2012年06月09日

2012年6月24日 JRA 宝塚記念(GI)

今年も春のグランプリ、宝塚記念が近づいてきました。まずは去年の宝塚記念を振り返ってみましょう。

2011年の宝塚記念、1番人気は現役にして名牝であるブエナビスタ。

ヴィクトリアマイル(GI)ではアパパネに敗れましたが、距離が長くなるのは好条件でしょう。

去年2着の借りを返すべく、女王が乗り込んできました。

2番人気は休養明けの金鯱賞(GⅡ)で快勝し、重賞2連勝中のルーラーシップ。

キングカメハメハとエアグルーヴとの間に産まれた超良血がGIタイトルを手にする事が出来るのか、俄然注目が集まります。

3番人気は天皇賞(春)(GI)2着のエイシンフラッシュ。

2010年のダービー以来、1年以上勝ち星から遠ざかっていますが、常に安定した成績を残しており、GI2勝目を狙います。4番人気は、重賞を連勝し、天皇賞(春)で1番人気となったトゥザグローリー。

レースは13着に敗れ、期待を裏切ってしまいましたが、ここで汚名返上といきたいところです。

そして5番人気に2010年のジャパンカップを制したローズキングダム。

近走では目立った走りを見せられず、こちらもGI2勝馬としての誇りを再度示したいところです。

この様に、女王ブエナビスタに最強4歳世代が挑むといったかたちの前評判となりました。 いよいよレースが始まると、まず先頭に立ったのはナムラクレセント。

2番手に重賞3勝のアーネストリーがつけ、ローズキングダムが5番手を進み、10番手あたりをエイシンフラッシュ、トゥザグローリー、ブエナビスタと続き、その後ろにルーラーシップが控える展開。 第四コーナーを迎えると、ローズキングダムが4番手につけ、ルーラーシップが8番手までポジションを引き上げます。 そしていよいよ最後の直線、ナムラクレセントが早々に脚が上がり、アーネストリーが変わって先頭に立ち、抜け出します。2番手だったにも関わらず、脚色は落ちず、むしろ俄然自分のペースで走り抜けていきます。

ローズキングダムも必死に追い上げますが、アーネストリーとの差が中々縮まらず、エイシンフラッシュがローズキングダムに追いついてきました。

ここでやはり来たのが女王ブエナビスタ。ローズキングダムとエイシンフラッシュに取りつき、かわしにかかります。しかし、ブエナビスタもここまでで、アーネストリーがそのままゴール板を駆け抜け、見事にGI初タイトルを手中に収める事となりました。 走破タイムは2分10.1秒と、レースレコードであり、又、コースレコードをも記録した、力強い競馬でした。又、アーネストリーは父親グラスワンダーとの宝塚記念父仔制覇をも達成。

これは宝塚記念史上初めての事であり、多くの記録が生まれる結果となりました。 今年の宝塚記念は、去年の最強4歳世代が5歳を迎え、まだまだ立ちはだかるのか、それとも4歳を迎える新鋭達や、天皇賞(春)でまさかの惨敗を喫した3冠馬オルフェーヴルが復活するのか、はたまたアーネストリーが連覇達成となるのか、混戦模様を呈していますが、ファン投票も楽しみに、6月24日の宝塚記念を待とうと思います。


keiba1112 at 13:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)宝塚記念 | 宝塚記念予想

2012年05月25日

JRA 安田記念(GI)

今回は、安田記念の前哨戦としての意味合いの強い、読売マイラーズカップ(GⅡ)を振り返ってみようと思います。

読売マイラーズカップ開催当日、京都競馬場の馬場状態が稍重の中、まず1番人気に去年3歳で安田記念を制し、今年中山記念(GⅡ)3着で始動したリアルインパクト、2番人気に、重賞勝ちは無いものの、オープン戦3勝のジョワドヴィーヴルの全兄、トーセンレーヴ、3番人気に去年の読売マイラーズカップ覇者で、前走の中山記念でリアルインパクトに先着の2着としたシルポート、4番人気に去年のマイルチャンピオンシップ(GI)を制し、それ以来の休み明けでの出走となるエイシンアポロン、5番人気に去年のマイルチャンピオンシップでエイシンアポロンに次ぐ2着となったフィフスペトルと、この時点でも非常にハイレベルであり、GIレース並みのメンバーが揃うレースとなりました。

