ケイゾク・TRICK・SPECもすべて視聴可能となっています。
ようやくケイゾクも見ることができて満足。















【ホームページ低価格で完成】店舗向けホームページ作成サービス「グーペ」


1ダノンファンタジー2.3
2クロノジェネシス4.1
3コントラチェック6.0
4カレンブーケドール7.6
5ビーチサンバ12.5
6パッシングスルー15.5
7エスポワール15.8
8シゲルピンクダイヤ20.7
9サトノダムゼル27.0
10フェアリーポルカ31.8
11シェーングランツ48.6
12ブランノワール80.9
13シャドウディーヴァ97.3
14レッドアネモス202.0
15メイショウショウブ314.4
16シングフォーユー364.1
17コパカティ539.8
18ローズテソーロ718.2
19トゥーフラッシー798.8

結果的に夏の上り馬は特にいなかった牝馬路線。
春活躍馬中心でいいのかなと判断しますがどうでしょう?
春は理由があって活躍できなかった馬が秋に覚醒というのはありますけど・・・。
この中にいるのでしょうか?



1ダノンファンタジー2.3
476.3m・525.9mとクラッシック2戦は最後の直線で少し負けて馬券外でした。
今回の京都コースは328mと一番短くなり少しはマシになります。
しかも平坦馬場になるのは良いですね!

ただ、毎回全力で調整してくる中内田厩舎で間隔は短めでローズS1着馬は、
近5年で馬券にはなっていますが、勝ちきれていません。
そこが悩ましい。

それにもう法則が破れているかもしれない前走レコードタイムで勝った馬。
(レコードで勝った馬は次走で馬券になりにくいけどタワーオブロンドン勝った)

同じ阪神でしたし、控えたうえでレコード勝利ですから警戒はしますけど、
今回は逃げるコントチェックがいる分自分のタイミングで行けるかがカギとなります。
2走前から自分で動くと負けるので終いに賭ける競馬が出来ています。

馬券にはなるかもしれませんが単はどうかなといった評価を個人的にはしています。
クラッシック3冠では一番条件が良いので何とかしたいですね。

馬場が渋るのはディープなので原点でしょうね。

喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

2クロノジェネシス4.1
バゴ×クロフネ産駒の牝馬で今の馬体重は分かりませんが小柄な馬。
小柄のお陰で加速勝負にも負けない馬。
特に成長していない場合、複勝圏回収率の良い馬体重だった馬。
1週前調教はまだピリッとしていない感じ、この馬はしなくていいのかも?
悪くはないです。
クラシック連続3着で0.4差は直線距離の分詰められそうですが、
北村友騎手どう乗るかはいつも普通だし、牝馬に強要すると走らないので、
道中トラブルが無ければいいね。

400m距離短縮がどう出るか?
そこが楽しみ。
雨が降っても平気でしょうけど、馬体が小さいので力負けしそうです。
馬はしっかり走るでしょうからいい進路があるといいな。

【秋華賞】クロノジェネシス・和田保長助手 女王創生






3コントラチェック6.0
途中まで2番手だとしても、
12.5 - 10.9 - 11.7 - 11.9 - 12.1 - 12.2 - 12.3 - 12.2 - 11.7 - 11.4 - 11.6 - 12.3
3歳牝馬で高速馬場だとしても速すぎ!
そりゃ止まります。
今回は400m減で直線短くなるし・3コーナーから下り坂だしやりやすそう。

天栄から戻ったのが9月上旬で調教助手がまたがってしまい12秒後半から、
2週前12秒前半を出してきました。
藤澤厩舎では12秒台出さないのにレース使わないから(そういうノーザンの指示でしょうけど)
珍しい方です。
4枠より外で8枠はいやかな?
内過ぎるとどうなるのだろうか?
右回りは得意というか左もG1だけですし、遠征も初です。
少し心配ですけどこの馬じゃないかな?と思わせる他の馬の使い方なんですよね。

この馬が勝てば藤澤厩舎牝馬3冠制覇となります。
どうでもいいかもしれないけどG1でルメール騎手怪しい。

今のところ軸。




4カレンブーケドール7.6
前走は国枝厩舎だったからか?
アーモンドアイのように強い競馬を期待した人がいたのか分かりませんが、
国枝厩舎は前哨戦使う場合牝馬だとあんな感じですけどね。

前走はトモを落としてつまずいて競馬に少しなりませんでした。
次走は良くなると騎手も言っているので見直していいでしょう。
遠征経験がないのも気になりますけど、レース当日に雹が降って順延になったレース以外、
馬券になっているのでそこまで心配しなくていいかな?

