菊池 個人的な理由で急なお休みを頂いておりました。ご迷惑、ご心配をお掛けし申し訳ございませんでした。ただいま。では、京介さん。今回はフローラSを回顧していきましょう。





競馬大予言 16年春G1佳境号 4月14日発売!

16年春G1

☆アマゾンでのご購入はコチラ↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4773057262/

春競馬のお供に是非!840円+税


フローラステークス回顧


<天候・馬場について>

菊池 まずは、開幕週の馬場としての振り返りですが、エアレーションが入って、ここ最近の開幕週らしくフラットよりはやや差し寄りの状態だったと見ていいでしょうか。

京介 自分の実感だと、逃げ差しイーブンという感じじゃあなかったね。逃げ馬が残しにくく、追い込み馬が遅れても届くという感じ。3コーナー下りから馬群が動き始めると、最後尾にいて坂下でモタつくような馬でも、最後2・3着に間に合ったりしていた。

菊池 土日を通して逃げの連対が1頭だけでした。

京介 だから、上がりをまとめられるタイプじゃないと、逃げや2番手でも全く残せないという芝だったと思うよ。結果的に速い時計で決着してるけれども、総合的な体力やスタミナが必要だったように感じたね。

菊池 東京は土曜日の深夜から明け方にかけて弱い雨がジワジワと降っていました。午前中はいくらか影響もあったような感じですかね。

京介 でも関東地方だと結構ちゃんとした雨が降ったように思うんだけど、東京競馬場近郊では地面がちょっと濡れるぐらいの、ごく弱い雨だったようなのよ。

菊池 そうですね。長時間降っていたのですが、強く降った時間はほぼなかったような感じで。

京介 競馬場に来てみると、ダートの表面が湿ってるように見えて良馬場発表だったし、午前中も傘なしでパドックで仕事できるぐらいだったから。芝はほとんど影響なしと捉えていいんじゃないかな?脚に絡みつく丈の長い芝なのは、元からだから。


<レース展開について>


ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑







<レース展開について>

菊池 バラついたスタート。内ではビッシュ、さらにゲッカコウまで後方。

京介 ゲッカコウはここで出遅れとは…。キツイ仕上げが続いてカリカリしてたのかな?ビッシュはゲートは出たんだけど、2コーナーでグッと入れる進路がなかったから抑えて下げたという感じだったね。とは言え、道中ずっと最後尾って…。

菊池 スタートを決めたクィーンズベストが外から果敢にハナを切っていきました。

京介 やはり前走テン3Fを34秒台で行ってるスピード馬だからね。ここでは最初の出脚が違う。だけど前回の流れを引きずったか、序盤急がすとなかなか途中で緩められなかった感じだね。

菊池 フロンテアクイーンが5番手、その直後にパールコードがいて、その後ろのラチ沿いにアウェイク。そして、その外にチェッキーノ。掲示板上位馬は5~8番手あたりを形成していました。

京介 比較的縦に長い隊列で、逃げるクィーンズベストを好位がどんどん攻めたてる流れにはならなかった。このポジションぐらいがちょうどよいラップで進んでいたと思う。

菊池 クィーンズベストは淡々と逃げて、2F目以降は12.0秒以下のラップを刻み続けるペース。1000m通過59.7秒は馬場やメンバーレベルを考慮すれば速い流れでしたね。

京介 馬場がやや速いかもしれないとは言え、これは古馬準オープン以上のレースで刻むラップだものね。

菊池 このコース自体があまり速いラップを刻むことがありませんからね。

京介 この時期の3歳牝馬は、2000mで2分切ることが驚異的だし、500万をなかなか勝てない馬なら2分1秒でもう一杯一杯。だからこのフローラSを展開有利で残すのなら、1000mの折り返しは昨年のように62秒は超えたいし、60秒半ばから61秒台の通過でちょっと速いぐらいだね。

菊池 その流れで馬群はこのレースとしてはタテ長になりました。

京介 3コーナーを過ぎても後方の馬が動かず、横2頭ずつの縦列で進んでいる。外を回す不利というのは事実上ない隊列だね。

菊池 1番人気のビッシュは後方2番手。流れが速いと踏んだこともあってか、大外を追い込みました。

京介 そうなんだよね~。全体のペースを考えると、そして例年良馬場での決着時計が2分00秒半ばと考えれば、この位置取りはそんなに大きく間違ってない。ただ、上がり3Fの末脚が33秒台でないのなら、もっと3コーナー過ぎから中団後ろぐらいまでは確保しておきたかったね。

菊池 直線では2番手を追走したシャララとブルーオリエントを振り切ってクィーンズベストがリードを取ったものの、坂上で一杯に。代わって先頭に立とうという勢いを見せたのがフロンテアクイーンでしたが、その外から1頭違う脚色で迫ったのがチェッキーノでした。

京介 おそらくフロンテアクイーンの仕掛けは、あの位置でも若干速かったかな。チェッキーノはパールコードと同じタイミングで仕掛けて併せ馬になっていたけど、ラスト1Fはパールコードを置き去りにする脚だったね。

