菊池 土曜日の福島では、福島牝馬Sが行われました。こちらも回顧していきましょう。





福島牝馬ステークス回顧


<天候・馬場について>

菊池 福島は土日ともに好天に恵まれましたね。

京介 京都、東京ともに雨が不安な予報だったのと対照的に、福島は雨雲が全然引っかからない流れだったようで。それに、日曜日も朝から好天。時計のレベルが最後まで全然落ちない開催だった。

菊池 最終週まで雨の影響を受けませんでした。

京介 1回福島はそれまでの気温が低いから、芝の根付きが悪い開催なんだけども、天候不順に見舞われなかったのは幸いだったね。

菊池 ただし最終週とあって内は見た目に荒れていましたね。それでも、全く伸びないということはなくて、展開次第では内を通った馬の好走もありましたか。

京介 これは2週目から内ラチ沿いを砂で補正していたように、すぐ剥げてしまう馬場への対処がすごく迅速・的確だったのもあるね。茶色の部分がだいぶ見えて、明らかに荒れている様子だけども、騎手は最終日まで3~4コーナーで内を避けて回る様子がなかった。まともにグリップも効くし、ちゃんと走れる馬場だったんでしょう。


<レース展開について>

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑








<レース展開について>

京介 まずは事前に、愛知杯や中山牝馬Sで先行していたフレイムコード、アルマディヴァン、オツウ、マコトブリジャールがまた集合。おまけにミナレットとノットフォーマルの参戦もあったし、力が足りないと思われる馬が展開を速めるだろう予測があった。その上で、中山牝馬Sで好走した差し馬に人気が集まっていたという背景だね。

菊池 割とバラついたスタート。その中でもミナレットが出遅れて後方からになったのはレース展開に大きな影響を与えたのではないでしょうか。

京介 ゲート開いて煽った上に躓いてグダグダ。これはレース前から気性面で危ない所が何かあったんじゃないかと思わせるぐらいだね。

菊池 その他では、リーサルウェポンが前走に続いて出遅れ。クインズミラーグロあたりもあまり良いスタートではありませんでしたね。

京介 中山牝馬Sと福島牝馬Sは、レース結果が直結しやすい傾向にあったけど、実はゲート・出遅れ傾向も直結しやすいんだよね。出来が上向かないから悪い癖がそのまま出がち。

菊池 まず、手綱を動かして先手を主張したのがオツウ。マコトブリジャールやハピネスダンサー、外から追走のウインリバティもこれを見て、番手に控えました。

京介 フレイムコードは馬なりで、結局突っ張っていく気配を全く見せず。これでオツウが枠有利を活かせた形だね。マコトブリジャールは持ったまま行けてるから、体調も良かったのかなと。ウインリバティは押してるけど、ハナを争うほどの出脚じゃなかった。

菊池 1番人気のシャルールも序盤からポジションを取りに行って外から6番手。

京介 横山典弘騎手は、大外枠の懸念もあったんだろうね。1コーナーでは2列目で追走できそうな位置だったけど、2コーナーで外に絶対膨れないよう、内に潜って若干位置取りを下げた。

菊池 先行争いにあっさりと決着がついたこともあって前半1000m通過は60.7秒。4F目、5F目と続けて12.6秒-12.5秒ですから、ここでしっかりと息が入りましたね。

京介 これは歴代の良馬場福島牝馬Sと比べても遅いペースだね。この開催は風の音がマイクに拾われるほど風の強い開催だったけど、その影響もあったのかな?

菊池 小回り福島ですが、その後はマクリも入らず…というか、クインズミラーグロやノットフォーマルあたりはマクろうという動きは見せたものの、マクリきれず。結果的にほぼ道中の馬群のまま直線へ。

京介 クインズミラーグロのような近走不振な馬しか、こうした無茶な動きをしに行けなかったのかな?というムード。ずっと隊列1頭だけでは隊列も動かないし、もう残り3F少々だから前の組も対応して動いている。このペースだったら有力差し馬が3コーナーで4頭ぐらい外を捲ってないとね。

菊池 こうなると上がり勝負ですから、内・前の馬が有利ですね。逃げ粘るオツウを目標に追い出したマコトブリジャールが先頭に。これに唯一迫ったのが、外から差し脚を伸ばしたシャルールのみ。

京介 3番手のウインリバティが早々に手応えをなくしていて、マコトブリジャールは途中で絡まれてペースを乱される場面が全くなかったね。十分に脚を溜めて競馬できていた。

