57796の競馬ブログ

データを中心に血統や馬の戦績(コース成績や馬場成績等)にも注目した競馬予想ブログです。

2017年04月

天皇賞(春)の予想です。

天皇賞春(春)傾向 
天皇賞(春)展望 


傾向まとめ
菊花賞出走馬
母父or母母父Northern Dancer系


過去29年で菊花賞出走馬が連対しなかったのは
10年、89年、88年の3年だけ。出走歴がある馬から。
③キタサンブラック
④スピリッツミノル
⑧タマモベストプレイ
⑨ディーマジェスティ
⑫ゴールドアクター
⑭ワンアンドオンリー
⑮サトノダイヤモンド
⑯レインボーライン

母父or母母父Northern Dancer系が05年から12年連続で連対。
④スピリッツミノル
⑧タマモベストプレイ
⑨ディーマジェスティ
⑭ワンアンドオンリー
⑮サトノダイヤモンド
⑯レインボーライン


菊花賞2着馬の4歳時出走は2-0-2-12
勝ったのはテイエムオペラオー、スペシャルウィークの2頭。
その2頭はGI馬でその2頭を除くと0-0-2-12で
軸まではどうか。今年は⑯レインボーラインが出走。

過去28年で菊花賞2着馬がその後天皇賞春を勝ったのは
テイエムオペラオー(00年、01年)、スペシャルウィークの2頭だけ。
今年は⑯レインボーラインが出走。

86年以降前走阪神大賞典2着馬は0-4-1-19
今年は⑥シュヴァルグランが出走。

阪神大賞典3着馬は0-0-2-14
今年は⑬トーセンバジルが出走。

過去31年で前走日経賞を使った関西馬は0-5-2-39
2着3着はあるが勝った馬はいない。
該当馬
①シャケトラ
⑩アドマイヤデウス
⑯レインボーライン
⑰ヤマカツライデン


傾向からよさそうなのは
④スピリッツミノル
⑧タマモベストプレイ
⑨ディーマジェスティ
⑭ワンアンドオンリー
⑮サトノダイヤモンド



⑮サトノダイヤモンド
傾向該当
急坂コースよりも直線平坦のほうがパフォーマンスよく見せているし
京都はベストかと。8枠は気になるが。

⑨ディーマジェスティ
傾向該当。
菊花賞は坂の下りから手応えの差があったが4着まで押し上げてきた。
ジャパンカップは後方からなにもなく。前走日経賞は中団後ろから
差してきたが復調途上の感じが強く。1回使って戻ってくるかどうか。

③キタサンブラック
昨年勝ち馬。今回も主張する逃げ馬がいて好位追走になりそう。
前走は特に後ろが動くこともなかったレースで。大崩れはなさそう。
早め先頭の競馬になるか。 

⑥シュヴァルグラン
阪神大賞典2着馬。
昨年3着馬。前走阪神大賞典は先に動いたが勝った馬が強かった。
多頭数になってどうか。勝つまではどうか。

⑦アルバート
有馬記念は4角では最後方。前走は中団後ろから差し切り。
重賞3勝はムーアJで。アドマイヤデウスの隣枠が継続なら。

⑫ゴールドアクター
昨年の天皇賞春は8枠もあり折り合い苦労。
直線並びかけたところでいっぱいに。ジャパンCは東京2400では
仕方ないところもあったと思うが動きがなく。
有馬記念は並びかけたがそこからもうひと伸びできず。
前走は3番手追走も追って案外で。休み明けがダメなタイプでは
ないし近走不安材料の気性面の問題なのか。前走から上積みあれば
いいが乗り替わりどうこうではないような感じも。
輸送もクリアできるかどうか。 
長く脚が使えるタイプではないので後方待機策や早めに仕掛ける競馬
では今年もきびしくなりそう。チャンスあるとすればキタサンブラック
より前で競馬したときくらいかと。 アドマイヤデウスの隣枠が継続なら。

