菊池 日曜日の中山では、皐月賞が行われました。こちらの回顧をしていきましょう。

競馬チェック・投稿用アカウントをフォローでブログ更新を素早くお伝えします!



競馬大予言17年春G1佳境号は好評発売中!

170413競馬大予言・春G1佳境号

【G1特集】
天皇賞(春)・NHKマイルC・ヴィクトリアM

■競馬大予言17年春G1佳境号 
☆アマゾンでのお求めはコチラ↓
http://amzn.asia/82VS7Q8

皐月賞回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/100534

<天候・馬場について>

菊池 土曜日の中山は、ダートだけ雨の影響が残って稍重発表。芝は良馬場スタートでした。

京介 実際はこのやや重、いったいいつの雨が残ったんだよって話だったけれどもね。火曜日に降って水木金と千葉は曇りか晴れだったのに。だもんで、芝は渋った様子は全くなしだよ。

京介 ただ、本来は火曜日に行っていた芝刈りを、火曜大雨だったから水曜日にズラしたと。その分、若干短く刈りすぎたことになったのではないか…みたいなことは言われているけどね。あと、内側の凹凸を砂で埋めたような箇所もあって、1コーナー付近では煙が立ち上る場面も。

菊池 土日とも良いお天気で、日曜日にはかなり馬場状態も良くなっていた印象ですね。先週と比べて気温が上がったので、芝が生えた、という感じもあったのかな、と。

京介 週の後半の天候が良いと皐月賞は本当に高速馬場になりがちだわ。画面を見ても本当に最終週なのかと思うほど、青々と芝が生い茂っているし、気温が20℃を超える日が数日あると芝の復活が凄いんだよね。

京介 この点だけはフォローしておきたい。決して馬場造園課が馬場を固めて内が急に良くなった、というわけじゃなくて、内の野芝もしっかりしているし、緑色の濃い洋芝が伸びているということ。開催も8週間続けば馬場自体も固く締まる。


ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑








<パドックについて>

菊池 僕も久々に皐月賞のパドックを見に行けました。牝馬のファンディーナが抜けた1番人気になりましたが、パドック全体の印象はいかがでしたか?

京介 例年の皐月賞と比べても、小ぢんまりしたタイプが多くて馬力不足の印象だったね。2000m戦だというのに、背が低い馬も多い方だったかな。ただしそれは、あくまで今年全体のレベルがそんなだから、と言う話。実際ここからダービーで勝負になる馬を選ばないといけないわけだから…。

京介 ファンディーナは牝馬だからビシッと仕上げてくると細く映るけど、ウオッカのダービーもそんな感じではあったし、あれはあの形で良かったはず。

京介 そんな中で勝ったサトノアレスは、若干四肢の管が短めのタイプだけれども、馬格に恵まれて腹袋とトモの厚み・筋肉量にちゃんと恵まれていたね。タフでスピードの要る皐月賞は、最近はスラッとしてスマートな馬ではなく、こういうタイプが良く走っているなと感じるよ。

菊池 全体としては、牡馬のレベルも、異常な低さということではないと感じました。“こういう年もある”くらいの感じで。牝馬のレベルが高すぎるということかな、と。

京介 あるいはまあ、1月2月ぐらいまでは「魅せてくれる馬」が全く現れなかったから牡馬のレベルがどうなんだ…と言われていたけれど、季節が変わってグンと上向くような馬がチラホラと出てきたものだと、そう解釈したいね。

<レース展開について>

京介 最初に入ったのは9番プラチナヴォイスだけど、その後も全く問題なく奇数番の馬が続々ゲートに入る。スタンド前で気がかりだったけどファンディーナもどうやら問題なし。30秒チョイでラスト1頭になって、大外18番トラストを入れる際にかなり慎重になったけれども、ゲートが開くまで56秒ぐらいかな。