さて、いよいよ出走となり、まず予想通り、逃げ馬シルポートがハナを奪い、レースをコントロール。

トウショウフリーク、リーチザクラウン、コスモセンサーと続き、エイシンアポロンとフィフスペトルがこの後ろ。トーセンレーヴが続き、その後方にリアルインパクト。

キングストリートとネオサクセスが最後方からといった展開で第四コーナーを迎えると、リアルインパクトが少しずつポジションを下げてしまい、既に脚も一杯になってしまいました。

先頭はというと、変わらずシルポートがマイペースで上手くレースを作り出し、いつも通り逃げ切り勝ちを狙います。トーセンレーヴは直線を向いても脚が伸びず、エイシンアポロンも休み明けの影響か、ズルズルと後退。

そんな中で、後方からダノンシャーク、ヤマカツハクリュウ、レッドデイヴィスが末脚を繰り出し、シルポートを捉えに必死に追います。

その中でもダノンシャークが力強く脚を伸ばして懸命に追いますが、シルポートに1馬身差まで迫ったところで時既に遅し。 見事にシルポートが逃げ切って先頭でゴールし、重賞3勝目をマーク。

更に、読売マイラーズカップを連覇する偉業を達成。7歳と高齢ながら、あらためてレース巧者振りを見せつ け、まだまだ若い馬に負けず劣らず、健在である事を証明してくれました。 リアルインパクトの惨敗が気になりますが、そのリアルインパクトとエイシンアポロン、グランプリボスはGI馬である為、他の馬とは2kgの斤量差がありました。

安田記念では牡馬と牝馬、3歳馬で斤量差がありますが、古馬の牡馬は一律58kgの斤量を背負います。

休み明けだったエイシンアポロンを含め、安田記念での巻き返しを期待し、勝利したシルポートがこの斤量差を克服出来るのか、そういったところも念頭に、安田記念の予想を楽しんでいきたいと思います。


keiba1112 at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)安田記念 | 安田記念予想

2012年05月12日

日本ダービー 東京競馬場 芝2,400m JRA GI

競馬の最大のイベントである日本ダービーまで残すところ僅かとなりました。

ここで、ダービーのトライアルレースを紹介しようと思います。

まず、クラシック第一冠目の皐月賞(GI)。皐月賞で4着以内に入選すると、日本ダービーへの優先出走権が得られます。

近年の馬券内に入選した競走馬の日本ダービー直前のレースを見てみると、皐月賞が非常に多く、又、ローテーション的にも一番理想的なレースであるとも言えるのではないでしょうか?

そして次に重賞レースのテレビ東京杯青葉賞(GⅡ)。

このレースは東京競馬場の芝2,400mで開催され、日本ダービーと全く同じ開催競馬場、距離となっています。

日本ダービーの成績に直結しそうなものですが、青葉賞勝利馬による日本ダービー制覇は未だなく、2,400mの距離を2戦連続で戦うには、3歳馬にとってみれば厳しい条件なのかもしれません。

青葉賞で2着以内に入選すると、日本ダービーへの優先出走権を獲得出来、獲得賞金が少ない馬、デビューが
遅い馬にとってみれば、それでも重要なレースである事は間違いありません。

そしてもう1つが、オープン戦のプリンシパルステークス。

プリンシパルステークスも東京競馬場での開催ですが、距離は2,000mと青葉賞よりは短くなっています。

但し、ダービーへは中2週で向かう必要があり、ローテーション的にはやや厳しいと思います。

そして優先出走権ですが、これは優勝馬にしか付与されず、厳しいものとなっています。

上記に記述した通り、以上の3レースに、日本ダービーへの優先出走権が認められており、のこりの11枠に対して獲得賞金の多い順に決定されていきます。

早い馬では2歳で既に条件をクリアしている馬もおり、デビューが遅くなってしまった馬にとっては、中々賞金を加算する機会もありませんので、やはりトライアルレースを使う事になります。