①シャケトラ
前走日経賞を使った関西馬。格上挑戦の日経新春杯は一旦でかけたが
盛り返されての2着。前走日経賞は2.3.5着馬は先行していた馬で
差してきたのはこの馬と4着馬。勝つまではどうか。 


フルゲート割れでGI馬同士の組み合わせ③⇔⑮も
買わないといけない気がするがスタンス的に人気2頭が
強い競馬をしたらしかたないということで・・・


③⑮→①⑥
馬単

⑮ー⑦⑨⑫
⑨ー①③⑥⑦⑫
③ー⑦⑫
馬連




競馬ランキング

土曜日の芝傾向です。

新潟(11R1000mは除く)
母父or母母父Northern Dancer系
①②③、①②、①、③

母父or母母父Northern Dancer系が3勝。

ーーーーーーーーーーーーー
京都
父SS系
①②、①②③、③、①③、①②、①

母母父Northern Dancer系
②③、②、②③、①②③、②③、-

父SS系が5勝。
母母父Northern Dancer系が5Rで連対。
母父も含めれば4勝2着5回で全6Rで連対。

ーーーーーーーーーーーーー
東京
父SS系
①②、①②③、①②③、②、①

母父or母母父Northern Dancer系
①②、①②、①②、②、③

父SS系が5Rで連対。
母父or母母父Northern Dancer系が4Rで連対。


 
競馬ランキング

天皇賞(春)の展望です。

天皇賞春(春)傾向

①シャケトラ 田辺58
格上挑戦の日経新春杯は一旦でかけたが盛り返されての2着。
前走日経賞は2.3.5着馬は先行していた馬で差してきたのは
勝ったこの馬と4着馬。

②ラブラドライト 酒井58
定量戦ではきびしそう。
牝系に11年3着ナムラクレセント、90年3着カシマウイング

③キタサンブラック 武豊58
昨年勝ち馬。今回も主張する逃げ馬がいて好位追走になりそう。
前走は特に後ろが動くこともなかったレースで。
大崩れはなさそうだが。 

④スピリッツミノル 幸58
GIではきびしそう。

⑤ファタモルガーナ 浜中58
ステイヤーズSはほぼ完璧な競馬だったが勝った馬が強く。
ダイヤモンドSは3番手追走もキレ負けした感じで。
15年みたいな馬場にならないときびしそう。
牝系に95年2着ステージチャンプ、93年3着メジロパーマー。

⑥シュヴァルグラン 福永58
昨年3着馬。前走阪神大賞典は先に動いたが勝った馬が強かった。
多頭数になってどうか。

⑦アルバート 川田58
有馬記念は4角では最後方。前走は中団後ろから差し切り。
重賞3勝はムーアJで。相手強化でどこまで。

⑧タマモベストプレイ 吉田隼58
GIではきびしそう。
牝系に15年2着フェイムゲーム、98年2着ステイゴールド。

⑨ディーマジェスティ 蛯名58
菊花賞は坂の下りから手応えの差があったが4着まで押し上げてきた。
ジャパンカップは後方からなにもなく。前走日経賞は中団後ろから
差してきたが復調途上の感じが強く。1回使って戻ってくるかどうか。

⑩アドマイヤデウス 岩田58
アドマイヤデウス枠

GⅡでは堅実な馬だがGIになると0-0-0-9と好走なく。
この馬が出走したGIではこの馬の両隣かどちらかの枠の馬が
東京優駿から連対している。牝系に06年2着リンカーン

⑪プロレタリアト 杉原56
きびしそうで。

⑫ゴールドアクター 横山典58
昨年は8枠もあり折り合い苦労。直線並びかけたところでいっぱいに。
ジャパンCは東京2400では仕方ないところもあったと思うが
動きがなく。有馬記念は並びかけたがそこからもうひと伸びできず。
前走は3番手追走も追って案外で。休み明けがダメなタイプでは
ないし近走不安材料の気性面の問題なのか。前走から上積みあれば
いいが乗り替わりどうこうではないような感じも。
去年よりは競馬しやすいとは思う。輸送クリアできるかどうか。

