2005年02月24日

仁義なき戦い〜フジ組VSライブ組〜

必見!!フジ組とライブ組の全面戦争勃発!!その殺意に満ちた戦争の背後に誰がいるのか?鉄砲玉は?そして忍び寄る女の影!!ライブ組最後の抵抗手段!そして、意外な戦争の結末とは?
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



号外だよ〜号外だよ〜

ということで大変なことになりました。

ニッポン放送が新株予約権発行。
ライブ、それに対抗して提訴の準備。
詳細はここ

----------------------------------------

「言いたいのはただ1点。フジサンケイグループに残ります」
会見を見てる限り、ニッポン放送の亀渕社長の決意が感じられました。

だって「ニッポン放送経営陣全員入れ替えも」
みたいな記事もでちゃうんだもの〜
「それもありうる」といった堀江さんの発言の本意は別としても。

そりゃ、そうなるわな〜。
そして、ちょっぴり堂々とみえた日枝さんの顔。


ニッポン放送株も下落です。
ひ〜ガクガクガク。買わんで良かった〜。
僕の発言で買っちゃった人、いないよね?(-o-;)
ごめんなさい。も〜二度と株の話はしません!!!

----------------------------------------------

堀江さん、もう少し前に妥協案を出して欲しかった。(-o-;)
フジのTOBの要請も、副社長がその場でつっぱねたらしいし。
自社の企業の損失もそりゃ大事だけどさ〜。

ちょっとなめてました。
そして、対等な関係でいようとしすぎました。
(ニッポン放送の株主と言う点では、堀江さんの言うとおり対等なんだけどね)
でも格が違いすぎます。
フジは定番です。堀江さんはあくまでブームです。
ニッポン放送との付き合いの長さも。
経済界とのつながりも。


「提携したい」と言うのと、
「お願いします」と言うのじゃ、
相手の対応だって全く違うんだからさ〜。

アッコさんには頭下げて、お願いしてるくせにさ〜。
肝心の日枝会長に向かっては一度も頭下げてないんだもの〜。
(ToT)

--------------------------------------------


提訴となって、弁護士が出てくると、ほぼ泥沼決定です。

弁護士のキャラにもよりますが、
基本的に、民事の場合、弁護士は依頼人の主張を正当化し、
徹底的に相手のミスを突いていくので、
今回の状況からも、和解はありえないでしょう。
両者とも徹底的に戦い、司法の判断にゆだねる形です。


それにしてもビックリです。
堀江さんも正直ビックリしてます。
「想定されるリスク」の中でも
ありえない「一番起こって欲しくないリスク」が起きたって感じです。
さすがに「意味がわからない」って言ってます。



それにしても大量の新株予約権。
2000億近く新たにお金がかかります。
フジはそんなにライブが憎いのか?といった感じです。


そりゃ憎いです。
他局は嬉しそうに、堀江さんを大々的に取り上げてて、
バンバン視聴率もとって、
自分たちは緘口令がしかれているんだもの。
面白いはずありません。
さすがに社員も不満がたまっていきます。
そういえば、
めざましテレビのみんなも心なしか顔がくもってるように見えたな〜。
僕が色眼鏡で見てたからだけど♪

そして、他の会社に丁重に頭下げながら、
5950円で一生懸命TOBをコツコツとやってるのに、
その上では6800円前後でひょいひょい堀江さんが株買い集めてて・・・

その上、経団連の奥田会長から「お叱り」も受けて・・・



「誰が原因だ?」「そりゃホリエモンだ!」ってことになるでしょ、普通。




ここまで顔に泥を塗られたら、
あらゆる手を使っての全面戦争の気分なんでしょう。

お金なんてどうだっていい。
消費者に対する企業イメージもどうだっていい。
もう組の面子をかけてって感じです。
フジグループの結束を固めるためにも。


「ずいぶんうちの組をなめてくれたな〜われ?
とことん勝負したろうやないか〜坊主」
って感じなんだろうね。

こう宣言した手前、訴訟も受けて立つと言った手前、
もうはったりってことはないでしょう。おそらく。

---------------------------------------------


それでは、
肝心の司法の判断ですが・・・

ちょっと弁護士に相談してみます。嘘です。
おそらく「判例もないし、わからないとしか言えない」と言うでしょう。


だから、自分で判断します。
頭の中の、あらゆる法律知識を駆使して・・・

え、え〜っと・・・
殺人は強盗より重くて〜、強盗より放火は重くて〜
・・・・



トントン♪判決を言い渡す!

