Ninomyの私邸

ある証券マンが読んだ本のレビューや書いたエッセイを保管するWeb上の私邸

要するに藤井聡太四段29連勝のどういった点がすごいのか?

株の銘柄であれ、古来からのボードゲームであれ、何でも安易にAIと関連付けて論じられる時代になりました。偉業をすごいと言うのはかんたんですが、藤井聡太四段29連勝のどういった点がすごいのか、その裏にあることも思いを巡らさないといけないと考えます。

さて、この藤井聡太四段29連勝のニュースは、基本的には経済にしか関心がないはずの日経新聞で1面、2面、社会面で取り上げられるほどでした。しかし、その内容は藤井聡太四段29連勝のすごさの一端しか示していない印象を受けます。

まず、「AI時代の申し子が偉業」が2面の記事のタイトルで、小見出しには「ソフトで研究」とありますが、それ自体はどの棋士もやっていることですから、膨大なトライアル&エラーをこなす好奇心と持久力こそ賞賛されるべきです。

また、ソフトの影響が大きい点について、深浦康市九段の指摘を引用し、「序盤から積極的に桂馬を跳ねて主導権を握りにいくのはソフトによく見られる指し方。それを藤井四段は実戦でうまく生かしている」とのコメントを紹介しています。桂馬は駒の上にを飛び越えるトリッキーな動き方をする一方で、すぐ前には進めず、迂闊にぴょんぴょん跳ねると、簡単に相手の歩に取られてしまいます。だとすれば、扱いが難しく動かすリスクが高い駒を動かすには、恐怖心に負けない精神力、そして実戦での集中力と読みの深さ・正確さが必要です。詰将棋の選手権で3連覇するほどの日頃の鍛錬が、前代未聞の偉業の裏付けです。

さらに、不適切な発言や不品行で新聞や週刊誌、Twitter炎上の餌食になる大人が多い中、弱冠14歳でありながら。その名の通り聡明な受け答えをする理知的な態度も注目されるべきでしょう。以上、要するに、知的格闘技たる将棋という奥深いゲームに、人生をかけて挑む人間の「心・技・体」こそが、私達が本来的に敬意を表すべきすごさと言えるでしょう。

ところで、AI、人工知能といった言葉を日経の紙面に見かけない日はありません。バズワード化しつつあるほど乱用される一方で、AI、人工知能の利便性と脅威のが現実化しつつあるのも事実です。そこで、将棋を題材に、AI、人工知能を考えるための本を2冊ご紹介しておきます。

・「人工知能の核心」羽生 善治(NHK出版新書)
将棋界の第一人者が人工知能について多数の深い洞察を示しており、必読の1冊。例えば、人間はせいぜい2、3機も見れば「これはドローンだな」と分かる、つまり「学習」と「推論」を同時にスムーズにこなすことができるが、一方で人工知能は何百万という画像を読み込んで事前に学習し、初めて「これはドローンだ」と推論できるようになるという。「ここがクリアできると、だいぶ人工知能やロボットが人間に近づくのではないか」との指摘は目からウロコでした。他にも多数、重要な論点が述べられていて、極めてコストパフォーマンスが高い新書です。

・「不屈の棋士」大川  慎太郎(講談社現代新書)
人工知能に対峙する人間としての向き合い方、プロフェッショナルとしてのあり方を暗中摸索する棋士たちの生々しいインタビューが収められており、示唆に富む1冊。働く人誰もが、決して他人事ではないと感じる1冊でしょう。
人工知能の核心 (NHK出版新書 511)
羽生 善治 NHKスペシャル取材班
NHK出版
売り上げランキング: 400
不屈の棋士 (講談社現代新書)
大川 慎太郎
講談社
売り上げランキング: 8,259







遊戯王(初代、GX、5D's、Zexal,Arc-V、VRAINS) 顔芸、作画崩壊画像まとめ

顔芸は遊戯王の伝統です。
最新作のVRAINSも入れて更新しました!