⑬トーセンバジル 四位58
前走阪神大賞典は後方2番手で直線大外から差してくる。
ただ前2頭とは差がありメンバーも変わってどうか。
おじトーセンジョーダンは12年2着。
牝系に00年2着ラスカルスズカ。

⑭ワンアンドオンリー 和田58
きびしそう。

⑮サトノダイヤモンド ルメール58
急坂コースよりも直線平坦のほうがパフォーマンスよく見せているし
京都はベストかと。枠は気になるが。

⑯レインボーライン Mデムーロ58
ジャパンCは後方から追い込んで2着とは0.2差の6着。
前走日経賞は向こう上面で内にいれてそのまま内をついたが進路が
できるまで時間がかかり最後に差してくるが時すでに遅し。
まともなら2着争いにも。

⑰ヤマカツライデン 松山58
逃げてどこまで。


 
競馬ランキング

青葉賞の展望です。

青葉賞傾向



アグネスウイン 川又
未勝利馬では。

アドマイヤウイナー 秋山
13年から3着2着2着2着と好走が続いている大寒桜賞勝ち馬。
ただ2、3走前をみてしまうと足りるか怪しいところも。
ワークフォース産駒の芝重賞成績はこの馬の札幌2歳Sも含めて
0-0-3-13でパンチ不足。牝系に12年3着ステラウインド

アドミラブル Mデムーロ
5か月明けた未勝利戦から連勝。
前走は早めにとりついて4角では2番手。

イブキ 田辺
前走は主張はしなかったがコーナーでハナへ。
そのままスローに持ち込んで逃げ切り。

サーレンブラント 柴山
前走はそれなりにゲート決めたが4走中3走で遅れ。
今回も中団後ろ~後方になりそう。東京変わりで一変できるか。

スズカロング 蛯名
ダート変わりで未勝利勝ち。芝に戻してどうか。

タガノアシュラ 北村宏
好走3回は逃げたとき。前走は主張して逃げたが
ややハイペースにもなりばったり。

ダノンキングダム 内田博
2走前は直線もスペースなかった。前走は向こう上面で
入れ替わったが直線しぶとく粘りこみ。
好位~中団からでも大丈夫そう。

トリコロールブルー 戸崎
前走は後方追走から大外を回って差してきていた。距離延長で。
半兄ワールドインパクトは14年2着。

ベストアプローチ 岩田
前走は4角~直線で捌けず立て直してから差してきていたが届かず。
牝系に95年2着シグナルライト。

ポポカテペトル ルメール
2走目500万条件は狭いところへ入ってしまったのもあり。
京成杯は直線で狭くなりブレーキ。前走は2番手から抜け出し。

マイネルスフェーン 柴田大
前走京成杯は勝負所から直線にかけてうまく捌くことができず
外にだすまで時間がかかって最後に差してくるのがやっと。
3カ月明けでどうか。
 

競馬ランキング

天皇賞(春)の傾向です。

母父or母母父Northern Dancer系
16年②③
15年①③
14年①②③
13年①②③
12年②③
11年①
10年①③
09年②③
08年①②
07年①②
06年①②③
05年①③

05年から12年連続で連対。

菊花賞2着馬の天皇賞春での成績
16年0-0-0-2
15年0-0-0-2
14年0-1-0-1
13年0-0-0-1
12年0-0-1-1
11年0-0-0-2
10年0-0-0-1
09年0-0-0-1
08年0-0-0-1
07年0-0-0-1
06年0-1-0-1
05年0-0-0-1
04年0-0-0-2
03年0-0-0-2
01年1-0-0-0
00年1-0-0-0
99年1-0-0-0
98年0-0-0-1
97年0-0-0-2
96年
95年0-1-0-1
94年0-0-0-1
93年
92年0-0-1-0
91年0-0-0-1
90年
89年0-0-0-1
88年0-0-0-1

