新感覚の競馬新聞・競馬予想 「競馬チェック!」 のブログ

全場メインレースの競馬新聞を只今無料提供中!!WIN5と3連単を攻略するために是非ご活用ください。今1着候補馬と激走印に注目です!

2010年05月

【パドック直前情報】 赤木の回顧 5/29(土)分

5月末だと云うのに、この涼しさはどうなっているのか?従来なら、中京開催で、そのすり鉢状のパドックと返し馬との往復で、蒸し暑さと悪戦苦闘中のはずが。ま、暑いよりも涼しいに越したことは無いのだが・・・。そんなことよりも、明日のダービーのタネ銭造りに精を出すか、と。それにしても美味しそうなレースは・・・。ホント、毎年ながら、この時期の関西競馬は、溜め息と涙しか出ません・・・。


京都競馬1R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の4番シルバーキセキ(2.8倍)はすっきり仕上がりデキ上向くも、勝ち切るまでは微妙。他の有力馬のデキ良く。連なら。伏兵注意。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
4番シルバーキセキは、絞れデキも上向いていたのですが、他馬のデキも上向き勝ち切るまでは、と。結果、スタート良く2番手に付け、直線は逃馬を楽に交わし、後方からの追撃もなんなく凌ぎ、完勝。失礼しました。

京都競馬2R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の4番ニホンピロエリナ(2.0倍)は馬体に張りありデキ良く 相手恵まれ、勝ち負けも 距離延長は微妙。連軸が正解か。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
4番ニホンピロエリナは、デキは良かったのですが、胴が詰まった体型だけに、距離延長がどうか、と。結果、道中の手応えは、楽に2番手に付け、手応えもよかったのですが、直線に入ると、スタミナが切れたか、バッタリと止まり、掲示板にも乗れず仕舞い。やはり、距離が長かったと云うことでしょう。

京都競馬3R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の5番バガボンド(1.5倍)は休み開けも好仕上がり。ダート向く。ハミ替(ビッドガード。舌括る)えし先行する構え。相手恵まれ 勝ち負け。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
5番バガボンドは、休み明けも好仕上げ。馬格もありダートもこなせる体型。それに、舌を括り、ビッドガードを装着し、逃げる態勢。ならばここは勝ち負けか、と。結果、思惑通り、逃げてくれたのですが、番手の9番に直後から突かれどうしで、直線に入ると失速。参りました。次走は、息は持つはず。巻き返すでしょう。

京都競馬4R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の12番オメガブルーベリー(2.7倍)は一息入り、デキ取り戻す。たた 飛節がブレるだけに 揉まれるととりこぼしも。連軸なら。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
12番オメガブルーベリーは、一息入れられデキ自体は取り戻した感でしたが、飛節ブレするだけにスンナリが条件。結果、中団からの競馬になり、直線も馬群の真ん中で揉まれる形になり、切れる脚が無いだけに・・・結果、流れ込んだだけ。(涙)

京都競馬5R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の3番アンヴァルト(2.2倍)は仕上がり、デキも良いが、左トモ(後脚)が少し緩く 出遅れなければの注文つき。連なら。伏兵注意。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
3番アンヴァルトは、上体に関しては問題無く、良くなっていましたが、左トモ(後肢)が少し緩く、出遅れなければ、と。結果、やや出負け気味のスタートも、少し仕掛けてじんわりとハナに立つ。直線は勝ち馬に早めに並び掛けられるも、ゴール前まで渋太く粘る。次走、トモ(後肢)の踏み込みがシッカリしてくれば卒業できる。

京都競馬6R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の1番ナムラボルテージ(2.7倍)は若干、仕上げの甘さ残る。鞍上頼み、の面あり、信頼までは。連なら。伏兵注意。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
1番ナムラボルテージは、仕上げの甘さ残り、勝ち切るまでは、と。結果、最内枠でもあり、道中は後方に下げ、直線、勝負の態勢。四角で最内を突き、レース内容としては最高の騎乗も、力及ばず3着が精一杯。この着順は鞍上の好騎乗を讃えるべきでしょう。