※心臓に弱い人は閲覧注意↓続きを読む

ビザンツ帝国の最期から、興味を持ったきっかけを思い出す

1453年5月29日にオスマン帝国軍の総攻撃によって首都コンスタンティノープルは陥落。ローマ帝国の系譜に連なるビザンツ帝国(後世からの通称)は滅亡した。ビザンツ帝国は、この時代にはもはや首都とペロポネソス半島の一部しか残ってない中、メフメト2世率いる10万の大軍勢がコンスタンティノープルを包囲した。守備兵はわずか7千ほどで、2ヶ月近くに渡り抵抗を続けるも、奮闘むなしく一つの文明が此処に滅んだのである。オスマン帝国の新兵器「ウルバン砲」や「オスマン艦隊の山越え」の奇策などの逸話にも事欠かない。この陥落の様子を扱った本には、文学の面からは塩野七生の「コンスタンティノープルの陥落 (新潮文庫)」、学術的な面ではジョナサン・ハリス「ビザンツ帝国の最期」がある。

さて、ローマ帝国が東西に分裂してからも1000年も続いたというのはとても驚異的なことだ。その割には教科書の記述が少なかったので、その点をいぶかしがったのが最初にビザンツ帝国に興味を持つ最初のきっかけだった。特に1204年の第四回十字軍で滅んだはずなのに、しれっと蘇っているのが腑に落ちなくて、山川出版社の「詳説世界史研究」で調べることにしたのだった。すると、小アジア西部のニカイア帝国、小アジア北東部のトレビゾンド帝国、バルカン半島南西部のエピロス専制侯国などずいぶんと怪しげな名前の亡命政権ができており、そのうちニカイア帝国が首都コンスタンティノープルを奪回してビザンツ帝国は一応の復活を遂げたという一幕があったのである。立役者のミカエル8世はかなりの策謀家で、あのシチリアの晩鐘にも一役かっている人物だ。

詳説世界史研究には、秘密兵器「ギリシアの火」についても記載があり、これがまた胸熱である。まず、これは文字通りの秘密兵器であり、ある皇帝が著書にその製法を厳重に秘匿するよう言明する記述を残している。当然ながら帝国の滅亡とともにその製法は失われてしまった。一説には松脂、ナフサ、酸化カルシウム、硫黄または硝石の混合物で作られたとされるが、実際のところは定かではない。海上戦で主に用いられ、サイフォンで船から放射されもので、今風に言えばある種の火炎放射器のようなものだ。こんなものを食らっては船は燃えてしまうし、水をかけるとますます燃え盛るというのだから困りものだ。ビザンツ帝国の防衛力の一端を担ったのが、この「ギリシアの火」である。

他にも、ビザンツ帝国はユニークな点がある。ある蛮族が強くなったら別の蛮族を呼び寄せて戦わせるビザンツ流の老獪な外交術。総勢90人位の皇帝の半数は暗殺・失脚で権力の流動性がかったこと。美人コンテストで皇妃を決めていた時期もあった。そして個性的な皇帝たち……我が子の目をえぐり定位に君臨する女帝エイレーネー、鼻をそがれ追放されながらも地下水道から首都に侵入し帝位に返り咲いたユスティニアノス2世。ヘラクレイオス帝、レオン3世、ヨハネス1世、ニケフォロス2世、バシレイオス2世などの名皇帝達。軍事面ではテマ制や、エリート重装騎兵隊カタクラフト……枚挙にいとまがないほどだ。伊達に東西分裂後1000年生き延びてはいない。

残念ながらビザンツ史の資料は少ないのだが、資料の少なさは戦乱の裏返しであり、文明の十字路を四方八方から民族が押し寄せる中戦い抜いたことの証左なのだ。ビザンツ帝国は日本には縁遠いかもしれないが、もう少し興味を持たれるべき対象であっても良いのではないだろうか。
ビザンツ帝国の最期
ビザンツ帝国の最期
posted with amazlet at 17.05.29
ジョナサン ハリス
白水社
売り上げランキング: 640,974
生き残った帝国ビザンティン (講談社学術文庫 1866)
井上 浩一
講談社
売り上げランキング: 23,713
コンスタンティノープルの陥落 (新潮文庫)
塩野 七生
新潮社
売り上げランキング: 51,127
詳説世界史研究
詳説世界史研究
posted with amazlet at 17.05.29

山川出版社
売り上げランキング: 4,056






【石田流・ゴキゲン中飛車】5冊の棋書でこれであなたも現代振り飛車党!【角交換四間飛車】

「振り飛車には角交換」という常識は既に過去のものとなりました。今や角交換を辞さない振り飛車が現代風で、先手番は「石田流」「先手中飛車」、後手番は「ゴキゲン中飛車」「角交換四間飛車」で居飛車を迎え撃つのが主流のようです。「藤井猛九段 銀河天帝即位を祝して-私と四間飛車-」で書いたようにノーマル四間飛車は私は好きなので、「【石田流】社会人のための棋書5冊だけで将棋ウォーズ2級に昇級する上達戦略【四間飛車】」では、石田流三間飛車とノーマル四間飛車の組み合わせでどうか?と組み合わせを提案してみました。しかし、角交換を巡る序盤戦略の手筋の共通性を考えると石田流と中飛車に加えて角交換四間飛車をミックスして戦法を学んでいくのは効率が良いと思います。そういうわけで、以上3戦法の基本をマスターするためのオススメ棋書を5冊に絞ってご紹介していきます。

