菊池 土曜日に札幌で行われた札幌2歳Sも回顧していきましょう。

小倉2歳Sでオクノがアサクサゲンキ(3番人気1着)を推奨!
https://regimag.jp/blog/kyo_guri
170903小倉2歳S穴推奨


競馬チェック・投稿用アカウントをフォローでブログ更新を素早くお伝えします!



札幌2歳ステークス回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/120217

<天候・馬場について>

菊池 札幌は最終週もお天気は良かったですね。ただ、日曜日になると風が強かったようで。

京介 そうだったね。天候が下り坂ということはなかったんだけど、西日が差し掛かる時間帯になると少々肌寒い気候だったらしく、パドック映像やゴール前映像を見ると、長袖シャツを着ている人の比率が多かったよね。帽子をかぶっている人がいなかったから、日差しはそれほどでもなかったのかな。何はともあれ、ズブズブの馬場にならず無事に開催を終えられて助かりました。

菊池 開催最終週らしく、時計の掛かる馬場になっていましたね。

京介 スタンド前や1コーナーから、馬群が通ると土煙が上がる状況だったからね。洋芝は一度剥げるとなかなか復活はしない。先週あれだけ時計が掛かっていれば、今週急に高速馬場になることはないと推定できるのは助かるけれども、2歳馬にとってはなかなかにタフな馬場だったのが間違いない。

京介 この土曜日の芝は、午前中から捲りが2勝。先行して残る目もあるし内枠が悪いわけでは決してないんだけど、やはり淡泊なスピードタイプは止まりがち。序盤は脚を溜めて進められるおっとりしたタイプか、持久力上位を押し付けるような走り方でないと厳しい印象はあったね。


競馬大予言17年秋G1トライアル号!

17競馬大予言・秋TR

【G1特集】
スプリンターズS・秋華賞

☆アマゾンでのお求めはコチラ↓
■競馬大予言17年秋G1トライアル号
http://amzn.asia/fIxrbb9


ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑








<パドックについて>

菊池 中央も多彩なメンバーが揃いましたが、道営からもエース級が挑んできました。

京介 うーん、だけどやっぱり馬体は中央馬の方が良かったと思う。期待していたミスマンマミーアやダブルシャープは、無駄なく仕上がっているけどギリギリの肉付きで歩様にも硬さがあった。ちょっと性能的にここらが頭打ちなのか、という印象は受けてしまったね。それだけこのレースに勝負仕上げを施して来た、ということでもあるんだけど。

京介 歩幅の広さや筋肉の充実ぶり、身のこなしの柔らかさは、やっぱり中央トップにはかなわないかな。ロックディスタウンのボディバランスや後肢の捌きのバネは本当に良かった。コスモインザハートやファストアプローチは、結構な大型馬で腰の緩みがまだ改善し切れていないけど、柔軟性は抜群だった。道営馬はカチッと整っているけれど、この柔らかみは獲得しきれないだろうなあとちょっと思ったね。

京介 それと引き続き、函館デビューから札幌に居残りして調整している馬は、バランスがなかなか整わないし、歩様に力がない。これは今年も感じたね。そこまで素質で劣る馬ではないと思うけど。

<レース展開について>

京介 札幌芝1800mはモロにスタンドの真ん前だから、ファンファーレが鳴っている時はまだ静粛にしている。ファンファーレ途中に後方で電車が通っているのは驚いたな。そんなに近いのかと。

京介 偶数枠はほぼ一斉にゲートに入って、特に目立って嫌がる馬もおらずサクサク。46秒でゲートが開いたのならまずまず早い方じゃないかな。ゲートで気にする材料はなかったね。

菊池 バラついたスタートになりましたね。9番ロードトレジャー、その隣の10番クリノクーニングもあまり良いスタートではなく後方から。

京介 別にゲートでうるさくはしてなかったけれどもね。ここが谷のように凹んだことで、外枠の4頭は1コーナーカーブにまっすぐ入りやすくなったんじゃないか。1番シスターフラッグ、7番ダブルシャープは手綱を引っ張って控えている。

