中日新聞杯の展望です。


ヴォージュ 国分恭54
3走前七夕賞は3番手追走も見せ場なく。前2頭が競ったこともあって展開向かずではあった。2走前小倉記念は内からだしていって1頭行かせて2番手追走。早めに馬体合わせていって4コーナー先頭もなだれこむのがやっと。前走アンドロメダSは先行もばったり。
OP昇級後3走足りてなくどうか。


クィーンチャーム 中谷52
前走は最内からとらえてOP昇級。重賞でどうか。

ケントオー 菱田56
5走前中京記念は好走多い内枠ひいたが結果出ず。4走前小倉日経OPは先行して2着好走もメンバー的には?で3走前ポートアイランドSは差してくるも届かず。2走前は馬場もあってか全くやれず。前走アンドロメダSは距離延長で追い込んできて4着。あてにはならないタイプで。

サラトガスピリット 川須53
条件戦では掲示板外したのは1度だけの堅実な馬だったがOP重賞では二桁着順続いていてどうか。

ショウナンバッハ 木幡初54
OP重賞で着順がよかったのは16年AJCC、16年17年オールカマー、4、5走前の福島、前走福島記念と小回りで中京変わりでどうか。

スズカデヴィアス 藤岡康56.5
6走前金鯱賞は差してきて2着争いで3着。5走前大阪杯はGIで度外視してもよさそう。4走前鳴尾記念は後方から追い込んできたが3着争いまで。3走前七夕賞は離された最後方追走も大外回って追い込んできてさすがに最後は止まり気味だったが4着まできた。
2走前オクトーバーSは最内から抜け出しにかかったが外から2頭に差されて3着。
前走福島記念は外から中団前目で追走。直線外から差してきて接戦も2着まで。
今年は大阪杯以外は掲示板確保していて堅実に最後はきている。

ストーンウェア 丸山54
前走間から差し切りでOP昇級。中京は3戦3好走と条件はよさそうで重賞でどこまで。
近親に16年勝ち馬サトノノブレス。

タイセイサミット 丸田56
2走前メイSは道中でハナ譲ったが2番手から押し切り。前走エプソムCは中団の外追走もジリジリとしか伸びてこれず。2000mでどうか。

バンドワゴン 浜中54
脚部不安で長期休養。6走前は復帰2走目で逃げ切り。5、4走目は控える競馬でやれず。
3走前は出負けして後方になったがそのまま最内からスルスル差してきて差し切り。
2走前鳴尾記念は3番手追走もやれず。前走小倉記念は大外から出していってハナへいったが早めにこられて4コーナーでいっぱいに。逃げれば堅実だったが崩れてしまい。逃げそうな馬もいるし無理にはいかないか。

パドルウィール 松山54
7走前金鯱賞で格上挑戦ながら2着と好走したがその後はやれてなく。
先行して恵まれればそれなりに。

フェルメッツァ 北村友55
3走前七夕賞はジリジリだったが内からきていた。2走前小倉記念は先団追走からしぶとく粘りこみ3着。前走福島記念は好スタートで2番手追走。最後は差し追い込み馬台頭の展開も直線しぶとく粘って3着とは0.2差の6着。兄フラガラッハとは違って良績は小回りコースのほうがある馬。2000mでも大きくは崩れないが良績は1800mのほうがあって。
左回り変わり、引き続き2000mでどうかだが
しぶとさ活かすような競馬にもちこめれば

フルーキー 吉田隼57
6走前小倉大賞典は中団後ろから動いていったが直線はジリジリに。5走前金鯱賞の大敗がよくわからないが4走前新潟大賞典は後方から追い込んできて3着争いに加わっての4着。3走前エプソムCは直線進路なくなり最後は追えずだったが上位あったかは微妙で。
2走前新潟記念は中団あたりにつけれるかと思ったが周りに交わされて行って中団の後ろ。直線は壁になるところもあって内へ切り込んで差してきたが掲示板まで。
前走福島記念は初ブリンカー。サンマルティンの後ろで追走して4コーナーも外回りながらで崩れてしまい。8枠だったのもあって結構外回ったしそういうタイプではないと思う。
OP重賞勝ちは内から抜けてくる競馬で右回りで立ち回りのよさ活かせるほうがやれそうで左回りに変わってどうか。

