Ninomyの私邸

ある証券マンが読んだ本のレビューや書いたエッセイを保管するWeb上の私邸

田中ストライク先生「SERVAMP」アニメを祝してWSMK35周年記念パーティーを振り返る。

大学時代所属していたサークルから、ジャンプ連載作家に加えて、とうとうアニメ化作品も誕生しました。田中ストライク先生原作の、2016年7月TVアニメ化「SERVAMP」です!コミックジーンが誇る看板作品が、豪華声優陣を引っさげいよいよ明日明後日から放送開始です。ぜひ見てください!
2016年7月5日 火曜 23:00 - 23:30 AT-X
2016年7月6日 水曜 22:00 - 22:30 TOKYO MX

田中ストライク先生には2月にWSMK(早稲田大学少女漫画研究会)35周年記念パーティーでお会いさせていただく機会がありました。そんなわけで今さらながらに2月のことを振り返ってみたいと思います。

2月3週目の日曜日はサークル時代の副幹事の結婚式でした。先輩、同期……20代後半ともなると結婚式に参加することが多くなり、その度に初心を思い出し新鮮な気持ちになります。披露宴の後、新郎新婦心尽くしの二次会ではゲーム仕立てで楽しませてもらいました。我が家は12の景品のうち3つもゲットというラッキー。音波頭皮ブラシ・シャネルのコットン・松坂牛ギフト券セットを頂いてしまいました。CbvgCJ-VIAAaO5r

そのうえ翌週土曜日のWSMK(早稲田大学少女漫画研究会)35周年記念パーティーでは嫁(私の代の幹事長)がまさかのビンゴ大会優勝により、ルルドのマッサージクッションをゲット。さらには上司の課長の命で応募したサントリーのグルコサミン・コンドロイチン・ケルセチンサプリの無料キャンペーンの抽選にもなぜか当たるなど、早くも夫婦で今年の運の大半をあらかた使いきっている疑惑が……

さてパーティは池袋サンシャインの60階近いステキな眺めの会場で、実に幅広い世代のOB・OGが出席しました。有名な方では勝谷誠彦さんが竹宮恵子大先生への思いの丈を語り、夢は願い続ければ叶うというステキなコメントを頂きました。私が一年生の時の先輩である「SERVAMP」の田中ストライク先生ジャンプで「烈!!!伊達先パイ」や「ジュウドウズ」を連載していた近藤信輔先生ともお話させていただきました。在学中にはすでに卒業されており、Twitterでしかほとんどお話したことのないstein先輩とも直にお話出来て嬉しかったです。後輩たちよりもお世話になった先輩方とお話をすることが多く、楽しい時間はあっという間に過ぎ去ってしまいました。

最後記念撮影の後に、元MF文庫J編集長・現KADOKWA執行役員の三坂泰ニさんに挨拶させていただく機会がありました。折しも発売されたばかりの「ゼロの使い魔21巻」への尽力に感謝をお伝え出来たことを嬉しく思います。

「ゼロの使い魔」のいいところは大きく3つです。第1に文体が簡潔明瞭で美しいこと。4行にまたがる長さの文章はまず見受けられません。「モンテ・クリスト伯」「三銃士」を書いたデュマのように会話中心でテンポよく話が進んでいきます。バトルシーンも明快に頭のなかに入ってきて分かりやすいです。第2に作者のヤマグチノボル先生がラブコメをとことん愛していること。才人とルイズが互いを慈しみ睦み合い愛を深めていく様子に心打たれます。シリアスなラブロマンスの一方でドタバタコメディも引き立ちます。第3にファンタジーであること。現実から遊離していればしているほど思い切ったストーリー展開もできます。異世界での冒険ほど心弾むテーマもなかなかありません。

さてなんだか大幅に脱線したので、「SERVAMP」の話に戻しましょう。本作はSERVANT×VAMPIRE×七つの大罪のモチーフからの三題噺といった着想のバトルファンタジーでありながらも、日常シーンでは主人とサーヴァンプたちとのわいわい戯れている様子が可愛いです。契約した主人から血をもらい命令に従うSERVANT(下僕)のVAMPIRE(吸血鬼)、いわゆる「真祖」たる”SERVAMP”(サーヴァンプ)たちは、日光のもとでは動物になってしまうとあってかなり愛嬌があります。

