『TARGET frontier JV』(ターゲット)での環境設定は以下の通りです。

1.メイン画面のメニューバーから<環境設定>を選択します。
   ▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼
MNZV100_010


2.<環境設定>の<環境設定項目メニュー>より
  <外部指数の設定>(左下の赤枠部分)を選択します。
  右側に外部指数の設定が表示されたら<新規追加>ボタンをクリックします。
MNZV100_011


3.<新規追加>ボタンをクリックすると<外部指数ファイルの定義>が表示されます。
 ①指数名・・・指数名を入力します。各画面で表示される外部指数名です。
         「卍指数」でなくても「卍」等任意の名称で構いません。
 ②パス・ファイル名・・・%FP\MANZ_DATA\%Y3\MANZ010_%Y1%M1%D1.CSV
            上の下線部分をコピー・アンド・ペーストしてお使い下さい。
 ③ファイル形式・・・馬単位・CSV形式[赤枠部分]を選択して下さい。
 ④内容・・・指数+順位[赤枠部分]を選択して下さい。
 ⑤レースID・・・新仕様(16/18桁)[赤枠部分]を選択して下さい。
 ⑥指数表示桁数・・・整数(0~999999)[赤枠部分]を選択して下さい。
【!】②~⑤は正しく、設定しないとエラーが発生したり、表示されなかったりしますので
   ご注意下さい。
 設定が完了したら<OK>ボタンをクリックします。
MNZV100_012

4.指数名称、フォルダ・ファイル名[赤枠部分]が表示されれば
  外部指数ファイルの定義は完了です。
MNZV100_013

5.成績画面、出馬表、馬データ画面の戦歴に外部指数を表示する場合は
 以下の手順で外部指数と表示する画面の紐付けを行います。
 ①「1」が指数名称:卍指数のNo.です。
  外部指数と表示する画面との紐付けに使用します。
 ②外部指数を表示したい画面にチェックして選択します。
 ③どの画面にどの外部指数を表示するかをNo.で紐付けます。
MNZV100_024

6.外部指数ファイルの定義が正しく設定できているか『卍データダイレクト』より
  卍指数を出力して『TARGET frontier JV』で表示されるか確認します。
 出馬表
MNZV100_015

 成績画面
MNZV100_016

 ●馬データ画面の戦歴
MNZV100_017


【!】外部指数の表示については各画面にある★のついた
 ユーザー設定用タブ(青枠部分)は項目の内容や順番を自由に設定できます。
 設定は<項目選択画面>で行います。
 <項目選択画面>は各画面にある<★項目設定>ボタン(赤枠部分)クリックで
 開きます。
   ▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼MNZV100_018

<項目選択画面>で画面右の選択可能項目リストより
 外部指数(赤枠部分)で表示したい項目を選択して
 画面左の選択済み項目(赤枠部分)にセットします。
 項目位置を上下させる事で表示位置を設定します。
   ▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼MNZV100_019

7.最後に外部指数ファイルの定義で設定した卍指数が
  レース検索、馬券シミュレーションで外部指数として
  利用可能になっているかを確認します。

 レース検索
 <メニューパネル>より<レース検索>(赤枠部分)をクリックします。
MNZV100_020

<戦歴・レース検索条件設定>が開くので下部・右の<外部指数を使う>を
 チェックします。これでコンボボックスが使用可能状態になります。
 この一覧の中に卍指数が入っていれば正しく定義されていて
 レース検索で使用することができます。
MNZV100_021

 馬券シミュレーション
 <メインメニュー>より<馬券シミュレーション>(赤枠部分)をクリックします。
MNZV100_022

 <馬券シミュレーション>の左上(赤枠部分)の<条件設定>をクリックすると
 馬券シミュレーション・検索条件の設定が開くので<外部指数を使う>を
 チェックします。これでコンボボックスが使用可能状態になります。
 この一覧の中に卍指数が入っていれば正しく定義されていて
 馬券シミュレーションで使用することができます。
MNZV100_023


出力処理をする時は必ず『TARGET frontier JV』を終了させてから行って下さい。
レース検索、馬券シミュレーション等の使用方法については『TARGET frontier JV』の
 オンラインヘルプ等でご確認をお願いします。
本機能について『TARGET frontier JV』のサポートサイトへのお問合せ等は
 お控えくださいますようお願いします。