阪急杯の予想です。

阪急杯傾向
阪急杯展望


傾向まとめ
1600m勝ち
重賞勝ち馬
アーリントンC出走歴
NHKマイルC出走歴
母父or母母父Northern Dancer系


芝1600mで勝ったことがある馬が毎年1頭は絡んでいる。
連対しなかったのは13年12年06年の3年
②シュウジ
③ミッキーラブソング
⑦ムーンクレスト
⑫ディバインコード
⑬ダイアナヘイロー
⑯アポロノシンザン
⑰モズアスコット

2006年以降重賞勝ち馬が9年連対。連対しなかったのは17年12年06年の3年。
重賞勝ち馬
②シュウジ
⑬ダイアナヘイロー

好走歴
③ミッキーラブソング
⑫ディバインコード

アーリントンCかNHKマイルCに出走歴ある馬が絡むことが多くそれなりに注目。
②シュウジ
⑫ディバインコード

2007年以降母父or母母父Northern Dancer系が7勝2着7回3着10回と好走。
連対しなかったのは10年だけ。
⑫ディバインコード

出走馬の傾向

阪急杯


傾向からよさそうなのは
⑫ディバインコード

次点で
②シュウジ


⑫ディバインコード
傾向該当。
前走東京新聞杯は好スタートから先行して2番手~先団。直線は内をついて抜け出そうとしたが決め手の差がでた感じもあり差されたが掲示板は確保。先行して残したのはダイワとこの馬くらいでパンチ不足ではあるが今回も大崩れしなかった。
キャリアで大崩れしたのはNHKマイルCの1度だけと堅実。ただ決め手勝負になると分が悪そうで善戦はするがという内容も多く。傾向該当はしたが今回も3着か崩れはしなかったところまでの感じが強くどうか。

②シュウジ
血統構成以外は該当。
昨年阪急杯は3番手追走も折り合いつかずハイペースにもなって直線失速。
7走前高松宮記念は好スタート決めて先行も早めに絡まれたこともあってか直線は失速。
6走前函館SSはハナ奪うも前半32秒台の超ハイペースではさすがに厳しく。
5走前キーンランドCは行く気は見せず3番手追走もばったりとまって惨敗。
4走前スプリンターズSは最後方から直線だけ脚使って10着。
3走前阪神CもスプリンターズSと同じく最後方から上がりだけ。
2走前ニューイヤーSは2走の後方策が活きたのか1600mでも折り合いついていて直線外へ切り替えてから差してきて2着。メンバーは大したことなかったのでどうかだが折り合い面は評価。これで変わったかと思ったが前走洛陽Sは折り合いつかずに崩れてしまい。1400mに短くなって乗り替わりと内枠で折り合いつけば。


⑬ダイアナヘイロー
降級してから条件戦3連勝で挑んだ3走前北九州記念は好スタート決めて先行。
楽に2番手につけると手応え余裕あるまま直線むかえて押し切って勢いそのままに
4連勝で重賞初勝利。控えて競馬できるようになったのはやっぱり大きい。
2走前スプリンターズSは2番手追走もばったり。春から使ってきていたし状態面もどうだったか。前走シルクロードSは2番手追走も休み明けのせいかばったりと止まってしまい。
今回で一変なるかではあるが牝系馬現行阪神芝重賞では2着が最高でどうか。

⑮カラクレナイ
7走前フィリーズレビューも後方からの競馬になったが追い込み決まり3連勝。
6走前桜花賞も後方からの競馬になったが追い込んできて4着。5走前NHKマイルCは中団につけることができたが直線は全く伸びず大敗。東京マイル不振の鞍上か左回り初でだめだったかはわからない。4走前ローズSはスタート1番よくでて先行策。なんとか折り合いはついていたが直線は伸びず。直線引く場面はあったけど手応えはなく。まさか前いくとは思わず。3走前スワンSはゲートでて中団外追走も直線伸びはなく距離短縮でも変われず。
2走前京都金杯は
出負けしたがとりつき先団追走。直線抜け出しそうな場面を作ったが最後は止まった感じになってしまい。3戦大敗続きだったが少し復調した感は見せ。
前走シルクロードSは
やや行き脚つかない感じもすぐとりつき中団後ろの外。直線外から差してくるも3着争い。不振は抜けたと思うしもうひと押しあればどこかでやれそうではあり阪神1400で久々に好走なるか。