過去28年で菊花賞2着馬がその後天皇賞春を勝ったのは
テイエムオペラオー(00年、01年)、スペシャルウィークの2頭だけ。 

菊花賞2着馬の4歳時出走
17年レインボーライン→???
15年サウンズオブアース→9着
14年サトノノブレス→8着
12年ウインバリアシオン→3着
11年ローズキングダム→11着
10年フォゲッタブル→6着
04年リンカーン→13着
03年ファストタテヤマ→6着
00年テイエムオペラオー→1着
99年スペシャルウィーク→1着
98年ダイワオーシュウ→5着
97年ロイヤルタッチ→中止
95年ヤシマソブリン→12着
94年ステージチャンプ→5着
92年イブキマイカグラ→3着
91年ホワイトストーン→6着
88年ゴールドシチー→5着

86年以降菊花賞2着馬で翌年4歳時に
出走した馬の成績は2-0-2-12
勝ったのはテイエムオペラオーとスペシャルウィークの2頭。
その2頭を除くと0-0-2-12
ウインバリアシオンとイブキマイカグラの3着2回だけで
軸にするのはやや不安も。 

フルゲート18頭立ての年の組み合わせ。(〇→GⅠ馬)
16年〇×
15年17頭
14年〇×
13年××
12年×〇
11年×〇
10年×〇
09年××
08年14頭
07年16頭
06年17頭
05年××
04年××
03年〇×
02年11頭
01年12頭
00年12頭
99年12頭
98年14頭
97年16頭
96年16頭
95年〇×
94年11頭
93年15頭
92年14頭
91年〇×

フルゲート18頭制が導入された91年以降でフルゲート18頭立てに
なった天皇賞春は12回。その12回ではGⅠ馬のワンツーはない。

今年の登録馬の中でGⅠ馬は
キタサンブラック
ゴールドアクター
サトノダイヤモンド
ディーマジェスティ
ワンアンドオンリー

傾向通りならフルゲート18頭揃えばこの5頭でのワンツーはないことに。

菊花賞出走馬
16年①未未
15年①未未
14年未②未
13年未③未
12年③未②
11年⑦未③
10年未未未
09年未②⑤
08年未④①
07年④未未
06年①②⑤
05年⑥⑬未
04年未④未
03年①未未
02年①④①
01年②未①
00年②③①
99年②③①
98年③⑧⑪
97年①未未
96年未①③
95年①②未
94年①⑰未
93年①①未
92年①未②
91年①未⑪
90年①未未
89年未未未
88年未未①

過去29年で菊花賞出走馬が連対しなかったのは
10年、89年、88年の3年。他26年では菊花賞出走馬が連対。 

86年以降
阪神大賞典2着馬 0-4-1-19
16年タンタアレグリア  4着
15年デニムアンドルビー 10着
14年アドマイヤラクティ 13着
13年デスペラード    9着
12年オルフェーヴル   11着
11年コスモメドウ    中止
10年ジャミール     7着
09年ヒカルカザブエ   7着
08年アイポッパー    11着
06年トウカイトリック  9着
05年アイポッパー    3着
04年ザッツザプレンティ 16着
02年ジャングルポケット 2着
01年エリモブライアン  9着
00年ラスカルスズカ   2着
99年メジロブライト   2着
98年シルクジャスティス 4着
97年ビッグシンボル   6着
96年マヤノトップガン  5着
95年ハギノリアルキング 3着
94年中京開催      9着
93年タケノベルベット  10着
92年カミノクレッセ   2着
90年ミスターシクレノン 5着
89年カツノコバン    中止
87年マルブツファースト 4着 

阪神大賞典3着馬 0-0-2-14
16年アドマイヤデウス  9着
15年ラストインパクト  4着
13年フォゲッタブル   10着
12年ナムラクレセント  9着
10年メイショウベルーガ 10着
08年ポップロック    12着
07年トウカイトリック  3着
06年デルタブルース   10着
05年リンカーン     6着
04年ファストタテヤマ  11着
03年ファストタテヤマ  6着
02年エリモブライアン  11着
00年ナリタトップロード 3着
98年ユーセイトップラン 8着
95年タマモハイウェイ  13着
89年チュニカオー    6着
88年マルブツファースト 6着
87年スズタカヒーロー  8着 

