ほんとはみんな知りたいんだ

3月から5月くらいまでよく見てた夢がある。

悪夢なのか、なんなんのかわからないけど
本当に寝ると、よくこの夢を見てた。


何年か後の未来

僕は少し大きめのライブハウスで働いていた

「おはようございます」
と出勤すると

4人から5人のスタッフ

PAさん
照明さん
カメラマンが2人

僕は現場監督とカメラマンとして
働いてるみたいだった


受付スタッフはいない。
ドリンカーもいない。

そもそも受付も、ドリンクカウンターもなかった。

その日の出演者は1バンド。

「よろしくお願いします!」

とバンドが入ってくる。

撮影が始まった。



どうやら未来の世界では
「ライブハウス」と言うものは

配信ライブを撮影する「スタジオ」のことを
言うらしい

この日は録画。いわゆる「収録」の日だった。


休憩中トイレに行く。
鏡でみた自分の顔は50歳くらいだった。

今から約30年後の話。

場所は札幌なのか、どこなのかわからない
知らない「ライブハウス」

LOGではないことだけはわかった。


撮影が終わり。
事務所で編集作業をしていると
ふと、壁に貼られたスケジュールボードが目に入る。

「生配信」「収録」など、書かれた文字が目に入る。
その下には全て出演者名、バンド名と一緒に
事務所、レーベルの名前が書かれている。


「お疲れ様でーす」

と、撮影スタッフが事務所に入ってきた。
20代くらいの男の子2人だ

男の子たちがスケジュールボードを見て

「おー来月対バン企画あるんですね!」

って楽しそうに言った

スケジュールボードには
「昔懐かし対バン企画」
と書かれていた。


「奥山さんは、対バンとか客入れてのライブとか
世代の人ですもんねー、やっぱり楽しみっすか?
来月」

と、男の子1人が僕に言う


僕は得意気に、昔話を始める。


どうやら未来の世界では


お客様を入れてのライブは法律上禁止。

視聴者数の問題で
経営面的に人気のあるアーティスト、または
事務所お抱えでプロモーションできるアーティスト以外はめったにライブできない。

対バンは金にならないから、なし。

ツアーも配信なので移動費かける必要ないから
実質ツアーってものも、なくなった。

もちろんライブハウスの数も減った。


感染症はずっと続いて、新しい感染症もできてるみたい。




得意気に昔話をして、
「昔は楽しかった」
「昔はよかった」

と僕は夢の中で言い続ける。

なんだか虚しくなったあたりで
いつも目が覚める。



そんな夢を、3月から5月はよく見てた。



6月1日からLOGは営業再開した。
お客様入場可能なライブを再開した

6月からはまったく、この夢は見てない。

そんな世の中なるわけないのに
不安だったんだと思う。


営業再開してから生きてるなと、とても感じる。
いいライブ見れたり、自分が最高だなって思えるライブすると、さらに生きてるなって感じる。

悔しいライブも幸せに感じる。



僕は配信否定派ではない。
元々大学で映像学んでたから、
配信の楽しさも良いと思ってる。

ただ元々やってたのもあって、メリット、デメリット
、面白さ、つまらなさ、は凄く気になる。


配信については後日別に、詳しく書こうと思う。
面白いブログ書けると思うので。



なんにしろ。
一括りになるのは嫌だ。
それしかダメって言うのはなんだかなぁと思う。

選べる状況はほしいし

別モノを都合よく。同じにしてほしくない。

「ライブ」は「ライブ」
「配信ライブ」は「配信ライブ」
「ツアー」は「ツアー」だ


新しい形を履き違えたくない。
都合よいことに変換したくない。


その中であなたの好きなのはなんですか?
自分のやりたいことはなんですか?

