新感覚の競馬新聞・競馬予想 「競馬チェック!」 のブログ

全場メインレースの競馬新聞を只今無料提供中!!WIN5と3連単を攻略するために是非ご活用ください。今1着候補馬と激走印に注目です!



最新記事


【枠確定】 NHKマイルC、リルダヴァルは3番、サンライズプリンスは4番

2010年5月9日(日) 2回東京6日目 15:40発走
11R 第15回NHKマイルカップ(G1)
3歳・オープン(定量)(国際) 牡・牝(指)  芝・左1600M 18頭
馬番 馬名       性齢 騎手 斤量 厩舎
01 ダイワバーバリアン 牡3 蛯名正 57 矢作芳人(栗)
02 コスモセンサー   牡3 石橋脩 57 西園正都(栗)
03 リルダヴァル    牡3 福 永 57 池江泰郎(栗)
04 サンライズプリンス 牡3 横山典 57 音無秀孝(栗)
05 サウンドバリアー  牝3 内田博 55 安達昭夫(栗)
06 ニシノメイゲツ   牡3 北村宏 57 田村康仁[美]
07 トシギャングスター 牡3 浜 中 57 矢作芳人(栗)
08 パドトロワ     牡3 柴田善 57 鮫島一歩(栗)
09 モンテフジサン   牡3 武士沢 57 松山康久[美]
10 キョウエイアシュラ 牡3 吉田豊 57 矢作芳人(栗)
11 エイシンアポロン  牡3 岩田康 57 岡田稲男(栗)
12 キングレオポルド  牡3 伊藤工 57 堀宣行 [美]
13 ダノンシャンティ  牡3 安藤勝 57 松田国英(栗)
14 シゲルモトナリ   牡3 松 岡 57 藤岡範士(栗)
15 ガルボ       牡3 後 藤 57 清水英克[美]
16 レト        牡3 幸   57 本間忍 [美]
17 エーシンダックマン 牡3 四 位 57 坂口正則(栗)
18 エーシンホワイティ 牡3 北村友 57 松元茂樹(栗)




【競馬コラム】 おもろ馬券人(ばけんびと)を発見!

 編集長の奥野です。
 府中在住の私は、仕事の関係上、頻繁に東京競馬場へ足を運びます。競馬場をうろついていると、頻繁にいろんな人と出くわしますが、今回はまた特にひどくおもろいヤツにでくわしました(笑)。というわけで、今日はその彼をご紹介。
 その男の名は菊池鉄雄。年齢25歳?。しかし年の割には老けて見えるなぁ。サバ読んでないか?
 競馬に対する情熱は相当なもので、毎日相当量勉強しているだとか。まぁ確かに、言ってることはまともだし、よく勉強しているのはわかるが・・・。
 馬券が当たらない!その当たらなさ感が面白い!何でそうなるのと(笑)。
 でも彼、間違いなく、そのうちドエライ馬券を獲るだろうなぁ…。

<おもろ馬券人No.1・菊池鉄雄のプロフィール>
後日紹介します

 「そんなに競馬のことが好きなんだったら、一度関西の赤木さんに会ってきなさい。僕が赤木さんに連絡しておくから」
 というわけで、菊池鉄雄は、赤木氏に会いに京都競馬場へ旅立ちました。

~菊池鉄雄の馬券記録~
【僕の馬券はなぜハズレた?! 5/1 京都参戦@青葉賞】

 10時頃、土曜日正午が締切の仕事を片付けて、京都競馬場を目指して自宅を出発!

 恥ずかしながら、「計画」が苦手な僕。東京駅に着いてから、京都競馬場への行き方を把握していないことに気付き、JRみどりの窓口のお姉さんを手こずらせてしまう。淀駅はJRじゃないのね(汗)。お姉さん、手を焼かせてしまってゴメンナサイ!親切に教えてくれてありがとう!

 切符を手に、新幹線乗り場へ向かう!
 途中の土産売り場で、"現地の会員さんの分も足りるように"と人形焼き20個入りを購入。
GW中の昼間の新幹線。最悪、2時間立ちっぱなしまで覚悟していたが、運よく自由席の
喫煙車両に座席を確保することができ、京都競馬場初参戦に向けていざ出発!僕はテン乗りの『のぞみ号』で、予想以上の好発を決めた!

 小さな紆余曲折を経た後に、京都競馬場へ到着!
 早速パドックでJRDBスタッフの姿を探すも、ちょうど10Rのパドックが終わった直後で、人の姿もポチポチ。

 初めての京都競馬場で、皆さんがどこに居るのかは皆目見当もつかない。
 困っていると、東京からの直前情報が届いたので、先に青葉賞の馬券を購入することにした。

土曜東京11R 青葉賞G2
 断然人気の②ペルーサは言わずもがなとして、僕が相手本線に買いたかったのが⑬レッドスパークル。2200mのすみれS勝ちは魅力的だし、昨秋の東スポ杯での末脚も光っていた。ペルーサとは戦わずに、後方から自分の競馬をして2着に突っ込んでくる競馬もイメージしやすい。
 事前予想では、馬連か馬単一点で買ってみようと、考えていた。

 JRDBパドック班の鈴木さんのパドック印は、◎ペルーサに強めのパドック点3.7が入り、軸は不動。
 相手に⑬レッドスパークル、⑤トゥザグローリー、⑰ハートビートソングと続く。
 ⑤トゥザと⑰ハートビートは人気だけに、出来れば嫌いたかったが、そうもいかない様子。
 堅くおさまりそうだという鈴木さんの判断を参考にしつつ、自分の馬券は相手を絞って、②ペルーサから⑬レッドありきの三連単を選択した。
 人気同士の場合は重複するように、ややこしくマークシートを4枚使用して、2400円分の馬券を購入。

 ちょうど馬券を買い終えて窓口に背を向けると、
「キクチくん!」
と、僕を呼ぶ声。そこには、赤木さんの姿が。
 あぁ良かった。淀がどこなのかもよく分からずに家を出た僕が、無事に京都競馬場に辿り着いて赤木さんに会えました。神様に感謝です!

 しかし驚いたのが赤木さんの記憶力。"メイン頃行きます"なんて、ふんわりとした約束をしたきり、到着の電話も入れてなかった僕を人ごみの中からすぐに見つけるなんて…。
 そもそも、僕が赤木さんとお会いしたのが2回目。
 普通、一年半前に一回会っただけのアンちゃんの姿格好なんて覚えてます? 以前お会いした時とは服装も違うし、帽子も被ってたのに…。
 "おっちゃんの、記憶力ハンパねぇぜ!"