とりわけ今年の3歳牡馬では、2歳から活躍を見せている馬も多く、デビューが遅くなった馬にとっては例年になく厳しいものとなっています。

競馬関係者全ての人間が憧れるといっても過言ではない日本ダービー。

今年はどの馬、どの騎手、どの調教師、どの馬主や関係者に日本ダービーの栄誉がもたらされるのか。

今年も東京競馬場に足を運んで日本ダービーの予想とレース観戦してみようと思います。


keiba1112 at 14:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日本ダービー | 日本ダービー予想

2012年04月21日

JRA ヴィクトリアマイル(GI)

今年も牝馬古馬限定のGIレース、ヴィクトリアマイルが近くなって
きました。ここで、ヴィクトリアマイルへ向けて、どのレースが重
要になってくるのか、調べてみようと思います。

まず、いくつかのレースでヴィクトリアマイルへの優先出走権が付与される事をご存知ですか?優先出走権が付与されるレースが3レースありますので、ここから見ていきましょう。

一つ目は、GIレースの高松宮記念です。中京競馬場で行われる春のスプリンターチャンピオン決定戦ですが、この高松宮記念で2着までに入賞すると、ヴィクトリアマイルに出走する事が出来ます。

次に、GⅡレースの阪神牝馬ステークスです。距離が1,400mと、ヴィクトリアマイルに近く、賞金も高いレースです。この阪神牝馬ステークスでも2着以内に入選すると、ヴィクトリアマイルへの優先出走権を得られます。

そしてもう一つがGⅢレースの福島牝馬ステークスです。距離が1,800mと、東京競馬場の過酷な直線を考えると、適正のあるレースですが、GIやGⅡを制している牝馬にはハンデが厳しく、強豪馬はあまりローテーションには組まないケースが多いと思います。

福島牝馬ステークスでも2着以内の入選で、ヴィクトリアマイルへの優先出走権が得られますので、オープン入りしたばかりの馬や、重賞未勝利の牝馬にとってみれば、最大のチャンスとなるレースだと思います。 優先出走権は得られませんが、3月上旬に行われる、中山牝馬ステークス(GⅢ)も、重要な位置付けのレースですね。2ヶ月程空きますが、その後の安田記念や宝塚記念をも目指す牝馬であったり、あまりレース間隔を狭めたくない牝馬にとっては、中山牝馬ステークスから直行する事も考えられます。 この4つの重賞レースに注目してみると、より一層、ヴィクトリアマイルの予想が楽しめるのではないかと思います。


keiba1112 at 12:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ヴィクトリアマイル | ヴィクトリアマイル予想

2012年04月11日

JRA GI NHKマイルカップ

NHKマイルカップに出走するにあたり、もちろん獲得賞金が目安となってきますが、トライアルレースとしてどのような重賞があるのか、まとめていこうと思います。

まず挙げられるのが、ニュージーランドトロフィー(GⅡ)です。

ニュージーランドトロフィーは、1着から3着までの馬に、NHKマイルカップへの優先出走権が与えられる事から、トライアルレースの意味合いが最も強いレースで、エルコンドルパサーやシーキングザパールが、ニュージーランドトロフィーを制した後、NHKマイルカップにも勝利しています。 次に挙げられるのが毎日杯(GⅢ)で、ダノンシャンティ、ディープスカイ、キングカメハメハ、クロフネ、テイエムオペラオーなど、多くのGI馬・名馬を輩出するレースとなっています。 続いてアーリントンカップ(GⅢ)。シーキングザダイヤ、タニノギムレット、ダンツフレーム、エイシンプレストンなどが勝利。