を大事にしていきたい。





夢の中のような世界は、やはり好きではないから
そんな世の中なるわけないと思ってるけど
もしかしたらそんな未来になってしまうかもしれないから。



そろそろ思想強いと言われてもいいから
嫌われることを恐れず。
考えを前面に出していかないと
革命をおこさないと。


自分で考えて、判断を。


そして
できるなら協力できる仲間集まれば
嬉しいです。

1人では革命おこせないので。





7月からも変わらず。
「ライブ」します。

生きるために必要な音楽をIMG_4591


本日配信サーキット。
SAPPORO ROOM FES 3に出演します
三月にカウンターアクションでライブしたぶりに
街中でライブします。
鍵盤を持って狸小路へ


二カ月、家とLOGの往復ばかりだったから
不思議な気分です。


先週、これまた二カ月ぶりに狸小路行った。
友達のお店心配で。
元気に、楽しくやってたから安心した。
むしろ進化もしてたし。


先週の街中は、ほとんどお店やってなくて電気も消えてた。今日はどうだろうか。


今日は配信サーキット。

サーキットの楽しみの一つで。
自分のライブ以外の時間。どの時間帯で何のライブ見ようかなと、タイムテーブル組んだり。
街中を移動して歩きまわる楽しみがある。

今日はそれはできないだろうけど。

電波に乗せて、お家なり、どこかにいる見ている人の画面にむかってライブ。

今日は全国でいろんな配信ライブ、サーキット配信も
あるから。ある意味一日巨大なサーキットフェスだ。


こんな経験は、人生でなかなか多くはないから
せっかくなので。めいいっぱい楽しもうと思う。


19:45からスピリチュアルラウンジにて発信。
スピリチュアルラウンジのステージたつのも
2月以来。




奥山漂流歌劇団は
僕、奥山京から始まる
その日音を鳴らしたい人たちと音を物語に
物語を音にして遊ぶ集団です。


今日はひとり。

ひとりでライブします。



本当は今日大人数でライブしたかったですよ。

僕はバンドメンバー。家族だと思ってるから。
密になろうと、どうでもよいし。
風邪ひいたら、大丈夫か!?って看病するし
なんならうつして治せよって
人なんですが。


一緒に暮らしている家族ってわけではないし
それぞれの生活あるから
なかなか厳しかったす。

もしなんかあったら迷惑かけたくなくて
かける人もやっぱりいるから。



なんだかバンドメンバーすら守れないの情けないなぁと思うんですが。

画面の向こうでみんな一緒に歌ったりしてるだろうから。

ひとりで。存分に楽しみます。






mole主催のフェスだからかなぁ
やけに未完成vs新世界
雨なら外に出たくないな、晴れても外に出たくないなって曲が頭の中で流れる。



さて、そろそろ家をでよう。

思えばお知らせ意外のブログ全然書いてなかった

新宿JAMが閉店したあと、
友達に「何か一つ、一年間目標ではなく。自分と約束してみるのどうかな?」と言われて
最初の一年は楽器に1秒でも触れると言う約束たてた。なかなかこれはできた。
次の年はブログを一言でも良いから毎日書くと言う
約束をたててみた。これは一ヶ月で終了した。できなかった。

今年の頭、1月前半にその友達内藤重人と二人で飲んだ時
「今年は今まで以上になにか起こる気がする
抱えきれないことがたくさん起こる気がする」

そんな話をした。

今年の自分との約束は
「心強く持つ」
そんな一年にしようと1月に決めた


あっというまに時間はたった
もう何年もたったかのようにいろんなことがあった。

正直今の世の中一番の問題の新型コロナのことが
なくても。マジかよ。ってことはたくさんあった。
たぶんこれからも増える、強くなると思う

ぎりっぎり
「心を強く持つ」
できてると思う。やれていると思う。

2月の終わり北海道で緊急事態宣言が言われた日
飲んで酔っ払って泣きながら大阪の仲間に
「たくさん勉強して政治家になればよかった」
と言った時もあった。

彼は
「ライブハウスの人じゃなきゃダメ。」と僕に言った

あれ以来あそこまでは荒れてはいない。
なんとか保ってはいる。


新型コロナのこと。というより。
混沌とし続けてる今。
みんな正しくて、みんな間違ってるから
討論したり押しつけたりはしないでいいよ
とも思ってる。

一括りは勘弁だ。


いつだってあっちの立場は、あっちが正しいし
こっちの立場はこっちが正しい

動いても死ぬし、動かなくても死ぬ。
目に見えないものが、本当に多くて不安になる。

いつだって共存は難しいし、面白いし、面倒くさい

じゃあどう動くか。


ここからは僕の意思表示
動くには少なからず人がかかわるから
あいつなに考えてのわからないと思われないように
意思表示です。共感も否定もお好きにどうぞの。
意思表示です。



ここまで書いて
いろいろなことを過剰書きにして
書きためてみたい。
4月2日から4月25日まで書きためてまとまらなかったんだろうなぁ。
遡ってまとめて行きたいと思う。



4月2日

正直全員が家からでないほういいと思ってます。
みんな家にいて、人も心も建物も守りたいものも
このままでいれるなら家でないほうよいと思ってる。


先週東京にいってきた。
今の時期に。
必ずしろ今行かなきゃいけなかったのか。
それは僕しかわからないし、僕も正直わからない。
体調はまったく悪くない。
気を張ってたからだと思う。

正直、ネットの中、テレビの中だけではわからないことだらけで。自分で行動して少ない見たことで、感じとったことは。

ライブハウスが一番対策たててて、除菌なり安全
そりゃあそうだ。かなり初期段階で問題になったのだから。

チェーン店とかのほうが対策もなにもたてず変わらずで、人は全然いない。ギリギリ個人経営の店に人がいる。街は、人は少ないっちゃ少ない感じ。

けれど関東は道は狭いから密集してるし
空港も人は少ないけど
便数減らして振替にしてるから結局人が多い。
僕は奇跡的に行きも帰りも隣に人はいなかった。

人が多ければ多いほうがいろんな人がいるから
クシャミして唾撒き散らしている人もいたし
人が多ければ多いほうが目が行き届かないところも増えるから。移動距離長ければ長いほど大変だ。

これは無理なもの無理だ。
と移動中こまめに手を洗ったり
除菌シート使ったり、物に触れないようにしたり
こんな気使わなきゃ歩くのも厳しいのかと思いながら帰ってきました。

自粛ムードだからとかじゃなく、誰かに言われたからじゃなく、自粛する人、お店増えてくのもわかります


正直家にいるしかない。
じゃあ家にいてお金入ってくる?食べ物食べれる?
守りたいもの守れる?