 パドックにてJRDBの馬見家、橋浜さんと伊原さんに挨拶させてもらい、無事合流出来たことを一安心。

 思えば、僕が初めて東京競馬場のパドックで鈴木さんと平間さんに「馬の見方を教えて下さい!」と声を掛けさせてもらったのが2年前の青葉賞の日。
 図らずも、同じ青葉賞の日が京都初参戦で、関西現場スタッフの皆さんと会えるなんて、
ちょっと運命的ですね。全然、ロマンチックではないけど運命的!(笑)
 「そうこうしていると、その青葉賞が発走の時刻!」
 ミッションモードの逃げで、前半1000mが60秒と淀みない流れ。
好発から控えた②ペルーサは中団でキッチリ折合い、⑬レッドは後方待機。
"よしよし、展開はマズマズ"と見ていると、
4角手前から⑬レッドの秋山Jが強めに手を動かして後方外から動き出す。
 "あれ?コレ手応えヤバいんじゃね?"
 嫌な予感はバッチリ的中。②ペルーサは馬場中央を抜け出し後続を置き去って圧勝するが、⑬レッドは直線全く伸びず。鈴木さんからのパドック印は◎▲注で見事に的中するが、僕の馬券は全然惜しい感じがしないタテ目で大ハズレ。

<青葉賞 結果>
1着…②ペルーサ
2着…⑤トゥザグローリー
3着…⑰ハートビートソング

 馬連 ②-⑤   …3.8倍
 馬単 ②→⑤   …5.2倍
 3連複②-⑤-⑰ …7.7倍
 3連単②→⑤→⑰ …18.8倍

【当たる印もらっててハズレ馬券買ってるよ!】
 3着以内に"ヌケ"の馬がいない今回。ハズレのミソは、券種の選択と割り振り方だろうか。
 馬券の組み方としては、"レッドが来なけりゃハズレ"は覚悟しているものの、充分に当てられる範囲の馬券を逃している。

 購入した2400円の割り振り方を、②→⑤⑬⑰→⑤⑬⑰と組めば、6点で400円×18.8=7520円(プラス6120円)

 ちなみに、この組み合わせの中で最も高配当だったのは
②→⑬→⑰の50.1倍で、当たれば20040円(プラス17640円)

 一本被りがいる場合は、3連単の妙味が小さいということも多々ある。
3連複で考えると、
②-⑤⑬⑰-⑤⑬⑰の3点で800円×7.7=6160円(プラス3760円)
(組み合わせ中の最高配当は、15.2倍)

 馬単で3頭に絞るという選択肢もあった。
②→⑤⑬⑰で、800円×5.2=4160円(プラス1760円)

 馬連(3.8倍)だと、3080円(プラス680円)とちょっと辛めだが、馬単を選択することは十分可能だったし、掛け金の強弱を付けて、強調したい⑬の時に、儲けが強くなる方法であれば、全損はなかった。


【ダービー及び、来年の青葉賞に向けて覚えておきたいこと】
 今回の青葉賞は、ラスト5F目からのラップが
12.2-11.8-11.5-11.3-11.7
と、例年以上にレースが動くのが早かった。
 これは、ペルーサという断然人気の存在に加え、今年から優先出走枠が一つ減ったことで他馬の陣営が、優先出走権は実質1枠と踏んでいたことも影響していると思う。
こういった要素でも、展開は微妙に変わってくるということは今後に活かしたい。


 ちょっと自信のあった青葉賞をハズして意気消沈気味の僕。
 京都11Rのパドックを終えて、赤木さんにスタンドへ連れて行ってもらう。スタンドの会員さんに挨拶しつつ、今がお土産の出しどころ・・・
"ない!"
 右手に目をやれば、アニメのシーンの様に、お土産の入った袋の姿が点線となって映る。
そう、僕はのぞみ車内の棚に人形焼きを置き忘れたのです!
 やっぱり、思い入れが薄いとダメですね。だって、手間かけて銀座プランタンあたりで
高級洋菓子でも選んで持参してたら、絶対に置き忘れなかったもん!(笑)
…なんて、馬券以外でもタラレバ言ってる、しょうもない僕。

 というわけで、関西の皆さん、手ブラでノコノコ現れてスミマセンでした!

 結局12Rも見送って、13R!噂の「例の喫茶店」に参加。
赤木さんがいつも「ワイワイヤイヤイ」と書いている通り、ホントに「ワイワイヤイヤイ」といった雰囲気!

 これは日曜日の13Rでの話ですが、JRDB会員のヨネダさんに、「関東の13Rは競馬の話しかしないって本当ですか?」と聞かれる!
"そんな噂があるんですか?!"
と少々驚くが、情報自体はあながち間違ってないかも(笑)
 例えるなら、関西の13Rは「サークル」で、関東の13Rは「塾」って感じでしょうか?!

 塾と一言に言っても、「くもん式」をイメージする人もいれば、「魁!男塾」をイメージする人もいるでしょう。
 僕が思うには、7:3で男塾寄りです(笑)
 でも、それぞれに違った良さがあって良いと思います!関東の13Rも楽しいですよ!

↓ワンクリックにして1票投じていただければ幸いです。↓
競馬ブログランキング

【僕の馬券はなぜハズレた?! 5/2 京都参戦@天皇賞(春)】
 競馬場に着いてスタンドに向かうと、好天に恵まれたこともあってお客さんがビッシリ!
 やっぱり、競馬は5月が一番ですね!
 "今日こそは!"と胸に誓い、1Rからパドックに立つが、ハズレとケンの繰り返し。メインレースを前に、財布の中にはハズレ馬券が死屍累々の様相。

 "マジか!しっかりしろ!"と自分に喝を入れれば入れるほど、財布から出た銭は次々戦死。
 戦犯は誰だ?…戦犯は俺だ!!
 冴えない軍師のせいで、これ以上、未来ある福沢や野口たちを死なせる訳にはいかない!彼らは、ご飯やお酒や洋服に化ける能力の持ち主なのだから!
 ハズレ馬券で膨らむ財布をギュッと握り締め、ジッと天皇賞のパドックを待つこと

【日曜京都10R 天皇賞・春(G1)】
 わざわざ東京から足を運んでおいて、こんなことを言うのもヘンだけど、去年同様に、どの馬が勝つところもイメージしにくい天皇賞!
 一番人気の③フォゲッタブルは、臨戦過程も良くないし、どう見ても危険な人気馬。こりゃ、荒れるだろとは思うものの、ボックス馬券を買うには頭数が絞り込めない。
 パドックを引き上げてスタンドへ着席すると、僕の迷いに追い打ちを掛けるように、人混みで身動きが取れない状態に。どんどん馬券への意欲が削がれるが、それでも、せっかく来たし見物料だと、携帯からPATへログイン…。

 高速馬場適性は疑問だが、過去の実績や臨戦過程から週中の予想で◎候補まで考えていた⑥トウカイトリック、菊花賞3着の実績もあり、パドックでデキ良く映った⑦ナムラクレセント、逃げての粘り込みに期待して人気薄の⑪ミッキーぺトラ、赤木さんのパドック◎、京介さんが調教をベタ褒めしていた⑫ジャガーメイル、上がり馬の4歳馬、⑬ジャミールの3連複5頭BOXを各100円で計1000円購入し、コース全周を見渡せるスタンドで観戦。

