菊池 変則開催お疲れ様でした!フェアリーSの回顧をしていきましょう。


競馬大予言17年新春号

■競馬大予言 17年新春号  
☆アマゾンでのお求めはコチラ↓
http://amzn.asia/dW7PegV

※1~2月の重賞&特別データ満載!


フェアリーステークス回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/87850

<天候・馬場について>

菊池 土曜日までは大丈夫でしたが、日曜日はお昼頃から雨の心配がありました。

京介 そうなんだよね。日曜の朝は日差しも薄く出ていたから、我慢してくれよ!と願ったんだけど、あいにく雲行きは昼頃から怪しくなり…。

菊池 実際に降り始めたのは何時頃でしたか?

京介 で、結局ポツポツと来だしたのは9Rパドック途中ぐらいかな。確実に傘が必要と感じるほど強くなったのが、10Rのパドックが始まる頃。だから、結構急激に悪くなった印象だね。とは言え、フェアリーSは良馬場発表のままだったんだけど。

菊池 風はどうでしたか?

京介 パドックでは風が巻いていたけれど、強烈な風が馬場でも吹いていたかというと、そうでもない。実際の所、雲が陰って冷たい雨も降り、おまけに風も出ていたら、場外に誰も人が出て行かなかっただろうね。

菊池 芝は、いくらか内を通る馬の方が有利だったかにも思いましたが、概ねフラットだったと見ていいでしょうか。

京介 午前中の様子を見ていると、十分差しが通用する様子はあったけどね。でも雨が降りだして、馬場が変わりかけていた時のレースだから、厳密にはいろいろ言いにくい。極端な内有利や外有利ではなかったし、一日通して上がりの掛かる馬場ではあったけど。

<パドックについて>


ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑








<パドックについて>

菊池 毎年、メンバーが揃わないのがこのレースですね。今年はいかがでしたか?

京介 1勝するのがやっとの馬が大半、というレース。おまけに大半が細身で、やっぱりこの時期では体もビシッと作れないし、腰が弱めで馬力も足りないという馬ばかりだね。その中で良いなと思う馬を推奨はしたけれど、弱点を抱えているのは知りつつ…という感じだった。

菊池 平均的な指数レベルとしては例年並か、悪くないくらいなんですが、それでもフェアリーSってこんなもの、ということですかね。

京介 正直今回のメンバーのレベルはどんなもんかなあ。アエロリットは今回タフな競馬をして良く粘ったけど、それ以外の馬はもう一度好走する機会が訪れるかどうか…。高レベルの3歳牝馬世代のトップクラスに、殴り込みできる能力の馬はいないと思うね。

<レース展開について>

京介 奇数番枠の馬が全く問題なく入ったことで、だいぶゲート入り時間が短縮された印象。ラスト1頭まで45秒程度、最後にキャスパリーグが入ってゲートが開くまで55秒という感じかな。

菊池 ゲートの出は半々くらいに善し悪しが別れたでしょうか。中でも2番ツヅクが絶好のスタート。3番アエロリットも出脚の良いタイプで、今回も良いスタートでした。

京介 1番コーラルプリンセスは出遅れたうちに入るかな?7番キュイキュイ、11番メローブリーズもスタート一息。全体に奇数枠が半歩遅れて偶数枠の馬が良い行き脚になるスタートだったよね。

菊池 前は前述2頭が先頭・2番手。そして、このコースのフルゲート戦らしく、早い段階で隊列は縦長になりましたね。

京介 近い枠の2頭がいいスタートを切り、ツヅクは絶対にハナを譲りたくないという強い主張を見せたから、2コーナーを過ぎてもペースが全然緩まなかった。

菊池 その縦長の隊列の中、人気サイドの16番キャスパリーグ、1番コーラルプリンセスは、スタートが良くなかったこともあって、後方からの競馬になりました。

京介 この2頭は展開を読むまでもなく、スタート一息だったから序盤この位置取りでも仕方ない。

菊池 前半600m通過が34.7秒、800mが46.1秒というペースでした。馬場を考えれば、速い流れでしたよね。

京介 ただでさえ速いのに、4F目5F目でペースが全然落ちてないんだよね。1000m通過でも58秒0。これはフェアリーSで久々に見た暴走ラップじゃないかと。

菊池 この流れでしたが、4コーナーを回る頃には徐々に後続も詰め寄ってきていました。3番アエロリットは2番手をキープのまま、直線へ。

京介 当然だね。さすがにあれだけ速いペースのまま維持はできない。隊列が縦長だったから外を回さずに済む後続も追い上げが比較的楽だし、先頭は段階的に手応えを失いつつあるのが見えていた。

菊池 直線入口で、2番ツヅクはいっぱいになって、2番手から3番アエロリット。その外に12番アルミューテン、6番ヒストリアが並びかけてきて、その外から15番ライジングリーズンも接近。