菊池 押して12番サージュミノルがハナへ。さらに外から13番マツカゼも2番手へ。内からは5番ロジャージーニアスも前へ。そして大外の14番ファストアプローチもポジションを獲りに行く構えでした。

京介 だけどスタートからリードを取ったわけではなく、1コーナーで馬群は固まった。差し馬は前を追いかけるでもなく、逃げ馬は脚を溜めながら運びたい気持ちがあるからだいたいこうなる。最後尾に下がった7番ダブルシャープはちょっとイヤイヤしていたね。

菊池  ゴチャっとしながら1コーナーへ進入していきましたが、2コーナーまでに12番サージュミノルが単騎先頭。2番手が外から13番マツカゼ。そして、3番手が内に5番ロジャージーニアス、外に14番ファストアプローチ。

京介 ちょっと好位勢も窮屈にしているし、これは落ち着きそうなムード。

菊池 その後ろが6番コスモインザハートで、その後ろの外に11番ロックディスタウンがいました。

京介 ロックディスタウンは1歩遅れそうだった1コーナーの捌きが上手かったね。外枠3頭が右カーブを一斉に切った所は落ち着いて構えて、内枠の馬がちょっと窮屈にしていたタイミングで1列半ほど外を押し上げている。リズムを殺さず、詰まらずに運べているね。

菊池 その後ろ、2馬身ほど切れて、4番カレンシリエージョと1番シスターフラッグ。さらに2馬身後ろに3番ミスマンマミーア、11番クリノクーニング。7番ダブルシャープは最後方からでした。

京介 コーナーカーブもあって、向正面では縦に若干隊列が伸びてしまう。前がガッツリ止まらないと後方の馬は不利だと思うけど…。この時点で向正面ラチ沿いを進んでいる馬は、他馬を交わして外に持ち出す手段がなく、進行方向が限定されてしまって良くないね。

菊池 1000m通過が62.4秒でした。良馬場で数字だけ見ると、スローペースにも見えますが、時計の掛かる馬場状態でしたし一概にはスローと言えないですね。

京介 結構遅めに入っても、そもそもスピードを上げにくい馬場状態だった、それに超スローしか経験していない2歳馬同士。決して脚抜きも良いと思えない芝で、中盤12秒5平均だったなら、それなりに厳しい追走には感じるだろうね。

菊池 3コーナー過ぎで逃げ馬が一杯になって、2番手から13番マツカゼが先頭へ。これを見ながら外に14番ファストアプローチも良い手応えで並びかけてきました。その直後まで11番ロックディスタウンも迫っていて、さらに最後方にいた7番ダブルシャープもその後ろまで浮上してきていました。

京介 ダブルシャープの石川倭騎手は早くから追っ付けていたけど、慎重に前を見過ぎていた6枠2頭を早くに交わしたのは正解だった。ただ、コーナーで6頭分外を回ることとなったけれども。

菊池 そして直線、コーナーを脱出しきって、各馬の態勢が整うところで、既に14番ファストアプローチが先頭で抜け出し。そして、11番ロックディスタウンが迫ってきていました。

京介 この安定感だよね、ルメール騎手が良かったのは。一旦外枠の馬の出脚に譲って、その動きを見て取れるポジションにいて、前が動いたら即応。外から迫る差し馬の出方も見ているし、見事な対応。

菊池 ラスト1Fは全馬がバテ合いだったと思いますが、間からグっと出た11番ロックディスタウン。14番ファストアプローチもしぶとく食い下がってクビ差2着。

京介 ロックディスタウンはまだ頭の高い走りでブレそうだけれども、レース運びが良くて詰まる箇所がなかったのが、今回フットワークに乱れが出なかった要因。状況を見て対応しながらの運びで、外を回りつつもロスがなかったね。ファストアプローチも大トビでかなり体力がある。

菊池 マクってきた7番ダブルシャープも最後は一杯一杯になってしまい3着での入線でした。

京介 いや、最後方から追い上げたダブルシャープも良い伸び脚だったんだけど、これはホント惜しかった。その後ろの4着争いも、4頭が横並び。それぞれに難点のある競馬ぶりではあったね。