その5冊とは、「初めてでも指せる! 戸辺流振り飛車で攻め勝つ 」「ひと目の石田流 」「ひと目の中飛車」「角交換四間飛車を指しこなす本」「石田流を指しこなす本“相振り飛車編” 」です。

1:初めてでも指せる! 戸辺流振り飛車で攻め勝つ (NHK将棋シリーズ)戸辺誠七段

「石田流」「先手中飛車」、「ゴキゲン中飛車」の3種類をフローチャートで概観しつつ、級位者向けに懇切丁寧に解説しており、これ1冊で現代振り飛車の要点を抑えています。他の4冊は次の一手形式ですが、この本は一般的な棋書のスタイルなので盤に並べながら読むことをオススメします。

2:ひと目の石田流 (マイナビ将棋文庫SP)長岡裕也五段
文庫スタイルで珠玉の180問を通じて石田流の世界を1冊にまとめています。先程の棋書が教科書ならば、こちらは一問一答問題集です。長岡裕也五段は羽生善治三冠のVS(一対一の研究会)のパートナーを務めているほどの棋士であり、その序盤戦術研究には定評があります。石田流の基本に加えて、△5三銀型と△6三銀型持久戦と、△6三銀型急戦のあとは角交換型と相振り飛車対策が納められており、その上後手番での石田流「3二飛戦法」の触りも載っていてコンパクトながらも贅沢な1冊です。

3:ひと目の中飛車 (マイナビ将棋文庫SP)長岡裕也五段
こちらも長岡裕也五段の著書。石田流は相手が2手連続で飛車先をついてきたら指すことができないため、中飛車の指し方を学ぶことも必要です。後手番の戦法としても優秀で、最近はプロ間でも居飛車党の棋士(渡辺明竜王とか)が裏芸として指すこともあります。ゴキゲン中飛車対超速3七銀、丸山ワクチン(角交換)、穴熊対策に加えて先手番の指し方も載っており、深掘系の中飛車の戦術書が多い中で広大なゴキゲン中飛車を1冊にまとめているという点で希少価値が高いです。

4:角交換四間飛車を指しこなす本 (最強将棋21)藤井猛九段
上述のとおり、2手連続で飛車先をついてくる相手(将棋ウォーズで多いように感じます)に対して積極的に反撃する手段として有力です。ゴキゲン中飛車も良いと思いますが、2手連続で飛車先をついてきたならば角交換四間飛車の逆棒銀の攻めもまた強力で、一発でKO勝ちできるような反撃ができることもしばしばです。石田流にできない悔しさを思う存分ぶつけることができます。

5:石田流を指しこなす本“相振り飛車編” (最強将棋21)戸辺誠七段
振り飛車を指す上で避けて通れない大問題が、相手も振り飛車で相振り飛車になってしまう展開です。杉本昌隆七段や藤井猛九段の本も有名ですが、これ1冊で相振り飛車の一通りの序盤に対処できるのは極めて役に立ちます。なにせ相手の形として四間飛車、向かい飛車、角交換四間飛車、中飛車、左穴熊、三間飛車……とあり、囲いも金無双、美濃囲い、矢倉囲い、穴熊と多種多様です。まずはこの1冊で一通り対応できるよう下地を整えるのが良いでしょう。

ひと目の石田流 (マイナビ将棋文庫SP)
マイナビ出版 (2014-07-25)
売り上げランキング: 59,155
ひと目の中飛車
ひと目の中飛車
posted with amazlet at 17.05.14
マイナビ出版 (2014-02-26)
売り上げランキング: 10,877
石田流を指しこなす本“相振り飛車編” (最強将棋21)
戸辺 誠
浅川書房
売り上げランキング: 129,995

角交換四間飛車を指しこなす本 (最強将棋21)
藤井 猛
浅川書房
売り上げランキング: 19,078

今日の名言
記事検索
Twitter
本が好き! 書評集
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RSS登録orブックマーク!
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