できない
動くしかない。でも動いても危険性は高い。


国に頼る。
これはいままで政治のこと調べたり、行動したり、選挙行ったり少なからずしてきたけど、なかなか大きくは変わってないから。
今なにかいいことにすぐなるのは期待できない。
難しい。そこに文句言っても仕方ない。


動くしかない。でも動いて危険性高い。


神様じゃないから、僕の好きな人、好きな場所
守れるもの守るために動こう。
原点を忘れずにだ。


ただ好きな人、好きな場所多くなってる
守りたいもの多すぎる。
力と体は足りなさすぎる。


頼れる仲間に君の街、君のまわり守るのは
任した。すまない。
僕は僕の近場を頑張る。頼むよ。
こっち大丈夫なったらそっちいくからね。
今。ぼろぼろになってでもそっちに行ったら
君に負担かけるだろうから。今はいけない。任した。


すごくそう言う気持ちです。
今はそれを大事にしたいです。

僕は少し特殊です。
ライブハウスのスタッフでもあり
イベント組む裏方の人間でもあり。
ステージにたつ演者でもあります。


全国同じような特殊の方々こそ。
今ライブやめたり、店しめたり多くなっています。


じゃあ僕が今ライブやったり、札幌LOGという店営業しているのか。

もちろん店潰さないためにお金という面で
やらなければいけないってのもありますが。

例えば新型コロナにきく薬などできて
世の中落ちつき始めた時ライブハウスしっかり対策たててやってきたよ。音楽、生のライブは必要なことなんだよ。そこにいけば音なってるよ。

という意思表示、存在表示。
人が生きているのと同じような感覚です。



LOGがぎりっぎり営業できているのは
規模は狭いし。来るお客様は大体顔と名前がわかる
顔見知りの方ばかりです。
体調悪かったら自分で判断できる人ばかり
ちょっと強く対策なども言える環境だと思ってます。


ただお客様のお店の外での行動もちろん制限できるわけじゃないし。結局確率論。

明日から一週間毎日僕が最後にでる。
イベントをやる。

お店で出来る限りの安全対策する
お客様人数制限もかける。

人数制限もかけるし。来たくてもこれない人も
いるから配信ライブもやってみる。

一歩一歩の行動を。


4月13日

コロニーが閉店した。

そっちは任したよって気持ちだったのに
早かった。

何年も出続けてたから
思い入れは強い。

スタッフさんが変わってくにつれて
しばらく疎遠になってたけど

昨年市民音楽祭をでたのをきっかけに
連絡がくるようになって
タイミング合わなかったけど
スタッフさんの心意気伝わってた。

またコロニーのステージ立ちたかった。

これからどんどん悔しい気持ち増えると思う

そっちは任したよ。から。
その場に行けるように。
早くスピードあげないと。


一週間のイベントはとても救われた
考えはまとまらないけど
なにかは見えた気はした。



ローグも少しずつ。休業が増えてきた。
いつまでやれるんだろう。

長津さんしばらく会ってないなぁ。


4月25日

LOGも休業が決まった。
5月6日まで休みだけど。
実際どうなるかわからない。


開き直って楽しく生きよう
新しいこと覚えよう。

配信ライブ。ネットショップ。もっと消毒のこととか。

やってみて、なんだかなぁ。
と思ったらやめたらよい。

やれることはたくさんある。





ここまで書いて終わってた。
やっぱりまとまってはいない。

あっというまに5月終わる。
 


いろいろやってみて。
いい経験だったし。楽しかった。
配信も。



ただ。飽きた。

やりたいことではやはりなかった。
僕のやりたいことはもっと他にある。




一カ月で混沌としてることは
さらに増えてゆく。



新しい生活様式って文面を読んだ。

人と距離をとって話しましょう

音楽は配信で

手洗い、うがいしましょう

などなど書かれてた


新しい学校生活は。

音楽の授業は

歌は心の中で歌いましょう

鍵盤ハーモニカは木琴で

スポーツは個人練習メインで

などなど書かれてた


一応新型コロナウイルスの
新しい生活様式って書いてたけど。

今後新しいウイルスが出た時のためにって
一生こんな感じ続けましょうってなるんだろうね。



生きてんのか。死んでるのかわからない

のは。嫌なんで。


光、見つけないとなぁ。


これだって行動方法、まだまだ出てこないけど。

これ行けるんじゃないかって行動は見えてきた気がするから。


また動いてみる。



いつだって漫画みたいな人生だ。
名作になれば良い。

このページのトップヘ