Ninomyの私邸

ある証券マンが読んだ本のレビューや書いたエッセイを保管するWeb上の私邸

名曲紹介4:美しい曲は毒にも薬にもなる―光永亮太 「ALWAYS」(ドラマ「いつもふたりで」主題歌)

中高生のとき、好きだった歌番組は「ミュージックステーション」よりもむしろ「速報!歌の大辞テン!!」だった。その理由はよりたくさんの歌を聞けるためだ。毎週欠かさずビデオににとってカセットやMDに自分のアルバムを作っていたものだった。徳光和夫の司会のもと、今週のヒットチャートランキング20曲と、過去の任意の年のヒットチャートランキング20曲を聞けるのだから実に楽しい。おかげで昔の歌を知ることもできて、興味が広がるばかりでなく、上の年代とも話を合わせるのに大いに役立ったものだ。

高校生の時好きだった歌をまずは紹介しておこう。それは、光永亮太の1枚目のシングル「ALWAYS」だ(2003年2月19日リリース、オリコン最高5位)。松たか子と坂口憲二主演の月9ドラマ「いつもふたりで」主題歌である。

シンガーソングライター光永亮太のファルセットボイスが、技巧に富んでいて実に聴き応えがある。曲もメロディアスで堅実、安定感がある。キラキラする音が散りばめられているのもなんだか楽しい。

だが、特筆すべきはドラマの内容にも沿ったその歌詞だろう。「若い頃とか幼い頃は、何でも叶うって信じてたし。どんなことでもできると思えばできる!って思い続けていたい自分と、どんなに頑張っても手に入らないものもあると知ってしまったっていう自分の両方が自分の中に存在していて、いまだに。その辺が良く表現されている歌だなあって思いましたねぇ」と、二律背反性を絶妙に表現している点を脚本家の相沢友子氏は高く評価している

高校生の時分に良い歌詞だなと思っていたが、歌詞が胸に染み入るのは、20を過ぎてからだった。「どれだけ精一杯手を伸ばしても 届かないものもあると教えられたけど」「願えば誰でもひとつは叶うよ 無理に答えを出しては 灯した火を消さないように」。サビの歌詞がなんともぐさりと心に刺さる。悪い方にも良い方にも、だ。2番の歌詞も胸に来る。

少女漫画とゲーテのような文学作品に傾倒していた私は、初恋に対する過剰なコミットメントが常に心を苛んでいた。同じ相手に1度目は「やはり君は可愛い後輩」と振られ(これは致し方ない、力不足だった)、2度目は無念にも自然消滅(後で聞いたところによると相手の辛い時に力になれなかった、これこそ辛い!)、3度目は…やや曖昧な状態で互いに関係の修復を模索していたが、前述のようにかつてその人が推薦した私の友人との確度の高い現実的に先を見通せる関係を前に進める方向に舵を切ることにした。

そのことを報告した時、祝福しながらも笑顔で言った言葉が忘れられない。「もう。私、婚期逃しちゃったじゃないの」。それが、文字通りの意味で困っているために言った言葉だったのか。あるいは良い奴を逃してしまったと示唆することで褒めてくれたリップサービスだったのか。それとも願いを捨ててしまい、現実的な方面に向かった私に思うところあって非難と糾弾をこめて言ったのか。他の意味があるのか。一つでなく複数の意味があるのか。

「無理に答えを出しては」いけなかったのだろうか。「灯した火を消さないように」していればよかったのだろうか。「願えば誰でもひとつは叶う」のだったのだろうか。こんなにも美しくて綺麗な歌を聞くたびに、私の手にした今の幸せに影が差して胸が痛むようになるとは思いもよらなかった。

歌は良くも悪くも心を揺さぶる。美しい曲は毒にも薬にもなるのだ。

光永亮太 「ALWAYS」

「いつもふたりで」OP


いつもふたりで DVD-BOX
いつもふたりで DVD-BOX
posted with amazlet at 18.07.07
フジテレビジョン (2003-06-18)
売り上げランキング: 107,232
Inside my heart (CCCD)
Inside my heart (CCCD)
posted with amazlet at 18.07.07
光永亮太
ポニーキャニオン (2003-07-02)
売り上げランキング: 113,053
Always (CCCD)
Always (CCCD)
posted with amazlet at 18.07.07
光永亮太
ポニーキャニオン (2003-02-19)
売り上げランキング: 103,165

名曲紹介3:シンプルな言葉を丁寧に繋げば名曲になる 濱田理恵「笑顔に会いたい」(ママレード・ボーイOP)

