菊池 日曜日の阪神では、大阪杯が行われました。こちらの回顧をしていきましょう。

競馬チェック・投稿用アカウントをフォローでブログ更新を素早くお伝えします!



競馬大予言17年春G1号はソコソコ好評発売中!

大予言3月売り

【G1特集】
高松宮記念、大阪杯、桜花賞、皐月賞

■競馬大予言17年春G1号 
☆アマゾンでのお求めはコチラ↓
http://amzn.asia/iNlcFSq

大阪杯回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/98709

<天候・馬場について>

菊池 関西も金曜日が雨で、土曜日の競馬は芝稍重・ダート重で始まりました。

京介 先週末は全国的に天候が良くなくて…。こちらの予想よりも金曜日の雨が強かったみたいだね。

菊池 ただし、気温も上がって風もあり、日曜日には良馬場に回復していましたね。

京介 そうそう。日曜日にちゃんと日が出て、どうやら中山よりも回復が早かったようで。

京介 阪神の芝は土曜日の時点で標準程度か、という時計の出方だったけれども、日曜日は若干速くなっていたかな。でも、土日ともに逃げ馬も残せて差し馬も十分に届く、フラットな馬場だったと思う。そして、ディープインパクト産駒筆頭にサンデー系の馬がやたらと強い状況が、開催当初から続いていたのは付け加えておこう。


ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑







<パドックについて>

菊池 G1昇格の1回目。豪華メンバーが揃って、お客さんも一杯に入っていましたね。

京介 アングライフェンやスズカデヴィアスは、パドック真ん中に人が入り込み過ぎていて、脚捌きが全く見えなかったんですけど!別の角度のカメラを使おうよホントに…。

菊池 あぁー、G1のパドック内側問題ですね。現場の写真撮影のカメラマンさんが怒ってるんだよなぁ、いつも(苦笑)。

京介 だけどやっぱりG1になっただけあって、かなりみんなキッチリ仕上がっていたね。皮膚が厚く見えたのは高齢のディサイファぐらいじゃないか。もう本格的なG1シーズンだなと思わせるぐらい、人気薄の馬でも良い脚捌き・良い仕上がりだった。マルターズアポジーも疲れは全くなかったし、先行予定の馬はどれもいい。プレッシャーの厳しい展開になるものと感じたんだけどなあ。

<レース展開について>

京介 まず偶数8番のロードヴァンドールが最初にゲートに入ったようだね。そこから奇数の馬がどんどん入って、偶数、そして最後にマカヒキ。ロードヴァンドールが入ってからゲートが開くまで、ちょうど一分ぐらいか。大半の馬は40秒も待ってないよ。

菊池 7番サトノクラウンがゲート内で立ち上がっていました。ちょっと怖かったですが、発馬のタイミングは良くて、実況の檜川アナも「揃いました」の後にも発馬の良さを強調していましたね。

京介 阪神2000mはスタート地点がスタンド前で、かなり喧噪があるからねえ。今年の皐月賞が結構怖いなあ。

京介 ひとまずサトノクラウンが素直に出られたのは良かったね。最初の行き脚で負けたのは長距離ばかり使っていた10番モンドインテロ、そして2番アングライフェンは行き脚が一息で後退。

菊池 まずは間から8番ロードヴァンドールが押していこうとしますが、外から11番マルターズアポジーが速いですね。

京介 前回、逃げて好走した馬しか主張する気配はなかった。マルターズアポジーは、ロードヴァンドールと競り合うことなくスムーズに逃げられたと見ていいよ。

菊池 この外の2頭を見ながら5番キタサンブラックは3番手ですね。ちなみに、最初の1ハロンを見直してみると、4番ステファノスの川田騎手は序盤からかなり手綱を動かして、ポジションを獲りに行っていましたね。

京介 これまで後方か3列目より後ろ、という追走順が多いステファノスからすると、これは意を決した主張だよね。これと同じ競馬を他の馬がするかも、と見ていたけど誰もいなかった。