↓ 10円馬券発売推進活動へ
↓ 応援ワンクリックをお願い致します。
競馬ブログランキング


京都競馬7R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の3番スエズ(2.7倍)は皮膚病痕残るも、これは問題無さそう。馬体ふっくら見せ気合い上々。相手恵まれ 勝ち負けも、有力上位馬と能力差余り無く。連軸が正解。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
3番スエズは、皮膚病痕の斑点は気になりますが、この斑点は休み明け緒戦からのもので、デキの良さを見れば問題は無いか、と。ただ、他の有力馬のデキもソレ以上に良く見せ。結果、スタートは普通に出るも、抑えて中団の内から淡々と追走し、四角では巧く馬群を捌き、直線抜け出してくるも、ソレ以上に、いち早く仕掛けた勝ち馬を捉えきれず、2着まで。馬体が安定してきた感。次走はメンバー次第で勝ち負けでしょう。

京都競馬8R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の14番ワンモアマイウエイ(3.1倍)は休み開け。好馬体だが、若干、仕上げの甘さ残り とりこぼしも。連なら。伏兵注意。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
14番ワンモアマイウエイは、全体的に馬体は良く見せていましたが、筋肉に若干甘さが残り、ひと叩きしてから、かと。結果、見せ場もありませんでした。

京都競馬9R
【パドック直前情報】
白百合ステークス 単勝1番人気の9番ディオメデス(4.2倍)は飛節少しブレるも、馬体に張りあり 気配良くなる。少頭数歓迎。勝ち負け。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
9番ディオメデスは、飛節のブレは気になるも、馬体、気配とも良く見せ、この少頭数なら、揉まれない競馬が出来るか、と。結果、出遅れ後方からの競馬。四角を大外から捲り、直線に向くも、ギアの入り悪く、ギアが入り、伸びかけたところがゴールで、2着まで。このクラスだとアテにし辛い面が残ります。

京都競馬10R
【パドック直前情報】
金鯱賞 単勝1番人気の5番アーネストリー(3.3倍)は休み開けも好仕上げ、踏み込みもシッカリ。相手恵まれ。緒戦から、勝ち負け可能な仕上げ。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
5番アーネストリーは、休み明けも好仕上げ、緒戦から勝ち負けか、と。結果、楽勝でした。次走も上積み見込める仕上げでしたから、本番が楽しみですね。

京都競馬11R
【パドック直前情報】
蹴上特別 単勝1番人気の8番ゴールデンルーヴェ(3.3倍)は仕上がり、気合い乗りもマズマズだが、本来のデキまでは少し物足りなさも。連なら。伏兵注意。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
8番ゴールデンルーヴェは、仕上がるも、身の入りが今ひとつで取りこぼしも、と。結果、見せ場もありませんでした。他の敗因として2走目のポカ、右回りともども・・・。

京都競馬12R
【パドック直前情報】
単勝1番人気の1番ミッキーチアフル(2.0倍)は降級馬、相手恵まれ、地力あるも まだ重め残り 毛艶も一息。とりこぼしも。連なら。伏兵注意。

『レース結果回顧』→レース結果はこちら
1番ミッキーチアフルは、降級馬で地力は認めるとしても、重めが残り、毛艶も一息だけに、本来のデキまでは、と。結果、今回は、ハミを替え(E→ノーマル)が奏功したようで、道中は鞍上の指示に従順に従い、直線も脚のある処を見せました。が、3着まで。次走は良くなりそうな感。

【パドック直前情報】東京12R 1番人気診断

kyo_pic東京競馬12R 目黒記念 単勝1番人気の2番アルナスライン(3.7倍)は元々腹袋大きいタイプだとしても、トモ肉落ちていて脾腹のラインが緩いようでは、さすがに太いだろう。超スロー濃厚な場面で58kg。。見送り。

【パドック直前情報】京都12R 1番人気診断

akagi_pic京都競馬12R 単勝1番人気の8番ドクターラオウ(5.0倍)は一息入りデキ取り戻す。ただ 有力馬のデキも良く。とりこぼしも。連なら。伏兵注意。

【パドック直前情報】東京11R 1番人気診断

kyo_pic東京競馬11R 富嶽賞 単勝1番人気の14番ザッハーマイン(4.4倍)はまだ太目を感じるが前走よりは良い。標準ペース以上なら地力上だが、手先の軽い馬ではないので自分で動けない弱みがある。。見送り。

【パドック直前情報】京都11R 1番人気診断

akagi_pic京都競馬11R 御室特別 単勝1番人気の7番サクラローズマリー(1.8倍)はこの馬なりに順調と云ったところ。相手恵まれたが、少し煩くなってきたのが…連軸が正解か。

【予想コラム】 日本ダービー、奥野の見解 ~最終決断!!