菊池 そんなに特筆する事項はないレベルのスタートだったかなと思います。内枠を引いてしまった2番スワーヴリチャードあたりも、ゲートは良く出た方でした。

京介 スワーヴリチャードよりも、その左3頭が悪かったぐらいだよね。

菊池 外で13番サトノアレスが、スタート後に寄られ気味で、後方に下がってしまった感じでしたかね。

京介 大外枠の馬はスタート後からぐーっと左に寄せていくし、若干後手を踏んだ馬はこういう目に遭っても仕方ない。前回よりは出遅れていなかったんだけれども。14番キングズラッシュも、同じように後退してしまった。

菊池 まずは外から先行各馬。15番アダムバローズが外から先頭へ。さらに18番トラスト。その直後と言いますか、8番ファンディーナといった隊列で1コーナーへ。

京介 1番マイスタイルは争わずに控えたから、行き脚で主張する馬がそんなにいなかった。それにしても、ゴール通過前後は砂煙がだいぶ上がっていたね。

菊池 2コーナーまでに、概ね隊列ができましたか。15番アダムバローズが逃げて、18番トラストが2番手。そして、その内に8番ファンディーナがいて、並ぶように11番アルアイン。外から16番クリンチャーが、さらに進出して3番手まで浮上。

京介 相当ペースが落ちているわけではないんだけど、やはりスタンド前の大歓声を受けて掛かり気味になる馬が出て来るね。ただ今年は、隊列や場を荒らすようなひどい掛かり方をして突っ込んでくる馬は出なかった。

菊池 その直後に10番ダンビュライトも好位をキープ。そして、中団外に17番ウインブライト。その後ろ、2番スワーヴリチャードは外に出したい様子がありましたが、12番アメリカズカップに押し込められるような位置になってしまっていました。

京介 18頭立てなんだし、そりゃ内枠の馬はなかなか外に出そうと捌くチャンスなんてないわな。

京介 そして向正面では、先頭のアダムバローズも内ラチから2頭ほど空けて回るし、先行勢がやや内を空けて進む様子が見られた。事実、この辺りの芝は騎手の目線からするとだいぶ悪くなっていたのかも。

菊池 後方内にいた7番ペルシアンナイトは、ちょうど1000m通過あたりで、内マクリを発動。これによってできた進路を、4番カデナの福永騎手も追っていきました。

京介 そう。馬群全体の重心が外に流れてブレていた隙を、ペルシアンナイトのデムーロ騎手はスイスイ押し上げていくんだよね。これはデムーロ騎手、よく観察してましたわ。しかもちょうど中盤ど真ん中辺りは、一番ラップが落ち込んだ箇所。無駄足を使った形ではないのがポイントだね。

菊池 前半1000m通過が59.0秒。速い時計の出る馬場で、まずまずの流れといったところでしょうか。

京介 ただ、ここまで流れはそれなりに速めだけれども、先頭に揺さぶりを仕掛ける動きはまだ見られないね。後ろの組がポジション争いをいろいろしているだけで。

京介 そして3コーナーに入っておおよそラスト3F、先頭1列目を進む鞍上が一斉に手を動かし始める。

菊池 4コーナーを待たずに15番アダムバローズは一杯に。代わって先頭に立った18番トラストも手応えは怪しく、3番手から16番クリンチャーが先頭へ。

京介 この辺りまで、直線で先頭を争うのが超人気薄の馬同士だから、非常に目移りする様子だよね。

菊池 後続も差を詰めてきて、レースが動くのは早い印象。というか、ヌルくない皐月賞になったな、と感じられました。

京介 それは間違いない。先団はコーナーを進みつつどれもかなり追っ付けていた。

菊池 このあたり、10番ダンビュライトも良い手応えで差を詰めてきていた一方、11番アルアインは手応えが悪そうに見えます。8番ファンディーナもそこまで良い手応えではなく。