とはいえ調教過程が前走より悪いのがちょっと気になりますね。
2走目でG1ですよ?
負荷がかからないと思うのですが?
走る馬なので格好つけている感じですけど気にはなりますね。

追記8日17時
どうも蹄に何かあった様で紫苑Sの時もエクイロックス付けて出走していました。
アーモンドアイも桜花賞でつけていたので、走る馬なら大丈夫でしょうけど、
ディープ産駒は蹄がねぇ薄い馬が多いのでその辺がどうかですね。
調整がイマイチなのはそのせいでしょう。
(あくまで個人的見解ですから買いたい人は買えばいいし、買わなくて来ても怒んないでね)
個人的には調整過程と原因が分かった以上ブ厚くは買えないです。

情報収集しないといけないな。
4人気というのも気になりますね。
推定とは言え個人的には上位と思っていたので?
これは軽く事件の予感(馬券上です)
ディープ産駒だから爪か脚元か何かしらあったかな?
負ければ暴露するだろけど・・・。
保留。

【秋華賞】ブーケドール マル秘馬具でアーモンド級トモの成長力

アーモンドアイは来たけど足元の馬具ねぇ。
シンザン鉄の時代じゃないし・・・。
訳が分からん。






物語は、主人公・西村明希子が東京の会社を辞めて、
競走馬を生産する実家の牧場に戻ってきたところから始まる。
自身が思い描いて来た事とのギャップに疲れた明希子は、
「今の自分に何ができるのか…」という思いを胸に、馬産に携わることとなるのだが…。

馬とお金と人情と…夢と現実の間で大奮闘!
競馬が持つ特有の“ドラマ性"も描かれる一方で、
地方競馬の馬主資格を持つ原作者が、自らの経験を元に、
これまでの競馬マンガでは描かれなかった「馬主の「リアルな金銭のやり取り」を描き出すことも本作の特徴。
「地方競馬なら意外とお金持ちじゃなくても馬主になれちゃう――」。
馬券以外の競馬の楽しみ方を見いだすことも。
単に物語を楽しんでもらうだけにとどまらず、馬主を目指す方へ指南書としての役割も担う一冊!
これを読めばアナタも「サラリーマン馬主」を目指す気になっちゃうかも!?



5ビーチサンバ12.5
この馬はびっくりしましたね。
G1はダメな血統でG2は買うべきでした・・・。
同タイムが3頭いて3着馬は引退。
この馬は2番手から2着。

今回は強力な逃げ馬がいて厳しいかな?

G1だと着拾いハンターになるので紐にはしますが、
3着以内はどうでしょうね。

G1になると距離が長いと思います。

距離延長になるレースです。
厳しいのではないでしょうか?

そんな評価を個人的にしています。
コントラチェックについていくようなら少し見直しますが、
前で脚持たす競馬が不得手な鞍上4着じゃなかろうか?

昔からそんな感じ、勝負に酔う人なのかもね。

PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキングへもよろしくお願いします。

6パッシングスルー15.5
前走後、戸崎騎手がG1も期待して良いとコメントがありました。
でも6人気というのはどうなん?
戸崎騎手は地方ジョッキーですが、馬を無理やりな位置取りをしない騎手。
なので牝馬と相性が良いです。
精神が普通になればやれる子なのに・・・。

大外で勝ち負けできるなら、後は良くなるだけ、強さは別にして、
一番上澄みがありそうな馬です。

牝馬で差がつくのは馬力。
この馬はディアドラと血統は違いますけどそんな馬なのでしょう。
この人気なら軸にしたいですね。

地方競馬を楽しむならオッズパーク!
簡単登録で地方競馬へ投票


7エスポワール15.8
前走は重馬場で52㎏・0.7差の1着と重馬場が良かったのでしょう。
シュタルケ騎手に変更な時点で良いのか悪いのか決めあぐねている感じかな?

雨が降るなら楽しみですね。
海外のジョッキーは重賞だとがんばるのでその辺は注意したい。

馬場が悪くなっても馬場の状態が良い場合は厳しいかも?

オルフェ産駒なので、馬力はありそうですがスピードは無いですね。
G1でどうでしょう?