<結果を受けて…>

170902札幌2歳S結果

菊池 勝ち時計は1分51秒4。この直後に行われた芝2000mの1000万下が2分3秒3と時計が掛かっていました。ただし、翌日の芝1800mの500万下が1分50秒6でした。このあたり、時計の評価はどう考えるのがいいのでしょうか。

京介 決して優秀とは言わないね。遅いことは遅いと考えるべきだよ。将来的にバリバリオープンで勝ち負けする馬だとしても、この条件は2歳500万下条件並みと考えるべきだし、古馬1000万クラスの時計なんてめったに出ないし、出せない。まだ馬体も固まってはいないから。

菊池 ちなみに、過去10年の札幌2歳Sで比較すると、良馬場の開催としては最も遅い時計でしたよね。

京介 そうなってしまうのか。レースを終えてみるとラップがどうであれ物足りなさは残るよ。それと函館新馬戦でレコードを記録したクリノクーニングや、その2着馬カレンシリエージョが評価されていたけれども、そのスピードはここで全く発揮されないしあんまり価値もないということが、今年も証明されてしまったようだね。

菊池 では、上位馬について。

ロックディスタウン

菊池 中3週で北海道への輸送。馬体減はありませんでした。

京介 馬体減がなかったのが何より。そして、四肢の捌きの淀みのなさもちゃんとキープできていたね。いいセンスをしている馬だし、新馬を勝った反動も見られず、また良い状態で出られたということだ。

菊池 初戦は広い新潟外回りの舞台で、スローの上がり勝負でしたが、今回はコーナー4つの札幌で体力を問われる競馬でした。

京介 そうそう。その2つの条件に共通する要素なんて決してないと思うんだよ。これは単純に、適性の幅を超えて馬そのものが強かった、単純な能力が高かったということの証明だと思う。スタミナ適性なら2着馬の方があると思うしね。

菊池 同日の小倉2Rでは、新馬戦で負かした2頭(3着馬・5着馬)が後続を大きくぶっちぎってのマッチレースを演じていました。

京介 そうそう。今週になるまでわからなかったんだけど、ロックディスタウンが勝った新馬戦はちゃんとレベルが高いということが証明されていたんだよね。

菊池 さて、この後は年末の阪神JFでしょうか。途中、無理に使うレースもありませんし、これで春のクラシックは賞金面の心配もいりませんね。

京介 果たしてルメール騎手を確保したまま行けるのか、これもポイントとなりそうだね。2歳戦のうちなら、オルフェーヴル産駒でも阪神外回りマイルは足りると思うよ。

ファストアプローチ

菊池 札幌に入って2走目でした。巨漢馬ですが、仕上がりはいかがでしたか?

京介 見た目にはまだ緩い部分はあるよ。腰が大きく上下する歩様だし。だけども股関節が柔軟でパワー満点の馬体、おそらくルーカスよりも現時点の馬体の横幅は分厚い馬だよね。それが大きな歩幅で勢い良く動けるということが大事。「それなりのレベルでスピードを出せる」という造りだったね。

菊池 終始外を回り続けるレースでしたが、最後までしぶとかったですね。

京介 むしろこれだけの巨漢馬で、体に硬い所がない超大トビ。大外枠は良かったんじゃないかと思う。単純な距離ロスが懸念されたけれども、外枠の馬がちゃんと先手を取ってくれたし、その1頭分外を回る形だったから、あんまり外ロスの影響がないスムーズなレース運びだったよね。

菊池 さて、本州に戻ってどこで活躍できるでしょう。ホープフルSあたりまで暇になってしまわないか?という心配も。

京介 いや、将来的に2000mも十分に行ける馬だと思う。新馬戦で壁にはなったけれども、あのレースで勝てても良かった追走スピードはあるんだよね。そんなにレース選びは苦労しないんじゃないかな。

ダブルシャープ

菊池 クローバー賞を勝ってここに挑んできましたが、イマイチ人気はなかったですね。

京介 ミスマンマミーアともども、パドック周回が始まると道営馬評価のムードがちょっと盛り下がったかな。おそらくは現地の人も「前走ほどじゃないな…」という予感がしたんでしょう。理由は様々でも。