芝・ダート問わず、中長距離で活躍した馬が見受けられますね。 ファルコンステークス(GⅢ)も該当するでしょう。近年ではファルコンステークスを制したジョーカプチーノがNHKマイルカップを制しており、高松宮記念を勝利したサニングデールもファルコンステークスを制しています。 そして、皐月賞、桜花賞のGIレースからNHKマイルカップへ向かうケースも増えてきた様に思います。

ダービー、オークスの距離が2,400mである為、距離が長いと判断された馬達はNHKマイルカップへ向かうでしょう。

牡馬ではダービーへ向かうローテーションとしても徐々に確立されてきており、又、牝馬ではオークスの距離を嫌ってNHKマイルカップへ向かう、というケースも有り得ます。 ハイレベルな激闘を例年見せつけてくれるNHKマイルカップを、しっかりと目に焼きつけていく所存です。

今年もNHKマイルカップの予想をするのが非常に楽しみです。


keiba1112 at 16:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)NHKマイルカップ | NHKマイルカップ予想

2012年03月18日

天皇賞(春) プレイバック

天皇賞(春)の開催へ向けて、まずは去年の天皇賞(春)を思い出してみようと思います。

去年の天皇賞(春)には、フルゲート18頭が参戦。1番人気は有馬記念(GI)3着の後、京都記念(GⅡ)、日経賞(GⅡ)と連勝して臨んできたトゥザグローリー。

2番人気に前年のジャパンカップ(GI)を制したものの、日経新春杯(GⅡ)と日経賞(GⅡ)でともに3着と連対を外してしまっているローズキングダムが巻き返しを図ります。3番人気には、ダービー(GI)以来勝ち星から遠ざかっているエイシンフラッシュが復権すべく臨みます。

そして4番人気に日経賞2着で一発を狙うペルーサが入り、大阪杯(GⅡ)を制したヒルノダムールは7番人気と、最強4歳世代と言われる面々が一様に揃い踏み。阪神大賞典(GⅡ)を制したナムラクレセントは5番人気に収まりました。ハイレベルなレースが期待され、最強の称号を得るべく各陣営も力が入っていた様に感じました。 いよいよ出走となり、ハナを奪ったのはなんとトゥザグローリー。
近走では先行するレースが目立ってはいたものの、逃げるかたちでレースをするのは初めてで、会場が一斉にどよめきます。

2009年の天皇賞(春)を制したマイネルキッツが2番手を進み、ペルーサが中団やや前目から、その後ろをローズキングダム、ヒルノダムール、エイシンフラッシュが追随していき、最後方からフォゲッタブルがレースを展開。

第3コーナーに差し掛かると、10番手あたりを進んでいたナムラクレセントが捲り気味に押し上げハナを奪い、トゥザグローリーは3番手へと後退。第4コーナーに向かいヒルノダムールがややポジションを上げて、いよいよ最後の直線。1番人気のトゥザグローリーは脚を使ってしまった為か、全く脚が伸びずにズルズルと後退。

ペルーサもいつもの追込みで見せる脚は使えず、ナムラクレセントとマイネルキッツが粘り込みに入りますが、ヒルノダムールとエイシンフラッシュが脚を爆発させ、他馬をかわしていきます。

この2頭の激しい叩き合いをヒルノダムールが制し、見事GI初勝利を上げる事となりました。 最強4歳世代に注目が集まりましたが、結局前評判通り、4歳世代のワンツーフィニッシュとなり、あらためてこの世代のサラブレッドのレベルの高さを証明したレースでした。 今年はそれぞれの馬が5歳を迎え、更に実力を伸ばしてくるのか、クラシック三冠と有馬記念を制した、2011年の年度代表馬、オルフェーヴルが一掃するのか、今年の天皇賞春も楽しみです。


keiba1112 at 13:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)天皇賞(春) | 天皇賞(春)予想

