菊池 日曜日に新潟で行われた新潟2歳Sも回顧していきましょう。

札幌記念で京介がサクラアンプルール(6番人気1着)を推奨!
https://regimag.jp/blog/kyo_guri
170820札幌記念穴推奨

グランプリ

▼エントリーはこちらから

馬トクPOGグランプリ2017ー特設サイト

競馬チェック・投稿用アカウントをフォローでブログ更新を素早くお伝えします!



新潟2歳S回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/119304/

<天候・馬場について>

菊池 土日ともに気持ちの良い快晴だったと思うのですが、土曜日の芝はやや重スタートでしたし、ダートは日曜日の午前中まで乾ききらず、やや重の状態が続きました。新潟競馬場は金曜日にだいぶ降られたようですね。

京介 新潟市内は金曜に降ってすらいなかったのに、競馬場は様子が違ったようだね。それと夜半も結構降り続いていたようで、土曜日の競馬場開門時にも周辺の道路が結構濡れていたよ。

菊池 しかし一応、日曜日はやや重から良へと変更しています。そもそもやや重でも新潟の芝は軽いイメージなのですが、馬場は土日で変わった印象、ありましたか?

京介 土日終わって後からラップや時計の比較をすると、それほど変わりない様子だったよね。土曜日の時点で上がりの速い決着はあったし。だけど土曜日はトモに力があって馬力のあるタイプが有利で、日曜日は非力で細身のタイプでもスピードを発揮できていたという差はあったと思う。

菊池 新潟は最終週までAコース使用です。見た目には内ラチ沿いもそれなりに荒れているように見えるんですが、内ラチ沿いを避けて進む様子があまりありませんね。

京介 展望でも説明したけれど、どうも開催序盤に内ラチ側に偏る動きが全くなかったから、最内の悪化具合が大したことないんでしょう。今週は雨が降って馬場が最初緩んでいたはずなのに、それでも土日ともに逃げて・あるいは内ラチ沿いを通って激走する馬が複数いたよね。

菊池 そうですね。今週はやけにスローペースの展開ばかりだったのが影響したのか、日曜日は好走するのが逃げ先行馬ばかりでした。

京介  上位騎手がWAJSで出払っているのが影響しているのかな。今週はホント人気馬が脚を余して負けるシーンが多すぎた。え、上がり31秒台出して勝つつもりなの?というレース運びをする騎手ばかりでさあ…。

京介 ここ2年、新潟2歳Sと同じ週にWAJSが行われて騎手のレベルが下がるけど、決して当週の芝が平凡な前残り決着ばかりにはなっていないんだよ。今年はここ2年よりも馬場状態がもっと良かった、と考えるべきなのかな。もちろん乾きかけの馬場は騎手の認識ズレのギャップがある分、馬場の内側が残りがち、という傾向もあるんだけど。


ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑








<パドックについて>

菊池 今年は東京開催でいい勝ち方をした馬が人気の中心でした。新潟開催にしては比較的涼しい日でした。パドックの様子などはいかがだったでしょうか。

京介 毎年言っていることだけれども、やっぱりこの時期の2歳馬は体つきが若すぎてまだまだだわ。単純に、体の支えがしっかりしている馬は少なかったね。夏負けの影響はほとんどなかったと思うけれど、そもそもの弱さが目立つ馬が大半だった。

京介 それと、人気していた中でムスコローソがヘニーヒューズ産駒で、テンクウとプレトリアがヨハネスブルグ産駒だったんだけれども、これがまあ初戦と全然変わらないかやや落ちぐらいの体つき。一度使って良いイメージ通りに体つきが良くなるとばかり思っていたから、むしろ逆に驚いた。

