教育原理を見終わりました。

こちらもふせんだらけです。

特に重要なところを中心に見て書いて、書いて覚えるページを解いています。

問題は、特にの次に重要なところも出てきます。

そこは答えられないことが多いので、出てきたところをまず覚えています。

言葉だけ覚えないように気をつけます。

教育原理については、point7の教育の思想は保育原理の保育の歴史でも出てきたところもあって覚えやすかったです。

他は、内容が確認できていなくて似たような言葉を書いて間違えたりします。


何度も繰り返すと、急に言葉が出てくるようになるので繰り返します。


ちなみに書くのはジェットストリームの3色ので0.5を使っています。青は以前ほかで潰してしまって、黒を使い切って今は赤です。その前は同じくジェットストリームの単色0.7です。黒を1本使い切りました。青は以前ほかで潰しました。

筆圧が強いのをなかなか改善できないので、書きやすいペンは嬉しいです。



教育原理の過去問はまだです。

全国保育士養成協議会のサイトでも問題はみれますが、

U-CANの保育士過去&予想問題集を準備しました。

本屋さんへ行って、いくつかあったのを見て選びました。

過去問を優先しますが、模擬が2回分ついていて、これなら全部やれそうだと思いました。模擬は誰と誰がどうしてその対応は~の事例問題もあります。

他の本は、過去問題だけか、予想問題だけだったので、やりきれそうな分だけにしました。

過去問題だけなら、成美堂出版の1回で受かる!保育士過去問題集 ’17年版は前年度の後期も掲載されているのでいいと思います。保育士試験完全予想模試 ’17年版も2回分なのでやりきれそうです。


テキストも選ぶとき量が少ないのを優先しました。なので、上下に別れているものや、量が多そうなのはあまり中身をみませんでした。

過去問題集を選んだ時に、そういえばテキスト他のあまり見なかったと思ってみてみました。

自分には今使っているテキストでよかったです。

見やすくて分かりやすいです。テキストの大きさもいいです。問題の量も良さそうです。


勉強する場所は自宅のみです。スタバでアメリカンチェリーパイフラペチーノのか飲みながらもいいですね。

でもマナーもありますし、カフェの飲食代より勉強の疲れや腰痛対策にお金を使いたいのが個人的な考えです。