 これが最高のロケーション!オーシャンビューならぬ、コースビューであり、ターフビューであり、馬ビューなわけですが、スタートからゴールまでを全て目で追ったのは、僕にとって初めての経験。スタンド前通過、3角の登り下り、など、馬達の一挙手一投足に大興奮!我に返った頃には、無印のマイネルキッツが手応え良く抜け出していて、馬券はハズレが濃厚!!いや、特濃!!!
 それでも、そんなこと気にならないくらいに楽しめました!
<天皇賞(春) 結果>
1着…⑫ジャガーメイル
2着…⑯マイネルキッツ
3着…④メイショウドンタク

馬連 ⑫-⑯  …23.7倍
馬単 ⑫→⑯  …41.9倍
3連複④-⑫-⑯…2088.9倍
3連単⑫→⑯→④…9116.6倍

【難解だと思ってたのは僕だけ?】
 個人的には、難解だと頭を抱えてかなり悩みましたが、終わってみれば、赤木さんがパドック◎△で的中、久保さんの推定3Fは1・2決着でドンピシャ!
 京介さんもコラムでズバリ。競馬チェック編集長、奥野さんも○◎決着と、的中ラーーーッシュ!!
 誰に乗っても当たってたようなもので、一人で頭を抱えていたのがバカバカしい(笑)

【メイショウドンタクは博多の人以外でも買えた?!】
 しかし、3着にメイショウドンタクって、いくら明日から博多どんたくが始まるからって、"こんなモン福岡県民しか買えねーじゃねーか!"と文句も言いたくなるところ。どの新聞を見てもキレーイに無印…かと思いきや!思いきや!ですよ、
08103410 ナナナナ何とッ!我が競馬チェックに何やら「激」なる印が入っているではありませんか!
 この記事を書いているたった今(火曜AM10時)気付いたので、慌てて競馬チェック!編集長の奥野さんに電話してみる!

僕 :「激マーク!編集長って何スカ?」
奥野:「逆!逆ッ! 編集長、"激ってマーク何はですか?"でしょ?」
僕 :「スンマセン(汗)、メイショウドンタクに付いてるんですけど、これ何でしょう?」
奥野:「これは、赤木さんが作った印で、たとえば天皇賞春で3着にきたメイショウドンタクで説明すると、
 1.前走で赤木さん自身がパドック点を高くつけていた
 2.今回初めてブリンカーを着用(初B・馬具変更)
 そういった情報に、各種指数を絡ませた結果、メイショウドンタクが激走候補として挙がった。そういう優れたデータなのです!」
僕 :「…へぇ~。」
奥野:「難しい言葉出したらテンション下げる癖やめろ!」
僕 :「要は、普通の予想では買えない馬も拾えて100万馬券への近道ってコトっすね!」
奥野:「要約しすぎだけどね。まぁそんな感じ!ていうか、大予言でも特集やってんだから読んで把握しておいてよ!」
僕 :「・・・わっかりましたー。お疲れしたー。」

 …とまぁ、最後まで聞くのは面倒臭くて適当に切りましたが、そんな感じみたいです!!!
 ちなみに、同じく人気薄で5着に健闘したエアジパングにも「激」の印が入ってました。
マジで、3連単の3着欄に使えるマークなのかも!
「激」の印・・・次回から要チェックですね!

【来年以降の天皇賞に向けて覚えておきたいこと】
 3強対決や一騎打ちは、もはや昔の話。
 春の天皇賞を勝っても、種牡馬としての価値が高まらなくなってしまった今、強い馬が目標にしなくなってしまい、今回の様な混戦模様の天皇賞が増えそう。
 ハイブリッド新聞の久保さんの推定上がり3Fの様なツールは、かなり強力な武器になるはず!