マウントロブソン 石橋脩57.5
牡馬クラシックは皐月賞は先行粘りこみも上4頭は強く。ダービーは出遅れてしまって後方からになったがそれでも追い込んできていた。セントライト記念はアクシデントで調整遅れもあって馬体増でレースも置かれる感じになって。菊花賞は条件的なものもあったと思う。3走前復帰戦の福島TVOPは菊花賞以来の9カ月明け。前いった2頭が残っていたところを外からとらえる。2走前札幌記念は行き脚つかずに後方からになり。
前走オクトーバーSは外から差し切り勝ち。

マキシマムドパリ 藤岡佑55
6走前愛知杯は35秒で上がり最速差し切り重賞初勝利。5走前は阪神1800m外回りで位置取りもあったと思うが上がりが速い競馬でやれず。4走前マーメイドSは好スタート決めて先団につけることができた。早めに仕掛けていったのもこの馬にとってはよかったと思うし直線抜け出して押し切り重賞2勝目。3走前クイーンSは1800mで後方追走になりなにもできず。2走前京都大賞典は大外から先行していって2番手追走も粘れず。
前走エリザベス女王杯はスタートから出していって先行3番手。クロコスミアの外に出していったがなかなか前に並べず外から差されて4着。見せ場は作ったけど京都だとやっぱりパンチ不足。中京に変わるのはプラスのはずで上がり勝負にならなければ。
牡馬相手でどこまで。

ミッキーロケット 和田57.5
6走前日経新春杯は好スタート決めて先団追走。直線は一度でられたようにも見えたが盛り返して初重賞勝利。5走前京都記念は出遅れてしまい後方から。4走前大阪杯は1枠で位置とれずに後方からになり。3走前宝塚記念はゲート決めて先行できたが残れず。
2走前京都大賞典は好スタートで先団あたりの馬群を追走。最後は差してきていたが前3頭とは差があり。せっかく好スタートだったしもう少し前でもよかったかもしれない。
前走天皇賞秋は馬場もあったし大きく外へいってポジションも下がってしまい。ハンデは背負うが今回はいままでよりはメンバー落ちるしGIでは足りずもGⅡでは掲示板外してなくGⅢなら。前走馬場の影響なければ。

メートルダール Cデムーロ55
3走前新潟大賞典は中団から差してきたが前が抜け出した2頭が叩き合いで3着まで。
2走前は降級で先団から4角先頭で押し切り即再昇級。前走関屋記念は中団からも差してこれずに直線も早くにやめていたようにも見えたが全く見せ場なく終わりここまで崩れたのは初めて。重賞でも好走はあるが3着まででもうひと押しないイメージ。

レコンダイト 松若55
昨年3着馬。7走前金鯱賞はジリジリと伸びてくるが届かず。6走前大阪城Sは直線捌けず。3走前目黒記念は内容悪くない東京2500mだったが8枠で外回る競馬で5着と健闘。
2走前
京都大賞典は中団後ろを追走。直線は外に出しながら差してきて掲示板確保。
前走アルゼンチン共和国杯は外枠で
外を追走したが直線は伸びなく。3走続けて外枠で内目の枠がほしいところ。ジャパンCのときに書いたが今年の芝重賞で昨年3着馬が翌年に着順あげたのは現状ジャパンC勝ったシュヴァルグラン1頭だけでどうか。

ロードヴァンドール 横山典56
5走前小倉大賞典はハイペースを2番手追走から粘りこみ4着。4走前金鯱賞は主張してハナへいってしぶとく粘りこみ2着好走。3走前大阪杯は相手強くやれず。2走前札幌記念は内枠活かしてハナへいって道中でペース落としたが残れず。前走天皇賞秋はGI+馬場。
同型が何頭かいてどうかだがその中では1番やれそうではあり。中京でも好走はあるが小回りのほうがやれそうな血統。



競馬ランキング