競馬データ分析ソフト ~バケモンMy軸クリエイター~

バケモンMy軸クリエイターとは、競馬ソフト『馬券モンスター』のデータをはじめ卍指数、外厩データなどを分析してあなたオリジナルのMy軸を作成し、『馬券モンスター』や『TARGET frontier JV(ターゲット)』に印として表示させることもできる競馬データ分析ソフトです。

分析方法

《便利機能》分析一覧タブの騎手、厩舎、馬主をクリップボードにコピーする

◆《便利機能》分析一覧タブの騎手、厩舎、馬主をクリップボードにコピーする
分析一覧タブの騎手・厩舎・馬主のセルをダブルクリックすることで、クリップボードにコピーすることができます。

①例として、ローカルのバイタルジョッキーを指定して分析してみます。

▼▼▼クリックで拡大します▼▼▼
bmc_0064

[分析実行]を押して、分析一覧タブを開きます。
ローカル開催のバイタルジョッキーという条件を満たした馬が表示されているわけですが、この中で勝浦騎手のデータが気になったとします。そのときは、「勝浦正樹」をダブルクリックしたらクリップボードにコピーされるので、入力の手間が省けて便利になります。

bmc_0065

③分析条件設定画面に戻って、[騎手]を開いて検索欄に「Ctrl + v」や「右クリック→貼り付け」で貼り付ければOKです。

bmc_0066

分析方法というよりかは、便利な得ワザということでご紹介させていただきました。
これは騎手だけでなく、厩舎、馬主でも行えますので是非ご活用ください。

My軸を『馬券モンスター』に出力する


◆バケモンMy軸クリエイター(BMC)の"My軸"を『馬券モンスター』に出力する。

 1.バケモンMy軸クリエイターからMy軸の出力先を設定します。

歯車マークの環境設定ボタンを押すと、バケモンMy軸クリエイターの環境設定画面が開きます。「馬券モンスター My軸取込み設定」の画像の"①"のボタンを押して、TARGETがインストールされているフォルダを指定します。デフォルトでは「C:¥BakenMonster」にインストールされているはずです。

▼▼▼クリックで拡大します▼▼▼
bmc_0061


2.My軸を出力する。

バケモンMy軸クリエイターの
bmc_0006
My軸出力ボタンを押すことでMy軸を出力することができます。

My軸出力画面が開いたら、開催日を指定してMy軸作成ボタンを押します。
bmc_0051

「作成してよろしいですか?」と聞かれるので「はい」を選択します。

.........................................................................................................

☆作成されたMyが重複している場合は、黄色の背景色に変わります。
注:重複しているMy軸は馬券モンスターに出力することができません。
出力したいMy軸を必ず選択してください。


▼▼▼クリックで拡大します▼▼▼
bmc_0052


「出力」欄をクリックすることで出力するMy軸を選択できます。
↓の場合、ブレイジングサンの軸表示名は「卍」になります。

▼▼▼クリックで拡大します▼▼▼

bmc_0053


また、出力したいMy軸を条件でフィルター掛けして抽出することも可能です。
開催場やレース番号、My軸のグループ名や軸表示名を指定して、フィルターボタンを押してください。
▼▼▼クリックで拡大します▼▼▼
bmc_0054

.........................................................................................................

出力したいMy軸にチェックを入れ終わったら、「馬券モンスターにMy軸を出力」ボタンをクリックします。

これで馬券モンスターにMy軸を出力は完了です。
▼▼▼クリックで拡大します▼▼▼

bmc_0062

実際に馬券モンスターで確認してみると、

▼▼▼クリックで拡大します▼▼▼

bmc_0063

このような形で出力されます。

『馬券モンスター』の使用方法については『馬券モンスター』の
 オンラインヘルプ等でご確認をお願いします。 

 

分析例 外厩


◆分析例 外厩

外厩についての分析例です 。
例として、"ノーザンFしがらき"から帰厩した馬の成績を見てみます。 

◆外厩とは
放牧先のこと。主にトレセン近郊に設けられ、厩舎から放牧に出された馬の管理・育成・調教を行う施設。外厩という制度はJRAには正式に認定されていないが、便宜上この表現を用いる。 

◆帰厩何走目とは?
→外厩からトレセンに帰って今走で何走目かを表す。1なら休み明け初戦、2なら叩き2走目という意味です。



①外厩データは2015年以降の提供となるので開催日を"2015/01/01"~とします。
また、帰厩初戦のデータが欲しいので、"帰厩何走目"には"1~1"と設定してください。
↑矢印のところにある[外厩]ボタンを押して、"ノーザンファームしがらき"を選択し、確定ボタンを押します。
この際、【ノーザン】で検索していただくと、見つけやすいかと。
▼▼▼クリックで拡大します▼▼▼
bmc_0058