 これは余談になっちゃうけど、今回は1・2・3着馬が全てブリンカー(B)を着用。
 3着に入り大波乱を演出したメイショウドンタクは近走振るわなかったが、今回初Bで激走。忘れがちだが、馬具の効果で一変!があり得ることは、日頃から忘れないようしておきたい。

~~~
 結局、11R・12Rと無駄に足掻いてみたが、体力を消耗しただけ。何と、2日間に渡り丸坊主のまま日曜日の競馬を終えることに!
 馬券下手もここまで来ると、清々しいほどだ。
 かつて家康は、戦の負けの悔しさを忘れない為に、ウ○コを漏らしながら敗走した情けない自分の姿を絵師に描かせたというが、僕がそれをやったら、部屋の壁が足りない。絵師が身近にいなくて良かったぜ!(根本は何も解決してませんが…)

 そんなこんなで13R。
 今思えば、土産を新幹線に置いてきてしまったのが運の尽き? 手ぶらで来たから手ぶらで帰ると思えば、ごくごく自然!因果応報じゃん!
 開き直る僕を優しく慰めてくれた皆様には感謝です!

 それでもせめて、土産話は1つでも増やしたい僕。「せっかく関西に来たのに、大阪でお好み焼きとたこ焼きを食べずに帰れない!」と、伊原さん、会員さんにダダをこねて、無理やり連れて行って頂きました(笑)
 ありがとうございました!東京の家に帰って鏡を見ると、前歯に青のり!…お土産になりました!



【パドック直前情報】 赤木の回顧 5/2(日)分

天皇賞(G1)とゴールデンウィークが重なれば、売り上げが減った、入場者も減ったとはいえ、さすがにお客様は山盛り入ります。ただ、ピーク時からみればたいしたことはないのですが・・・。ま、JRAさんの偉いさん方達の事業計画、営業戦略というか、やっていることが支離滅裂状態で、現政権を率いる鳩山首相と同じく、何か勘違いされているようで・・・。そのお陰で、競馬に携わっている関係者は、一部の関係者を除いて、泣きの涙で暮らしております。

 そんなこんなで、少しでも売り上げを伸ばして貰えるように、「10円馬券(3連単・5重勝単勝式等)」の発売をJRAさんに提案したいと考えております。ただ、非力な私の力ではどうしょうもありません。で、皆様にも「10円馬券」導入運動を広めていただければと・・・。この「10円馬券」導入のメリットは色々とありますが、低価格で販売(買い目数が増える)することにより、回転率(的中率が高くなる)が良くなる→売り上げ増に結び付く。実際、アメリカでは、この「10円(10セント)馬券」が好評とか・・・。これって超簡単なことなのですが、如何でしょうか?
 
 ましてや、来年から、3連単よりも超難解な5重勝単勝式馬券を発売すれば、今、以上に売り上げが減るのは目にみえております。そうです、5重勝単勝式馬券は前売りで購入しなければいけません。よって、その賭け金の回転数はただの一回だけです。それでいて、売り上げがどうして伸びますか?頭の悪い私では説得力に欠けます。そこで皆様のお力添えをお借りしたいと・・・。ご協力よろしくお願い致します。


京都競馬1R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の13番ケイアイプレジャー(2.3倍)は良い意味での平行線と云ったところも、手替わり魅力。勝ち負けも上位有力馬のデキ良く とりこぼしも。連軸なら。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
13番ケイアイプレジャーは、仕上げは良かったし、鞍上もシッカリしているので、勝てなくても連軸ならと・・・。結果、敗因として、先行脚質で外枠、それと両前に骨瘤が出ているだけに、パンパンの良馬場が少し堪えた?また、他の上位有力馬のデキが良かったのも。

京都競馬2R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の13番ドリームセーリング(2.5倍)は馬体絞まりデキ上向。ダート替わり、距離向き、先行脚質と好材料揃う。また、相手恵まれ。スンナリなら勝ち負け。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
13番ドリームセーリングは、パドック周回時でも気性の荒そうな仕草をします。また、前走、芝のレースでも先行しており、ダートに替われば尚更、先行出来るのではと判断。また、血統、馬体構造的にもダート向きだけに、ダート替りは好材料と。結果、ハナこそ切れませんでしたが、2番手に付け、直線、キッチリ抜け出すも、ゴール前2着馬に詰められたが、なんとか凌ぎ切る。まだ、競馬を理解していないだけで、上のクラスでも慣れれば通用するでしょう。

京都競馬3R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の3番サンライズトリプル(1.3倍)は煩さくなるも馬体絞れデキ上向く。相手楽になり。勝ち負けまで。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
3番サンライズトリプルは、煩くはなってきていましたが、それは馬体を絞ってきたためであり、問題はありませんでした。また、他馬のデキも一息で、イン捌きの好きな鞍上だけに、この少頭数も歓迎でした。結果、他馬とは力が一枚違う勝ち方でした。上でのクラスでも慣れれば通用するでしょう。

京都競馬4R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の5番ヒーロー(1.2倍)は馬体立派過ぎる感あるも 素質感じる体つき。ここを勝てないようでは。期待を込め。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
5番ヒーローは、大事にし過ぎてか、少しお釣りのある仕上げでしたが、馬格、センスもあり、ここは通過点か、と。結果、初戦とは違い、積極的に2番手からの競馬。直線、他馬に寄られる場面もありましたが、伸びきれず2着まで。大型馬ながら、中2週で、大事にされたか?稽古が少し甘かった感。次走に期待ということですね。

京都競馬5R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の13番トウカイレジーナ(3.4倍)はこの馬なりに順調。も勝ち切るまでは微妙。連軸なら。伏兵注意。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
13番トウカイレジーナは、仕上がってはいたのですが、前走以上のデキはなく、相手との差も僅かだけに展開次第か、と。結果、スタート出遅れ、後方からの競馬も、四角仕掛けられるも頭を上げ、切れることもなく、直線も後方から流れ込んだだけ。敗因としては、出遅れもあったが、一息入れられた分、中身が出来ていなかったか、乾いた馬場が向かなかったか?次走、取捨難解。

京都競馬6R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の14番ペガサスヒーロー(2.0倍)は馬体絞まりデキ上向く。相手恵まれ勝ち負けも、踏み込み若干、浅く 展開に左右されるだけに。連軸が正解か。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
14番ペガサスヒーローは、仕上がっていたのですが、踏み込みが浅く、脚質的にも後方からだけに、取りこぼしも、と。結果、勝ちを意識したか、早めに好位に付け、道中も息の入れる場面無く、直線では伸びきれず、ゴール前、息切れて4着まで。次走、矯める競馬が出来れば勝ち負け出来るでしょう。

↓ワンクリックにしていただければ幸いです。↓
競馬ブログランキング

京都競馬7R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の2番テキーラ(4.2倍)はソフトバンクの携帯の繋がりが悪くなり。(涙) 

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