京介 ラップを考えれば、差し馬が4コーナー出口で先頭と横並びになるように仕掛けたのがピッタリとハマったね。内側はバテた馬が下がってくるわけだし。

菊池 坂に差し掛かるところで、3番アエロリットが振り切りに掛かりますが、脚色は外の15番ライジングリーズン。内外離れた態勢にもなり、勢いは外有利。

京介 アルミューテンも見せ場たっぷりだったよね。2列目より後ろから差し込む馬はいなさそうなムードだったけれど。

菊池 ゴール前、密集するところで3着争いに加わってきたのが、外から追い込んだ8番モリトシラユリ。5番ジャストザマリン、12番アルミューテンに伸び勝ってゴール前で3着に浮上。

京介 モリトシラユリは、馬群の後ろで脚を溜めていて、勝ったライジングリーズンの真後ろルートを選択できた運もあった。直線坂下で詰まらなかったのは大きかったね。もちろんスタミナ勝負の適性も高いけど。

<結果を受けて…>

170108フェアリーS結果

菊池 勝ち時計は1分34秒7。馬場状態を考慮すれば、過去10年でもトップクラスに優秀な時計でしょう。

京介 ちゃんとした良馬場なら0.5秒ぐらいは速く加算してもいいかな。おまけに全体のペースも、ユルユルのラップではなかったし。高いレベルの追走力を要求されたと考えていいでしょう。

菊池 レース上がりが36.7秒も掛かる前傾の流れの中、2着に踏ん張ったアエロリットは強い競馬をしていますね。

京介 もちろんその通りなんだけど、展開フロック関係なく勝ちきってもらいたかったのが本音だね。今回の水準の持ち時計が既にあったわけだから…。

菊池 では、上位馬を振り返りましょう。

ライジングリーズン

菊池 「激走馬」に該当していましたが、文字通りの激走でしたね。今回は12kgの馬体増でした。

京介 自分は前回のアルテミスSでも特注馬評価していたんだよね。だけどそのアルテミスSで全くと言っていいほど見せ場や能力の片鱗が感じられないレース振りで、東京が度外視だったとも言えず。前日段階でかなり評価を下げてしまったよ。

菊池 タイミングとして難しいところでしたね。8枠でしたし。

京介 当日のパドックが、あそこまで薄暗い様子じゃなかったら、ちゃんと見直して評価できたのかなあ。「+12kgで見違えた体つき」だったのかどうか。う~ん、悔いが残る。キャスパリーグの評価を下げる判断をするのに、一生懸命になり過ぎた。

菊池 今回は展開が向いたことも確かですが、勝ち切ったことは評価すべきでしょうか。

京介 仮にこのあと春の3歳クラシックで結果を出せなくても、その後の秋や古馬になってそこそこ頑張る馬も出てくるからね。特殊な条件とは言え、体幹がしっかりしてきてこの走破タイム。一定の基準で評価してもいいと思うよ。

菊池 奥村武厩舎はこれが重賞初制覇となりました。

京介 そうそう、このレースはどちらかというと有力厩舎は成績があまり良くなくて、過去にも関東の若手厩舎の好成績が目立つレースなんだよね。昨年も中館厩舎だったし、菊沢厩舎は毎年このレースに有力馬を送り出して今年も好走している。2勝馬レベルでも通用する重賞、という側面があるから、あまり良い馬が入らない厩舎でも取り組み次第で勝負になるからだろうね。

菊池 そういえば、確かにそうですね。キャリアの浅い、若い厩舎に注目しましょう。

京介 寒竹賞を勝ったホウオウパフュームもそれなりに良い馬だったし、ここをきっかけに奥村武厩舎の流れが変わればいいけれど。

菊池 奥村調教師って評判が良くて、聞いている話のとおりだと関東の若手調教師では一歩抜けてきそうな感じがしますね。南関への遠征なども積極的。そもそも、国枝厩舎のご出身でしっかりとした下地も築かれている方ですが。

アエロリット

菊池 枠順もあってか。前日からしっかりと1番人気になりました。

京介 2、3番人気が、重賞で明らかに底を見せていた馬だったし、大きく伸びしろを見せそうな候補ということで注目されたんでしょう。自分も同じような考えでの推奨だったし、前回のレース振りもまともということで。

京介 でも本当は、500万下を負けた馬が1番人気になるムードというのは、確かに良くないよね。

菊池 久々で10kgの馬体増がありましたが、1番人気診断を見るに問題ない仕上がりでしたか。

京介 そう。仕上がりは問題なかったよ。できればもう少し腰周りパンとしてもらいたかったけれど、同厩馬のウキヨノカゼのように、ここを叩いて2月東京のクイーンC出走までを見越しての仕上げかな、とは思った。

菊池 今後の課題としては、折り合いということになるでしょうか。スピードがあり過ぎて、広いコースの1600mだと、もう少しタメを作れないと、厳しいのかな?と。強い馬だとは思うんですけどね。

京介 キックバックの強さなどは、相当なものがあると思うんだけどなあ。今回の展開で楽について行けてしまったのが敗因と言われそうだけど、本来ならこの展開でも好位で残るならかなり強い方だものね。ツヅクを放置して脚を溜めた方が良かったと思わずにはいられない。ここの前にひと叩きするローテーションだったら、という所でしょ。

菊池 思い切ってフィリーズレビュー、みたいな考えがあったら、思い切り勝負したいくらいなんですけども。

京介 でもスピードが良くてポテンシャルも高いから、今シーズン中の重賞制覇はあると思うけどなあ。マイル以下なら、条件や展開を選ぶキャラではないはず。

モリトシラユリ

菊池 こちら、京介さんの特注馬推奨でした!