京介 直線の画面アップになるまでは、ダンビュライトとファンディーナか、あるいはもっと外の馬か、という雰囲気だったよね。

菊池 直線、8番ファンディーナが一瞬、先頭に立つかというところ。イン捲くりでポジションを上げてきた7番ペルシアンナイトが最も良い手応えで、抜け出そうかという勢い。16番クリンチャーがなかなかしぶとく、外から10番ダンビュライトもジリジリと伸びます。

京介 でもクリンチャーは直線入口で先頭に立とうとした時、内にモタれて口向きを悪くしたのが影響したか、坂で勢いがちょっと落ちてしまった。勢いが良いのはその左右。そしてどうやらダンビュライトよりも外は、全く勢いがないまま。

菊池 坂に差し掛かるところ、7番ペルシアンナイトが抜けてきますが、そこに間からもう一度エンジンの掛かった11番アルアインが接近。

京介 ここら辺は弾けるというよりも我慢比べの脚色だね。

菊池 最後は2頭の追い比べ。11番アルアインが僅かに7番ペルシアンナイトを抑えて1着。

京介 ペルシアンナイトが先頭に出ていた瞬間は間違いなくあったんだけれども、坂上のフォームの良さでアルアインの首がグイグイと出た様子だった。

菊池 3着は流れ込むように10番ダンビュライト。

京介 ダンビュライトもラスト10mで差を詰めているからなかなかなんだけど、直線で変な手前の替え方をするシーンがあって、そこで勢いを落とした分の差が出てしまった。

<結果を受けて…>

菊池 勝ち時計は1分57秒8。当日の馬場傾向から、速い時計が出そうな感じはありましたが、コースレコードタイは速かったですね。

京介 今年のメンバーでこれだけの時計が出てしまうと、さすがにちょっと一言いいたくもなるね。昨年よりも速い馬場なのは実際の所、どうなのよと。今週のうちに、故障馬が続々出てくるような流れにならなければいいけれど。

菊池 展開も厳しくなり、こうなると牝馬が1番人気に応えるのは容易ではなかったですね。

京介 それでも克服してもらいたかったと思うなあ。牝馬特有の悪い気配もないし、返し馬やゲート入りまで問題はなかったはず。でもレースは明らかに力負けの内容だったね。フラワーCの内容はなかなかに高い価値があったんだけど、牡馬とこのレベルでやり合うには厳しい経験が足りなかった…ということになるんだろう。ウオッカと違って、「初G1挑戦」だったことがマイナスになってしまったかな。

菊池 なんといっても、池江厩舎のワン・ツー。それも、9番人気と4番人気でしたから、お見事でした。

京介 池江調教師はレース中、ずっとペルシアンナイトしか目が行ってなかったらしいけどね(笑)。いやそれでも素晴らしい結果でした。池江厩舎は皐月賞だけイマイチと言ってしまってすみません。やっぱりS級ランクの厩舎ですわ。

菊池 では、上位馬を振り返りましょう。

アルアイン

菊池 ガチンコ予想の特注馬、印も3番手でしたね!

京介 ファンディーナが当日怪しい気配をチラッとでも見せていたら、もっとこの馬の評価を引き上げても良かったけれども…。でも高めの方で評価できてよかったです。とにかくこの中山開催はパワータイプが非常に優勢だったし、重賞勝ちしているディープインパクト産駒は2000mまでなら全く問題ないしね。

菊池 マイラータイプのディープインパクト産駒、当日の状況がかなり向いた印象もあります。

京介 むろん、馬場がスピードタイプを要求する状況になっていて、2000m実績が役に立たなかったことが大きいよ。最近の皐月賞はこういう状況が多いから、1800m以下のレースから進ませる方がプラスに働く。スピード経験が豊富という有利もあった。

京介 それと、ローテーション的に厳しい毎日杯から勝てたのは、体型的に腹袋がどっしりしていて、関東への輸送に耐えられる資質があったことも大きいと思う。毎日杯を勝っても、詰まった間隔と輸送でカリカリに痩せて来る馬が多かったために、毎日杯組は好走しにくい…という側面もあったわけだから。