明るく軽快なラブソングの代表例としてまずは「ママレード・ボーイ」OPオープニングテーマ「笑顔に会いたい」(作詞 - 柚木美祐 / 作曲・編曲・歌 - 濱田理恵)を挙げたい。小学3年生のとき、日曜朝8時からは「重甲ビーファイター」、続けて「ママレード・ボーイ」を見て、サッカークラブの練習にいったものだ。

それにしても、弾ける音から始まり、リズミカルなパーカッションと優美な弦楽器とピアノが織りなす旋律に加え、主人公主観の簡潔ながらも恋のときめきを歌い上げる歌詞は、改めて考えてみても見事なものだ。

「だけど気になる昨日よりもずっと 途切れた夢二人の続きが知りたい」
冒頭から逆接の接続詞で始まるのが文法的に不自然なためかえって注意を引きつけるフックになっている。弾むように始まる歌い出しから一転して落ち着くことで、夢から覚めて急にあれは何だったのかと思い返す様子の表現に。

「Ah…神様 時間を止めてよ 教科書、制服、まだ髪乾かない
 Ah…助けて リボンが決まらない アイツの夢見たせいよ」
夢の動揺冷めやらず、朝慌てる様子に恋の息吹が芽生えていることがありありと描かれる。掲載誌「りぼん」をさり気なく歌詞に織り込んで販促にも余念がない。

「焦げかけのトーストかじったら なぜかふいに胸がときめいた 甘くて苦いママレード」
一連の流れから自然にタイトルの「ママレード」につなぐ技巧は実に素晴らしい。「ママレード」の「ド」と、続くサビの「だから気になる」の「だ」と同時に発音するのがポイントだ。

「だから気になる こんな気持はなぜ? 今一番 アイツの笑顔に会いたい!」
冒頭の「だけど」が「だから」に転じているのが象徴的。最後はバッチリとシンプルに「笑顔に会いたい」と締めて仕上がりもきれいだ。簡単な言葉を丁寧につなぐだけでこれほどの洗練された歌詞が編み上げられているのは秀逸に思える。タイトルの「笑顔に会いたい」はこれ以上ない恋の本質をついている。


アニメ「ママレード・ボーイ」メモリアルBD-BOX [Blu-ray]
フロンティアワークス (2018-06-06)
売り上げランキング: 6,129


名曲紹介2:ヒットソングの裏に名曲あり! KAN「恋する2人の834km」 

「愛は勝つ」というと累計売上201.2万枚のダブルミリオンセラーとして有名だ。シンガーソングライターKANはこの曲で1991年に第33回日本レコード大賞を受賞し、第42回NHK紅白歌合戦にも出場した。今の時代は音楽CDアルバムをまるごと買うのでなく、曲単品の指名買いかストリーミング配信サービスで気ままに聞くため、アルバムの曲に入っている曲になかなか偶然の出会いは少なくなったのではないだろうか。

KANに興味を持ったのは、吉住渉の「ママレード・ボーイ」の前のヒット作品「ハンサムな彼女」で度々「言えずのI LOVE YOU」という曲が言及されていたからだった。1990年発売のアルバム『野球選手が夢だった。』には「愛は勝つ」、「言えずのI LOVE YOU」も収録されており、さらに耳に止まったのが「恋する2人の834km」だった。明るく軽妙で爽やかなポップチューンで、聞いてて心地よい。

この曲の歌詞(KAN『恋する二人の834km』歌詞)で示唆されているのは札幌ー東京間の834kmだが、名曲紹介1:遠距離恋愛といえばこの曲! 前田千亜紀「Twilight Express」 の記事で紹介したとおり、自分も大阪ー東京間の約800kmの遠距離恋愛なるものを体験した。難波の支店はとても飲み会が多くこの歌に出てくるような「酔ったふりでちょっと抜け出しいつもの長距離コール」は特にしなかったが、初めて彼女ができたときに若気の至りでサークルの合宿を抜け出して「声が聞きたくなっちゃって♡」と電話をかけてみことはある。が、妻は特にそんなふうに電話をかけてきたことはなかったし、そういうことが似合うわけでもない(もしそういうことがあればギャップによってより好感を得ただろうに)

携帯電話、インターネットやSNSがある現在では、1991年当時の遠距離恋愛に対する感覚はもう重みが薄れてしまったことだろう。だが、しかし遠距離恋愛に臨む恋人たちの思いそれ自体は変わらないはずだ。
「君の空にも僕と同じ星が光っている 
 ほらね遠くじゃないはずさ 
 たった834kmくらいで僕の気持ちは変わらない」

