競馬データ分析ソフト ~バケモンMy軸クリエイター~

バケモンMy軸クリエイターとは、競馬ソフト『馬券モンスター』のデータをはじめ卍指数、外厩データなどを分析してあなたオリジナルのMy軸を作成し、『馬券モンスター』や『TARGET frontier JV(ターゲット)』に印として表示させることもできる競馬データ分析ソフトです。

バケモンMy軸クリエイターとは?


ついに、ついに、
『バケモンMy軸クリエイター』が完成しました!


バケモンMy軸クリエイターとは、
競馬ソフト『馬券モンスター』のデータをはじめ卍指数外厩データなどを分析してあなたオリジナルの「My軸」を作成し、『馬券モンスター』や『TARGET frontier JV(ターゲット)』に印として表示させることもできる競馬データ分析ソフトです。


JRDB会員の方なら、以前からGGAの「お気に入り」を馬券モンスターに出力できていましたが、今回の『バケモンMy軸クリエイター』はそれの進化版だと思ってください!!

何が進化したかというと、
①卍指数での分析が可能に!
あの「馬券裁判男」の卍指数で過去のデータ検証ができるようになりました。
卍指数がどのような条件で強いかが分かるんです!
卍指数と自分のデータを組み合わせて分析できるってすごいでしょ?


②外厩(放牧先)データを使ってデータ分析が可能に!
「ノーザンファームしがらき」や「社台ファーム山元トレーニングセンター」など、
現在の競馬に多大な影響を与えているとされている「外厩」を用いた分析ができます。
これまででもTargetで分析はできたのですが、これが設定とかがややこしかったんですよ。。。
バケモンMy軸クリエイターでは外厩データが標準装備! すごいでしょ?



③「極軸」・「ユーザー印 」等、馬券モンスターの各データで分析が可能に!
 
馬券モンスターの肝である極軸って本当に有用なの?極軸ってどんなデータと組み合わせて使えばいいの?とお悩みの皆さん、バケモンMy軸クリエイターでは馬券モンスターで見られるデータすべてで分析することができます。過去に自分が残したユーザー印の精度まで調べられるんです。すごいでしょ?


④条件にヒットした馬を、『馬券モンスター』や『TARGET frontier JV(ターゲット)』上で表示できる!



どうでしょう、バケモンMy軸クリエイターはとにかくすごいんです。
是非その凄さを体感してください!

【関連記事】ご利用条件

分析例 前走条件


◆使用方法 

バケモンMy軸クリエイターの使用方法をいくつかの事例で説明していきます!

☆前走から騎手が乗り替わったケースの回収率は?

バケモンMy軸クリエイターでは、前走と今走の条件を指定して分析することができます。
では、それを活かして「騎手が乗り替わった場合」を見ていきましょう。
例として、福永祐一騎手で分析しましょうか。

A▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼
bmc_0031

A・・・前走条件を含んだ分析をする際は、バケモンMy軸クリエイターを起動して、赤丸内の「前走条件を設定する」にチェックを入れます。

B▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼
bmc_0032

B・・・福永騎手に乗り替わったということはつまり、前走は福永騎手以外の騎手だったということですよね。「騎手」で福永騎手を選択し、右にある「選択した騎手以外」にチェックを入れます。これで前走が福永騎手ではなかったという設定ができました。

C▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼
bmc_0033

C・・・続いては今走条件の設定です。「前走条件を設定する」のところにある「今走」にチェックを入れ、「騎手」で福永騎手を選択します。このとき、「選択した騎手以外」にはチェックは要りませんよ!これで、今走は福永騎手が乗っているという設定ができました!

条件設定は以上なので、「分析実行」を押します。

D▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼
bmc_0034


D・・・乗り替わりを決めるのは誰かを考えると・・・調教師ですよね。"集計キー1"で「厩舎」を選択して、分析実行します。ここでは、件数が多いほうが『意図的な乗り替わり』と考えられるので、「総数」を2回クリックして降順に並び替えて多いもの順に見てみましょう。
2015年~2016年3月のデータでは、藤原英、矢作、野中厩舎が素晴らしいですね。まさに勝負をかけて福永騎手を起用しているのでしょう。

 

前走条件の指定についてご理解いただけたでしょうか。
騎手以外でも、
「前走1番人気だったけど4着以下だった馬が、今回も1番人気なら?」
「前走卍指数1位だった馬は今回?」 
 といったことが調べられるんです!!


分析例 1位2位差


◆使用方法 

バケモンMy軸クリエイターの使用方法をいくつかの事例で説明していきます!

☆卍指数1位の馬が2位以下を大きく離している場合の成績って?

A▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼
bmc_0035

A・・・"卍指数が抜けて高い馬"がいるレースってありますよね。
そういうときって「鉄板や!」と考えるべきなのか、
「なんか怪しいぞ・・・」と考えるべきなのか、どっち?
ということで、卍指数1位が2位以下を20以上離している場合についてみていきましょう!
まず、「分析データ」で"卍指数"を選択して、↓にある「1位・2位差」を"20""以上"とします。そして分析実行。

これで抽出されるデータは、2位以下を大きく離している『卍指数1位の馬』です。
2位以下の馬は抽出されませんよ。
さて、その分析結果はというと、、、

B▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼
bmc_0036

B・・・件数は少ないですが、さすがの回収率ですね。。。
今回は簡単な1位・2位差のご紹介でした。


C▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼
bmc_0037

C・・・ちなみに↑のように設定すれば、『卍指数が100を超える馬が3頭いるレース』
が抽出されます。



 

バケモンMy軸クリエイター お問い合わせ先

バケモンMy軸クリエイターのダウンロード
下の画像をクリックすると
ダウンロードサイト
へ移動します。


BMCのダウンロード

お問い合わせ先
バケモンMy軸クリエイターについて、ご質問・ご要望は下記のお問い合わせフォームよりおねがいします。

お問い合わせフォーム
はこちら

記事検索
  • ライブドアブログ