そんな評価。



8シゲルピンクダイヤ20.7
【秋華賞】シゲルピンクダイヤ・渡辺薫調教師 磨き抜く決め手

ダイワメジャー産駒は1600m以下だと強いけど、1600m以上になると厳しい馬ばかり。
この馬も距離の壁がありそう。

珍しい後方タイプだからペースが流れれば面白いけど基本軽視。



9サトノダムゼル27.0
今回で4戦目・その前は重馬場2勝で新潟1勝と関西圏の競馬経験無し。
ディープ×アカテナンゴ産駒・紫苑S・ローズS以外の馬で馬券になったのは、
近5年で1頭だけ。

重ならそりゃ買いますけど、馬場良いからなぁ京都。

連勝しているからか調教も緩いし調教回数も少ない。
素質はあるのでしょうけど、素質のある馬がシッカリ調教して出てくるG1.
そんな甘くないと思うのですけど、お試しか馬主さんが出してほしいのかな?
勝ち負けする感じではないですね。


トラックバイアスの判定こそが穴馬券的中への近道
・JRA発表の馬場発表だけでは、本当のトラックバイアスはわからない。
同じ日のレースでもクラスやレース展開によって馬場判定は変わる!?
馬場虎太郎流の5段階評価の基準とは?
・2019年日本ダービー12番人気1着のロジャーバローズを本命にできた理由
・札幌、函館、新潟、福島、中山、東京、中京、京都、阪神、小倉
JRA全10場の馬場状態の傾向
・2017年菊花賞、2018年京阪杯など、
ふた桁人気を本命にして大金を手にした予想のメソッドとは?



10フェアリーポルカ31.8
人気ないですね。
馬体が増えて別馬の様。
遠征して2着は立派、普通はここでおつり無しな条件上り馬が多いですけど、
前走は少し遅れた分勝ち損ね。
2000mで平坦は合いそうですし、馬場が悪いなら母系はフェアリードール系で、
アグネスタキオンですから楽しみです。

重賞だといらない子なのか?
先週は仕方ないけど京都コースの練習にはなったはず。
3着でもいいよ。
このオッズなら。

【秋華賞】フェアリーポルカ・余田宏章助手 妖精乱舞



予想で軽視されがちな血統を詳しく知れる血統本で楽しいです。
血統のどういう所を見ればよいのかをつかめる本です。
亀谷敬正絶賛
「血統とローテーションで、こんなに凄いクセが見つかるとは!!」

2018年度 netkeiba.com「ウマい馬券」年間回収率No.1!
ローテの錬金術師・双馬毅が種牡馬のクセを次々に解き明かす!!

今回のテーマは「血統」と「前走経験」。

・競走馬が発揮できる能力はローテーションで変わる
・得意(苦手)なローテーションは血統によって決まる
・たった1頭の種牡馬のクセを知るだけでも十分に稼ぐことができる

某キャッシングの5万円を原資に馬券生活をスタートし、わずか数年で1000万単位で勝つまでになった双馬毅の核となる理論がついに明かされます!!
主要種牡馬&クセの強い種牡馬だけをピックアップした、最も馬券に直結する種牡馬事典と言っても過言ではありません(便利なクセ一覧表付き)。






11シェーングランツ48.6
コントラチェックに1馬身遅れの時点で買えない感じ。
重馬場もだめでしょう。
京都の鬼豊騎手ですが厳しそう。

12ブランノワール80.9
52㎏だっとはいえ、加速性能がさすがロードカナロア産駒。
チャンスはありそう。
この人気だと強気に押せませんけど警戒する必要はある。

13シャドウディーヴァ97.3
前走の乗り方はダメな乗り方。
まだ体が出来ていないから後ろから脚を貯めないと伸びないです。
また前で競馬するならノーチャンス。
脚を後方で貯めれば少しだけ着順あがるかもね。

【秋華賞】シャドウディーヴァ・斎藤誠調教師 影の歌姫


14レッドアネモス202.0
距離長い。
早熟なのに・・・。

15メイショウショウブ314.4
1600m使うまで待ちましょうダイワメジャー産駒。

16シングフォーユー364.1
まだG1でやるには早すぎる。

17コパカティ539.8
京都の内回りはダメなのか?まだ何とも言えない馬。
100円買っとく?

18ローズテソーロ718.2
遠征と抽選もありますけど、紫苑Sでそんなに差はありませんでした。
抽選通れば、少し楽しみ。

19トゥーフラッシー798.8
ダートで結果を出している馬。
色々足りない。

4・5推定人気馬は調査が必要ですね。
調教がイマイチ馬と過剰人気馬理由がわからないと買えない。

秋華賞は馬場を2パターンに分けて考えると的中に近づく/亀谷敬正



他の競馬情報はこちらから探しましょう!
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村












コメントする

名前
 
  絵文字