【日本ダービー最終決断!!】

◎ペルーサ
○ルーラーシップ
▲ヴィクトワールピサ
注ヒルノダムール
△エイシンフラッシュ
△アリゼオ
△ローズキングダム
△コスモファントム
※ヴィクウトワールピサの右後ろ脚の蹄の外側に皐月賞の時にはなかった補正があると京介。問題はないかもしれないが、マイナスととれる変化がある以上は強く推せない。



 明日はダービーということで、いつも以上にアクセスが増えていますね。ダービーサマサマです。
 そんなときこそビシッと的中させたいというのが本音ではありますが、よりによって私の本命馬だったダノンシャンティが故障により取り消し。ツイてない…。
 いやむしろ、ツイていると言うべきなのか? もし予想が外れても言い訳になる? ならないか…。
 もう諦めて、思考を一新し、"タメニナル?"ダービーの見解をお届けしたいと思います。

 その前に、まずお伝えしておくべきことがあります。
 それは明日は雨予報であるということ。

 金曜の段階では「曇」だった予報が、前日になって「曇り時々雨」に変更。
 この”雨”というのが曲者なんです。
 「曇り時々雨」となると、感覚的には「少し雨が降る程度なのだろう」となるでしょう。 しかし、ダービー当日のこの天気予報は実は当てにならないことが多いのです。

 昨年は特に酷かった…。午前中に雨が止むという予報だったため、スタッフ一同安心しきっていたら、午後から想像を絶するほどの酷い雨。みんなずぶ濡れ状態で仕事してました。
 結局、ダービーは不良馬場での開催。結果はご存じのとおり…。

 ですので、皆さん、現在の天気予報は一切あてにしないでください。おまけに、明日は雨男も東上します。誰とは言いません(K保氏です・笑)。
 私は基本的に晴れ男ですが、彼の雨男パワーには太刀打ちできません(汗。でも、晴れることを願って、朝一から競馬場へ行くことにします。。。

 と、これを踏まえた上での見解です。
 
 今年のダービー、注目はなんといっても、ダービー初制覇がかかる岩田騎手騎乗のヴィクトワールピサとお馴染みのローテでダービー初制覇を狙う藤沢和厩舎のペルーサのどちらが上なのか?ということに尽きるでしょう。

 あ~しかし思い出します、03年の東京優駿。
 2頭のサンデー産駒。皐月賞馬ネオユニヴァースか青葉賞を勝ち駒を進めてきたゼンノロブロイか?
 結果、重馬場のダービーを制したのは、ネオユニヴァースでした。ロブロイが僅か届かず2着惜敗。
 ゼンノロブロイが本命だった私は、やはり皐月賞馬のほうが強かったのかぁと落胆しましたが、とあるバトル企画にて入ることが許された東京競馬場の素晴らしい眺望の特別ルームからの日本ダービー観戦は本当に最高でした。
 その2頭の産駒が、今年、こうしてダービー馬の称号を取り合おうとしているわけですから、面白いですよね。これが競馬のロマンってやつですか。

 余談でした(汗)。
 で、ヴィクトワールピサとペルーサのどっちが強いのか?
 ベタな考えでは、皐月賞からダービーという王道を歩んできたヴィクトワールのほうが上、近10年で青葉賞からダービーを制した馬はゼロ、ということから、ペルーサのほうが下、ということになるんでしょう。

 ただ、そんな過去データがありながらも、前日単勝オッズではペルーサのほうが上になっています。関東馬の勢いや、前走の勝ちっぷりが高く評価されているのかもしれません。

 むずかしいですねぇ。
 こうなったらカンニングしかありません。赤木先生と京介先生の評価をちょっと見てみましょうか。
赤木:
 ◎ヴィクトワールピサ
 中間の馬体重が520k(506k)と、馬体面でも更に成長している感。重箱の隅を突くような不安点を取り上げるとしたなら、鞍上のペース配分、直線での内外のコース選択だけでしょう。馬の能力を信じて、横綱相撲さえすれば自ずと栄冠は・・・。

京介:
 ◎7.ヴィクトワールピサ
 比較的大トビのフットワークであるにも関わらず、馬群の内を突いて加速力の差で抜け出せたのは、まさに(周りの馬との)実力の差だったと言える。フットワークから、重馬場に推移したとしたらさらにプラス。馬体重では出走馬中上位3番手、パワー勝負になった時の方が安定味は高い。
 やはり二人ともヴィクトワールのほうを上位としています。
馬体センス、前走内容、馬場適性、あらゆる面においてトップクラスとあれば、相手が強化されたとはいえ、評価の落としようがないようです。