京介 ストームキャット~ヘネシーの系譜は、相変わらずこういう場面でアテにならないなあ。もう絶対信じないわ。「何だこれ?」って声が出たもの。新馬戦はあれだけ手先がシャープで良い形だったプレトリアが、トモが寂しくなって腰が落ちて、小ぢんまりしてしまったもの。満を持してのローテーションでしっかり追って出てきて、それでこの形というのはねえ…。これだとサンデー系統の2歳戦でのアドバンテージはまだまだ大きいなと思ったよ。若い時期に一度使っても反動が出ず順当に良化して、レースでもパフォーマンスがちゃんと上昇するからね。サンデー時代に当たり前だと思っていたことが、他の血統だとそうじゃなかったりすることが多いからなあ。

京介 勝ったフロンティアは、トモはいいけど腰の上下が目立って、バランスの悪いフットワークをしたままだった。だけど、例年と違って前回逃げて勝った馬が、新潟2歳Sで同じ競馬をなぞって好走できるとは正直考えていなかったよ。この日の馬場傾向にモロに乗っかることができて、展開も向いた結果だったということなのかな。あまり積極的にフロンティアの馬体が良かったとは思えないんだよね。あとで見直しても。

<レース展開について>

京介 今回はファンファーレが最後まで鳴り終わってからゲート入りが始まった。1番のムスコローソから。ほとんど淀みなく入っていて、ラストの大外15番コーディエライトの番になるまで30秒ほど。ゲートが開くまで、39秒という早さだった。最近の2歳戦の中でもかなり早い方だったんじゃないかな?

菊池 この時期の2歳馬では仕方がないことですが、3分の1ほどの馬が出遅れていましたね。人気の1番ムスコローソも出遅れました。スタートが良かったのは、8番フロンティアと大外15番のコーディエライト。しかし急いでテンに出すことはせず、しばらく様子を見るようです。

京介 内側から押して7番マイネルサイルーン、3番テンクウが押し上げてきたね。けど、この2頭も無理して主張するでもなし。

菊池 内側の馬がまごついているうちに、大外から接近してきたコーディエライトが、じんわりと先頭を奪うようです。しかしどの馬も引っ張りながら進んでいるようで、すぐ集団がひとかたまりとなりました。

京介 出遅れた馬が追いつくというよりは、スタートを決めた馬が全く急がずに、誰も自ら先導しようとしなかった様子だね。

菊池 実際、3F目から12秒3と著しくペースダウンしていますからね。7番マイネルサイルーンも、先頭に出かかってから柴田大知騎手が手綱をガッチリ抑え込んで下げています。
菊池 隊列が決まって展開が落ち着いた所で、改めて順番を見直すと、まず先頭は15番コーディエライト。そして2列目の最内が7番マイネルサイルーン、右手に8番プレトリアと並びました。3番テンクウは1列控えて3列目内の4番手。それに併走して9番フィルハーモニー。一つ外にいる12番キボウノダイチは掛かり気味の追走。

京介 真ん中あたりは馬群が窮屈過ぎるようで、ちょっと自分のリズム・自分のフットワークで走れていないような。

菊池 出遅れた13番シンデレラメイクは、キボウノダイチの真後ろ4列目となりますね。続いて引っ張った14番ダンツセイケイ。6番プレトリアはその左後ろ。その外から10番エングローサー、4番グランデウィークが併走。

京介 グランデウィークの柴山騎手はずっと引っ張り切りだし、行きたがるのを抑え込むので精一杯という様子。

菊池 少し狭くなったのか、3コーナーで1列後退したのは5番オーデットエール。最後尾に、1番ムスコローソと2番トッカータ、11番ラインギャラントが続きました。

京介 3コーナーカーブに入っても、取り立てて大きく動いた馬はいない。直線に向くまでみんな手綱は引っ張り切り。直線の入り口になって、先頭15番コーディエライトの手が徐々に動き始めたかというところ。

菊池 直線に向いて先頭の仕掛けを見て、馬群が一斉に横に広がり、せわしなく鞍上の手が動き始めます。しかし、もう少し横並び一線になるのかと思いきや、意外と馬場の大外へ向かう馬がおらず、案外広がりません。

京介 先頭のコーディエライトは、内ラチ沿いを避けたというよりは、外に行きそうだった8番フロンティアに併せに行ったという向きかな。そのフロンティアもあまり外には行かなかったけれど。