この辺りから、ソフトバンクの通信環境が悪くなり、なかなか繋がらず、イライラし通し、それにしてもソフトバンクって会社はなんなんでしょう。目先の金儲けに走り過ぎでは?人が多く集まる場所くらい設備を増強(アンテナ)しなさいよ!(涙)

京都競馬8R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の4番ピースエンブレム(3.3倍)はビッシリ仕上がるも皮膚病痕少し気になる。また 有力馬のデキも上向き とりこぼしも。連なら。伏兵注意。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
4番ピースエンブレムは、ビッシリ仕上げてはいたのですが、皮膚病痕が少し気になったのと、他馬のデキも良く、勝ち切るまでは、と。結果、レースは巧く運んでいましたが、直線はバテた格好で掲示板が精一杯。パンパンの良馬場も堪えたようです。

京都競馬9R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の1番ブルーミンバー(3.9倍)は馬体ふっくらし仕上げは悪く無いが、周回重ね発汗きつくなり、テンションも上がり気味。勝ち負け微妙も連軸なら。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
1番ブルーミンバーは、馬体はフックラし問題はなかったのですが、周回を重ねているうちに2度汗を掻き、煩いところを見せていました。よって、最内枠でもあり、気性面を考慮し評価を少し下げました。結果、スタートは普通に出ましたが、他馬が行く気を見せたため、抑えて好位の後方からの競馬。道中もやはり煩い面を出すも、鞍上がなんとか抑えて、直線も馬群を捌いて抜け出してきましたが、2着まで。気性面に課題は残るが、身体付は悪く無いだけに、次走も相手次第で勝ち負け出来そうです。

京都競馬10R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の3番フォゲッタブル(2.6倍)は細いくらいの仕上げ。スタミナ微妙。勝ち切るまでは。連なら。伏兵注意。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
3番フォゲッタブルは、菊花賞パドック時の身体付は筋肉量が豊富と云うか、マッチョ体型で距離を心配したのですが、久々に観れば、その当時の筋肉盛りもりの面影無く、馬体も細くなり、別馬か、と。ただ、長距離戦なら、対応は出来なくは無いだろうが、単勝1番人気になるほどの状態では無い、と。評価を落としました。結果、見せ場さえも造れず、直線で失速。結果的に仕上げ途上だった感。次走も?

京都競馬11R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の6番サンライズモール(3.7倍)は良い意味での平行線。昇級緒戦も相手なりに走るタイプ。勝ち負けも連軸が正解か。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
6番サンライズモールは、先行脚質で内枠となれば、昇級緒戦といえども、馬券圏内は確保出来るか、と。結果、普通にスタートを切るも馬ナリで好位の後方から追走。四角も外を回る展開で、直線はスタミナが切れ失速。鞍上が大事をとったのか、どうか?極めて消極的な乗り方。鞍上の乗り方一つで結果は違ってくるはず。見直し。

京都競馬12R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の8番ロードアリエス(2.6倍)はほぼ仕上がり 昇級緒戦も通用する。ただ ハンデ見込まれ とりこぼしも。連軸が正解か。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
8番ロードアリエスは、昇級戦でハンデ頭と見込まれたものだが、馬格があり、デキの良さで克服できるか、と。ただ、勝ち切るまでは?で評価を少し下げました。結果、鞍上が大事をとったか、中団からの追走。四角も外を回り、直線は伸びそうで伸びきれず、4着。強い馬の立ち回り方でしたが、結果、他馬とは斤量の差が出たと云うことでしょう。次走は狙い目でしょう。



【パドック直前情報】 赤木の回顧 5/1(土)分

土曜日:お天気は快晴、おまけに暑くも、寒くもなく、絶好の競馬日和。従来なら、稼ぎ時と馬券売り場に突進していたものです。が、今年は地獄の中京(夏開催)が改装工事の為、お休み。でその代替が京都開催となり、そうなれば稼ぎの場が1開催増える訳ですから、じたばた慌てて馬券に参加する必要はありません。特に、本日は事前予想でも?で1頭の推奨馬さえもプッシュできない有り様でした。こんなのは過去始めてでは?そんなこんなで、明日の為にも、自己馬券は見(ケン)することに。

京都競馬1R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の5番ユメミルテーラー(1.8倍)は近走の着順、鞍上人気と重なり人気だが、四肢の球関節硬く スンナリが条件となる。また、 勝負服も忘れ、とりこぼしも。伏兵注意。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
5番ユメミルテーラーは、一応仕上がっていたのですが、場内のアナウンスで、「5番ユメミルテーラー服飾を忘れて、どうたら・・・」。うっ、その5番が勝ってば、口取写真が馬主さんの勝負服と異なり・・・拙いのでは?と邪な脳裏が・・・。そう、こんな場面で過去幾たびか馬券で美味しい思いをしていたものですから。結果、そんなのお構いなしで楽勝。鞍上を確かめれば「男藤田伸二」でした。失礼しました。

京都競馬2R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の14番マイネルレガーロ(3.6倍)は休み開け。大幅馬体増もほぼ成長分。勝ち負け。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
14番マイネルレガーロは、大幅馬体重でしたが、馬格、センスとも頭一つ抜けた存在で、少々重め残りだろうと基礎体力で克服できるか、と。結果、好スタートを切り、コレならも四角では内にモタれ直線に入ってもモタれてと結果的には中身が出来ていなかった感。次走に期待ですね。失礼しました。

京都競馬3R
【パドック直前情報】
京都競馬3Rは、作業の手違いで送信出来ませんでした。申し訳ありませんでした。

京都競馬4R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の16番ネヴァーフェイド(2.4倍)は細身の身体つきだが 張りはそれなりにあり、気配も上々。ただ 後方からの競馬になれば展開次第でとりこぼしも。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
16番ネヴァーフェイドは、小柄で細身の身体付だけに、高速の良馬場は歓迎なのですが、外枠発走で後方からの競馬になると取りこぼしも・・・。結果、好スタートを切るも、鞍上が抑えて、好位の後方から位置取り。道中は掛かり気味の追走で鞍上が抑えて為、徐々に位置取りが後ろになり、直線に入り、良い脚を使うも、勝ち馬を捕えられず2着まで。スピード、瞬発力ともあり、このコース向き、距離も1ハロン短くても対応できそう。次走もそれなりに戦える。

京都競馬5R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の11番ディープハント(1.7倍)はビッシリ仕上げ勝ち負けも テンション上がり気味で脚捌きも硬いだけに とりこぼしも。連軸なら。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
11番ディープハントは、仕上がっていたのですが、この馬にしてはパドックでチャカ付き、煩い面を出し、毎度ながら飛節もブレており、信頼まではと評価を下げたのですが。結果、スタートで出遅れ、道中も頭を上げて何処か苦しそうな走りでした。結果、直線も伸びず終いで掲示板をも外してしまいました。次走は間隔を充分とって欲しいところです。