2012年03月10日

2012年4月15日 JRA GI 皐月賞

今年はどの馬が皐月賞のか、今から既に楽しみです。
ここで、朝日杯フューチュリティステークスを制し、2歳チャンピオンとなったアルフレードに注目してみようと思います。 アルフレードはシンボリクリスエス産駒で、母親がプリンセスカメリア、母父がサンデーサイレンスという血統です。 2011年9月25日、中山競馬場で開催された芝1,600mの新馬戦でデビュー。

1番人気でレースを迎える事となります。血統的に見ても、ここでは正直他の馬に負ける訳にはいかなかったでしょう。

中段でレースを進め、最後の直線では出走メンバー中最速の脚を見せ、粘る先行馬を半馬身かわしてゴールイン。

新馬勝ちを収めました。 そして2戦目。新潟競馬場で開催された芝1,600m、きんもくせい特別へ登録。

ここでも1番人気の支持を集めます。新馬戦同様、中段からの競馬を見せ、最後の直線では又もやメンバー中最速の上がりタイム、3F32.5秒を繰り出し、2連勝を果たします。 そしていよいよ、GIレースである朝日杯フューチュリティステークスへ向かう訳ですが、重賞勝馬やオープンを勝ち上がった他馬を抑え、ここでも1番人気の支持を得ます。

東京スポーツ杯2歳ステークスや札幌2歳ステークスで上位の馬が軒並み朝日杯を回避した為、やや小粒のメンバーとなった感は否めませんでしたが、非常にレベルの高いレースとなりました。

アルフレードは4番手と先行ポジションでレースを展開。

早めに抜け出すと、長く良い脚を披露し、他馬を寄せ付けずそのままゴールイン。

2着に2馬身差を付ける、完勝と言っていい内容でした。

レースタイム1分33秒4は、レースレコード・コースレコードのタイ記録で、シンボリクリスエス産駒として初めて芝のGIタイトルを獲得するに至りました。 アルフレードはまだ芝1,600mの距離実績しかありませんが、皐月賞が行われる中山競馬場で2勝している事は充分プラスの要素です。
三冠馬ナリタブライアン以来、朝日杯フューチュリティステークス勝ち馬はクラシックタイトルを獲得出来ておらず、この悪夢を祓うべく、皐月賞ではアルフレードを応援したいと思います。


keiba1112 at 11:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)皐月賞 | 皐月賞予想

2012年03月07日

2012年4月8日 JRA GI 桜花賞

今年もいよいよ桜の季節が近付いてきました。

桜の季節と言えば、競馬界でまず最初に浮かぶのが、文句無しに桜
花賞かと思います。

過去に勝利した桜花賞馬を挙げてみますと、去年の有馬記念をもっ
て引退した、GI6勝、GI12連対、競馬史上牝馬での総獲得賞金歴代
1位、総獲得賞金歴代2位の大記録を残したブエナビスタ、2010年
に牝馬三冠馬となり、阪神ジュべナイルフィリーズ、ヴィクトリア
マイルも含めGI5勝、桜花賞レコードホルダーのアパパネ、37年振
りに牝馬で有馬記念を制するなど、桜花賞、秋華賞、エリザベス女
王杯も含め、GI4勝のダイワスカーレット、アパパネ同様牝馬三冠
馬となったスティルインラブ、初代牝馬三冠を達成したメジロラモ
ーヌ、NHKマイルカップとの変則2冠を達成したラインクラフトな
ど、所謂名牝がズラリと並び、桜花賞は競馬を語るうえで欠かす事
の出来ない、そしてインパクトの強いレースだという事も判ります。
五大クラシック競争の内の1つであり、競走馬である牝馬にとって、
まず最初の目標がこの桜花賞である事は誰の目からも明らかです。

続くクラシックレースのオークスは、芝2,400mで行われる為、距離
適正などが問題にはなってきますが、秋華賞やヴィクトリアマイル、
距離は少し長いですがエリザベス女王杯などにも今後臨んでいくう
えで、まずスピードが求められるレースで各陣営とも評価を上げて
おきたいでしょう。