菊池 ダービーに向けては、いかがでしょうか。

京介 自分は今回の皐月賞に非常に向いたタイプだったから、あまり高い評価はしたくないなあ。もちろん充実一途のディープインパクト産駒は怖いんだけれどもね。一貫して池江調教師もマイル寄りの判断だったし、馬力で押すタイプだからさらに距離が延びて…は期待しにくいと思う。ちょっと前ならダイワメジャー、最近だとロゴタイプのような好走ピークを持つ馬だと思っているよ。前予想的には完全に外したいね。

菊池 松山弘平騎手のJRA初G1制覇。若手が台頭するには厳しいルールというか、土壌の中。彼のような人が頑張ってくれるのは嬉しいことです。いつの間にか9年目、27歳になっていたのには驚きましたが。

京介 そこは全く同感だよ。25歳以下の時点でG1勝ちを果たした騎手が、最近はとんと出てきてくれてないよね。30歳以下の括りでも最近は怪しいんだから。松山弘平騎手は今週の活躍で総合騎手リーディング10位に顔を出しているし、ぜひこの活躍を続けてほしいね。

ペルシアンナイト

菊池 ぼくはこの馬が本命で、単勝を握っていたので悔しい2着でした!

京介 しかも一瞬は前に出ていたはず。道中の手綱さばきやレース運びを見ても、非常にシビアに乗ってこれ以上ないだろ、という結果だったから、なおさら「ここまでハマったのなら!」という内容だよね。

菊池 当日の馬体比較では、どんな印象で?

京介 2歳時と比べると、あきらかに背丈は伸びた。それにマイルを使われていた馬だけれど、トモ幅や後肢の伸びの良さは中距離馬よりも上に感じたし(今年の中距離馬のレベルが低かったのもあるけれど)、皐月賞にちゃんと成長ピークを合わせてくる、池江厩舎の見事な調整だったとは感じたよ。

菊池 デムーロ騎手のイン捲くりにシビレました!あとは、今までやったことのない、馬群に突っ込む競馬に怯まなかった、この馬も偉いなと。

京介 そうそう。馬に能力があったとしても、アーリントンCで楽な勝ち方をし過ぎた影響があるんじゃないか?と思ったんだけどね。スピード競馬で対応できる強みが、今回活きたという感じだろうか。距離疑問の馬で捲りに行ったのに、折り合いに一切不安がないところが、やっぱり驚きだよね。

菊池 皐月賞がベスト条件だと思っていました。さて、ダービーに向けての展望としては、いかがでしょうか。

京介 アルアインには先着できるタイプだとは思うけど、やっぱりローテーションは不利だよね。青葉賞や京都新聞杯を勝ち上がってきた馬にやられてしまいそう。

ダンビュライト

菊池 当日のデキは素晴らしかった1頭だと思っています。

京介 ただ、良く見せることにかけては、ルーラーシップ産駒は天才的だから…。

菊池 ただ、ダンビュライトがデキ良くてもこの馬場では…と思って、まったく買えませんでした。

京介 このメンバーなら勝つだろうというパドック印象の時にも負けるし、今回のように混戦で同格以上のメンバーが集まった時にも好走する辺りが、難しい馬だけれどもね。

菊池 今回のように、バテない強みを生かす持続力勝負が合っている印象ですね。でも、勝ちきれない。

京介 全くもって。走るフォームがいいから、他の馬がバテてた時のジリジリした浮上はできるんだけれども、他馬よりもさらに上回る弾ける脚を使えないんだよね。中山2200mでG1をやってくれれば…。