②[分析実行]で結果を見てみます。
数字的には大したことないなと思われるかもしれませんが、これはあくまでベタ買いした際のデータ。
条件を絞ればさらに強力なものとなります。
▼▼▼クリックで拡大します▼▼▼
 bmc_0059

③[集計キー]で条件を絞っていくわけですが、
◆厩舎
◆単勝などの基準オッズ
◆条件・グレード

などで絞るのがオススメです。 

bmc_0060

厩舎で絞って見るとこんな感じ。
これは馬券に活かせそうですね。

My軸を『TARGET frontier JV(ターゲット)』に出力する


◆バケモンMy軸クリエイター(BMC)の"My軸"を『TARGET frontier JV(ターゲット)』に出力する。


1.まずはTARGETを起動して、馬印の設定を行います。

メニューの環境設定から「馬印の設定」を選択してください。

▼▼▼クリックで拡大します▼▼▼
bmc_0048


My軸を出力したい場所を[馬印2]~[馬印8]の中から選択します。
ここでは[馬印7]にMy軸を表示させてみます。
[馬印7]にチェックを入れてタイトルを例として"My"とし、OKを押してください。
「文字色」と「使用リスト」に関しては特に触る必要はありません。お好みでどうぞ。
これでTARGET側の設定は完了です。
(また、馬印2~6の印はサンプルです。)

▼▼▼クリックで拡大します▼▼▼
bmc_0049




 2.バケモンMy軸クリエイターからMy軸の出力先を設定します。

歯車マークの環境設定ボタンを押すと、バケモンMy軸クリエイターの環境設定画面が開きます。
「TARGET frontier JV My軸取込み設定」の画像の"①"のボタンを押して、TARGETがインストールされているフォルダを指定します。デフォルトでは「C:¥TFJV」にインストールされているはずです。

そして、My軸の取り込み先は先ほどTARGET側で指定した場所を選べばOKです。
例として選択したのは[馬印7]でしたね。設定をクリックすれば完了です。

▼▼▼クリックで拡大します▼▼▼
bmc_0050




3.My軸を出力する。

バケモンMy軸クリエイターの
bmc_0006
My軸出力ボタンを押すことでMy軸を出力することができます。

My軸出力画面が開いたら、開催日を指定してMy軸作成ボタンを押します。
bmc_0051

「作成してよろしいですか?」と聞かれるので「はい」を選択します。

.........................................................................................................

☆作成されたMyが重複している場合は、黄色の背景色に変わります。
注:重複しているMy軸はTARGETに出力することができません。
出力したいMy軸を必ず選択してください。


▼▼▼クリックで拡大します▼▼▼
bmc_0052


「出力」欄をクリックすることで出力するMy軸を選択できます。
↓の場合、ブレイジングサンの軸表示名は「卍」になります。

▼▼▼クリックで拡大します▼▼▼

bmc_0053


また、出力したいMy軸を条件でフィルター掛けして抽出することも可能です。
開催場やレース番号、My軸のグループ名や軸表示名を指定して、フィルターボタンを押してください。
▼▼▼クリックで拡大します▼▼▼
bmc_0054

.........................................................................................................

出力したいMy軸にチェックを入れ終わったら、「TFJVにMy軸を出力」ボタンをクリックします。

※また、
↑矢印のところで、馬印の出力先の変更を一時的に行うことができます。
TARGET側の設定と合わせて使用することで、「被ってしまったMy軸」を同時に表示することもできます。

これでTARGETにMy軸を出力は完了です。
▼▼▼クリックで拡大します▼▼▼

bmc_0055



実際にTARGTで確認してみると、
▼▼▼クリックで拡大します▼▼▼

bmc_0056


このような形で出力されます。

下は、被ってしまったMy軸を[馬印7][馬印8]に表示させた例です。
[馬印7]のMyにはフィルターを利用して"卍"のみを、
[馬印8]のmYにはフィルターを利用して"極"のみを表示させています。

▼▼▼クリックで拡大します▼▼▼

bmc_0057



本機能について『TARGET frontier JV』のサポートサイトへのお問合せ等は
 お控えくださいますようお願いします。
『TARGET frontier JV』の使用方法については『TARGET frontier JV』の
 オンラインヘルプ等でご確認をお願いします。 

 