菊池 2コーナーでは、11番マルターズアポジーが2番手に4~5馬身差を付けて先頭。離れた2番手が8番ロードヴァンドール。そして、3番手が内に5番キタサンブラック。並んで6番サクラアンプルール。

京介 ここまでは、サクラアンプルールの横山典弘騎手も、先行争いに参加するのかというムードだった。キタサンブラックに対して被せ気味の3番手だったしね。

菊池 その後ろの列に、4番ステファノス、そして7番サトノクラウン。

京介 サトノクラウンもスタンド前では前に行く気はあったけど、サクラアンプルールと接触しそうになったから僅かに引いて、キタサンブラックに対して1列後ろになった。

菊池 13番ヤマカツエースから中団より後ろ。その内に1番ミッキーロケットがいて、その外に14番マカヒキ。12番アンビシャスが後方2番手でした。

京介 マカヒキはところどころで掛かりそうになる仕草を見せているよね。この位置だとペースは遅いのかな?

菊池 前半の1000m通過は59.6秒でした。ラップを見ても、淡々と12秒台前半を刻んでいますが、キタサンブラックの位置、3番手以下としてはスローな流れですよね?

京介 結局は決着時計が1分58秒台だし、先頭の馬がイーブンペースだと言える。3番手の組は明らかに先頭と半秒以上離れているし、菊池くんの言う通りキタサンブラックの位置でも若干遅いぐらい。これはヤマカツエース以下の馬が後ろすぎるよね。

京介 そして最初、キタサンブラックの真横に並んでいたサクラアンプルールが限界なのか早くも後退。残り1000mを残してキタサンブラックの包囲が解かれ、キタサンブラックが単独3番手となって視界が拓けるようになった。

菊池 4コーナー、5番キタサンブラックが2番手に上がり、ジワジワと前に迫っていきます。後続の方が追い上げに苦労しているような状況だったでしょうか。

京介 これはもう3コーナーの時点で、キタサンブラック自身のリズムでスパートが始まっている状態。そしてステファノスだけが付いてきていて、その後ろが固まった集団。どういう思惑が働いたのか、キタサンブラックだけが展開を先導してその他が追走のみに汲々する形になってしまったね。

菊池 直線入口、5番キタサンブラックが11番マルターズアポジーを射程圏に捕らえて、いつでも先頭に立てる手応え。その直後からは4番ステファノスが接近。

京介 事実上展開を誘導しているキタサンブラックは、この時点で持ったまま直線に向いているんだよね。後ろから追い上げる方は勝負ありの手応え。馬群の形を見ていたら、もう真後ろのステファノスとの一騎打ちじゃないの、というムードだった。

菊池 残り200m手前で、5番キタサンブラックが先頭に立ちます。既にこの時点で、まったく抜かれる気配なし。

京介 映像の角度の問題もあるけど、ステファノスはキタサンブラックの影を踏めそうにもなかったからなあ。

菊池 2番手に4番ステファノス、そして、13番ヤマカツエースが外から3番手に浮上。

京介 ヤマカツエースはどちらかというと3コーナー序盤から仕掛けていて、上手く直線でエンジンが掛かった1頭だった。でも、この仕掛けでも全然間に合わなかったと考えるべき。

菊池 14番マカヒキ、12番アンビシャスは4着争いが精一杯でした。

京介 この2頭はもう、通過タイム考えると明らかに後ろに控えすぎでしょ…。どういう情報をもらっていたんだか。33秒台半ばの脚を使っても間に合わない位置に、なぜいるんだよと。

<結果を受けて…>

170402大阪杯結果

菊池 勝ち時計は1分58秒9。淡々と一定のラップを刻み続けていたようにも見えますが、3番手以下はスローの上がり勝負ですかね。

京介 しかも、後方で待ち過ぎた馬はほとんど一緒の脚色と見ていいね。中盤や3コーナーで、キタサンブラック危ういと思わせる仕掛けをしていないとダメなのに、怠けた競馬になってしまった。