ブエナビスタや、ダービー・ジャパンカップ・天皇賞(秋)などを制し
たウォッカなどの様に、牡馬を蹴散らす程の力があれば、何も気に
する事はないんでしょうけどね。

今年はどんな色の桜が阪神競馬場に舞うのか、レース当日を楽しみ
に、桜花賞の予想や検証をしていこうと思います。


keiba1112 at 19:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)桜花賞予想 | 桜花賞

2012年02月12日

2012年 JRA 高松宮記念(GI) 芝 1,200m 中京競馬場

競走馬のスプリンターNo.1を決める春のGIレース、高松宮記念が近付いてきました。

春のGIレースのスタートを切るレースと言っても良いかもしれませんね。 さて、今回は高松宮記念へ向かうステップレースなど、検証していきたいと思います。 高松宮記念へのステップレースとして挙げられるのが、まず1月に行われるシルクロードステークスです。

シルクロードステークスは、京都競馬場の芝1,200mで行われるハンデ戦となっており、ステップレースと言うよりは、高松宮記念への出走権利を得るべく賞金を加算する、という意味合いの方が強いと思います。 次に2月末に阪神競馬場の芝1,400mで行われる阪急杯。こちらはハンデ戦ではなく別定となっているので、高松宮記念のステップレースと言えるでしょう。 そしてもう1つが、3月初めに中山競馬場の芝1,200mで行われるオーシャンステークスです。

オーシャンステークスも阪急杯同様、別定でのレースとなっており、高松宮記念のステップレースとなっています。 大体この3レースが挙げられますが、稀にダートのGIレースである、フェブラリーステークスを使うケースもあります。

考えられるのは、牡馬でGIレースを勝っている場合、ステップレースで59kgの斤量を背負ってレースに出走する可能性が高く、フェブラリーステークスであれば、57kgの斤量で出走可能です。馬の負担を考えている陣営は、このローテーションで高松宮記念に向かうケースも有り得ますね。 今回、ステップレースについて触れましたが、皆さんも阪急杯やオーシャンステークスを参考に、是非高松宮記念を楽しんで下さい。


keiba1112 at 11:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)高松宮記念予想 

2012年02月04日

フェブラリーステークス JRA(GI) レビュー

2012年のフェブラリーステークスは、2月19日に東京競馬場で開催される様です。

今年も出走が予想されるトランセンドが去年のフェブラリーステークスを制し、ドバイワールドカップで2着になるなど、海外のビッグレースへ望む為の重要なGIレースである事は間違いありません。

トランセンドはJRAのダートGIレースを現在3連覇中で、4連覇なるか、という点で注目が集まると思います。

さて、上記に記載したドバイワールドカップについて、去年は1着ヴィクトワールピサ、2着トランセンドと日本馬のワンツーで盛り上がりを見せたのが記憶に新しいですが、実はこの2頭、国内では同じレースに出走する事はほぼあり得ませんでした。

では何故ドバイでは同じレースに出走する事になったのでしょうか? 答えはコースにありそうです。ドバイワールドカップはオールウェザー(AW)という馬場で行われます。全天候馬場、人口馬場、合成馬場、とも言われ、芝コースとダートコースの中間といった具合です。
中間だから2頭とも活躍したのか、芝コースに出走していたヴィクトワールピサにダート適正があったのか、ダートコースをメインに出走していたトランセンドに芝適正があるのか、興味深いところですね。 もう1つ。ドバイワールドカップの賞金が高いから2頭とも出走した、なんて事も考えられますが、とにかく今年も世界へのステップとして、フェブラリーステークスを楽しみたいと思います。


keiba1112 at 13:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)フェブラリーステークス予想 

2012年01月31日

中央競馬予想

最近、自分の予想をブログに書いている友人がいたので、僕も書く事にしました。

地方競馬はあまり興味はなく、中央競馬の予想だけになってしまいますが、予想を書いていこうと思います。

それ程当たる予想ではないですけど。

というかはっきりいって自己満予想になってしまいますが、よかったら見ていって下さい。

keiba1112 at 15:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)