菊池 直線併せ馬となって、先頭を譲らずキープしているコーディエライトとフロンティア、そして内から接近するテンクウ。この3頭がジリジリと後続を引き離して、後ろがついて来られません。12番キボウノダイチが伸びかけたのですが、切れ味の差なのか置かれてしまいます。

京介 何だか、この先頭3頭しか直線でスイッチが入っていないんじゃないか、という様子だったよね。

菊池 最後のゴール前。もう一伸びグイッと出たのは、外の8番フロンティア。しっかり粘り込む15番コーディエライトを、さらに引き離す脚を見せました。最内の3番テンクウも抵抗していますが、15番コーディエライトを交わすまでには至らず、こちらは3着まで。

京介 直線後半のラスト1Fでしっかり伸びたように見えたのは、4着に浮上したエングローサーぐらいか。これだって仕掛けは明らかに遅かったと思うし、首を外に背けながらモタれ気味の走りだったね。

菊池 新潟2歳Sとしては、非常に珍しいというか、これまで発生したことがない行った行ったの決着で幕を閉じました。

京介 フロンティアが上がり3F2位で32秒9、3着テンクウが上がり1位で32秒6。そして逃げたコーディエライトは33秒1で、上がり4位タイ。いやいや、他の騎手は後ろで何をしていたの?という内容だね。

京介 毎年毎年、上がりが速くても後方の追い込み馬がやってくるレースだったけれども、今年はみんながそのレース展開のイメージを強く持ち過ぎたのが悪かったのか、逃げ先行馬も十分すぎるほど折り合って、上がりの競馬に対応してしまえたほど、後ろが待ち過ぎたのではないのかな。例年よりも奇妙な流れだったように思う。

<結果を受けて…>

170827新潟2歳S結果

菊池 決着時計は1分34秒6。昨年ヴゼットジョリーの勝ち時計より遅いです。でも、ハープスターが1分34秒5で勝ったことがあるので、そこまで時計遅いことが悪い、というわけでもないのですが。

京介 でも今年5着以下に敗れた馬は、上がりの競馬に対応しきれなかった…という様子じゃない感じだよなあ。馬群での追走リズムが悪かったり、気性の危うさをレース前やレース中に見せていたりして、直線でキチンとスイッチが入らなかったような競馬ぶりに見える。

菊池 勝ったフロンティアは、新馬戦から時計を大幅に詰めてきましたが、他のマイル勝ち馬は前走並みの時計でしか走れていません。1800mを勝ち上がった馬も、1分34秒台の決着でスピードが間に合わなかったようですね。

京介 大半の馬が、1分35秒台走破でアップアップだったものね。4着エングローサーも、時計を詰めたと言える内容ではなかった。結局はフロンティアのポテンシャルが高くて、レース内容の向上に繋がったということなのかな。

京介 いやそれにしても、前走逃げて勝った馬は過去10年で(0-1-0-15)と壊滅的だったレース。それが今年は突然ワンツーを決めるとは、正直驚いたし、全く想像だにしていなかった。新潟2歳Sの好走パターンが固まったと思ったタイミングで、こういうことが起こるとは…。

菊池 では、上位馬について。

フロンティア

菊池 パドックではどのような気配でしたか?

京介 マイナス10㎏とあったけれども、正直もっと絞れるような気配ではあったよ。皮膚がまだ厚くて、後肢の捌きもまだ重たく、腰がだいぶフラフラしている。それでも後肢筋肉の厚みがあって、馬力で難点を結構カバーできる馬だね。飛節も真っすぐだから、脚運びにうねりもなく楽に捌ける。

京介 過去の素質馬と言われるタイプはこれでも走れているから、今日はこの状態でも、レースを学ばせながら対応できたということだね。

菊池 ということはやっぱり、新馬戦のレース振りに不満があったとしても、馬の資質が高かったからこそ、いろいろとカバーできたということですかね。

京介 その解釈で正しかったということでしょう。新潟2歳Sの過去の傾向・適性を超えて、馬の性能が上回ったと。

菊池 一発で時計を大幅に詰めての重賞勝ちですからね。それならば、多少展開に恵まれたり、馬場の内側が良かったりと、今回は運が向いた要素があったと思うんですが、こういう過程で勝てたこと自体は評価するべきですね。