柔らかなタッチの繊細な描線で表情豊かなキャラクターたち、要点を掴んだ勢いのあるバトルシーンは先生の絵柄の持ち味です。コマ割りも練られていてとても読みやすい印象があります。

登場人物達の会話では互いの関係性と感情を巡るやり取りがとても丁寧に描かれています。バトルの行方は読者の関心事ですが、作品の中で動き回る登場人物は目の前の自分の感情を発することで精一杯なはずです。私達の日常と同様です。キャラ単品だけではなくて、キャラ同士の関係性を描いているからこそ、目の前の相手に言葉を投げかけているという印象があります。そのため台詞を作者に言わされている感がないので登場人物の言動が活き活きとしています。その辺りの機微を表現することに相当神経を使っていることが伺えます。

一見迂遠に思えながら意味深長なセリフ回しも出て来るのが独特で私は好きです。ちょくちょくシェイクスピアの引用があったので、先生本人に「シェイクスピアお好きなんですか?」と聞いてみたら「別にそこまででもない」そうで、隠れシェイクスピアファンとしては苦笑いでした。それはさておき、先生が言葉を丁寧に扱いながら作品を描いているところが何よりも「SERVAMP」の魅力だと思っています。だから、キャラがなぜその言葉を発しているのかに考えを巡らせてみると深く読みごたえがあるのです。

そういえば少女漫画研究会なのに少女漫画家を輩出していないですね(笑)「りぼん」作家が現れる日はいつ来るのでしょうか。ともあれ、「SERVAMP」いよいよ放送開始です!ぜひともご照覧あれ!!!

関連記事:
「SERVAMP-サーヴァンプ-」第1巻、田中ストライク、メディアファクトリー
近藤信輔 「烈!!! 伊達先パイ」第1巻、集英社
「今週のジャンプの読み切りについて」(「烈!!! 伊達先パイ」掲載号)
『今の「りぼん」の発行部数と、私の「りぼん」購読史【ブログ3周年記念記事】』
とてつもなくざっくりとしたここ4年のりぼん感想(2012年11月号〜2016年6月号)
小花美穂 既刊25冊レビュー
椎名あゆみ&高須賀由枝 作品紹介&レビュー、そして2003年前後のりぼんについて
酒井まゆ&春田なな 作品紹介&レビュー
[雑記] ガチムチ兄貴の動画によって、釘宮病L型が発症した件について
「大学時代のサークルに遊びに行ったりした時等の、よもやま話」
原作→アニメか、それともアニメ→原作か。それが問題だ。
「釘宮病とは何か―日本を襲う新たな病理」 日野聡 著、エア新書

【映画感想】 「ヒトラー 〜最期の12日間」

原作「私はヒトラーの秘書だった(トラウデル・ユンゲ著)」を下敷きにして、ヒトラーと側近たち、ベルリン陥落の12日間を描く。ナチスを肯定するでも否定するでもなく、現場のリアリティに迫ることに徹した映画だ。エクスキューズも最低限にとどめている。やけっぱちの酒盛りなど、著者であるユンゲさんがどの程度記憶が正確なのかはともかくとして、ヒトラーの身近で働いたことのある人の証言というのは実に貴重だ。

日本では(私も好きなのだが)いわゆる嘘字幕をつけて時事ネタやアニメ鑑賞の動画にする総統閣下シリーズで有名だ。実は、件の嘘字幕用によく使われているシーンは本来の文脈では極めて緊迫感があるシーンなのだ。シュタイナー師団の援軍は期待できず孤立無援となり将軍たちにヒトラーが怒りを爆発させるシーンなのだから……

ブルーノ・ガンツをはじめとする役者勢の鬼気迫る演技はヒトラー政権の落日の日々を一層際立たせている。子沢山のゲッベルス家族の集団自決は無理心中にも似て、先の戦争を共に戦い抜き「平家物語」に親しむ日本人にとっては、本作の物悲しさは諸行無常にも通ずる。