その他

菊池 4着はクリンチャー。この馬は、よく今回のスピード勝負に対応したなと。驚きがありました。

京介 この馬はフットワークがガサツで、今回直線で見せたように経験値も低い。だけども良くここまで頑張ったと思う。スタミナ面での良さが活きた形だね。

菊池 5着にはレイデオロ。道中は後方からでしたが、最後までよく脚を使って、追い上げてきましたね。

京介 ラチ沿いの後方内で一切ロスせずに回ってきたけれども、さすがにこの競馬で勝ち負けすることはないよ。脚を測った印象は確かにあるなあ。

京介 だけど、前脚のソエが大きく膨れてきていたのは非常に心配。今回のひと叩きから果たして上向くかな?本来は上向いてくれないとおかしいローテーションなんだけどね。

菊池 スワーヴリチャードは6着まで。今回の馬場ではちょっと分が悪かった印象もありますが、それ以上に内枠が堪えたかなと思いますね。

京介 直線で右手前を全く替えていなかったし、道中でも手前の替え方がぎこちない部分があったから、この右回りだとほとほと相性が悪いんだろうね。それに今回、馬体増だったし仕上がりも甘かった。次は何もかもが良くなる…と考えたいけれどどうかな。

菊池 ファンディーナは7着。今回は厳しい競馬になったなと。悲観する敗戦だとは思っていません。

京介 そう信じたいけれどもねえ。次は関東に向けて3度目の輸送になる。高野厩舎が果たしてこの馬の奥を引き出しつつ、馬の性能を上げられるのかどうか…。

京介 だけどやっぱりあの直線の垂れ方はショックだったよ。いやいや、経験が確かに足りなかったとはいえ、能力が本当にあるのならあのぐらいは押し切ってくれよと思うんだけど。岩田騎手の乗り方は完璧だっただけに、なおのこと。3コーナーでアルアインを制しつつ後れを取らせ、自分は前の組に楽々並びかける進路の切り方。あそこはポイントになりそうだったものね。

京介 やっぱり3月4月季節の変わり目になった時の脾腹の薄い牝馬は、どうも当てにできないなあ。

<教訓まとめ>

・今年も1800m前哨戦で好時計を記録した馬が、2000m前哨戦を経て臨んだ馬よりも先着した。馬場が高速化していてスピードが必須の馬場なので、「2000mスローで我慢比べ」をした馬よりも「速いラップで耐え抜く持続力」がある馬の方がビビッドに反応できて前に来る。今後もこの距離延長組有利の傾向は続きそう。

・アルアインは新馬戦がムーア騎手騎乗。その後もシュミノー騎手が継続して騎乗。ダンビュライトはルメール騎手が重賞戦線でずっと継続して騎乗していた馬。超有力外人騎手に重要なポイントで依頼する馬は、大まかに将来性や高い資質を見込んでのもの。ルメール&デムーロ騎手はともに当日人気を集めるものの、「ルメール&デムーロ騎手が直前で降りた馬」の好走が最近やたらと高いことにも注目したい。何より、ルメール騎手が教育してきた馬は乗り味の良さ、乗りやすさもある。

・少し長い休養明けぶっつけとなったレイデオロ、キングズラッシュともに足元に不安あり。皐月賞を休み明けぶっつけで臨む馬は、ビシッとハマる調整ができないばかりか、「確実に順調さを欠く大きな要因があった」からこそそういう不利なローテーションとなる。大事な3歳クラシック戦線は、やはりいい結果を残しつつのひと叩きで臨めていることが重要。

・皐月賞の直前馬体重プラスの馬は消し、未だに通用する。

<次走巻き返し警戒馬>

<京介>
・レイデオロ
…順調さを欠いて、脚元にも難が出て、おそらく6分?ぐらいの仕上がりで臨んだ今回。一応の格好をつけたのは認めていい。距離延びても対応は可能。今後はあらゆる条件が好転するはず。

<菊池>
・スワーヴリチャード
…やはり右回りでぎこちなさが出てしまった。加えて今回は内枠で、思うようにレース運びをできず。見直せる材料は多い。距離延長もプラス。

~~~~

菊池 では、今回はここまでです。今週末は福島牝馬S・マイラーズC・フローラS。いずれも京介さんと展望していきます。よろしくお願いします。