分析例 極軸

◆分析例 極軸
 例として、シンプルに極軸ローカル障害の成績をみてみましょう。

1. BMC(バケモンMy軸クリエイター)の起動直後の初期画面です。
   ▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼ 極軸

2.開催区分でローカル、コースで障害、極軸で極軸(赤枠部分)をクリックして選択します。
 分析条件設定はこれで終わり、あとは<分析実行>ボタン(緑枠部分)を実行を開始します。
 ※ <分析実行>ボタン(緑枠部分)は2つありますが、機能は同じなので操作上クリックしやすいボタンを使用して下さい。
   ▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼ 極軸

3.分析実行を開始すると実行ダイアログが表示されます。
   ▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼ 極軸

4.分析が終了すると自動的にタブが<分析結果>(赤枠部分)に切り替わり分析結果が表示されます。
   ▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼ 極軸

5.この分析結果を更に細かくみてみましょう。
 例では開催場別にみてみます。
 集計キー1で開催場(赤枠部分)を選択して<集計(分析)実行>(緑枠部分)をクリックします。
 すると分析結果が開催場別に集計されます。
   ▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼ 極軸

6.分析結果の結果一覧をみたい場合には<分析一覧>タブをクリックしてタブを切り替えます。
   ▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼ 極軸

7.分析一覧のヘッダー(赤枠部分)をクリックすると各項目順にソートされます。
   ▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼ 極軸

8.分析結果をMy軸にしたい場合は先程、集計したキーを<集計キークリア>ボタン(緑枠部分)をクリックしてクリアします。
   ▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼ 極軸

9.集計キーをクリアした状態です。
   ▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼ 極軸

10.クリアが完了すると再度、<集計(分析)実行>ボタン(緑枠部分)をクリックして集計(分析)を実行します。
 完了すると<My軸の保存>ボタン(緑枠部分)をクリックしてMy軸の保存画面を開きます。
 
   ▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼ 極軸

11.<My軸の保存>画面です。My軸名、グループ名、軸表示名、My軸メモを入力します。
 My軸メモ以外は、必須入力項目です。
 例では、
 My軸名:ローカル-障害-極軸
 グループ名:極軸分析
 軸表示名:極
 と入力しました。最後に<保存>(緑枠部分)をクリックして完了です。
 軸表示名は『馬券モンスター』や『TARGET frontier JV(ターゲット)』の出馬表に表示させる表示名です。
 全角なら1文字・半角なら2文字で入力してください。
   ▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼ 極軸

12.My軸が正しく保存されているかを確認したい場合は<開く>(緑枠部分)ボタンをクリックして<My軸を開く>画面を開きます。
   ▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼ 極軸

13.先程、保存したMy軸が表示されています。これで一連の分析作業は終了です。
   ▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼ 極軸

使用方法その1


バケモンMy軸クリエイターの使用方法をざっくり簡単に説明すると、
①分析したい項目を選択する
②分析データがより良くなる条件を検討する 
③分析データをMy軸として保存する

の3手順です。

①まずはじめに調べたい「核」となるデータを1つ決めます。卍指数だ!とか極軸だ!とか。

「核」となるデータと様々なデータを組み合わせて、良い組み合わせ悪い組み合わせを調べます。
↑ココが重要!
良いデータが得られれば、さらに他のデータと組み合わせ、さらに良いデータを得たら他のデータと、、、というように繰り返します。 逆に悪いデータならそこを切り捨てていけばいいですね。

③そして、満足のいくデータが得られれば、それをあなたの「My軸」として保存!
土日になれば、「My軸」に該当する馬が分かるというわけです。
そして、その馬で馬券を組み立てていくという感じですね! 

詳しい分析の過程は使用方法のカテゴリーで紹介しておりますので、あわせてお読みください。

 

分析例 卍指数


◆使用方法 

バケモンMy軸クリエイターの使用方法をいくつかの事例で説明していきます!

☆卍指数が役立つ条件を調べてみる。

では、卍指数がどのような条件で好成績を残しているかを見ていきましょう。
まず、「卍指数順位が1位の馬」で分析してみます。

A▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼
bmc_0021

A・・・バケモンMy軸クリエイターを起動して、赤枠内の「分析データ」で"卍指数"を選択します。

B▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼
bmc_0022

B・・・卍指数1位のデータが欲しいので、「分析データ順位」を1~1に設定し、分析実行をクリック。
分析結果画面が表示されます。


C▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼
bmc_0023

C・・・卍指数1位をただ買うだけでもカナリの成績ですね。
さらに絞って分析していきましょう。


D▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼
bmc_0024

D・・・"集計キー1"で「開催場」を選択します。

E▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼
bmc_0025

E・・・同様に"集計キー2"で「コース」を、"集計キー3"で「距離」を選択して、どの競馬場のどの条件が良いのかを見てみます。

F▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼
bmc_0026

F・・・回収率の高い条件を調べたいので、出力されたデータを複勝回収率で並び替えます。
赤丸内を1度クリックすると昇順に、2度クリックすると降順に変わります。
回収率は高いほうが良いので降順ソートですね。
画像を見ると福島1800mが総件数も多く、単複で100%を超えているのでGood!