京介 そう。今後もどんどんレース内容を向上させて来る、あるいは別のレース展開でも対応できる可能性は十分残したからね。もっと体が固まってくる余地はあるから。

菊池 何とも次回の扱いに困る勝ち方だったと思うんですけどもね。そして中内田厩舎は、新潟2歳Sを連覇となりました。

京介 大連勝で平安Sを勝ったグレイトパールも、中内田厩舎だったっけ。これからどんどんノーザンから良い馬が入ってくる流れを掴んだのではないかと。

コーディエライト

菊池 2戦目で中京の未勝利戦を勝ちあがってここへ向かってきました。この馬も言うなれば、ひと叩きしてレース内容が大幅に向上した1頭なんですよね。

京介 そうだね。2歳夏の芝1400m戦で1分22秒2は本当に速い。かなり評価できる内容だったのは確かだね。

菊池 それだけのパフォーマンスを示すダイワメジャー産駒であれば、馬体も良く見せたのでは。

京介 そうそう。前脚に骨瘤が出ていたのが気がかりだったけれども、非常に良いバランスで整っていたね。腹袋があるのに全く太くはなく、トモ幅もしっかりして腰がちゃんと決まっていた。このメンバーの中では完成度が高い方だったと思うよ。ただ、明らかに1400m以下の体型だったから、ちょっと評価をためらってしまったのだけれど…。

菊池 なるほど。一定以上の強さがあるけれども、新潟外回りには適性が合っていない馬だったということでしょうか。

京介 そういうタイプが、能力の高さでこなせたという結果だと解釈しているよ。今年はレース展開と馬場が合ったこともプラスになったけれど。

菊池 現状、このレースで先行馬として上位に踏ん張れたことは、評価できていい材料ですよね。

京介 そうだと感じる。2歳戦の間は、状態をキープしつつしばらく活躍してくれるんじゃないかと。

テンクウ

菊池 新馬戦の時計は平凡でしたが、大幅に時計を詰めてきて、さらに速い上がりを駆使してきました。馬体も良かったんじゃないでしょうか。

京介 いやいや、この馬はなんともはや…。だいぶお尻が小さく馬体全体が寂しかったし、後肢の送りも一息で…。この馬は細身なのに新馬戦で余裕があり、今回も皮膚の厚さを残しているのにトモに力がない、という風に見えてしまった。

菊池 あんまり見映えがしない、はた目には評価しにくいタイプだということですね。

京介 そうなんだよ。ホントこの馬は難しいわ…。これだけ貧弱で、上位に食い込めるとは正直思ってもみなかった。追い切りも相当頭を高くして、だいぶ悪い癖を見せながらの内容だったもので、フットワークも良くないし…。

菊池 前残りの流れにキチンと対応して、ラストも脚を伸ばしましたし、レース内容自体は評価するべきですよね。

京介 この展開で後半集中力を見せたことは、もちろん評価すべき。自分としては、考えていた以上に奥があるのかな、と軌道修正しなければいけないかなと思っているほどだよ。体がこれ以上膨れてくることはないと思うんだけど…。

菊池 昨年、新潟2歳Sで3着に入線したイブキの下ですからね。この時期にこの条件でそれなりのパフォーマンスを見せられるタイプだったと思うんですよ。仮に見た目が一息だったとしても。

京介 うーん、確かにそこまでレベルの高い出走メンバーではなかったし…サッと動ける根拠は、血統背景からはあったということなのかな。ヨハネスブルグ産駒は正直勘弁してもらいたいんだけど。

その他

菊池 週中に自分がピックアップしましたエングローサーは4着でした。展開が前の組に有利でしたし、惜しいとは言えない差が開いていました。京介さんはどう評価されますか?