 次はペルーサの赤木先生の評価。微妙に気になる点が…。
赤木:
▲ペルーサ
 見映えの良い馬体で素質も感じる器。ただ、飛節のブレが目立ち、中間の立ち写真では、前走時の疲れが抜けきっていない感もあり、当日のデキ次第。
 飛節のブレ。まだ骨格や肉体が成長し切れていないということでしょうか。
 繋や蹄の形状から道悪は問題はなさそうですが、飛節にブレがあるとなると、その判定は早計かもしれません。さらには、疲れが抜けきっていないという点。前走は思った以上に速い時計で走破したため、疲れが残っている可能性があるということですね。
 明日はどういった状態で出てくるか、特に見ものです。当然返し馬も必見です。

 どちらにしても、現状、ヴィクトワールが上、ペルーサが下という評価で良いというのは確かでしょう。
 問題はペルーサをどこまで下げるか。2番手で良いのか、それとも3番手以降に下げるか…。
 赤木先生はペルーサを3番手としています。
 2番手には皐月賞2着だったヒルノダムールを指名されていますが、前走時の状態やレース内容からすると、皐月賞以上の走りが期待できるからでしょうか。
赤木:
○ヒルノダムール
 中間の馬体重が484k(前走時456k)と大幅に増えているが、前走の馬体重が、初の長距離輸送のため-10k と大幅に減っていただけに、この増えた分は回復&成長分と解釈。また、近2走ともレースで不利を被っており、スンナリなら単まで見込める。
 単まで!?そこまで高く評価されると、私もそうしようかなぁ。
京介:
△ヒルノダムール
 いろいろと難の多い体型を、筋肉のセンスの高さで支えていると言うタイプで、毎回道中に一癖二癖見せる不器用さがある。皐月賞は3角過ぎ~4角半ばで不利。東京コースに替わるのはプラスだと言えるが、それよりもむしろ成長力勝負になりそうな印象。皐月賞よりも大幅な上昇を見せてこれる器があるなら。
 馬体回復が条件という点においては二人とも同じ意見です。赤木先生がおっしゃるように、中間の馬体重を見る限りは、輸送を踏まえても、おそらく馬体回復が見込めるでしょう。成長しているかどうかは当日に確認してからになりますね。パドックは要注目です!

 あと、京介先生が、不器用なところがある、と書かれています。たしかにそんなところは有るのかもしれません。脚が長くて、瞬発的な動作ができる使える馬ではないので、勝負所で不器用さを露呈してしまったのでしょう。
 ただし、ヒルノダムールがこれまで走ってきた主要レースは、すべて小回りコース。同馬のように、後方から競馬をするタイプで、かつ、体型的に小回りが不向きな馬は、勝負所での立ち回りにおいて、少なからず分が悪くなるわけです。
 そんなわけで、ヒルノダムールは、広く長い東京コースに変わることは大きな加点材料となります。
 レースの流れや勝負所でのライバルの位置関係によっては、赤木先生が言っていたように、単まであってもおかしくないでしょう。

 というわけで、まずはこの3頭が馬券の中心。

 あとは、3着候補。競馬は何があるかわかりませんから、状況次第では3着もあり得るような馬もきっちりと探しておきましょう。

↓ワンクリックにして1票投じていただければ幸いです。↓
競馬ブログランキング

 まずは、皐月賞5着だったアリゼオ。
 アリゼオは、前走(皐月賞)、大外枠に入ってしまったことが敗因の1つ。道中も終始外目を追走せざるを得ず、距離ロスが非常に大きかったといえます。
 現状、上位3頭とは力差はあります。ただ、スタミナ勝負となれば、台頭の余地も十分に見込めるため、無下にはできません。
 また、アリゼオは堀厩舎。そして今回手綱を取るのはC.ウィリアムズ騎手。天皇賞(春)をジャガーメイルで制した勢いで、ここでも奮闘してもらいましょう!

