湯畑に戻り、湯もみ体験ができる小屋にも行きました。踊りと湯もみの実演の後、手を上げて駆けつければ湯もみに参加できます。アイスの棒を大きくしたような板を使って刷るのですが、これがなかなか周りの人と調子を合わせるのが難しい。テルマエ・ロマエ兇留撚茲念ど寛さん扮するルシウスが実際に巻きつけた幕も飾ってありました。

足湯の近くで温泉卵を食べ、湯畑横の路地を入ると宿にはすぐ着きました。草津はとてもコンパクトで移動しやすいです。今回は草津温泉 喜びの宿 高松に泊まりました。11階もある意外に大きな宿です。和室もとても広くくつろげます。Cld-lPxVEAAFzPn
この旅館の和食膳はとても豪華です。【上州牛の鋤鍋(すき焼)】【上州牛のしゃぶしゃぶ】【上州牛の陶板焼き 】の3つから選べるので、すき焼きを楽しみにしていたのですが、あれもう一つ何かある……と思ったらこちらは鶏肉。他にもご当地の山菜汁に加えて野菜も豊富。さらにはお刺身に加えて、焼き魚数種類だけでなく、鯉のあらいまでサービス。ボリュームも抜群ながら、味も大満足でした。


お風呂は湯畑とつながっており普通の宿よりもかなり熱めに感じました。外の露天風呂のほうが適温でこちらに長く入ってくつろげました。先ほどの夕食もですが、お風呂にも椿油などお土産用の試供品がたくさんおいておりなんとなくお得感があります。


この日はテレビが面白く、世界まる見え「穴ぼこ」特集で炭鉱作業員救出のドキュメントや、スーパードクター福島氏の驚異の脳神経外科手術に感銘を受けました。温泉の余韻にくつろいだ後は、自分のひどい首こり、肩こりもいくぶん緩和されたような気がしてぐっすり眠れました。


翌日の朝食バイキングは前日打って変わって今ひとつでした。たいへんに混雑しており、人が動きまわるバイキングではこの宿の宿泊可能数からすると空間が手狭です。たとえば一部の部屋の人は時間帯制にするとかしないとうまくさばけないでしょう。食べ物の配置も疑問です。デザートコーナーがわかれておらず抹茶ムースとマンゴーが出てきたり、和食と洋食でテーブルをきっちり分けていないのも混雑を招く要因でした。前日の夕食が素晴らかっただけに実に惜しいです。改善のしようがあるだけにより洗練された形になるといいですね。とりあえず今の段階では朝食はあえて遅く行き空いた頃に悠々と入るのがいいでしょう。

Cld_oXCUgAAOznkCld_OcKVEAADuMc







チェックアウト後は、宿から歩いて3分、草津熱帯圏に行きました。爬虫類を中心に動物の種類が豊富で見応えがあります。サル山はこの日雨だったので、サルたちが屋根の下に固まっている様子が微笑ましかったです。元気な3匹は遊具の上を走り回っていました。外が雨だっただけに、熱帯圏のドームは入ると熱帯に来た感じがあります。大きなワニがまずは何匹も出迎えてくれました。とても静かです。基本的にみんなおとなしいです。フラミンゴも首を自分の羽に突っ込んだまま、動かざること山の如しです。立派な長さのヘビたちも基本的には箱や隙間の中に折り畳まれているかのような状態で静かにしています。
Cld_oinVAAA5lZDCld_oZ6UkAAb2Az

Cld_dBaVYAA_ntICld_c_PUsAAGRs0












亀の種類もとても豊富で、スタッフの解説はとてもフレンドリーで読んでて楽しいです。グリーンイグアナは愛嬌があって可愛らしく思いました。日本に最初に来たエリマキトカゲのお孫さんもいます。

熱帯らしく鮮やかな色で大きなくちばしの鳥さんもたくさんいました。一匹は金網を破壊して脱出を画策している様子。何故かコウモリもいます。間近で見つめ合う機会はなかなかないので貴重です。インコも2匹いて、遠くでおはよう!と言ってくれたので駆けつけておはよう!と言ってみるも、無視された挙句首をかしげられたので傷つきました(笑)

Cld_9QdVYAAZBH3Cld_9QYUkAAeEMdCld_9SeUYAA3I6V
カピバラ3兄弟は仲が良すぎてじゃれあいで毛が抜けてしまい育毛中。げっ歯類最大ということでねずみらしい大きな前歯も見せてくれました。生まれたばかりの赤ちゃんはお母さんから片時も離れません。
CleAFZAUYAM0Pzg
他にもドクターフィッシュもいて、、角質をついばんでくれて可愛いです。ちなみにこの草津熱帯圏。1000円のところ800円になるクーポンが公式サイトにあるので草津には事前に印刷してから行くことをおすすめします。

湯畑の隣の足湯のそのまた近くにには足湯カフェというのもありました。郷土料理の「おっきりこみ」を頂きました。一言で言えば平たくて太いうどんを豚汁で食べるという具合で、柚子胡椒の風味が効いてこれがまた美味い。足湯に浸かりながら、花豆のパフェを食べました。

帰りは時間に合う特急がなかったので高崎まで鈍行で行ってから高崎線で帰りました。ちょうど4時間位で上野につくので、特急券を節約したい方にはいいかもしれません。

手軽に行ける草津の旅。あなたも骨休めにいかがですか?
今日の名言
記事検索
livedoor 天気
Twitter
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RSS登録orブックマーク!
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