菊池 人気がなくてマークも薄かった前の2頭に絶好の展開でしたよね。

京介 シャルールはクインズミラーグロが捲った時と同時に動くか、この流れなら最初に捲って動かないといけなかったけど、向正面も馬群の中にいて3コーナー前後でクインズミラーグロに左斜め前の進路を制されていた。直線入口までやり過ごして、ロスなく運べたけど…。前が楽していたため、オツウを交わすのが精いっぱいの伸びだったね。

菊池 3着に逃げたオツウが粘り込みました。

京介 オツウの加藤騎手は、お見事だったのは1コーナーの入り。その後は捲られなかった運も大きかった。左鞭を入れてるのに直線でやや外に出ていく様子があったように、この馬自身妙な癖もあるんだけど、それでも残るのは脚があったからだね。


<結果を受けて…>

菊池 勝ち時計、1分47秒5は過去10年のうち良馬場で行われた8回で最も遅い勝ち時計でした。

京介 前半の流れに尽きるよね。1000m通過が未勝利よりも遅いぐらいだったんだから。

菊池 今年は全馬54キロで1600万下勝ちの馬が1番人気という低調なメンバーでしたが、レース内容、レベルとしても平凡だったと見て良いでしょうか。

京介 中山牝馬S組の上位馬が、準オープン1着馬よりも下に見られていたし、その上でこの決着だからね。「小回りらしさ」は感じるけれども、そういう評価が妥当でしょう。

菊池 馬券的には、これを事前に察知して、先行馬に着目すべきだったと。それにしても、京介さんのコラム、お見事でしたね。

0423福島牝馬S京介コラム

京介 いつもこのレースで重視すべき中山牝馬S組が、今年は疲れ切ってて怪しいぞという考えが主だった。その別路線だった馬、牝馬限定重賞の連戦を避けてきた馬がたまたま先行馬で、見事に展開を先導して残ったという結果だった。

0423福島牝馬S京介コラム本文

京介 実際、レース前にざっと展開を予想するなら、「先行馬不利のメンバー」だったと思うよ。それらがみな怪しい実力だったり、ゲート難もあって、仕事すべき馬が仕事しなかったから、「思わぬ先行有利」が生まれたんだと思う。他の陣営も、レース前には先行馬総崩れの展開を予想して作戦を授けてたんじゃないかな。

菊池 3連複でも84,650円。印4頭でこの配当は凄いですよ!

0423福島牝馬S払い戻し

菊池 では、上位馬を中心に1頭ずつ振り返りましょう。


競馬大予言 16年春G1佳境号 4月14日発売!

16年春G1

☆アマゾンでのご購入はコチラ↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4773057262/

春競馬のお供に是非!840円+税


マコトブリジャール

菊池 さすがにこの馬には追いつけませんでした。

京介 この馬は5走前の福島テレビオープンで3着に好走した走りが見事で、「この馬は案外小回りの立ち回りがうまいな」と思ったのが最初。準オープンを勝ったのは阪神の外回り1800mだけども、400kg台で脚がかなり短い馬だから、本来の適性は一瞬の脚を活かす場面だろうと覚えてはいたんだよ。

菊池 なるほど。そう考えるとここでも。

京介 その上で、愛知杯でオツウと序盤からずっと競り合っていて、潰れて当然の競馬。その後牝馬限定重賞に参加させず、一旦リセットして立て直したのが大きかったね。休んでる間に、愛知杯に出ていた有力先行馬がいなくなり、距離もベストの1800mで相手も疲弊してるのなら…という考えだね。

菊池 隙を突く準備(といえるデキ)さえあれば一発もあり得ると予想できたわけですね。

京介 鮫島一歩厩舎はローカル重賞大得意というイメージが個人的にあるんだけど、休み明けで狙うレースがここ、というのは本当に見事だったと感じたわ。

菊池 今回は、この馬が展開に恵まれると読めた人の勝ちでしたね。

京介 でも重賞で2度バテて大敗した馬だから、なかなか手を出しにくいのも事実だし、馬の能力単体で評価できるわけないから単勝もブービー人気。何か別の力が働かないと…とは思うんだけどね。

菊池 今後はどういったシーンで狙えばイイでしょうか。

京介 今年の福島牝馬Sのように、過去○年と比べてもペースが遅くて、アッサリしたレース展開じゃないと厳しいんじゃないか、とは正直思ってるよ。まずはメンバーレベルが大幅に落ちるレースに出た時だね。でも重賞を勝ったことでハンデ戦だと斤量も背負うし…。そろそろ高齢で能力も落ちてくるしなあ。