 つぎは、エイシンフラッシュです。
久々でありながら皐月賞を3着と好走。これには頭が下がりました。さすが藤原英厩舎というべきでしょう。
京介:
▲1.エイシンフラッシュ
 皐月賞は休み明けぶっつけのチャレンジ。しかし甘さがありながらも、大幅な成長を窺わせる馬体だった。中山の方が得意であるのは確かだが、いきなり追い込みに回ってすぐ結果を残せたのは、この馬のセンスの高さの証明でもある。ローテ面での余力がタップリあるアドバンテージが大きく、他馬との成長力勝負で上だと判断できれば強調できる。
 ゆったりとしたローテで挑めるというのはかなり大きいでしょう。お釣りがある状態でじっくりと作り込めるのと、ギリギリの状態で間に合わせるのとでは、雲泥の差があります。
 オークスでは桜花賞組にギリギリの馬が多く、結局はそういった馬は凡走しました。やはり余裕をもてているかどうかというのはG1に於いては特に重要です。

 ルーラーシップはどうでしょうか?
赤木:
△ルーラーシップ
 中間の馬体重496k(前走時486k)はメイチの仕上げ。レースを使われる毎に、馬体に身が入り、トモ(後肢)もシッカリし、レース内容も良化一途。
 過去5戦すべてにおいて1番人気に支持されてきた馬。道悪がどうかという不安点はありますが、こちらもやはりセンスは高いです。全く無駄がなくて、窮屈な面がないですよね。橋浜先生も高く評価しています(トレセン情報)。
 こちらも3着なら十分可能な域にあるのではないでしょうか。

 今回はさすがに人気を落としてるローズキングダムも、決して侮ってはならない1頭。前走は馬体細化が少なからず影響したと言えるでしょう。
赤木:
△ローズキングダム
 中間の馬体重 448k(前走時438k)なら、中間のアクシデント(フレグモーネ)も、馬体重の推移だけなら、キッチリ仕上がり問題はなかったよう。ただ、使われる毎に馬体重が減っている点は、少し気になる。

京介:
▲8.ローズキングダム
 四肢の繋の柔軟性がズバ抜けていて、瞬発力勝負ならいつでも巻き返せる。しかし、ここ2走はそういう馬場状態ではなかった。前走の皐月賞で生涯最低馬体重を記録したことも不安要素。雨予報が本当なら割引対象。
 やはり体が増えてきているかどうかがカギ。せめてプラス体重で出てきてくれないことには話にはなりません。
 能力のある馬だけに、期待はしているのですが、頂点を目指そうとおもえば、やはり心身ともに余裕がないと…。
 明日の状態次第というところで、現状押さえまで。

 というわけで、前日段階での印はこのようになります。

<奥野の前日段階での印>
◎ヴィクトワールピサ
○ヒルノダムール
▲ペルーサ
注アリゼオ
△エイシンフラッシュ
△ルーラーシップ
☆ローズキングダム

 最終決断は当ブログおよびツイッター(http://twitter.com/kenichi_okuno)のほうで。是非チェックしてください!
 それではまた明日。。。

【パドック直前情報】東京10R 1番人気診断

kyo_pic東京競馬10R 東京優駿 単勝1番人気の7番ヴィクトワールピサ(2.3倍)は右後ろ脚の蹄の外側に皐月賞の時にはなかった補正がある。体はいっけん問題ないが何かあったはず。。見送り。

【パドック直前情報】京都10R 1番人気診断

akagi_pic京都競馬10R 鞍馬ステークス 単勝1番人気の10番スカイノダン(2.5倍)はすっきり仕上がり、距離、コースとも向き、勝ち負けも、昇級緒戦だけに、連軸が正解。

【パドック直前情報】東京9R 1番人気診断

kyo_pic東京競馬9R むらさき賞 単勝1番人気の13番エオリアンハープ(2.9倍)はいまだゲート難ある馬。手先シャープで瞬発力抜群だが、今日の荒れ気味の馬場では多少非力。。見送り。

【パドック直前情報】京都9R 1番人気診断

akagi_pic京都競馬9R 東大路ステークス 単勝1番人気の11番シャア(4.5倍)は仕上がるもこのクラスでは慣れ必要。伏兵注意。

【パドック直前情報】東京8R 1番人気診断

kyo_pic東京競馬8R 青嵐賞 単勝1番人気の5番ネオスピリッツ(2.7倍)はこのメンバーで比較すると馬体の水準上の方だが、芯が決まらず背中も弱い。牝馬のように華奢。2400mで1番人気とは…。見送り。