菊池 まとめて交わして最後は2着に3馬身差を付ける圧勝。2着争いを制したのがパールコードで、最後一杯になったフロンテアクイーンを交わして3着に浮上したのがアウェイクでした。

京介 パールコードはバテない強みが活きたという形での2着優勢。アウェイクは完全にオークス優先権の3着狙いの立ち回り。他が坂下で動き出した場面で待って、チェッキーノとパールコードが出た後からジリジリ伸びた感じだね。


<結果を受けて…>

菊池 1分59秒7は過去10年で最速のタイム。記録のある限り遡っても、フローラSで2分を切る勝ちタイムはありません。

京介 いやいやこれは速いわ。もちろんこれだけ速いラップを途中で刻んだことが大きいわけだけど、それでもこの記録は単純に走破力の高さを認めるべきだね。今年の3歳は牡馬が高レベルと言われてるけど、牝馬戦線も前哨戦から好タイムが連発していて、このレースでもそうなったわけだ。

菊池 クィーンズベスト騎乗の三浦皇成騎手がハイペースで逃げたことで締まったレースになりましたね。

京介 クィーンズベストはペースを落とさないよう指示があったみたいだね。この馬を追いかけなきゃ、の意識が先行勢にあって大逃げにさせなかったことで、速い流れを次々追いかける展開になった。

菊池 そうだったんですか。その戦略は想定外だった。

京介 でもこの馬の視点からは、見せ場たっぷり作れたけれど根負けはしちゃうよね。元々条件も合っていなかったわけだし、仕方ない。

菊池 消耗戦になった結果、好位の内で立ち回った馬が上位を独占しました。

京介 位置取りとしてはそうなんだけど、この縦長隊列になったことで、大外枠が不利にならなかったことも付け加えておこう。

菊池 では、上位馬を振り返りましょう。


競馬大予言 16年春G1佳境号 好評発売中!

16年春G1

☆アマゾンでのご購入はコチラ↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4773057262/

この回顧もショートバージョンで掲載中!840円+税


チェッキーノ

菊池 アネモネSを勝ったものの体調が整わないということで桜花賞には向かわず。今回の状態はいかほどだったのでしょうか?

京介 今回も数字は微増だったけれど、それ以上に肉付きに安定感が増した印象はあったよ。だけど水平尻で飛節がクネクネするし、あんまりリズムの良い歩き方をしてくれないのが困るんだよね。手先の抜群の強さで、微妙な難点をカバーできている、と考えるべきなんだろうね。

菊池 このレースの狙いは、賞金があっても桜花賞を回避して5200万円を本気で獲りに来る馬。今年で言えば、この馬とフロンテアクイーン・ゲッカコウを対象と見ていたのですが、この馬は状態が整っているか疑問だったことと、何といっても不利の大きな大外枠を引いたことで評価を大きく下げてしまいました。

京介 全く同じ考え。桜花賞のトライアルに間に合わせておいて、「桜花賞に良い状態で出られません」なんて、フローラSで理想の形に仕上がっているわけがない、と考えてしまうよね。

菊池 そうなんですよね。情報指数・厩舎指数もソコソコ程度でしたし追切指数・仕上指数もハンパだったので。

京介 自分はさらに、クィーンズベストが速い流れでいくわけがない、とも考えていたし…。団子の隊列だったら内枠の馬有利でしょうと考えていたわ。

菊池 展開が流れたことで大外枠がそこまで不利に働きませんでしたね。同時に、今思えば、桜花賞回避はここに全力投球するための建前だったのでしょうか。

京介 そこが難しい所。桜花賞に出る前から、「桜花賞は万全じゃ出られないかもしれません、時間をください」という情報があって、「フローラSならばデムーロかルメールが空いてますよ」とささやかれたらどう判断する?

菊池 予想文にも書いたのですが、フローラSの1着賞金は桜花賞の2着以上の5200万円。そして、2着賞金も桜花賞3着に匹敵するもの。単純にお金を稼ぐことだけを考えるなら、圧倒的にこちらを選ぶべきなんですよね。関東馬はなおさら。相手だって弱いんだし。本当に設定の甘いレースなんですよ。

京介 むしろ柴山騎手のまんまだったら、一頓挫が影響していたと判断すべきだったかも。

菊池 オークスに向けてはどう評価するべきでしょうか?

京介 この馬は後肢の形が結構特殊で、抜群にメリハリが効く瞬発力タイプではないと思うんだよ。アネモネSもこのフローラSも、持久力勝負になった面があるよね。

菊池 オークスではその流れになりにくいですよね。

京介 ましてやメジャーエンブレムが出ない、スロー必至のオークスだと、ディープインパクト産駒のA級馬が出てくるだけに、その切れ味勝負でどうかなと思うんだ。ただ、見せ場は十分作れると思うよ。

菊池 フローラSでビッシリやった馬は、オークスに繋がりにくいと考えているので、個人的には慎重に評価したいと考えるところです。

京介 確かにこれまでの傾向から、フローラS好タイムってなかなかオークスと直結してくれない。この馬も世代のなかで体格上位、というわけでもないからな…。連勝している強みで、短い期間で驚くほどの成長力を見せてくれたなら、という感じだね。


パールコード

菊池 割れたオッズの中で2番人気でした。横の比較で、この馬はどう映りましたか?

