ホースグレードスーパープレミアムチモシー1番刈り 1kg
 柔道の体重無差別日本一を争う全日本選手権が29日、東京・日本武道館で行われ、2年連続で同じ顔合わせとなった決勝は鈴木桂治(平成管財)が石井慧(国士大)に優勢勝ちし、昨年の雪辱を果たして2年ぶり3回目の優勝を遂げた。鈴木は8日の全日本選抜体重別100キロ級に続く2冠。前回、史上最年少の19歳4カ月で優勝した石井は2連覇を逃した。
 3位には全日本選抜体重別100キロ超級3位の片渕慎弥(日本中央競馬会)と、井上康生(綜合警備保障)が入った。全日本選抜体重別100キロ超級覇者の高井洋平(旭化成)、06年ドーハ・アジア大会同級金メダルの棟田康幸(警視庁)は準々決勝で敗退した。
 ▽井上康生 (得意の内またが全くかからず、準決勝敗退)自分の柔道ができない。

技術的な課題もあるし、精神的な課題もたくさんあった。このままでは全くだめ。
 ◇鈴木「日本一は世界で一番強くないと」
 気迫、執念、意地。鈴木の戦いぶりからは、そんな言葉が伝わってきた。「去年とは別人。試合に対する集中力や勝ちたい気持ちは比べものにならない」。2年ぶりに王座に返り咲いた26歳は、そう言って胸を張った。
 強豪の集まるブロックを勝ち抜いた。昨年の学生王者・穴井(天理大職)との3回戦は、終盤は防戦一方となる展開だったが、2−1の判定で辛勝した。高井との準々決勝は序盤に相手の内またや大内刈りに再三転がされながら、激しい組み手争いで相手の関心をそらせた途端、得意の左の小外掛けと小内刈りで有効二つを奪取...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070430-00000004-maip-spo)









<%ipc%>