当年未出走馬
0-1-0-9
97年2着サクラローレル 

前走日経賞を使った関西馬
16年0-0-0-1
15年0-0-0-4
14年0-1-0-4
13年0-0-0-3
12年0-0-1-0
11年0-0-0-2
10年0-0-0-2
09年0-1-0-3
08年0-0-0-1
07年0-1-0-1
06年0-1-1ー1
05年0-0-0-1
04年0-0-0-4
03年0-0-0-1
02年0-0-0-1
01年0-1-0-0
00年0-0-0-1
99年0-0-0-1
98年0-1-0-0
97年
96年
95年0-0-0-2
94年0-0-0-1
93年
92年0-0-0-2
91年0-0-0-2
90年0-0-0-1
89年
88年
87年
86年

過去31年で前走日経賞を使った関西馬は0-5-2-39
2着3着はあるが勝った馬はいない。 

 

競馬ランキング

青葉賞の傾向です。

父SS、SS系
16年①②③
15年①②
14年②③
13年①③
12年①②③
11年①②③
10年①③
09年②③
08年①②
07年③
06年①②③
05年①③

過去12年間で07年以外11年で連対。

母父or母母父Northern Dancer系
16年①②
15年②
14年①②
13年①②③
12年①②③
11年①②③
10年②
09年②③
08年①②③
07年①②③
06年①③
05年ー

06年から11年連続で連対。

勝利数 
16年②②②
15年②②②
14年①②②
13年②②②
12年②②①
11年②②②
10年③②②
09年②①②
08年①②②
07年②①①
06年③①②
05年②②②
04年②②②
03年②③②
02年②②③
01年②①②
00年②②②
99年②②②
98年④①②
97年③②①
96年②②②
95年①②①
94年②①②

2勝以上していた馬が強い。1勝馬同士の連の組み合わせは
第1回まで遡っても1度もない。

1番人気連対数
16年②未②
15年②①①
14年未⑤①
13年①⓪②
12年⓪①①
11年①②②
10年②②①
09年①⓪③
08年①②④
07年②①①
06年⑤①②
05年③①②
04年③未③
03年②未②
02年⓪未②
01年②①⓪
00年未①①
99年①未①
98年③未①
97年①②未
96年①①①
95年②③①
94年①①②

第1回から23年間で1番人気で連対歴がある馬が
連対しなかったのは02年の1年だけ。



競馬ランキング

フローラSの回顧です。

フローラS傾向
フローラS展望
フローラS予想

予想文から。

傾向まとめ
Ⅰ芝1800m連対実績
Ⅱ1番人気連対数
Ⅲ父SS、SS系


Ⅰ芝1800mで連対歴がある馬が16年連続で連対。
①モズカッチャン
②ザクイーン
④レッドミラベル
⑥タガノアスワド
⑦ヤマカツグレース
⑧ドリームマジック
⑮ニシノアモーレ
⑱ピスカデーラ

Ⅱ1番人気で連対したことがある馬を重視
⑥タガノアスワド
⑦ヤマカツグレース
⑱ピスカデーラ

1番人気での出走未経験馬
①モズカッチャン
④レッドミラベル
⑧ドリームマジック
⑨アドマイヤローザ
⑩メイショウササユリ
⑪ビルズトレジャー
⑬アロンザモナ
⑮ニシノアモーレ

Ⅲ過去12年父SS、SS系が06年以外11年で連対
⑥タガノアスワド
⑱ピスカデーラ


傾向からよさそうなのは
⑥タガノアスワド、⑱ピスカデーラ

⑥ー②③④⑤⑦⑧⑨⑪⑫⑭⑮⑯
④ー②③⑤⑦⑧⑨⑪⑫⑭⑮⑯
⑭ー②⑦⑧⑮
馬連 

ーーーーーーーーーー
直線で⑦ヤマカツグレースと⑭フローレスマジックが抜け出して
的中したかと思ったところに最後にモズカッチャンがまとめて
差し切って的中ならず。