⑥レッドファルクス
5走前高松宮記念は香港遠征明けで休み明けだったが3着好走。4走前京王杯SCは芝1400mも問題なく貫録勝ち。3走前安田記念は直線前は横一線で進路なく勝ち馬の外へだしてから追い込んできて3着。2走前スプリンターズSは中団追走。直線向いたときはスペースなかったが前があいてから一気の脚で追い込みゴール前で差し切ってサクラバクシンオー、
ロードカナロアに続いて3頭目のスプリンターズS連覇達成。前走マイルCSは中団の内で追走。直線内から来てはいたが。阪神芝は初めてだが京都よりはいいのでは。

③ミッキーラブソング
6走前阪急杯は展開もあったと思うけどなだれこみがやっと。5走前北九州記念は半年明け。
4走前セントウルSもなだれこみ。3走前オパールSは差してきていたが前残る結果。
2走前タンザナイトSは先団から直線前2頭の間からゴール前でとらえて久々の勝利。
前走シルクロードSは中団のままでこれず。重賞では内枠活かせた金杯の3着だけで。
近親に16年2着オメガヴェンデッタ、牝系に11年2着ガルボと牝系は阪神1400は良績あり。
好枠活かしてなんとか3着なだれ込めないか。

⑰モズアスコット
昨年6月デビューの馬でデビュー戦は後方から大外回って追い込んできて差のない4着。
6走前未勝利は案外だったが5走前未勝利勝ちは後ろから早めに動いて行って外から抜け出す。初勝利を挙げると4走前500万条件は完全に抜け出し完勝、3走前三鷹特別は前を楽にとらえて3連勝。2走前渡月橋Sは直線外から一気に差し切っての完勝で4連勝でOP昇級を決めた。前走阪神Cは中団外につけて追走。4コーナーあたりから早めに進出していって直線入ったときには先団の外で前をつかまえそうな手応えも甘くなって最後はサングレーザーに差されて4着。外から早めに動いた分もあった気がする。
牝系に16年2着オメガヴェンデッタ、11年2着ガルボ。牝系阪神1400は良績あり。
1600m勝ち、母父ノーザンと傾向からはまずまずの評価。

⑧ヒルノデイバロー
昨年2着馬。昨年阪急杯は置かれずに中団追走で直線は馬群から差してきて2着。
8走前高松宮記念は後方からになってしまい。7走前大阪ハンブルクCは先団につける競馬でなだれこみ。6走前京王杯SCは逃げて直線もしぶとく粘りこみ4着。
5走前UHB賞は1200mでも好位3番手につけることができて手応えよく直線へ。
勝ち馬がしぶとく交わせなかったが1200mでも位置とれたのは収穫。4走前キーンランドCは出負けして後方になってしまい追走苦労で全く。3走前オパールSは出負けしたが先団にとりついて2着好走。2走前スワンSは出負けしたが押していって3番手追走。直線しぶとく脚使って叩き合いも惜しい2着。京都でも2走続けて結果でたのは収穫。前走京阪杯は差してこれず。まだ数は少ないが今年は重賞昨年2着馬2着3着には絡んでいてばっさりとは。

⑭モーニン
前走阪神Cは芝初出走。後方2番手追走で直線外に出されると差してきていた。
後ろから上がり使っただけなのでまだなんともいえず。
キセキ、ダイワエルシエーロ、ロンドンブリッジと芝活躍馬のいる牝系ではある。
ある程度位置とりにいったときにどうか。



⑫ー⑥⑰
②ー⑥⑧⑬⑮⑰
⑰ー⑧⑬⑭⑮
馬連
⑫ー②③⑧⑬⑮
②ー③⑭
ワイド



競馬ランキング