京介 この馬は背丈が非常に高いよね。ただし、腰の支えはいいんだけれども、トモ幅が薄すぎる。端的に、重賞で争うには馬力が足りなかったのではないかと思うよ。結果的には時計を0.4秒しか詰められず、1分34秒台に乗せて来れなかった。ただ、例年の外伸び傾向通りに決着するレースだったら、その時はどう転んだかわからなかったかも。自分も菊池くんのチョイスは間違っていなかったと思う。

菊池 プレトリア、ムスコローソの物足りなさは、パドックで触れた通りということですか。新馬戦からの上積みがまるで感じられなかったと。

京介 プレトリアは、新馬戦パドックの印象からはもっと上向くと思ったのに…。新馬戦でタフな競馬をしてしまった反動なのか、トモが急に寂しくなって帰ってくるとは思わなかったよ。返し馬でも折り合いを欠いていたし、内面的な問題が急に出てきたのかもしれない。これこそが、新馬だけは走るヨハネスブルグ産駒の悪い部分だと思うんだけど…。

京介 ムスコローソも、緩い馬体で勝てた馬は次走体をしっかり作って出てくるはず、という計算が先に立っていたから、あんな状態で出てくると思わなかったよ。レースでは目の前の進路を行こうとしたい場面で、他の馬にどんどん先に入られてしまったということだけど、体のキレを出しようがない馬体ではそれも当然だろというところ。こちらは、追い切りで動いていたからこそ世間が騙されたパターンだね。

菊池 何とも今年は、予測が難しかったです。追い切りで動いた馬が良い形で出てきていない。過去の新潟2歳Sでの好走パターン通りに選んだ馬が展開に裏切られ、これまで新潟2歳Sでは走ったことがほぼなかった、逃げ馬同士のワンツー。いつもは外差しに寄りやすい馬場状態だったものが、内有利だったというトラックバイアスもあったんじゃなかろうか、と思ってしまいます。

京介 なにせ、事実上500万下と同等のパドックだからねえ。外的要因に左右されやすいレースで、決まった勝ちパターンなんて本当はないんだよ、と改めさせられたね。

菊池 騎手のレベルが下がってしまうということも、影響しているのかもしれませんね。この日に新潟で騎乗していた岩田騎手を確保した、中内田厩舎も、打てる手をキチンと打ったということですよね。

京介 そこは同感だね。「うちはちゃんとした勝負なんだぞ」という表明というか、勝ちに来ているムードを醸し出している陣営はちゃんと評価しないといけない。

菊池 ワンツーした2頭はノーザンFしがらき帰り、サンデーレーシングとG1レーシングですからね。

<教訓まとめ>

・WAJSとの関連で騎手のレベルが下がる週の重賞。ここで有力騎手(新潟開催リーディング上位、あるいは小倉や札幌の主力騎手)を確保してきた陣営は、課題を乗り越えられるほどポテンシャルが高い可能性があるという点で、人気でも必ず評価すべき。

・前走から中3週以内、前走勝ち上がってから1月以内の馬は、やはり上積みの幅がどうしても少ない。しっかりと間隔を空けて鍛え直して出てくる有力馬がいるだけに、小倉勝ちや新潟勝ち直後の馬は、順調さをキープできていたとしても不利になってくる。

・例年とは馬場傾向が違い、下級条件で内が残る競馬が頻発していた週。今年のような前残り決着自体珍しいものだと思うが、それだけ外的要因に左右されやすいレベルのレースだということも、肝に銘じておきたい。

<次走巻き返し警戒馬>

<京介>
・シンデレラメイク
~馬体は一番良く見えたし、トモの張りや歩幅の柔軟さなど本当に良いと思ったが、馬群の内に入れて直線バラけるまで上手く反応しきれず、脚を余した内容。上がりが速すぎる決着も良くなかったようで、もう少し距離が欲しいと思わせた。もっと重たい芝がいいのかも。

<菊池> 
・なし

~~~~

菊池 では、今回はここまでです。今週末は  を京介さんと展望していきます、よろしくお願いします。