170108特注馬

菊池 上位2頭とは対照的に、こちらは少し絞れて-4kgでした。

京介 とは言え、その水準なら当日の上下変動の範疇でしょう。四肢が非常に短い馬なのが難点だけど、腰がしっかり決まって、この寒い時期でも仕上がりが相当進んでいた強みがあったと思う。この条件で有利な距離短縮の馬でもあった。ただ前走がダートだったから、若干人気落ちしただけだよね。

菊池 最後は良い脚で伸びていましたが、中山で上がりの掛かる差し向き展開になった上で、あそこまで…となると、このあとは中々好走シーンを選びそうな印象ですが。

京介 そうだね。いかにも、今回条件が向いての好走で、他だと微妙かも…の考えになってしまう。

菊池 距離延長は歓迎でしょうか。

京介 それもどんなものかなあ。いい脚一瞬というより、いい加速が長続きしない馬だから、時計勝負も上がりの競馬も微妙だと思う。この馬にだけ向く中距離、というのが想像しにくい。福島コースに対応する機動力があれば…と思うけれど。

その他

菊池 除外された組に、けっこう良い馬がいたのが勿体無い一戦だったと思います。

京介 いい感じの新馬勝ち馬がみんな除外を食らったんだよね。確かに、頭打ちの前走大敗馬が多かったから、それらを見てみたかった印象はある。

菊池 シンボリバーグやアピールバイオがいたら、また違う結果があったかもしれませんね。

京介 あと、出走馬の馬体重を見比べて半分より上の体格ある馬が有利…と言ったら、今回は1~4着までが馬体重上位5頭以内の馬だったね。基本的に小柄馬不利、馬格ある馬有利という傾向は今年も引き継いだ。

菊池 距離短縮の馬が有利、という傾向と同時に関係がありそうですね。

京介 それにしても、直前雨のタイミングが悪かったなあ。良と考えればいいのか重と見るべきか、正直悩んだよ。そもそも馬体的に微妙な馬が多かったから割り切って考えたいし。そして、パドックも傘をさして見る上に視界が狭くなるし、雨雲で相当暗くなってしまう。これが一番キツかったなあ。ライト持ってきて照らしてくれないかと思うよ。絶対やってくれないんだけど。

<教訓まとめ>

・基本的に持続力勝負やスタミナ勝負になりやすい条件で、今年は雨が降った上にハイラップの展開。脚が長く馬力が必須の状況となったので、短足や非力な馬では最後まで持たなかった。距離延長のローテーション、440kg以下の馬ではほぼノーチャンス。今後も馬体重チェック、中距離からの距離短縮馬が穴になる傾向は変わらないはず。

・例年、有力馬が集まりにくく、ほぼ関東の1勝級同士のメンバーになりやすく、レベルが高くないレース。あまり有力馬を確保できていない関東の厩舎でも十分チャンスがある条件だからこそ、関東の下位厩舎や若手厩舎が、「ここでこそ」の仕上げで臨んでくることがある。

・アルテミスSの勝ち馬は、阪神JFで2着。アルテミスSで大敗した馬が次走で巻き返す例が結構生まれているように、今年の牝馬のトップクラスはかなり高いレベルだと考えて良さそう。超強力な馬が勝った重賞にいた馬は、次走必ず注意しておくこと。


<次走巻き返し警戒馬>

<京介>
・コーラルプリンセス
…パワー満点の体つきをしているが、1枠早めに入るゲートも良くなかったか出遅れ。そして4コーナーで外に出そうにも、キャスパリーグにブロックされ捌くのが遅れた。完全に仕掛け遅れ。左回りの方が良い可能性もあるので、叩いての次走は見直したい。おそらく東京クイーンCに出てくるはず。

<菊池>
・キャスパリーグ
…中山芝1600mの大外枠で敗戦した馬は次走で期待値が高い。輸送や合わないコース、1400mからのローテなど、今回はマイナス材料が揃い過ぎていた。

~~~~

菊池 では、今回はここまでです。今週末は、京成杯と日経新春杯を京介さんと。愛知杯はオクノさんと展望していきます。

「レース直前☆競馬ナマTV」は秋競馬も無料生放送をお届け!
(土曜日も放送があります!)

【 1月14日(土)14:00~ 】



AbemaTV
https://freshlive.tv/jrdb_keiba/75586

【 1月15日(日)09:50~ 】



AbemaTV
https://freshlive.tv/jrdb_keiba/75587