菊池 今回はチャンスだったけれども先々を考えると難しいですね。


シャルール

菊池 初重賞挑戦で2着。上がり最速タイで、上位に食い込んで来たことは評価できますね。

京介 福島牝馬Sは、もともと昇級初戦の馬にとって難しい条件だし。大外枠を引かされたのは、上位入着のためには有利でも勝つためには難しかったよね。

菊池 そうなんですよね。今年はメンバーレベルが低かったことと、この馬自身が3連勝で勢いがあったことから上位評価はしたのですが。

京介 けど最後の直線のフットワークは十分見所があった。アースライズよりちゃんと強いのは間違いないし、ホント展開さえ違えば…だったと思うよ。

菊池 まだ伸びしろはあると見ていいのではないでしょうか。ただ、マイルだと忙しいですよね。

京介 飛節が硬い馬だから、マイルは難しいかなあ。ただ、連勝しながら体が増えている充実ぶりで何とか、という所だね。だけどヴィクトリアマイルに向かうなら、初重賞挑戦でもアッサリクリアできる器であって欲しかったよ。


オツウ

菊池 ハナを切って思い描いた展開を作れたというのが大きいですよね。

京介 ハナを切るだろうことは、陣営も当然期待してるけど、世間も普通に予測が立つと思う。だけど1コーナーを減速しつつ進入できたというのは大きかったね。ミナレットが絡んで行けば、この展開はおそらく変わっていただろうし。

菊池 大和屋オーナーがパドックにいました。加藤騎手も気合が入っていたと思います。

京介 え、そうなんだ?今回そんなにやれるぞって気配あったのかな。確かにこの馬は最近、半端に控えてダメ、行ききって良しというタイプになってるけど。気にしておきたい情報の一つだったりして?

菊池 そうですね。今後も一つの目安に(笑)。

京介 けどオツウは荒れ馬場大丈夫、スロー歓迎という馬だから、大敗からアッサリ巻き返しやすいタイプというのはあるんだよね。馬体の良さからは、もう少し安定感が欲しいんだけども…。まあ、負け方がいつも悪いために、人気がすぐ落ちやすい馬だから、ずっと追いかけてみるというのはアリかもね。

菊池 そうそう。この馬には注目できたんですけどね。僕はマコトブリジャールが無理でした。


その他

菊池 アースライズはマイナス14キロと大きく体を減らしていました。それでも4着に来るんだから偉い馬ですね。前走が少し太かったんだとしても、次は馬体の回復がカギになるのではないでしょうか。

京介 この馬は蹄不安で悩まされてる時期も長かったし、まだ体質が弱くて本物じゃないんじゃないか、と思ってるんだよね。2走するとすぐ痩せてしまうし。「こうなれば次は良い」とは言えないと思うし、シーズンオフの後どう立ち直るのか、と見ているよ。

菊池 ハピネスダンサーはいつも過剰人気気味に売れる割に、どこでも足りないですね。

京介 そうなんだよ。コーナーではグッと来るし、立ち回り良く見せ場は作るんだけど…。加速力不足どうのこうのではないと思うね。まあ飛節にミスがある馬だから、本当はオープンクラスの決め手勝負で劣ってしまうんだろうと考えてるよ。


<教訓まとめ>


・今回は大半の出走馬が、愛知杯と中山牝馬Sに出走していた。中山牝馬Sでの最先着は7歳の高齢馬。愛知杯が1月に移動したことでローテーションに余裕がなくなり、牝馬限定重賞を歩んできた馬は疲労がたたって上がり目がない。すなわち、以前は通用した「中山牝馬S組有利」が消えているかもしれない。

・冬場の厳しいレースをパスして出てきた馬の方が、このレースではよい仕上がりで臨める可能性大。

・中山牝馬Sで大敗した馬は、以前からこのレースで巻き返すことはない。愛知杯で大敗していたり、人気を裏切っていた方が、この時期に調子が上向いて巻き返す性質はある。



<次走巻き返し警戒馬>

<京介>

なし

<菊池>

ディープジュエリー

…アクセル踏み遅れ感が強く脚を余した印象。起用さを問われるコースは良くないか。


~~~~

菊池 では、今回の回顧はここまでです。続いてフローラSを回顧していきましょう。