京都競馬6R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の1番カサノヴァソルト(3.0倍)はすっきり仕上がり 勝ちまけも 最内枠。それでいて隣の馬がイレ込みスタートで不利被るかも。連軸が正解か。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
1番カサノヴァソルトは、仕上がりは良かったのですが、最内枠で、それでいて隣枠の2番のイレ込み具合が半端でなく、スタートで内に寄られれば不利もと。結果、その2番は返し馬でも煩いところを出していたのですが、ゲートは普通に出て、道中も流れに乗りスムーズな競馬が出来ていました。その1番も道中の手応え、流れも向いていた感じでしたが、直線は伸びそうで伸びきれず4着まで。せめて3着はキープして欲しかったですね。

↓ワンクリックにしていただければ幸いです。↓
競馬ブログランキング

京都競馬7R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の6番エーシンヴァーゴウ(1.7倍)は良い意味での平行線。相手も急上昇してきた馬もみあたらず。ここは勝ち負け。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
6番エーシンヴァーゴウは、毎度ながら、仕上げは良いのですが、後肢の球関節が緩く、瞬発力勝負になると分が悪いのですが、スンナリと先手をとれればと。結果、好位の後方の位置取りとなり、道中の走りも上体が高く、フラフラした動きで、鞍上が直線勝負に持ち込んだのですが、勝ち馬との叩き合いになり、結果、2着まで。次走は揉まれない位置取りからの競馬が出来れば・・・。

京都競馬8R
【パドック直前情報】
京都競馬8Rは、こちら側の手違いで送信できませんでした。申し訳ありませんでした。

京都競馬9R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の11番ナリタトルネード(2.7倍)はすっきり仕上がり 内伸び馬場でハナ切れる組み合わせ。スンナリ見込め 勝ち負けまで。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
11番ナリタトルネードは、外枠発走も他に逃に拘る馬も見あたらず、ここは1人旅濃厚か、と。ましてや、内伸び馬場と好材料揃い。結果、好スタートを切り、注文通り、余裕の1人旅。直線も楽な手応えで完勝。ホッ!

京都競馬10R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の10番ピースキーパー(3.5倍)は馬体絞れ踏み込みシッカリしてくる。勝ち負けも 上位有力馬もデキ上向き。連軸としてなら。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
10番ピースキーパーは、デキ良く、歩様もシッカリしてきていたのですが、それよりも他馬のデキが良く、取りこぼしもと少し評価を下げました。結果、出負け気味のスタートも、直ぐに道中の位置に取り付き、3番手からの追走。道中は手応えも良かったのですが、直線は他のデキの良かった馬にズボズボに差され、5着まで。前半に出負けし、そこで脚を使ったのがゴール前で響いたのかも。見直しは必要。

京都競馬11R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の4番ヴィクトリーマーチ(3.1倍)は馬体ふっくら見せデキはマズマズ。相手楽なだけに勝ち負けも。ただ 上位有力馬のデキも良く とりこぼしも。伏兵注意。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
4番ヴィクトリーマーチは、馬体重減も問題無く、馬体はふっくらし、デキ自体は悪くなかったのですが、他馬のデキもそれなりに良く、評価を少し下げたのですが。結果、スタートは普通に出るも、他馬の仕掛けが速く、それらにつられたかのようにハイーペースに巻き込まれ・・・直線、失速。ま、鞍上も日本の競馬に慣れていなかったせいもあり・・・。掛かり気味だっただけに、次走は適距離のマイルに使ってくれば見直し。

京都競馬12R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の5番ファイブスター(2.8倍)は良い意味での平行線。も踏み浅く、展開に左右され とりこぼしも。連軸としてなら。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
5番ファイブスターは、仕上げは悪くなかったのですが、踏み込みが浅く、瞬発力勝負になると取りこぼしも、と少し評価を下げました。結果、道中の手応えは良かったのですが、直線は瞬発力勝負となり、切れる脚がないだけに伸び切れませんでした。デキ自体は良いだけに、次走は渋った馬場での狙いでしょうか。



【予想コラム】 天皇賞(春) 奥野・京介の見解 前日版

 さて、明日は1週あいてのG1「天皇賞(春)」が行われます。はっきりいって今年の天皇賞(春)は難しいです(汗)。 しかし、そんなことも言ってられませんね。
 以下が、水曜の時点での私の予想です。

【編集長 奥野の印(水曜段階)】
◎マイネルキッツ
○トウカイトリック
▲ジャガーメイル
▲フォゲッタブル
☆メイショウベルーガ
△ナムラクレセント

一応本命視しているマイネルキッツ関しては、水曜でも少し触れました。
http://blog.keiba-check.com/archives/50395463.html
京介:
 マイネルキッツの前走は日経賞でしたね。日経賞は、馬場が稍重で、1頭だけ大逃げをうって、後続にとっては仕掛けどころがやや難しい展開になりました。
 時計も例年よりやや遅め。全員がロジユニヴァースの仕掛け(それまでの中山開催絶好調だった横山典弘)を目標に動いていた印象があります。

 そんな感じでしたね。レースレベル的にはそれほど高くはありませんが、それでも59Kを背負って、メンバー最速の上がり。折り合いも完全についていましたし、コース取りの利があったとはいえ、なかなかの内容だったと高評価しています。
京介:
そうですね。馬体重は生涯最高(前々走AJCCと同体重)となる510kgでした。それでも十分動けたていましたから、状態は非常に良化傾向になるとみて良いでしょうね。
 筋肉と腹袋もしっかりしていて、歩き方がスムーズ。重たさを感じさせませんでした。
・・・・・・
 ただし、天皇賞(春)では、昨年よりもさらに時計の速い決着になりそうだとマイナスだと考えています。

 要は、状態に関しては特に不安点はないが速い時計勝負になると適性的に厳しいということですね。

 マイネルキッツは先週栗東入りをして、輸送の不安を回避してきました。これは国枝厩舎がよくとる手段ですね。今週の本追切りはどうでしたか?
京介:
 本追切りは水曜でした。コースは栗東CW。
 シャドーロールを装着してましたね。直線は手前替えずに走っていましたが、柔らかい動きで首も深く下がり、首で前に押す動きが出来ていました。動きの軽さを全く見せないタイプが、各部位の連携がしっかりと出来ているので合格点をあげられるでしょう。
最近は馬体重が増えていく一方なので、余裕を持たせつつ柔軟な動きを維持させる仕上げで良いのかも。

シャドーロールは当日も装着してくるんでしょうかねぇ。以前は頭の高さを解消するために常に装着していましたが、ここ最近は外しています。
そのせいか、また頭が高くなってきているようで、それを改善するための措置なのかも。
赤木:
 マイネルキッツについてですが、中間に蓄膿症の治療をしているとか。その影響が出るかどうかですが、中間の馬体重が514k(510k)なら、仕上げを緩めた感はありませんし、特に問題は無さそうです。ディフェンディングチャンピオン、当然距離実績はあり、当日の仕上げ次第では単まで十分ありえます。

