FC2 ブログランキング


今週の3日開催週は4年連続的中の秋華賞週となります。
今週の秋華賞は5~10万円勝負指定のSランクレースとなります。

今週は5~10万円勝負のSランクレース2鞍、3~5万円勝負のAランクレース1鞍、推奨レースの提供となります。


昨年の秋華賞は39万円獲得

196






2018年の秋華賞は46万4800円の払い戻し

2018年秋華賞(Sランクレース)

11アーモンドアイ
ゲートが不安定ですが、前走のオークスである程度克服して機動力を見せてきた点は大きな材料と言えます。
ただ、多少後ろからになったとしても秋華賞は過去10年で9回が4角5番低下の馬が優勝しており、連対馬で見ても4角4番手以内の馬は3頭のみで、前半からペースが上がりやすい秋華賞では先行する馬には厳しいコースと言えます。
今回はリリーノーブルが不在で、右回りのラッキーライラックは手強い相手ですがラッキーライラックは予定していたローズSを使えなかった誤算があります。
能力面で不安視する材料が無く、相手も弱化する今回は人気でも逆らえない1頭と言えます。
ライバル不在のここは1強のレースと言え、相手探しの1戦となります。

結果は1着11アーモンドアイ、2着13ミッキーチャーム、3着2カンタービレで3連単56倍的中となりました。







2017年秋華賞の情報内容と結果

2017年秋華賞
ファンディーナ
3戦目までに衝撃的なパフォーマンスを見せ続けましたが、ファンディーナが強さを示したのはスローペースの瞬発力勝負のみで、抜群のスタートを切って前々で競馬ができる強みはありますが、それでもスローの流れを前につけて急加速で振り切る内容ばかりでした。
4戦目の皐月賞では初めて経験する多頭数で揉まれこむレース、初めて経験するハイペースでの持続力勝負に対応できずに7着となりました。
跳びが大きく揉まれると脆く、その上で瞬発力勝負が身上だけに理想は外枠からのスローペースの競馬での加速力勝負となります。

前走のローズSもハイペースの持久力勝負で7着に崩れており、デビューから3戦で倒した相手はブルークランズ、タガノアスワド、シーズララバイなどで、一番出世している馬で500万勝ちのタガノアスワド。
シーズララバイは紫苑Sを惨敗したようにフラワーカップはメンバーレベルが非常に低い1戦でした。
3着馬がドロウアカード、4着馬がエバープリンセスというのを見ても500万レベル程度のレースだったと言えます。
皐月賞と同じ激流ハイラップの消耗戦になる傾向がある秋華賞でこの馬を買うのはリスクしかなく、内枠が断然有利な秋華賞で内枠では揉まれる不安を抱えているこの馬にとってはここは買い時ではありません。
適性的にはスローで流れるエリザベス女王杯向きの馬と言えます。

会員様情報では危険な人気馬ファンディーナ(2番人気13着)を切り捨て、オークス上位組からタフな馬場実績があり、加速しながらトップスピードを持続させられる14ディアドラ、京都内回り2000mで分散させながらの競馬が合っている7リスグラシューを上位にとり、馬連3点指示で15.1倍的中(30万2000円の払い戻し)となりました。

4







2016年の秋華賞は会員様へ予告通りの3点以内での買い目指示となり、馬連3点で35.5倍的中となりました。





日曜日

京都11レース
秋華賞

13デアリングタクト
この馬が見せた衝撃のパフォーマンスは2戦目のエルフィンステークスで、外有利なトラックバイアスで後方追走して最後は追わずに4馬身差の圧勝。
当時の京都芝のコンディションは3歳牝馬にとっては決して走りやすい馬場の状態ではなかったにも拘わらず、勝ちタイムはエルフィンステークス史上最速となる1分33秒6。
2位は後にGIを6勝するウオッカが記録した1分33秒7で、3位は後に桜花賞を制するマルセリーナで1分34秒4。
エルフィンSは時計面では過去のGI馬と比べても大きな差を見せており、まだ余力を残した中での勝利だけに非常に優秀な内容と言えます。
L2の地点では前とは4馬身の差がありましたが一気に伸びてきており、時計の手にくい馬場で11.0~11.1ぐらいの脚を使っている計算となります。
後半3Fを逆算した場合、11.5-11.1-11.4ぐらいは出せている計算となり、この流れでこれだけの切れ味を見せてL1まで11.4を流して出せているところからも、後半の末脚の絶対量は異次元の高さと言えます。
これを高速馬場で最後までビッシリと追われていた場合は10秒台のラップを持続させていた可能性が高く、速いラップを連続する能力が高いタイプのように思えます。
桜花賞では強い競馬で消耗戦を制し、あまりオークスとは繋がる内容ではありませんでしたが、この流れで最後まで伸びきったというのは驚異のパフォーマンスで、あのペースで後方外からでは並みの馬なら脚を削がれてしまいますが、あの展開で最後まで伸びてきたパフォーマンスからも、秋華賞向きの適性を持っている同馬にとって無敗での三冠達成もただの通過点となりそうです。



