Swing Smooth

第4回新司法試験を終えて、一度は撤退。 納得できる人生を目指し、在職しながら三度目の挑戦へ!

大きな壁

お久しぶりの更新です。

出願しました。
正直、勉強のレベルを考慮して、受験しても合格は望めないため、
出願すら回避しようとも考えていましたが、やはり出願しました。

しかし、本当に進度が腹立つほどに進まない。
合格したいのに、レベルを上がらない。
レベルを上げるために勉強したいのに、それができない。

実に辛いです。
無理と思いつつ、惰性的に勉強している感じがして仕方ない。
惰性的に勉強している自分がいやで、ちょっと鬱。

それでも、やりますよ。惰性的であれ。

刑事系からスタート

久々にロースクール時代の友人と会った。
3回目受験予定者はもう数えるほどしかない。
小人数でゼミを組んでいくしかなくなった。

在学中は15名ほどの大所帯だったのに。
合格していった人もいれば、撤退していった人、そして三振してしまった人もいる。

残党ともいうべきわれわれだけで奮闘を誓った。
ゼミは10月中旬以降に開始。
刑事系から始まり、民事、公法へと進んでいく。
なんか考えたこともない順番だが、案外いいかも。
今まで、我を通しすぎてきたから、今回は人に従ってみようとおもう。

さて、刑法事例演習も28問目まで来た。
刑訴法は酒巻先生の名連載を再度熟読中。

がんばろう!

早朝答練

毎朝、カフェで刑法事例演習教材を一問答案構成してから出社してます。

朝、早めに出て、普通列車に乗って、宇賀救済法を読み、そのあとは
この刑法の答案構成をする。

そして、帰宅の電車内で解説を読み、家で教科書などを確認する。

始めてもう3日目。

時間を有効利用している感じで、なかなかいい。
勉強の効果もいい。

無理なく着実に。

民法 ダットサン2読了

ようやくダットサン2を読み終えた。
条文を一通り読み終えることができて、記憶も少々回復気味。

ダットサン1に入ったら、スピードが少々早くなった。
やはり、何度挫折しても、教科書の最初のパートというのは、しっかり読むものだもんな。

今回、戦線復帰をしても、戦友とゼミなどを組むことはお互いの可処分時間からして
難しい。
一人で戦うことが余儀なくされる。

そして、会社が始まると、ますます時間が少なくなり、その中でいかに時間を有効活用していくかが
今後の課題。



新司法試験 復帰したが...

夏休みはまたとない勉強のチャンス。
あれほど読み込んだ宇賀先生の教科書もかなり忘れきっている。
私の記憶保持力はこんな程度かよ。

新司法試験に二度挑戦して敗北したのはなぜだろうか。
二回目の敗北を受けて、撤退を決意したので敗因分析もなく、本試験の問題用紙、下書きなど
もすべて廃棄処分にした。

これが困った。

そして、基本書を売却し、ノート、カードも廃棄した。

本当に困った〜。

やり直せばいいが、なかなか時間がない。
さあ、どうする。



livedoor プロフィール

江口慶一郎


ジオターゲティング
Recent Comments
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

なかのひと