蓄膿症ですかぁ。これはどういう施術なんでしょうか。まぁ今の医学は発達していますので、少々のことぐらいでは大した影響はでないんでしょう。

 というわけで、両者の見解からも、この馬の評価は据え置き(◎)でいきます。
ただし、当日のパドックや返し馬の状態次第では変更する可能性もあります。

 次は、対抗としたトウカイトリックについてです。
 同馬は今走も藤田騎手。前走テン乗りで優勝しました。間違いなく手はあうでしょうね。京都ではキレ負けするのも分かっているでしょうから、少し前目で競馬ができれば、ってところでしょうか。3年前の天皇賞春のときのような、あんな感じで。

 ただ、こちらには大きな問題が1つ浮上しました。
それは裂蹄テープを巻いてきていることです。
赤木:
 トウカイトリックは、中間の立ち写真から、前走以上に馬体に丸みを帯びて、毛艶も良くなっています。中間の馬体重も458k(前走時452k)ときっちり仕上げてきましたね。ただ、左後肢の蹄に裂蹄テープを巻いているのが少し気に掛かかります。

 赤木先生のお話から知ったのですが、どうやら左後ろに裂蹄テープを巻いるんですね。
 もともと蹄が弱く、たしか、昨年の同レースでは、両後ろに保護テープをつけてきていました。ただこのときは保護テープです。
 さらに一昨年の同レース時は、蹄に切り込み線を入れていました。これは裂蹄を防止するための措置ですよね、たしか。
 それでも3着に踏ん張っていましたので、完全に消しとまではいきませんが、減点すべき要素ではあります。
京介:
トウカイトリックの調教の動きですが、手前を替える前と替えた後、体の軸の切り替わりが結構大きく、斜めに走っているように見えるのが気になりました。ただ、体の柔軟さは健在で、回転力もそれほど落ちてはいないのは高く評価できます。
もっとも、基本性能的に、前走のような上がりの掛かる展開がベストです。軽い芝の速さへの対応力はあまり感じ取れませんね。

デキは良さそうであっても、脚元や基本性能的に減点材料があっては、対抗(○)に置いておくわけにはいきませんね。
脚元の以上は重大問題ですし、ここは「注」まで印を落としたいと思います。

↓ワンクリックにして1票投じていただければ幸いです。↓
競馬ブログランキング

 では次。ジャガーメイル(▲)です。
こちらで最も気になるのは、鞍上のC.ウィリアムズがどれほどのものなのか、ということ。
 というわけで、彼について少し調べてみました。

 オーストラリアの騎手で32歳。2006年から2009年の4年連続でWSJSに参戦。JRA競走の全成績は32戦3勝(阪ダ1400、阪芝1400、阪芝1600)
 長距離G1勝ちは、豪国のシドニーC(芝3200)、同ヴィクトリアダービー(芝2500)。08・09シーズンの全豪獲得賞金1位

 天皇賞(春)は京都外回り、坂越え2回のコース。3角~4角の下りをどう克服するか、ここがなによりも重要だと言われています。これには経験が必要だと思うのですが、いくらオーストラリアのトップジョッキーとはいえ、未経験でこなせるものなのでしょうか。そこが心配です。

 馬の仕上がり具合はどんなもんでしょうか?
赤木:
前走の京都記念時は、馬体に張りあり、上積みが見込める仕上げでした。ただ、今回の中間の馬体重が480k(前走時480k)と、少し仕上げ過ぎの感があります。こちらも当日の仕上げに注目ですね。

 輸送を考慮すると、前走より大幅マイナス体重ということも考えられなくもありません。
京介:
調教の動きはやはりよかったですよ。
美浦のポリトラックコースで3頭併せの真ん中。前走もそうでしたが、追切りでもブリンカーを装着していました。
コーナーから首の使い方が良く、この馬にしては随分低い姿勢がとれていました。さらに、前肢の上からの叩きが改善されて手先が斜め前方遠くに伸びるようになった。
ブリンカーを装着し、首を前に突き出しつつ首振りのリズムが軽くなったことで、前後のバランスが改善されたのでしょう。
相変わらず後肢の蹴り抜きのキレ味は素晴らしく、後半に軽く手を抜いても惰性がいいのでスピードが全く落ちません。
まさかこの年になって大幅に上向くとは思いませんでしたね。

 べた褒めですね(笑)。
 昨年の同レースでは5着。1着とのタイム差は僅か0.4秒。しかも、当時はJ蹄鉄を履いていましたから、万全であればもっと際どい競馬ができたかもしれません。
鞍上のテクニックは置いておいて、馬の状態や適性を考慮すると、対抗、といわずに、本命まで印をあげたほうがいいのかも。
 ただ、やはり鞍上の不安を少し割引、ここは対抗(○)まで。

 次はフォゲッタブル。こちらの評価にはかなり悩みます。
赤木:
正直申しますと、現時点では消したいというのが本音です。
中間の調教がプール調整、追い切り本数も控えめ、それでいて、中間の馬体重が490k(484k)では少々物足りなさを感じます。まだ前走時の疲れが尾を引いている感がありますから。
 プール調整馬は、パドックでは馬体をフックラ見せ、毛艶も良く見せます。ですので、仮に私がパドックでアツい印を打ったとしても疑って掛かって下さい。

プール調教ですかぁ。プール調教はリラックス効果や脚元への負荷を掛けずに、スタミナ向上をはかれるというメリットがありますね。
 ただ、間隔が間隔だけあって、追い切り本数が少ないというのは気になります。元々トラックコースがメインで追い切られる馬ですが、トラックコースだとあまり本数を増やせないですからね。
 その分、坂路で熱心に乗り込まれているようです。基本的には楽走というスタイル。時として1日2本。全休の月曜を除き、ほぼ毎日です。スタミナ強化という点においては、不足はありませんし、体調が良い証拠でもあります。
 でもこれは少々やりすぎでは?坂路でやりすぎると腰に負担がかかってしまうんですよね。もしかして脚元に不安を抱えているのかも・・・。当日、トモが流れていたり、歩様が悪ければマイナス・・・。
 もちろん、競走馬の能力や体質は競馬をすることで強化されますから、このローテ(中10週)もやはり不安視してしまいます。やはり中間でもう1走できていないのはツライですよ。
京介:
 たしかにそうですよね。ダイヤモンドSを勝って、そこで始めて休養を挟んでくるわけですから、正直僕も現状では仕上がりに関して全く予測がつきませんね。悪い方に転ぶ想定もしておきたいところです。

 というわけで、フォゲッタブルの印は▲。パドック1番人気診断は要チェックです。

 メイショウベルーガはどうでしょうか?
個人的に3着なら十分あり得るかなとみているのですが・・・。
赤木:
 デキの良さではメイショウベルーガがNo.1ですね。
中間の馬体重が500k(前走時496k)。前走はまだ馬体にゆとりがあっただけに、今回はビッシリと仕上げてきました。おつりがあっただけに、余裕のある調整ができたのでしょう。
 ただ、牝馬ということと、馬体構造的にも距離は微妙なだけに勝ち切るまではどうか。ただ、編集長(奥野)が言うように3着なら十分あると思います。

京介:
 メイショウベルーガの追切りですが、常に首が左に傾いた状態で前脚が多少開き加減でした。どうも前脚の掻きが首使いと噛み合ってないようなリズムなんですよね。
 これで現状走れているので減点とはしませんが、動きの幅に限界があるので、さらにもう一押しというのは考えづらいですね。

なるほど。体調が良さそうで力もあるが、今回の距離がやはり向かない(相対比較で)ということと、やはり牝馬という点でマイナス。
ただ、相対比較では3着もあり得るので、ここは☆の1番手に置いてきます。

 もう1頭お聞きしたいのがナムラクレセントです。
ナムラクレセントは昨年の阪神大賞典で3着の実績があります。昨年の天皇賞は賞金的に除外だったのかな?それから実績を積み重ね、ようやくG1の舞台にたどり着きましたね。
 前走の日経賞は休み明けということと、馬場がやや渋っていたこともあり7着。しかし、勝ったマイネルキッツから0.4秒差ですから、悲観するものではありません。
 終いのキレ味は一級品ですし、一叩きの効果が見込めるのであれば、このメンバーなら3着はあってもおかしくないかなと。