傾向振り返り
Ⅰ芝1800mで連対歴がある馬が16年連続で連対。
1着モズカッチャン
2着ヤマカツグレース

Ⅱ1番人気で連対したことがある馬を重視。
2着ヤマカツグレース
3着フローレスマジック

Ⅲ過去12年父SS、SS系が06年以外11年で連対
3着フローレスマジック

人気どころの1800m連対実績がない馬同士の組み合わせを
削ったのは正解でした。1800m連対実績と1番人気での連対歴は
来年も重視してみたい。父SS系が05年から1頭は絡んでいるが
そこまで父系にもこだわる必要はないかもしれません。



1着モズカッチャン
最内から前2頭の外へ切り替えて差し切り勝ち。
東京に変わってどうかと思い軽視しましたが問題なかったです。

2着ヤマカツグレース
2番手追走で抜け出したが最後に差され。2400になってどうか。 

3着フローレスマジック
外から先行して3番手。ジリジリと迫ったが届かず。

4着タガノアスワド
傾向に該当していた馬。
ヤマカツグレースに早めに交わされてしまい。 
それでも4着と踏ん張ってはいたが。

5着レッドコルディス
外目追走から差してきたが。
最内からきた馬と2、3番手の馬が上位では。

 

競馬ランキング

マイラーズCの回顧です。
 
マイラーズC傾向 
マイラーズC展望 


傾向振り返り

京都1600mに変わった12年から5年で父がSS系で
母父か母母父にNorthern Dancer系が入った馬の好走が多い。
着外

父SS系は1着イスラボニータ(父フジキセキ)
母父or母母父Northern Dancer系は2着エアスピネル(母母父)、
3着ヤングマンパワー(母母父)で来年以降はセットではなく
分けて考えようと思います。

16年勝ち馬クルーガー以外は京都芝で勝ったことがある馬。
2着エアスピネル

乗り替わりの好走が目立つ。
3着ヤングマンパワー

3歳重賞好走馬が1頭は馬券に絡んでいて13年から4連勝。
1着イスラボニータ
2着エアスピネル
3着ヤングマンパワー


1着イスラボニータ
大外枠だったがうまく内へいれる。最内を狙うもだめで
切り替えて間から抜けてくる。久々の勝利。
1400、1600では大崩れはしなそうで。

2着エアスピネル
外から伸びてきたが内から抜けられ。
京都が1番いい気がする。堅実。

3着ヤングマンパワー
2番手追走も瞬発力勝負ではやはり分が悪かったか。

4着ブラックスピネル
京都金杯は内からで東京新聞杯はドスローの逃げ。
今回はスローで外から上がり最速で差してきたが。
1600では位置と展開次第な気がする。

5着サンライズメジャー
OPか1400で一考。メンバー次第。

6着フィエロ
押さえながらの道中で坂の下りで持っていかれた感じに。
窮屈になって直線も内から切り替えてきたイスラボニータに
カットされてブレーキ。1200mを使ったこともあるかも。


 
競馬ランキング

福島牝馬Sの回顧です。

福島牝馬S傾向 
福島牝馬S展望 
福島牝馬S予想 


予想文から。

傾向まとめ
Ⅰ芝1800m勝ち
Ⅱ3歳牝馬重賞出走歴
Ⅲ関東騎手
Ⅳ距離短縮or同距離
Ⅴ秋華賞出走馬
Ⅵ父SS系or母父サンデーサイレンス


Ⅰ第1回から3着内40頭中35頭が芝1800mで勝ったことがある馬
①ギモーヴ
②ハピネスダンサー
③デンコウアンジュ
④ウエスタンレベッカ
⑤ウインファビラス
⑦トウカイシェーン
⑧フロンテアクイーン
⑨クインズミラーグロ
⑩エテルナミノル
⑪ブリガアルタ
⑬クロコスミア
⑭ロッカフラベイビー
⑮リーサルウェポン

