競馬

人気ブログランキングへ


今週の10月7,8,9日週は3日開催となり、3日間の情報提供週となります。
10月7、8日は会員様へ10万円勝負のSランクレースを提供させていただきました。

月曜日情報
京都11レース

京都大賞典

2サウンズオブアース
昨年の京都大賞典は後ろ過ぎたことが大きく響き、ペースは3.4の超スローとなりラップ的にはL3で既に最速タイの11.1、4角地点の立ち回りが重要な1戦となりました。
道中は無理せず控える形で中団にいましたが、折り合いを意識しているうちに後方にという消極的な競馬で内に入り込むと、向正面でもペースが上がらず後方2番手で中団馬群の後ろを追走。
直線序盤で進路確保で少し強引に外に出すと、そこからは上がり33.1秒の伸びを見せるもL1ではラブリーデイとの差が詰まらずに4着となりました。
瞬間的な切れ味はここでも見せましたが、淀の2400m戦でL3からトップスピードを要求されてしまうと内なく立ち回ったキタサンやデウス、トップスピード戦では緩やかに下降線と言えどもトップレベルにあったラブリーデイを差すというのは困難でした。
それだけのトップスピードを維持する能力はないため、前半でどのポジションを取るかというのは重要になってきます。
一昨年の京都大賞典では超スローで最速地点の直線序盤では当時トップスピード戦最強のラブリーデイ相手に一瞬キレで優位に立てていましたた。
ある程度前目で切れ味を引き出せるのがこの馬の本来の持ち味で、昨年の敗因は枠が悪くデムーロ騎手の消極的なポジショニングが大きな要因と言えます。
この馬は秋になると調子が良くなり、使った後も硬さが出できません。
今回は横山騎手騎乗で、前走の札幌記念では2000mでも出して行っていいポジションを取れていました。
この馬の場合はトップスピード戦の方が良いのは間違いなく、前走はタフな馬場の中でそれなりに前半も流れており、2000m戦でこれができたのは大きな収穫と言えます。
前走はかなり内容がある競馬で、これまでの詰めの甘さを克服できる希望は見いだせた1戦と言えます。



土曜日情報結果

東京1レース(Sランクレース


ここはレースレベル比較がはっきりできるメンバー構成で、クラウンエンジェルの未勝利組は超低レベルなメンバーが揃っていた一戦でタイム差を見ても相当レベルの低い一戦でした。
前走クラウンエンジェル気組のパリモンマルトル、ニシノシコン、ラインマッシモは軽視します。

16イサチルルンルン
これまでに行われた中山ダート1200mの未勝利戦で最もハイレベルだったのはが、この馬の前走の未勝利戦で、良馬場の1:12:6という時計もかなり優秀で前半34.2と淀みなく流れたことで地力が問われた1戦となりました。
イサチルルンルンスタートで後手を踏んでいましたが、二の足で挽回して砂を被っても問題とせずに完全タイム差+0.5で4着となりました。
このタイムは今回のメンバーでは抜けており、前走はスタートで出遅れてしまいましたが、1200mという距離もこの馬には忙しく、100m延長の1300m戦もプラスとなりそうです。
今回は最後入れの大外枠で今までよもはゲートが良くなる可能性が高く、外目の好位をスッと取れそうな枠並びも好材料と言えます。
血統的にも東京ダート替わり、道悪、外枠と、全て条件が良くなる今回は中心視できる1頭となります。

14カエデ
ダート替わりで一変する可能性がある1頭。
2走前の函館で位置が取れるようになって見所十分の競馬で4着。
最後は手前を替えずに直線でひと伸びを欠きましたが、走りっぷりを見てもダート適性はありそうで、血統背景を見てもダートに変わるのは良さそうです。
砂を被らない外枠もプラスとなります。

13ミコジェンヌ
新馬ポンと出て戦は砂を被らずにスムーズな競馬が出来ており、道中の手応えも良く最後の競り合いも頑張っての2着となりました。
稽古でも抜群のスタートを見せており、大きなフォームで走るだけに東京コース替わりは大きなプラス材料となりそうです。


レース結果
情報通り、前走低レベル戦のパリモンマルトル、ニシノシコン、ラインマッシモはそれぞれ7番人気15着、6番人気8着、5番人気着と、人気以下の着順に敗れ、1着13ミコジェンヌ、2着16イサチルルンルンとなり馬連8.4倍的中で46万2000円の払い戻しとなりました。


1fs










今週の日曜日のSランクレース内容
(ブログ、メルマガで下記内容を公開させていただきました)


・・・・・の・・・・・・・は9月・・・日に・・・・・・・・・を・・・・・に・・・・・・・・を・・・・・・・・秒で走破し、従来の・・・・・・・・・・を・・・・・秒も更新する猛時計となりました。