京介:
ナムラクレセントの追切りは、相変わらずバランスの中心がなく、首を振るリズムがブレてフラフラしていました。CWが不良馬場だったいうことも影響しているのでしょう。ただ、蹴りの伸びがかなりあり、柔軟性が非常に高いという点では、競走能力的に高く評価したいです。

 問題点としては、前走は久々にも拘わらず体が大きく減っていたという点。ようはお釣りがない状態であるということです。
 まぁしかし、今回は輸送が短いということと、中間の馬体重(504K)から、そこそこ馬体は持ち直してきそうな雰囲気はありますね。
 こちらもあくまでも3着候補ということで(☆の2番手)。

 こんなところでしょうか…。
 あれ?ジャミール?赤木先生の本命馬を忘れていました。
赤木:
 こらこら、私の本命馬を無視するとは。
 ジャミールは、前走時(阪神大賞典)は好く仕上がっていました。
今回の中間の馬体重が462k(前走時452k)。馬体重だけで推測するなら、更に良くなった感があります。また、距離も前走(2着)で目途が立ち、鞍上も自信を持っての騎乗できるはずです。となれば当然勝ち負けレベルでしょう。
 不安があるとすれば、馬格(452k)が無い点です。ま、ステイゴールド産駒だけに、許容範囲か、と。

 なるほど。赤木先生がおっしゃるぐらいですから、良い馬ということは間違いないですね。
 というわけで、トウカイトリックの印を△に下げて、ジャミールの印を「注」とします。

 しかし、各馬に一抹の不安があります。よって、当日の状態はきっちりとチェックしなければなりません。

【編集長 奥野の印(前日段階)】
◎マイネルキッツ
○ジャガーメイル
▲フォゲッタブル
注ジャミール
△トウカイトリック
☆1メイショウベルーガ
☆2ナムラクレセント

 本当の最終決断は、当日のツイッターで発したいとおもいます(出来れば当ブログでも)。
是非、http://twitter.com/kenichi_okuno にアクセスしていただき、馬券の最終決断にお役立てください。
 当ブログの1番人気パドック診断もお忘れなく。。。

 それでは、日曜競馬も朝からがんばりますので、応援(フォロー)のほど宜しくお願いたします。




【パドック直前情報】京都12R 1番人気診断

akagi_pic京都競馬12R 単勝1番人気の8番ロードアリエス(2.6倍)はほぼ仕上がり 昇級緒戦も通用する。ただ ハンデ見込まれ とりこぼしも。連軸が正解か。



【パドック直前情報】新潟12R 1番人気診断

kyo_pic新潟競馬12R 単勝1番人気の8番シンボリローレンス(2.7倍)は外回りの長い直線走るためには、繋ぎも短く蹄も高い。運動神経大したことなくあまり条件向いてないのでは。。見送り。



【パドック直前情報】京都11R 1番人気診断

akagi_pic京都競馬11R 単勝1番人気の6番サンライズモール(3.7倍)は良い意味での平行線。昇級緒戦も相手なりに走るタイプ。勝ち負けも連軸が正解か。



【パドック直前情報】新潟11R 1番人気診断

kyo_pic新潟競馬11R 単勝1番人気の4番フサイチオフトラ(3.1倍)は馬体なら明らかに一つ上。揉まれず砂被らずの位置で競馬すべきだが、鞍上が一番の心配。。勝ち負け。



【パドック直前情報】京都10R 1番人気診断

akagi_pic京都競馬10R 単勝1番人気の3番フォゲッタブル(2.6倍)は細いくらいの仕上げ。スタミナ微妙。勝ち切るまでは。連なら。伏兵注意。



【パドック直前情報】新潟10R 1番人気診断

kyo_pic新潟競馬10R 単勝1番人気の1番オセアニアボス(2.9倍)は元々見映えするタイプだが、今日は他の馬の仕上げが見劣ることもあって相当良く見せる。スローな展開も有利そう。。勝ち負け。



【パドック直前情報】京都9R 1番人気診断

akagi_pic京都競馬9R 単勝1番人気の1番ブルーミンバー(3.9倍)は馬体ふっくらし仕上げは悪く無いが、周回重ね発汗きつくなり、テンションも上がり気味。勝ち負け微妙も連軸なら。



【パドック直前情報】京都9R 1番人気診断

akagi_pic京都競馬9R 単勝1番人気の1番ブルーミンバー(3.9倍)は馬体ふっくらし仕上げは悪く無いが、周回重ね発汗きつくなり、テンションも上がり気味。勝ち負け微妙も連軸なら。



【パドック直前情報】京都9R 1番人気診断

akagi_pic京都競馬9R 単勝1番人気の1番ブルーミンバー(3.9倍)は馬体ふっくらし仕上げは悪く無いが、周回重ね発汗きつくなり、テンションも上がり気味。勝ち負け微妙も連軸なら。



【パドック直前情報】京都9R 1番人気診断

akagi_pic京都競馬9R 単勝1番人気の1番ブルーミンバー(3.9倍)は馬体ふっくらし仕上げは悪く無いが、周回重ね発汗きつくなり、テンションも上がり気味。勝ち負け微妙も連軸なら。



【パドック直前情報】新潟9R 1番人気診断

kyo_pic新潟競馬9R 単勝1番人気の15番オクルス(3.7倍)はハミ替えや仕上げなど勝負気配は感じるが、前足の腫れがかなり酷くまともに前足を前に出せない。飛節も立ちすぎ。。見送り。



【パドック直前情報】京都8R 1番人気診断

akagi_pic京都競馬8R 単勝1番人気の4番ピースエンブレム(3.3倍)はビッシリ仕上がるも皮膚病痕少し気になる。また 有力馬のデキも上向き とりこぼしも。連なら。伏兵注意。



【パドック直前情報】新潟8R 1番人気診断

kyo_pic新潟競馬8R 単勝1番人気の4番サクラシャイニー(3.2倍)は血統的な芯の弱さはあるが、仕上げはまともで平坦向きの切れ味ある。相手次第。。連なら。



【パドック直前情報】京都7R 1番人気診断

akagi_pic京都競馬7R 単勝1番人気の2番テキーラ(4.2倍)は使い詰めもデキ良し。ただ、直線で内を突けば取りこぼしも。連軸が正解。



【パドック直前情報】新潟7R 1番人気診断

kyo_pic新潟競馬7R 単勝1番人気の10番ブラッシュアップ(2.1倍)は馬体的には問題ない。ジリっぽい面があるが、力で押し切る状況は向いている方。。連なら。



競馬ビッグデータ(BIG DATA)がオープンしました!
競馬ビッグデータ
競馬で勝つためにシステムがここに築かれる!


競馬チェック!のツイートもチェック!
新聞会員ご入会受付中!!

会員入口
入会お申込み
赤木&京介のガチンコ予想

会員入口
入会お申込み

▼「馬見こそ競馬予想の原点!」

関西のカリスマ赤木一騎と関東馬見の才人金子京介の一味違った競馬予想
→ご入会はコチラ
→更新手続き・有効期限の確認はコチラ


競馬「ここ」に騙されるな 厩舎ver


競馬ここに騙されるな 厩舎ver

著者 橋浜 保子(JRDB)
価格 ¥2,000
東邦出版発刊、カラー256P
絶賛発売中!
ネットで動画も見れる付録つき
最新記事
「馬券の勝ち組」になるには…~赤木流馬券術~
最新コメント
おすすめの競馬本






【送料無料】競馬大予言(13年春G1佳境号)

【送料無料】競馬大予言(13年春G1佳境号)
価格:840円(税込、送料込)


【送料無料】京介式馬券厩舎ランク

【送料無料】京介式馬券厩舎ランク
価格:2,100円(税込、送料別)


【送料無料】調教指数で獲る!高中の方程式

【送料無料】調教指数で獲る!高中の方程式
価格:2,000円(税込、送料別)


【送料無料】京大式推定3ハロン

【送料無料】京大式推定3ハロン
価格:945円(税込、送料別)


ご意見・ご要望は

ご意見・ご要望をお聞かせください

送信フォームはこちらをから
記事検索
QRコード
QRコード
リンクフリー
【新感覚の競馬新聞 競馬チェック!】のサイトはリンクフリーです。
リンクしていただける場合は、以下のバナーをご利用ください。
keibacheck_link
keibacheck_link2
http://blog.keiba-check.com/
  • ライブドアブログ

PAGE TOP

アクセスランキング ブログパーツ