19:20〜


野球選手が夢だった
野球選手が夢だった
posted with amazlet at 18.07.07
KAN
SMD (2010-10-27)
売り上げランキング: 12,966
ザ・プレミアムベスト KAN
KAN
USMジャパン (2009-03-18)
売り上げランキング: 59,645


名曲紹介1:遠距離恋愛といえばこの曲! 前田千亜紀「Twilight Express」 

「名曲紹介」のタグを設けることにした。世評とは関係なく、私が人生の中で出会ってきた歌ないし曲を"好き放題"に紹介していきたく思う。マイナーな曲を紹介することも多々あるだろうが、そんな曲こそぜひ一度耳を傾けていただければ幸甚だ。記念すべき最初の名曲は前田千亜紀「Twilight Express」だ。掛け値なしにこの世で私が一番好きな歌である。

内容は遠距離恋愛をモチーフにしており、「ときめきメモリアル2 Substories〜Memories Ringing On〜」のEDテーマとして使用された。曲名と同名の寝台列車があったかと思うが、ホームから列車が離れるまさに別離の瞬間を捉え、コンセプト・曲調・歌詞・歌い手・ゲームの内容をみごとに調和させた名曲といえよう。切なくも儚げで美しい。
前田千亜紀『Twilight Express』歌詞(作詞:椎名可憐、作曲:宮島律子)

コナミは矩形波倶楽部というサウンドチームのおよびバンドをかつて擁し、ときメモのプロデューサーは作曲家でもあるメタルユーキ氏だった。ときメモは音楽あまたの名曲を生み出したゲームであるが、豊富なキャラソンにこそ惹かれた。私はリアルタイムの世代ではなかった。しかし、2005年12月31日から年越しで新宿の東京厚生年金会館で行われた「ときめきメモリアルスーパーライブForever'2006」でこの曲を生で聞く機会を得て、感激もひとしおだった。

その後私は東京厚生年金会館で友人と「僕と駐在さんの700日戦争」の試写会を見に行くことになるが、その友人こそ、後の妻である。ちょうど今から10年前の誕生日3/20だったかと思う。大学1年生から長らく友人関係を続け、大学院卒業後に就職して人生設計を練り直した際、前の彼女の助言と推薦もふまえて熟慮に熟慮を重ねた上で、人生のパートナーとしてふさわしく、現実的に安定的な戦略的互恵関係を続けていけそうな人物は誰かを葛藤の末選んだ結果だった。将来の結婚を見据えていたが、最初の配属支店は大阪の難波だったため、遠距離恋愛が前提となった。

したがって、そんなときにも、この曲は支えのひとつにもなってくれた。美しい音楽は人生を豊かにするものである。前田千亜紀さんの出身は大阪府堺市とのことだが、会社の寮は隣の高石市だったのも何か縁を感じる。前田千亜紀さんには年賀状や暑中見舞いを出したことがあるが、結婚した旨を報告したところ、わざわざ便箋で祝福のメッセージを書いてくださったのは感激した。とても心根の暖かい方なのだなとうれしく思った。そんな人が、声優としての技巧をもってして歌い上げる名曲をぜひ皆様にも聴いてもらいたい。

夕焼けを見ながらどうぞ↓


2005年12月31日
新宿の東京厚生年金会館「ときめきメモリアルスーパーライブForever'2006」
2002年10月26日にZepp Tokyoで行われた「ときめきメモリアルスーパーライブ機


ときめきメモリアルSUPER LIVE forever DVD
KONAMI
売り上げランキング: 126,995
TOKIMEKI MEMORIAL SUPER LIVE [DVD]
(2003-03-20)
売り上げランキング: 203,376
ときめきメモリアル2 Blooming Stories 7 佐倉楓子
前田千亜紀
コナミデジタルエンタテインメント (2001-09-05)
売り上げランキング: 375,186
ときめきメモリアル2 ボーカルトラックスベスト
ゲーム・ミュージック 山田美穂 橘ひかり 村井かずさ Hibikino Happy Bells 野島健児 野田順子 田村ゆかり くまいもとこ 前田千亜紀 高野直子
コナミデジタルエンタテインメント (2002-12-25)
売り上げランキング: 111,835
今日の名言
記事検索
Twitter
本が好き! 書評集
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RSS登録orブックマーク!
プロフィール

Ninomy320

  • ライブドアブログ