介護福祉士筆記試験合格するための勉強法マニュアルの重要なポイントは2つです!

介護士2介護福祉士らくらく合格勉強法~問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格~ 
 





介護福祉士筆記試験に合格する為の本マニュアル、「介護福祉士らくらく合格勉強法~問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格~」の発売に当たってご協力いただいた、土井稔さんの勉強法のポイントは大きく分けて「2つ」です。

 
その1:出るところだけに的を絞って徹底的にやる戦略的勉強



その2:記憶のメカニズムに基づいたスケジュールで記憶の定着を徹底的にはかる。



実は、たったこれだけなんです。


本当にこれだけなんです。


この「2つ」のポイントを忠実に守っていただければ、あなたは、介護福祉士の試験に短期間で合格することが可能となります。


あなたは、介護福祉士受験用の基本テキストを見たことがありますか?


全15巻でなんと合計4600ページ以上あります。


これを見ただけで思いっきりモチベーションが下がりますね・・・。


ぜんぶ完璧にやれといわれたら、それはほとんど拷問です(笑)


でも安心して下さい。


私は、あなたにそんな拷問のような勉強を強制したりしません。


試験に合格するためには、満点をとる必要は全くありません。


ここは重要ですからもう一度言いますが、満点を取る必要は全くないのです。


要は、合格に必要な最低点を取ればいいのです。


介護福祉士の登録証に試験の成績までは記載されませんから

どうぞ安心して下さい。


ギリギリで合格しても満点で合格しても介護福祉士とういう資格そのものの価値は全く同じです。


ですから試験に出るとこだけにしぼって、そこを重点的に学習すればいいのです。


満点を目指しても時間の無駄ですし、まず満点は取れません。


無駄な努力はしないのが一番です。


その次に大切になってくるのが「記憶の定着」です。


おそらくあなたも経験があると思います。

テキストの1ページ目からコツコツと勉強を進めていって、苦労を重ねて最後のページまでやり終えたとき、最初のページに書いてあったことはすっかり忘れていた.....


悔しかったでしょう。


自分が情けなかったでしょう。


分かります、分かります。

 

通信教育のカリキュラムにしても、第1巻のテキストを終えると簡単な確認テストがあって、次のテキストに進むというパーターンが多いですね。


そして、勉強が順調に進んで最後のテキストを終えたとき、「最初のテキストに書いてあった内容は...」


たぶん忘れていると思います(笑)


学校の授業などでもそうですが、多くの教育機関では記憶の定着ということをあまり重要視していません。


しかし、悲しいことに人間というものは本当によく忘れる生き物なのです。


これは紛れもない事実です。

 

決してあなたの頭が悪いのではありません。


み~~んなそうなんです。


私も、今回の「介護福祉士らくらく合格勉強法~」マニュアルにご協力いただいた、元ヤンの土井稔さんも同じです。


介護福祉士らくらく合格勉強法~問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格~ 


私なんか、ニワトリの三島といわれています(笑)


だから安心して下さいね!

 

たしかに、世の中にはとんでもなく記憶力のいい人はいます。


見るもの聞くものすべてが頭の中に入ってしまうような天才的な人が.....。


でも、前にも書きましたが、私や土井さんのノウハウはそういった天才的な記憶力がなくても、どんどん頭のなかに知識が定着していってしまう不思議な方法なのです。


偏差値40台の元ヤンキーでもごく短期間で難関資格に合格してしまうノウハウだからこそあなたにお伝えしたいのです。

 

記憶を定着させるためには、あるスケジュール管理のコツをマスターすることが重要になってくるのです。


「言いたいことは分かるけど、具体的にどうすればいいんだい?」


「はい、お待たせしました。


もしあなたが、なんとしても介護福祉士に短期間で合格したいという情熱をお持ちならば、私の渾身の自信作「介護福祉士らくらく合格勉強法」をあなたにお譲りしたいと思います。


やる気のない方、冷やかしの方はご購入をお控え下さい。


私も本気の方だけを応援したいのです。


そして、私を信じてこのマニュアルを購入して下さった方には全員合格してほしいと思っております。

 

介護福祉士の試験は年に一度しかありません。


一度試験に失敗すると1年を棒に振ってしまいます・・。


そうすると、来年以降モチベーションが続かなくなり、結局資格取得を断念することになりかねません。


やっぱりあのときがんばっておけば........


なんて後悔は絶対にしたくないですよね。


今あなたが、このホームページを見てくれているということは、それだけ介護福祉士の取得に前向きな考えをもっている証拠だと思います。


介護福祉士の資格を取得することによって、今後さらに社会に貢献したいという気持ちに満ち溢れたすばらしい方だと思います。


私も介護の現場にいますから、そういうあなたの気持ちが本当によく分かります。

 

その前向きな気持ちを大切にしてくださいね。


そして、その前向きな気持ちのまま合格まで一気に突っ走って下さい。


きっと合格できます。

介護士
介護福祉士らくらく合格勉強法~問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格~
 

介護福祉士らくらく合格勉強法!土井稔さんの勉強法とは?


介護福祉士らくらく合格勉強法~問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格~

介護士


今回、介護福祉士の合格マニュアルを作成するにあたり、強力な助っ人を用意しました。

 

「強力な助っ人? どこかの大学の偉い先生ですか?」

 

これまで散々書いてきましたように、そのような偉い先生はそもそも勉強のノウハウなんか持っていません。


だって勉強のノウハウなどというものを使わなくても、もともと勉強ができる人たちです。


「だから必要ないのです。」


勉強法が必要なのは、あくまで凡人なのです。


そこで今回紹介するのは、私をはるかに上回る究極の凡人です。


その方は偏差値40台の高校をギリギリで卒業した元ヤンキーです。

 

「なにも、そこまで極端に凡人でなくても......汗」


いや、究極の凡人...というより、むしろ究極の落ちこぼれである彼の勉強法だからこそ、あなたに伝えたいのです。

 

その方は、土井稔さんという方で、電験3種という合格率10%前後の難関資格に、4ヶ月という短期間で一発合格されています。


通常は、2~3年かけて科目別に合格をねらっていく資格です。

 

そんな難関資格に、元ヤンキーの落ちこぼれが超短期間で一発合格してしまったのです。


さらにこの土井さんは、電験3種にとどまらず、第2種電気工事士、第1種

電気工事士、1級電気工事施工管理士、1級計装士、消防設備士などの

電気系の主な資格をすべて一発合格で総なめ状態にしてしまいました。

 

このことから、資格試験取得のためには学校の成績など一切関係ないということがお分かりいただけると思います。

 

さらに、この土井さんは自分が資格取得のために使った勉強法を息子さんの学校の勉強に応用しました。

 

その結果、彼の息子さんは中学2年で英検準2級に合格してしまいました。

 

英検準2級というのは、本来高校2年生レベルの英語の資格ですが、実際には高校生といえども相当に英語が得意な生徒でなければ合格できません。

 

そんな試験に、中学2年で合格してしまったというのは、まさに快挙というしかありません。

 

さらに彼の息子さんは、その半年後に数検準2級という、これも高校生レベルの資格に一発合格してしまいました。

 

このことからも、土井さんの勉強法がすべての資格試験に有効であることが分かっていただけると思います。

 
介護福祉士らくらく合格勉強法~問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格~

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