Ⅱ第1回から3歳牝馬重賞出走歴がある馬が13年連続で連対。
①ギモーヴ
②ハピネスダンサー
③デンコウアンジュ
⑤ウインファビラス
⑦トウカイシェーン
⑧フロンテアクイーン
⑨クインズミラーグロ
⑩エテルナミノル
⑬クロコスミア
⑭ロッカフラベイビー
⑮リーサルウェポン

Ⅲ第1回から福島開催12年連続で関東騎手騎乗馬が連対。
⑤ウインファビラス
⑧フロンテアクイーン
⑬クロコスミア
⑭ロッカフラベイビー
⑮リーサルウェポン

Ⅳ距離延長組が不振傾向で同距離か距離短縮組を重視。
⑧フロンテアクイーン
⑭ロッカフラベイビー
⑮リーサルウェポン

Ⅴ15年マーメイドS以降の牝馬重賞では秋華賞に
出走していた馬が18戦連続で1頭は絡んでいる。
⑧フロンテアクイーン

Ⅵ第1回04年から福島開催12回で父SS、SS系か
母父サンデーサイレンスが連対。
⑧フロンテアクイーン


傾向からよさそうなのは⑧フロンテアクイーン

⑧ー①③⑤⑥⑦⑨⑩⑪⑬⑭
⑨ー⑤⑥⑦⑪⑬⑭
馬連

ーーーーーーーーーー
馬連⑥ー⑧的中でした。

傾向振り返り
Ⅰ第1回から3着内40頭中35頭が芝1800mで勝ったことがある馬
2着フロンテアクイーン
3着クインズミラーグロ

Ⅱ第1回から3歳牝馬重賞出走歴がある馬が13年連続で連対。
1着ウキヨノカゼ
2着フロンテアクイーン
3着クインズミラーグロ

Ⅲ第1回から福島開催12年連続で関東騎手騎乗馬が連対。
1着ウキヨノカゼ
2着フロンテアクイーン

Ⅳ距離延長組が不振傾向で同距離か距離短縮組を重視。
2着フロンテアクイーン
3着クインズミラーグロ

Ⅴ15年マーメイドS以降の牝馬重賞では秋華賞に
出走していた馬が18戦連続で1頭は絡んでいる。
2着フロンテアクイーン
3着クインズミラーグロ

Ⅵ第1回04年から福島開催12回で父SS、SS系か
母父サンデーサイレンスが連対。
1着ウキヨノカゼ(父オンファイア)
2着フロンテアクイーン(母父サンデーサイレンス)
3着クインズミラーグロ(父マンハッタンカフェ) 


1着ウキヨノカゼ
展開もよかったが直線大外に持ち出されると一気の差し切り勝ち。
1800m勝ちがなく勝ったのはこの馬が初めて。

2着フロンテアクイーン
中団馬群から差してくる。一旦抜け出したが外から強襲うけ。
傾向全てに該当していた馬。

3着クインズミラーグロ
ゲート良くなくでてから狭くなって後方。大外回って差してきたが。

4着デンコウアンジュ
捲って4角2番手で粘りこみ。差し追い込み決着を考えれば
よく粘ったかと。ただ次走につながるかは微妙。

5着リーサルウェポン
今回は先団にとりつく。展開と枠を考えればよくやったと思う。
久々の好走。

6着ギモーヴ
直線では最後方。よく追い込んできたが。
良馬場のときより渋ったときに買ってみたい。

7着クロコスミア
道中で先頭に。差し追い込みの展開ではきびしく。

14着ウインファビラス
最内狙うも進路なくなってしまい。



競馬ランキング

フローラSの予想です。

傾向まとめ
Ⅰ芝1800m連対実績
Ⅱ1番人気連対数
Ⅲ父SS、SS系


Ⅰ芝1800mで連対歴がある馬が16年連続で連対。
①モズカッチャン
②ザクイーン
④レッドミラベル
⑥タガノアスワド
⑦ヤマカツグレース
⑧ドリームマジック
⑮ニシノアモーレ
⑱ピスカデーラ