この日の・・・・・・・・・・は絶好のコンディションだったとはいえ、・・・・・・・を切ったのは・・・・・・・・・の・・・・・・と・・・・・・・・・・・の・・・・・・のみ。
しかも・・・・・は・・・・・・・・・・・・・が控えて・・・・・・・・・・・できますが、こちらは・・・・・・・の・・・・・・・・・と状況が異なります。

・・・・・・・・・・でしっかり・・・・・・・・出して、・・・・・・は・・・・・・にというのが・・・・・・・・・・・・好走パターンですが、・・・・・・・・でここまで・・・・・・・しまうと、・・・・・・・・・・では・・・・・・どころか・・・・・・・・・の可能性もあります。

・・・・・・・はすでに・・・・・・・・・・では・・・・・・・・・との・・・・・・・・・が予定されており、・・・・・・・・・との・・・・・・は・・・・・・・・となる事が決まっています。

昨年の・・・・・・・・・・を・・・・・・・・・して・・・・・となった・・・・・・・・・は、・・・・・・では・・・・・・・・・明白なだけに、多くの・・・・・・が・・・・・・・・・・中でメイチに近い状態の・・・・・・・・・・・・で・・・・・・・・・、・・・・・・・・・では・・・・・・・・・の・・・・・・・・を・・・・・・・で負かす考えが汲み取れます。

「・・・・・・・・・になったけど、・・・・・・・・ないよ」と・・・・・・・・惚けて見せましたが、・・・・・・・・・・・・・・・・・を手段を選ばずに本気で狙ってきている事は分かります。


上記内容は会員様情報で以下のように公開させていただきました。

日曜日のSランクレース

東京11レース
毎日王冠

リアルスティール
毎日王冠の1週前追い切りは9月27日にM.デムーロ騎手を背に栗東の坂路4ハロンを49.6秒で走破し、従来の自己ベストを0.6秒も更新する猛時計となりました。
この日の栗東の坂路は絶好のコンディションだったとはいえ、50秒を切ったのは「坂路王」のネロとリアルスティールの2頭のみ。
しかもネロは週末にスプリンターズSが控えていただけに納得できますが、こちらは前哨戦の1週前と状況が異なります。

1週前追い切りでしっかり時計を出して、最終追いはソフトにというのがリアルスティールの好走パターンですが、毎日王冠でここまで仕上がってしまうと、本番の天皇賞・秋では上積みどころか下降状態の可能性もあります。

デムーロ騎手はすでに天皇賞・秋ではサトノクラウンとのコンビでの参戦が予定されており、リアルスティールとのコンビは今回限りとなる事が決まっています。

昨年の天皇賞・秋を自身が騎乗して2着となったリアルスティールは、本番では強敵となるのは明白なだけに、多くのライバルが前哨戦仕上げの中でメイチに近い状態のリアルスティールで毎日王冠を勝ち、天皇賞・秋では下降気味のリアルスティールをサトノクラウンで負かす考えが汲み取れます。

「速い時計になったけど、そんなにやってないよ」と記者会見では惚けて見せましたが、『毎日王冠』と『天皇賞・秋』を手段を選ばずに本気で狙ってきている事は分かります。


会員様には自信度Sの◎リアルスティールの単勝10万円勝負をしていただき、3番人気のリアルスティールが1着となり、単勝5.8倍的中となりました。

580000









有料情報 お申込み方法

2017年の春のG1レース成績

高松宮記念 不的中

大阪杯 的中 35万8650円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keiba1nin/archives/2017-04-03.html

桜花賞 不的中

皐月賞 的中 52万2600円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keiba1nin/archives/2017-04-16.html

天皇賞・春 不的中 

NHKマイルC 不的中

ヴィクトリアマイル 不的中 

オークス 不的中 

ダービー 的中 39万1710円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keiba1nin/archives/2017-05-28.html

安田記念 不的中

宝塚記念 不的中




11戦3勝127万2960円獲得


G1期間の情報料金+G1レースの購入資金総額=89万円
G1レース払い戻し金額=127万2960円

純利益38万2960円となりました。


有料情報 お申込み方法



人気ブログランキングへ

毎週全レースのリプレイを見直し、次走注目馬を炙り出しています。
レースリプレイを見直すことで、競馬新聞には載っていない特別な次走注目馬をピックアップします。
特別な次走注目馬出走レースは、大きく勝負できるレースとなります。






2016年春のG1レース結果
http://blog.livedoor.jp/keiba1nin/archives/cat_194101.html
10戦6勝(179万2240円獲得 回収率814%)


2017年春のG1レース結果
http://blog.livedoor.jp/keiba1nin/archives/16794818.html
10戦3勝(127万2960円獲得 回収率254%)