京介 さすがに今回は枯れて見えたなあ。輸送2回目がかなり影響したと思って、自分は大幅に評価を下げてしまったよ。この馬体重大幅減どおりの馬体だったと思っていい。歩いている間に、姿勢を長い間ビシッと保持できてない感じだったし、返し馬もぎこちなかった。

菊池 マイナス14キロでの出走だったことは次走に向けて気になるところです。新馬戦当時が太かったものだと考えても、3戦で22キロも減っているというのはどうなのでしょう。

京介 フローラSで減って権利を得た関西馬は、やっぱり本番オークスだとなかなか結果が出ないよね。これは一番大きな不安材料だと思っているよ。輸送込みでフローラS当日に増えた馬だと、オークスでも期待できるんだけど。


アウェイク

菊池 特注馬の1頭目推奨はお見事でした!

0424フローラS特注馬

京介 当日はかなり良い仕上がりに見えたし、前走は非力な牝馬では負けて仕方ない馬場状態でもあった。開幕週のキレイな馬場なら、持ち味の瞬発力が活きるんじゃないかとは思っていたんだよ。

菊池 道中は好位の内でジッと構えていましたね。

京介 未勝利を勝つまではトモの甘さが顕著で行き脚が悪かったけど、前回は体が増えてしかも先行。今回も、他の先行馬相手に出脚で負けてなかった。2コーナーの処理が良かったから、その後動く必要のない絶好のポジションだったね。

菊池 昨年に比べて勢いに陰りのある斎藤誠厩舎。2頭出しでしたが、個人的にはともに評価を下げていました。

京介 それでも現場の目線では、非常に良い仕上がりだと感じたよ。馬に総合的な能力が足りなかっただけでしょう。

菊池 さすがに本番で期待するというのは酷ですかね。

京介 決して悪い履歴ではないんだけどね。もうちょっと体に幅が出てくれるといいなあ。上がり目はあっていい。ただ今年の上位は、チェッキーノより強い馬が片手で数える以上にいそうだから…。


その他

菊池 フロンテアクイーンは早めに動いた分、最後は脚が上がってしまいましたか。

京介 あそこはほんの僅かな後先だったと思う。ただ本当は、ベスト条件ではないレースでの立ち回りが難しかったことに尽きるね。今日の感じだと馬力不足だし、2000mは長かった。2000mが得意な強い馬なら、あの立ち回りでグッともう一つ伸びたよ。

菊池 ビッシュの横山典騎手はスタートが良くなかったこともあって無理せず最後方。さらにまるで押し上げようとしなかったところを見るに、ペースを判断して届くシーンも考えましたかね。

京介 これは連続騎乗だったためのミスというか…。前走の最後直線の良いイメージが騎手に残っていたからこそ、「溜めれば弾ける」と思っていたんでしょう。でも後ろ過ぎたかなあ。

菊池 土日の馬場傾向から直線だけ大外に出して一気に追い込むのが良いとの考えだったんでしょうね。

京介 このメンバーでまさか2分を切る決着になるとは思わず、まさかそのレベルの馬がいるとは思えなかった場面で、2分ちょいで走れば3着入線は出来ると計算していたのなら、「この時計で走り切れる馬が2頭も3頭もいるなんて聞いてないぞ」になるんだけど。少なくても、ダントツの上がり最速を出すつもりでの乗り方だったよね。


<教訓まとめ>

・賞金不足の馬がレース展開を作り、しかしレースを制するのは4番人気以内の実力上位馬、というレース。

・内枠が若干有利だとしても、2倍台にならない1番人気馬は決して強い馬ではない。フローラSを条件有利で選んではいけないという教訓。

・今年も厩舎ランクで上位の厩舎が他馬を圧倒。

・3歳クラシック戦線において、ノーザンファーム産の馬の「違和感あるローテーション」は、使い分けの結果であることが多い。前哨戦のG3、G2レースで外人騎手が騎乗するなら、無条件で信頼すべきか。


<次走巻き返し警戒馬>

<京介>

・エルビッシュ 

…トモの張りはかなり良く見せたが、胴も脚も短く、レースで走らせてみると思った以上に完歩が小さい。今回は外枠の不利も大きかったが、1400m以下で見直せるタイプかも。


<菊池>

・クィーンズベスト 

…逃げが苦手な三浦騎手とは言えさすがに飛ばしすぎ。自己条件はもちろん、1000万下でも通用する素材のはず。


~~~~

菊池 では、今回の回顧はここまでです。続いて、マイラーズCも回顧していきましょう。