Ⅱ1番人気で連対したことがある馬を重視
⑥タガノアスワド
⑦ヤマカツグレース
⑱ピスカデーラ

1番人気での出走未経験馬
①モズカッチャン
④レッドミラベル
⑧ドリームマジック
⑨アドマイヤローザ
⑩メイショウササユリ
⑪ビルズトレジャー
⑬アロンザモナ
⑮ニシノアモーレ

Ⅲ過去12年父SS、SS系が06年以外11年で連対
⑥タガノアスワド
⑱ピスカデーラ


傾向からよさそうなのは
⑥タガノアスワド、⑱ピスカデーラ



⑥タガノアスワド
傾向3つ全てに該当。前走も逃げて一旦は突き放したが
勝った馬が強かった。競られずにいければ。

⑭フローレスマジック
1800m未経験。Ⅱ、Ⅲの傾向に該当。
アルテミスSはゲート出はそこまでで外から差してきていたが最後は
脚色同じに。前走クイーンCは減っていた馬体重も戻っていた。
距離はこなせるはずで。馬体重には注意。
1800m連対実績なし、未経験馬同士の組み合わせははずしてみたい。

④レッドミラベル
1番人気での出走未経験。Ⅰ、Ⅲにも該当。
新馬戦は逃げ粘り。前走未勝利は中団から動いていき4角では先団。
楽に差し切って未勝利勝ち。重賞でどこまで。

③キャナルストリート
Ⅱ、Ⅲの傾向には該当。
前走は内から外へ切り替えながらジリジリと差してきていた。

⑤ホウオウパフューム
Ⅱ、Ⅲの傾向には該当。
未勝利、寒竹賞と差し切りで連勝。牝系に01年3着ローズバド。

⑦ヤマカツグレース
Ⅰ、Ⅱの傾向には該当。非SS系。
前走は2番手追走も逃げ馬と差が詰まらず。距離は大丈夫そうだが。

⑫ディーパワンサ
Ⅱ、Ⅲの傾向に該当。
やや足りない内容続きでどうかだが左回りで変われないか。
牝系に前身4歳牝馬特別93年勝ち馬ヤマヒサローレル。

②ザクイーン
Ⅰ、Ⅲの傾向には該当。
前走は先行抜け出しで未勝利勝ち。
牝系に前身4歳牝馬特別89年2着アイドルマリー。

⑯レッドコルディス
Ⅱ、Ⅲの傾向に該当。
前走は取り消し明け。大外から追い込んでくるも前2頭の競馬で。

⑧ドリームマジック
Ⅰの傾向に該当。1番人気での出走未経験。
前走は追い込んで未勝利勝ち。重賞でどこまで。
叔母ベッラレイアは07年勝ち馬。

⑪ビルズトレジャー
Ⅲの傾向に該当。1番人気での出走未経験。
中団~後方になってしまうが重賞で牡馬相手でもそこそこやれていた。
牝馬限定戦で。

⑮ニシノアモーレ
1番人気での出走未経験。非SS系。Ⅰには該当。
新馬戦は差し切り圧勝。京成杯は牡馬相手で。
今回も後ろからになりそうで差し追い込みハマればで。
今回初ブリンカー。開幕週ぽくはない気がするが土曜日の芝傾向が
そのままなら押さえてみても。

⑨アドマイヤローザ
1800m未経験、1番人気での出走未経験。非SS系。
どちらも未経験でわからないので押さえておきます。
距離戻してどうか。

消し切れず点数増えましたが馬連の上位人気は
傾向から削れたので手広く。

⑥ー②③④⑤⑦⑧⑨⑪⑫⑭⑮⑯
④ー②③⑤⑦⑧⑨⑪⑫⑭⑮⑯
⑭ー②⑦⑧⑮
馬連

 
 
競馬ランキング

↑このページのトップヘ