「○○の勝ち」



司法は、単純な法律論だけではなく、
「社会で一般にとらえられている理念に照らし合わせた」判断をします。
よく判決で「社会に著しく迷惑をかけた」というあれです。
近年は性犯罪、凶悪事件の判決がことさら厳しくなっています。


そして上の裁判所にいけばいくほど、社会がうまく機能するための判断も。

-------------------------

青色発光ダイオード訴訟がありました。
一審は、請求金額200億を全額認めました。
裁判官は、発明対価は、1200億の企業利益のおそらく半分、
600億とも言っていました。
けれど、二審では、6億程度の和解で落ち着きました。
原告の中村さんはむちゃくちゃ怒ってました。
「日本の司法制度はおかしい」と。

本当にいくらが妥当なのかはわかりませんが、
「企業の莫大な損失を考え、個人の利益を制限する力が働いた」
とも言えます。
企業の経済活動を維持するために。

なぜなら「判例は次の裁判に多大な影響を及ぼす」からです。
だから、最初の弁護士のコメントになるのです。

----------------------------------------------


経済界も国もここ数年、外資の買収対策にやっきになってます。
日本の株は割安すぎですから。

そこで、今回の事件。
買収対策のための「新株予約権発行」

これを裁判所が「株主保護という理由」だけで差し止めてしまったら、
来年から外資がわんさか買収に名乗りを上げてくることになってしまうでしょう。
日本企業は判例があるため、抵抗もできません。


一審、二審、最高裁と、進むにしたがって、
社会がうまく機能するための力が働くことになるでしょう。


おそらくその自信が、
最初の、日枝会長の堂々とした会見に現れているんだと思います。

裏で、誰と、どう話がついてるのかもわからないけど・・・
まあ、訴えられるのはフジじゃなくて、ニッポン放送でもあるわけだし・・・

大人って怖いね。ぶるぶる。


まあ、自分勝手な理論でした。

-----------------------------


堀江さんの大逆転があるとしたら、
ネット忍者でも使って、
亀渕社長と日枝会長の会話を盗聴して、
明確な証拠として提出する方法かな?

「おい亀、新株発行しないと、
お前んとこの仕事、全部取り上げるぞ!」って感じの。

亀さん言われなくても分かってますって。
日枝親分の顔色みてりゃ〜。


うわ〜ん大人って怖いよ〜。



ちなみに私のブログはライブドアグループ傘下なので・・・
がんばれ堀江親分!!\(>o<)/

----------------------------------------------
----------------------------------------------


過去の役に立つ言葉をおさらいするコーナー

--------------------

日産、志賀常務COO就任だそうです。
生え抜きで企画部出身、現在は欧米以外の「一般海外市場」担当だそうです。
日産が目指すビジョンは
社内の結束固め、アイデア重視、輸出重視って感じですかね?

--------------------

皇太子様のお誕生日会見。
「(雅子様の件で)陛下にご迷惑をかけ、国民に心配をかけさせてしまった」
とのご発言。

言わなきゃ損と言ったら損のせめぎあい。
愛する奥さんのために、宮内庁に変わって欲しいと発言した。
それで反省もして、しっかり謝った。
大人だね〜えらいね〜。

--------------------
C:。ミ



実は最初の題字はトラックバックの広告でした。


必見!!フジ組とライブ組の全面戦争勃発!!その殺意に満ちた戦争の背後に誰がいるのか?鉄砲玉は?そして忍び寄る女の影!!ライブ組最後の抵抗手段!そして、意外な戦争の結末とは?

ちなみに鉄砲玉は亀、女の影はあっこさんです。
そんなとこで許してちょ♪
読んでくれてありがとう♪
(^^*)


次号は「緊急訂正版・フジ組VSライブ組」です(^^ゞ

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
昨日投稿した「資本政策での闘いがスタート」で、トラックバックをいただいたり、 他のブログを見ていて刺激を受けて、もう1本記事を書き込みたいと思います。 それにしても、トラバもコメント欄も、そしてRSSリーダーソフトも大活躍。 ブログの新しい動きってこういうこと
焦点は「株主価値」【karao Diary】at 2005年02月24日 22:01
もうすぐ3月。春一番も訪れ、いよいよ新しいシーズンの息吹を感じる候になってきた。この時期、私の大方の興味はプロ野球やJリーグなどのスポーツ情報に向いており、テレビのニュースショーでキャンプ情報などをハシゴするのが常になっている。ところで、その度にうんざり...
【ライブドア】放送教育2005予備校【blog】at 2005年02月25日 10:35
 時間外取引を利用したライブドアの取引手法を産業界などが、株の公開買い付け(TOB)制度の盲点をついた不透明な株買い占めの動きと批判している。 金融庁も経営権取得につながる大量の株の買い付けを時間外取引で行うと、市場の透明性を損ないかねないとみて、不透明
時間外取引を利用したライブドアに非があるのか?【1喝たぬき】at 2005年02月27日 00:05
この記事へのコメント
 判決はどうなるかわからないけど、報道ステーションの佐山先生のコメントが妥当かと思います。
 一般論として、今回のフジの新株予約権の引受けは認められない、しかしながら本件についてはということで、フジの引受けが認められる可能性はあると思います。
 オレ個人としては、ライブドアを応援しちゃっていますが。
Posted by C at 2005年02月26日 17:01