菊池 では、上位馬を振り返りましょう。

キタサンブラック

菊池 有馬記念からぶっつけでの参戦でしたが、仕上がりは問題なさそうでしたね。

京介 このぐらいなら十分動く、という仕上げだったと思う。それにしても背が高い。筋肉量が落ち込んだ様子もないし、次走に響くキツイ仕上げでもないよ。

菊池 相変わらず、何となく付け入るスキを感じさせるんですけども、競馬に行くとあっさり勝ちます(笑)。

京介 うーん、キタサンブラックと同じ水準のラップを踏んで追走できる馬が、現在の中距離長距離界にいないってことなんだろうなあ。今回も、格下のサクラアンプルールが潰しに掛かったけど1000mぐらいで耐えられなくて、途中からほぼキタサンブラック1頭のみになってしまった。

京介 でも、それにしても強かったなあ。結局道中は先頭のマルターズアポジーに引き離される場面なく、後半グイグイ追いかけるばかりなわけだから、後半1000mを全て11秒台のラップで通過しているはず。このロングスパート力に、他の馬はついて行けないんだよね。

菊池 次は天皇賞(春)ですね。適性は不安なし。あとは、枠がどうなるやら、くらいに思っていますが。

京介 今回は1枠ではなかったけれど、内側に先行馬がいなかった。ごちゃごちゃする前半にもならなかった。とにかく、ちょっとばかり外の枠を引いて、立ち回りがどうなるかを見てみたいよね。

ステファノス

菊池 こちら、穴馬として挙げさせてもらいました。そんなに人気薄ではないですが、2着に頑張ってくれました。

170402大阪杯穴推奨

京介 自分も推したかったなあ。菊池くんに先に取られちゃって…。中間の追い切りは本当に良く動けていたね。

菊池 先週のミライヘノツバサはお譲りしたじゃないですか(笑)。まぁ、穴馬推奨はよく当たるってことで。

京介 そうね。チームプレーということで(笑)。

菊池 そろそろ、毎週この単複を買い続けるみたいなこをしましょうか。でも、そういうことやりだすとアレなんだよなぁ(笑)。

菊池 概ね見立て通りなので、あまり振り返る要素はないのですが、一先ず、序盤から川田騎手が動かして位置を獲りに行って、キタサンブラックにマーク対象を定めたのはファインプレーだったと思います。

菊池 あの1コーナーでサクラアンプルールとサトノクラウンとで若干交錯する場面があった。でも作戦で先行させると言っていたし、そこで引かなかったね。ただできれば、キタサンブラックを風除けにする真後ろ追走じゃなく、もうちょっと横づけで勝負できないものか、と思っちゃうけど。でもこの馬自身の精一杯だろうね。

菊池 次は宝塚記念でしょうか。今回の方が条件は良かったと思います。

菊池 そこは全くの同感。あともう一度走る余力があるかどうか。この馬は中間の追いきりの様子をちゃんと観察しておきたいね。その気配の通り走るから。

ヤマカツエース

菊池 絶好調のシーズンです。今回は中2週でしたが、仕上がりはいかがでしたか?

京介 飛節の折れが深いタイプなんだけど、後肢をしっかり蹴り切れていて、歩幅も大きい。有馬記念で感じた通りの好調を、このレースでも維持していたと思うよ。それとどうなんだろう、この中間と週末、急激に寒くなったのもプラスになっていたんじゃない?(笑)張り艶がかなり良かったからね。