【パドック直前情報】京都8R 1番人気診断

akagi_pic京都競馬8R 単勝1番人気の4番ミヤコトップガン(2.3倍)は仕上がり、距離短縮好材料。も2度汗気になる。連軸が正解。

【パドック直前情報】東京7R 1番人気診断

kyo_pic東京競馬7R 単勝1番人気の5番シルクドミニオン(4.7倍)は転厩2戦目で良化の方が大きい。発汗も前走よりマシ。手先シャープで瞬発力あるタイプ。信用していい。。勝ち負け。

【パドック直前情報】京都7R 1番人気診断

akagi_pic京都競馬7R 単勝1番人気の11番ランリョウオー(3.0倍)は仕上がるも距離微妙。上位馬能力拮抗。連なら。

【パドック直前情報】東京6R 1番人気診断

kyo_pic東京競馬6R 単勝1番人気の3番アヴェカムール(3.9倍)は馬体センス、動きのしなりの良さなどはあって実力は認めていい。内枠からゲート切れたことがないようなので、その不安がある。騎手人気しすぎで期待値がどうか。。連なら。

【パドック直前情報】京都6R 1番人気診断

akagi_pic京都競馬6R 単勝1番人気の3番タガノジンガロ(3.5倍)はこの馬なりに順調も飛節ブレが少し気になる。スンナリなら勝ち負けも、揉まれるととりこぼしも。連軸なら。伏兵注意。

【パドック直前情報】東京5R 1番人気診断

kyo_pic東京競馬5R 単勝1番人気の1番ベビーネイル(1.6倍)はひとまず体つきは問題ない。蹄が少し高いが良馬場なら。周りに華奢な馬多く、まっとうなダート馬としてのアドバンテージはある。。堅軸。

【パドック直前情報】京都5R 1番人気診断

akagi_pic京都競馬5R 単勝1番人気の13番アカシックレコード(2.1倍)は馬体絞まりデキ上向く。距離、コースとも向き、相手恵まれ、展開も楽。勝ち負け。

【パドック直前情報】東京4R 1番人気診断

kyo_pic東京競馬4R 単勝1番人気の6番ランペルール(1.5倍)は血統的なものなのかやけに腹袋目立つが、四肢も立ってて背中も良いのでこれはこれでいい。東京の切れ味勝負がベストだと思えないあたりどうか。体力は上位。。連なら。

【パドック直前情報】東京3R 1番人気診断

kyo_pic東京競馬3R 単勝1番人気の16番エドヒガン(3.0倍)は体型的に距離は我慢効くが、トモの弱みがいまいち改善されない。その状態でこの大外枠はいかにも不利。。見送り。
競馬ビッグデータ(BIG DATA)がオープンしました!
競馬ビッグデータ
競馬で勝つためにシステムがここに築かれる!


競馬チェック!のツイートもチェック!
新聞会員ご入会受付中!!

会員入口
入会お申込み
赤木&京介のガチンコ予想

会員入口
入会お申込み

▼「馬見こそ競馬予想の原点!」

関西のカリスマ赤木一騎と関東馬見の才人金子京介の一味違った競馬予想
→ご入会はコチラ
→更新手続き・有効期限の確認はコチラ


競馬「ここ」に騙されるな 厩舎ver


競馬ここに騙されるな 厩舎ver

著者 橋浜 保子(JRDB)
価格 ¥2,000
東邦出版発刊、カラー256P
絶賛発売中!
ネットで動画も見れる付録つき
最新記事
「馬券の勝ち組」になるには…~赤木流馬券術~
最新コメント
おすすめの競馬本






【送料無料】競馬大予言(13年春G1佳境号)

【送料無料】競馬大予言(13年春G1佳境号)
価格:840円(税込、送料込)


【送料無料】京介式馬券厩舎ランク

【送料無料】京介式馬券厩舎ランク
価格:2,100円(税込、送料別)


【送料無料】調教指数で獲る!高中の方程式

【送料無料】調教指数で獲る!高中の方程式
価格:2,000円(税込、送料別)


【送料無料】京大式推定3ハロン

【送料無料】京大式推定3ハロン
価格:945円(税込、送料別)


ご意見・ご要望は

ご意見・ご要望をお聞かせください

送信フォームはこちらをから
記事検索
QRコード
QRコード
リンクフリー
【新感覚の競馬新聞 競馬チェック!】のサイトはリンクフリーです。
リンクしていただける場合は、以下のバナーをご利用ください。
keibacheck_link
keibacheck_link2
http://blog.keiba-check.com/
  • ライブドアブログ