京介 自分の評価としては、胴回りがやけに寂しい。背中が薄い。後肢の捌きも前走より狭くなっている。この辺りが気になったね。

菊池 母系はメジロブライトを輩出したスタミナ色の濃い血統。体力はありますね。

京介 ただ、これだけ時計の掛かる決着になる日だったからこそ、もう少し良い着順を取りたかったね。一番強いというか、上位2頭に対し結構ロスのある競馬をしてしまった。もう少し作戦を練って欲しかったな。

菊池 今後はもう一走して南関東への移籍でしょうか。

京介 どうだろうね。実はダートがあまり合っていないかも…という成績だから、中央じゃないのかなあ。

その他

菊池 2番人気のクリノクーニングは6着に敗れました。

京介 目の前に馬を置くと、終始他馬を気にするそぶりを見せていたし、3コーナーでダブルシャープが行った時もとぼけた反応をしていて、横にも動けずずっと包まれ通し。力を出したようには見えない、だけどビビッドに動けそうな性能もない、というところかな。これは昇級して全く自分の競馬が出来なくなるタイプ。伸びしろも案外だった。

菊池 3番人気カレンシリエージョも見せ場を作れませんでしたね。

京介 こちらはロックディスタウンの真後ろに取りついて、3コーナーでは外に持ち出せる態勢にあったでしょ。それでもダブルシャープが動き始めているのに、ロックディスタウンに全く付いて行けない。完全に速力の差があったね。実力不足。体つきも微妙だった。

菊池 道営馬が3着・7着。日曜日に行われたすずらん賞でも道営馬が1・3着でした。今年はハイレベル?

京介 どうだろう、どの馬も中央馬に対してレース消化数が多く、タフな経験をより積んでいるとは言える。そして今週のように、異様なほど時計の掛かる馬場になれば、道営馬に有利ということはあったと思う。もちろん門別の坂路を使って調整できる強みもあるだろうね。

京介 ただ、今回のように「函館札幌組のレベルがイマイチの様子」「札幌2歳Sが道営馬にやられるかも」といったムードを事前に察せられる状況になれば、それに対応して来るんじゃないのかな。中央デビュー済みのトップクラスの馬が1頭2頭やってきて、鞍上ルメール騎手を配して、キッチリ重賞をモノにしていくと。

京介 これまで福島や新潟組が札幌2歳Sで一息だったのは、ギリギリ新馬を勝てるぐらいのレベルの馬しかやって来なかったからだと思う。相当能力がある馬であれば、今回のように地元札幌デビューでなくても、人気でかっさらっていけるんでしょう。

<教訓まとめ>

・今回のロックディスタウンの札幌挑戦は、やはりサンデーレーシングの真打ちが出てきたか、という印象。ステルヴィオではなかったことが、より本腰を入れていたかと思わせる。1か月前ほどは札幌2歳Sが空き巣になりそうなムードだったが、そこにこういう駒をキッチリ詰めてくるのはさすがと思わせる。

今年も前走函館組が人気で凡走、前走札幌勝ち馬が馬券に絡んだ。前走函館組は間隔が空き過ぎて仕上げが難しい不安があるのかも。そもそも少頭数7~8頭立てで大半が仕上がり途上、スローペース勝ちというものが先に繋がらない。

・当日の芝レースで捲り勝ちした馬が2頭。ファストアプローチは前走捲り圧勝。トラックバイアスの影響をモロに受けやすい体の弱い2歳戦なので、新潟2歳Sと同じく、当日の馬場状態&決着傾向には気を払いたい。

<次走巻き返し警戒馬>

<京介>
・コスモインザハート
…馬格が結構あって非常にいいバランス。馬力も十分。今回は持ち前のスピードを存分に生かすことができなかったが、結構それなりのレベルに足りている馬だと感じた。まだまだ上昇余地がある。

~~~~

菊池 では、今回はここまでです。今週末は 京介さんと展望していきます、よろしくお願いします。