菊池 中団からじっくり進みましたが、3着まで。本当はもう少し前につけたかったですよね。

京介 あの位置ではいくらなんでも遠いよ…。消極的な位置取りで上手く結果が出る方じゃないんだし。

菊池 次は宝塚記念でしょうか。個人的には、寒い時期の方が良いタイプだと見ているので、ちょっと疑ってかかります。

京介 そうだね。2200mも若干長いと思うし、大阪杯をロングスパート勝負で勝ちに動かなかった馬は、宝塚記念で人気しても勝馬に食い下がれないでしょう。

その他

菊池 マカヒキは4着でした。ルメール騎手の「内枠なら2~3着はあったかも」というコメントを見るに、キタサンブラックに勝てるという気持ちはなかったようですね。

京介 出遅れはしなかったけど、序盤の追走で掛かる様子。精神状態がまともじゃなかったんじゃないかな?何かしら表に出せない不安があったのかもしれない。

京介 あと、3歳春のダービーのために本腰入れて仕上げた反動が尾を引いているのかなあ。京都記念は適度な叩きだと思ったのに、ひと叩きしても本番で良くなっていないということでしょ。キズナのように、もう本当のピークに戻らなくなっているのかも。

菊池 それはありえますね。昔は、ダービー馬がその後走らないってことがよくありました。ワンアンドオンリーもそうか。

京介 それくらい、厳しい仕上げを施さないと勝てないレースってことでもあるからね。ダービー後に故障が多いのもそのせいだし。

菊池 加えて、マカヒキは欧州遠征もありましたからね。さて、5着はアンビシャス。展開待ちの競馬で、ハマらなかったという結果ですね。

 直前に乗り替わるというのもマイナスだったかな。それと、道中自在性を発揮させて動かそうとするとハミを噛んでしまうと。そこで「だからじっとしていてください」という陣営からのアドバイスはどうなのか、と思うんだよね…。勝負所のいいポイントで勝ちに動けない馬では、G1で勝負するのは無理でしょう。

菊池 サトノクラウンは12キロの馬体減がありましたが、敗因はそっちじゃないような。

京介 今回は芝がかなり軽かったし、追走スピード負けだよね、これは。道中のラップが11秒台をずっと刻んでこそ勝負になるような芝では、サトノクラウンはおそらく厳しいはず。遅い芝、重い芝で強い馬でしょう。2000mなら弥生賞ぐらいの追走ラップがスピード性能の限界。

<教訓まとめ>

・中間の天候が不安だったが、開催当日は絶好の馬場状態で内外フラット。この時期の馬場整備力は信頼しても良さそう。しかし、だからこそサンデーサイレンス系のスピード優位の馬が強く、時計性能の劣る血統の馬では不利になる。今後もキンカメ・サンデー向きのレースなのかも。

・ステファノスの激走パターンに着目したい。これまでG1で力及ばずが続いた馬では結局足りず、本腰入れてG1で勝負するために仕上げた馬が好走した。

ダービー馬はやはり、その後もう一つG1の栄冠を獲得している馬でないと、古馬になってからの成長を証明できているとは言えない。凱旋門賞に向かったことは、決して馬にとってマイナスではないはずなのだが…。

<次走巻き返し警戒馬>

<京介>
・サトノクラウン
…良く仕上げてきて良く戦ったが、時計限界であり上がり限界。馬場もサンデー向きで軽すぎた。完全に復調はしているので、雨が降ったらいつでも注意。
・サクラアンプルール
…こちらは勝ちに動いてスピード持続力負け。輸送も良くなかったか?関東圏のG2~G3中距離重賞なら十分足りる。サマー2000シリーズに出てくるだろうか?

<菊池>
・マルターズアポジー
…キタサンブラックに競り落とされるのは2度目。馬自身が、あの馬には敵わないと認識している可能性すら感じられる。それはさておき、負ける時は大敗するのが逃げ馬の宿命。相手弱化で今一度見直したい。

~~~~

菊池 では、今回はここまでです。今週末は桜花賞・NZT・阪神牝馬Sの3重賞を、いずれも京介さんと展望していきます。よろしくお願いします。