では、福島芝1800mでさらに条件を掘り下げて分析してみましょう。


G▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼
bmc_0027

G・・・分析条件設定画面に戻って、福島芝1800mを選択して分析実行。

H▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼
bmc_0028

H・・・単勝人気順での成績で集計してみると、、、
●勝つのは5番人気まで
●下位人気でも複勝圏には来る

ことが分かります。

これで馬券の組み立て方も分かりますね!


I▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼
bmc_0029

I・・・有意な分析ができたら、My軸として保存しましょう。
①集計キーをクリアして、②再び分析実行、③My軸の保存をクリックしてください。


J▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼
bmc_0030


J・・・My軸名・グループ名・軸表示名・My軸メモを残して保存を押せば作成完了です!


今回は卍指数・条件・人気だけですが、より多くのデータで分析すればもっとよくなるでしょう。これを考えていくのがバケモンMy軸クリエイターの面白いところです!ガンガンMy軸を作っていきましょう!





 

分析例 前走条件


◆使用方法 

バケモンMy軸クリエイターの使用方法をいくつかの事例で説明していきます!

☆前走から騎手が乗り替わったケースの回収率は?

バケモンMy軸クリエイターでは、前走と今走の条件を指定して分析することができます。
では、それを活かして「騎手が乗り替わった場合」を見ていきましょう。
例として、福永祐一騎手で分析しましょうか。

A▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼
bmc_0031

A・・・前走条件を含んだ分析をする際は、バケモンMy軸クリエイターを起動して、赤丸内の「前走条件を設定する」にチェックを入れます。

B▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼
bmc_0032

B・・・福永騎手に乗り替わったということはつまり、前走は福永騎手以外の騎手だったということですよね。「騎手」で福永騎手を選択し、右にある「選択した騎手以外」にチェックを入れます。これで前走が福永騎手ではなかったという設定ができました。

C▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼
bmc_0033

C・・・続いては今走条件の設定です。「前走条件を設定する」のところにある「今走」にチェックを入れ、「騎手」で福永騎手を選択します。このとき、「選択した騎手以外」にはチェックは要りませんよ!これで、今走は福永騎手が乗っているという設定ができました!

条件設定は以上なので、「分析実行」を押します。

D▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼
bmc_0034


D・・・乗り替わりを決めるのは誰かを考えると・・・調教師ですよね。"集計キー1"で「厩舎」を選択して、分析実行します。ここでは、件数が多いほうが『意図的な乗り替わり』と考えられるので、「総数」を2回クリックして降順に並び替えて多いもの順に見てみましょう。
2015年~2016年3月のデータでは、藤原英、矢作、野中厩舎が素晴らしいですね。まさに勝負をかけて福永騎手を起用しているのでしょう。

 

前走条件の指定についてご理解いただけたでしょうか。
騎手以外でも、
「前走1番人気だったけど4着以下だった馬が、今回も1番人気なら?」
「前走卍指数1位だった馬は今回?」 
 といったことが調べられるんです!!


分析例 1位2位差


◆使用方法 

バケモンMy軸クリエイターの使用方法をいくつかの事例で説明していきます!

☆卍指数1位の馬が2位以下を大きく離している場合の成績って?

A▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼
bmc_0035

A・・・"卍指数が抜けて高い馬"がいるレースってありますよね。
そういうときって「鉄板や!」と考えるべきなのか、
「なんか怪しいぞ・・・」と考えるべきなのか、どっち?
ということで、卍指数1位が2位以下を20以上離している場合についてみていきましょう!
まず、「分析データ」で"卍指数"を選択して、↓にある「1位・2位差」を"20""以上"とします。そして分析実行。

これで抽出されるデータは、2位以下を大きく離している『卍指数1位の馬』です。
2位以下の馬は抽出されませんよ。
さて、その分析結果はというと、、、

B▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼
bmc_0036

B・・・件数は少ないですが、さすがの回収率ですね。。。
今回は簡単な1位・2位差のご紹介でした。


C▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼
bmc_0037

C・・・ちなみに↑のように設定すれば、『卍指数が100を超える馬が3頭いるレース』
が抽出されます。



 
バケモンMy軸クリエイターのダウンロード
下の画像をクリックすると
ダウンロードサイト
へ移動します。


BMCのダウンロード

お問い合わせ先
バケモンMy軸クリエイターについて、ご質問・ご要望は下記のお問い合わせフォームよりおねがいします。

お問い合わせフォーム
はこちら

記事検索
  • ライブドアブログ