有料情報 お申込み方法


2020年の上半期G1レース結果(11戦9勝250万円獲得)

2月23日 フェブラリーS
単勝 1点指示倍的中で28万円の払い戻しとなりました。
http://blog.livedoor.jp/keiba1nin/archives/2020-02-23.html

3月29日 高松宮記念 不的中

4月5日 大阪杯
ワイド1点的中で17万円の払い戻しとなりました。
http://blog.livedoor.jp/keiba1nin/archives/2020-04-05.html

4月12日 桜花賞
馬連・ワイド各1点指示ダブル的中で80万円の払い戻しとなりました。
http://blog.livedoor.jp/keiba1nin/archives/2020-04-13.html

4月19日 皐月賞
1コントレイル1着付けの3連単指示で263.1倍的中となりました。
http://blog.livedoor.jp/keiba1nin/archives/2020-04-20.html

5月3日 天皇賞・春
14フィエールマン1着固定の3連単552倍的中で44万1600円の払い戻しとなりました。
http://blog.livedoor.jp/keiba1nin/archives/2020-05-03.html

5月17日 ヴィクトリアマイル
◎12アーモンドアイ1着、▲16ノームコア3着で3連単73.4倍的中となり、40万3700円の払い戻しとなりました。
http://blog.livedoor.jp/keiba1nin/archives/2020-05-18.html

5月24日 オークス 不的中

5月31日 ダービ
馬連2.7倍、3連単51.4倍ダブル的中となりました。
http://blog.livedoor.jp/keiba1nin/archives/2020-05-31.html

6月7日 安田記念
3連単112.4倍的中となりました。
http://blog.livedoor.jp/keiba1nin/archives/2020-06-08.html

6月28日 宝塚記念
クロノジェネシスの単勝 1点的中で41万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba1nin/archives/32586816.html




2019年のG1レース結果
24戦11勝 総獲得金額418万7300円

2018年G11レース結果
24戦10勝 的中率42%

2017年の秋のG1レース結果
11戦8勝


有料情報 お申込み方法


2020年のG1レース結果

2月23日 フェブラリーS
単勝 1点指示倍的中で28万円の払い戻しとなりました。
http://blog.livedoor.jp/keiba1nin/archives/2020-02-23.html

3月29日 高松宮記念 不的中

4月5日 大阪杯
ワイド1点的中で17万円の払い戻しとなりました。
http://blog.livedoor.jp/keiba1nin/archives/2020-04-05.html

4月12日 桜花賞
馬連・ワイド各1点指示ダブル的中で80万円の払い戻しとなりました。
http://blog.livedoor.jp/keiba1nin/archives/2020-04-13.html

4月19日 皐月賞
1コントレイル1着付けの3連単指示で263.1倍的中となりました。
http://blog.livedoor.jp/keiba1nin/archives/2020-04-20.html

5月3日 天皇賞・春
14フィエールマン1着固定の3連単552倍的中で44万1600円の払い戻しとなりました。
http://blog.livedoor.jp/keiba1nin/archives/2020-05-03.html

5月17日 ヴィクトリアマイル
◎12アーモンドアイ1着、▲16ノームコア3着で3連単73.4倍的中となり、40万3700円の払い戻しとなりました。
http://blog.livedoor.jp/keiba1nin/archives/2020-05-18.html

5月24日 オークス 不的中

5月31日 ダービ
馬連2.7倍、3連単51.4倍ダブル的中となりました。
http://blog.livedoor.jp/keiba1nin/archives/2020-05-31.html

6月7日 安田記念
3連単112.4倍的中となりました。
http://blog.livedoor.jp/keiba1nin/archives/2020-06-08.html

6月28日 宝塚記念
クロノジェネシスの単勝 1点的中で41万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba1nin/archives/32586816.html


2019年のG1レース結果
24戦11勝 総獲得金額418万7300円

2018年G11レース結果
24戦10勝 的中率42%

2017年の秋のG1レース結果
11戦8勝

毎週全レースのリプレイを見直し、次走注目馬を炙り出しています。
レースリプレイを見直すことで、競馬新聞には載っていない特別な次走注目馬をピックアップします。
特別な次走注目馬出走レースは、大きく勝負できるレースとなります。