155分間みっちりとこの映画が描く総統地下壕の様子はいかにも生々しく、まるで自分が同じ場所にいるかのようだ。ナチスの幹部のお歴々の人物造形も実に通っている。臨場感、それが魅力だ。日頃見慣れたエンターテイメントの映画のようなカタルシスはどこにもない。黒く淀んだ気分が残るけれども、それは考える材料になる。

本作が描くナチスの幹部やベルリン市民や兵士が生きそして死にゆく様を見て、ヒトラーは怪物ではなく一人の人間であり、ナチズムのムーブメントも第二次世界大戦も同じ人間がやったことであるということをあらためて思い知った。映画というフィクションを歴史を学ぶ教材にすべきではないけれども、この映画についてはあまり偏った見方で作られていないので広く多くの方に見てもらいたい作品だ。





英国のEU離脱でユーロが安くなってきたので、ドイツ・ホーエンツォレルン城での挙式をオススメします!

英国のEU離脱でユーロが安くなってきたので、ドイツ・ホーエンツォレルン城での挙式をオススメします!ECBは月額800億ユーロの資産買い入れをはじめとする量的金融緩和を続けており、EUの今後への政治的・継続的な不安心理がユーロを安値圏に留めるでしょう。円安自体のトレンドも一服しており、相対的に強い円を利用して安く海外旅行に行けるようになったのです。
ユーロ 月足

私自身の経験から、ドイツへの旅行をオススメします。特に、私達と同世代の方々にはステキなドイツのお城での挙式という手段があることを強調したいです。
img_0

海外挙式のメリット3つを上げると、まず第1に会社や家族のひとに気を使わなくて済みます(笑)式次第に、余興に出し物に、誰を呼んで誰を呼ばないか、スピーチをだれに頼もうか……悩みは尽きないです。海外旅行も兼ねて挙式してしまえばそんな悩みとはおさらばです。ドイツ土産とみやげ話には事欠きません。私達が使ったプランでは、式の様子を写真や動画をキレイに撮ってくれるのでDVDで家族もいつでも見られるのです。

第2に費用がリーズナブルなこと。挙式と新婚旅行で7泊8日でしたので、諸々含めてトータルで200万円くらいでした。結婚式の平均費用はゼクシィのWEBサイトによれば、約333.7万円とのこと。(費用総額は挙式、披露宴・パーティ費用のみ、結納、二次会、新婚旅行などの費用は含まれない)つまり、新婚旅行も兼ねながらも、実は国内挙式よりも安く済ませることができます。

内訳を見ていくと、まずホーエンツォレルン城の挙式プランはワールドウェディングさんのプランを利用して早期予約割引も使い、2年前当時で102万円ほどでした。(他の会社でもプランがあります)旅費(航空機・電車・ノイシュヴァンシュタイン城のほうのツアープラン、ホテル代)が66万円ほど。持込のウェディングドレスのレンタル代が24万円といったところです。

第3に思い出に残ること。「モノ(物質)」よりも「コト(体験)」消費へと価値観が移り変わったこの時代。私はステキなお城で結婚式という女の子の夢を実現させてあげることができました。また、自身が歴史大好きなので、プロイセン王家発祥の地であるホーエンツォレルン城での挙式は誠に感慨深いものでした。このプランだと普段は入れないような場所で歴代皇帝の肖像画に囲まれながら、最後の皇帝ヴィルヘルム2世が使っていたフォークでウェディングケーキを取り分けてもらえます。古城ホテルからの送迎はベンツ、そして馬車(!)です。普通はできない経験をできることが何よりも魅力です。

以上、おおざっくりにホーエンツォレルン城挙式のプランの体験を語らせていただきました。これはあくまで一例ですが、円高ユーロ安の相場環境をうまく活用して貴方自身のステキな体験を実現させるチャンスです。



英国EU離脱・狂乱相場を巡るツイッター上の反応まとめ





































































































































今日の名言
記事検索
livedoor 天気
Twitter
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RSS登録orブックマーク!
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