菊池 日曜日の東京では毎日王冠が行われました。こちらの回顧をしていきましょう。

京都大賞典は推奨2頭での決着!ドンズババ
1009京都大賞典推奨ワンツー

https://regimag.jp/blog/kyo_guri/

競馬大予言秋G1号

【G1特集】
菊花賞、天皇賞・秋、エリザベス女王杯

☆アマゾンでのお求めはコチラ↓
■競馬大予言17年秋G1号
http://amzn.asia/8UKJGNV
☆お得な電子版も販売中!

毎日王冠回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/124576

<天候・馬場について>

菊池 先週末は金土日と雨がありませんでした。木曜日の雨が少し残ってか、ダートこそ稍重スタートでしたが、芝は問題なさそうでしたね。

京介 土曜日の朝はだいぶ寒かったけれども、この日は朝の並びからもうTシャツでいいな、と感じるぐらいだったね。日差しが強く、また肌焼けしてしまうんじゃないかというほど暑かったよ。

菊池 金曜日の東京がかなりの雨量で、土曜日の朝まで雨。で、土曜日は道悪で競馬が始まりましたが、回復も早かったですね。

京介 自分は感触としては、土曜日後半の段階でほとんど乾いていたと見ていたから、この日のうちに乾いていたとか、馬場が湿っていたとは全く思わないなあ。

菊池 日曜日は雨の影響もなかったものとして振り返りましょう。

京介 この日は逃げ馬の激走がちらほら見られたけれども、とにかくラスト2Fが速い!中山からこの傾向が続いているけれども、かなり道中ペースが緩みがち。究極の上がりを発揮できるタイプならOKで、末脚に特化した馬であっても激走があった。「それだけできれば足りる」という意味で、ちょっと新潟外回りっぽい印象もあったね。


ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑








<パドックについて>

菊池 12頭立てでしたがメンバーは濃かったですね。秋初戦の馬も多かったですが、全体としてはいかがでしたか?

京介 いやあ素晴らしい馬が多かったね。かなり目を凝らしたよ。良い馬同士であることがまず前提、その中でさらに高いレベルで仕上げた馬もいて、その比較が必要だった。

京介 前日の段階ではどうせマカヒキが良く見えるんだろうと軽く考えていたフシもあったんだけど、バシッと体が決まっていて腰つきもちゃんとしている馬がいたから、いろいろ別の背景も考えなければいけなかったかな。

京介 でも、このレースからG1勝ち馬が2頭以上出てもいいんじゃないか。それぐらい良いと思うパドックだったよ。ソウルスターリングはかなり良い仕上がりだけれど、周りもそれに負けないかさらに良い馬もいたと考えてほしい。もちろん、そのイーブンに近い状況であれば斤量と枠有利なソウルスターリングが人気をするのも当然と。

菊池 1番ソウルスターリングと2番マカヒキの間が大きく開いてしまっていたのが気になりました。

京介 そうそう。パドックではマカヒキがずいぶんとぼとぼと遅く歩いていて、体つきはいいのに気配は良くなかったと思う。気持ちが入っていなかったのは確かかも知れないね。過去にはブエナビスタのようにパドックで気が入らないのにレースで走れた馬もいるけど、そういうタイプは基本ほとんどいない。一応覚えておこう。

<レース展開について>

京介 12頭だけどやけにゲート入りはちんたらしてたな、という印象だね。まず3番ダイワキャグニーから入って、1頭ずつはサクサク入っているんだけど、必ず1~2頭しか入れないから当然間は空く。12頭でスタートが切られるまで50秒だから、そこまで問題ではないけれども、内枠の馬はちょっと待ったかな、という感覚だね。

菊池 大きく出遅れたのは4番アストラエンブレム。その他は概ね揃っていましたが、7番グレーターロンドンや2番マカヒキも決して良いスタートではありませんでした。

京介 アストラエンブレムは痛恨すぎ。スタートはずっと良かった馬なのに、肝心なここで…。グレーターロンドンやマカヒキはこんなものかな。

菊池 好スタートを決めたのは人気薄の3頭。外から11番ウインブライトに、間から6番マッチレスヒーロー。そして内から3番ダイワキャグニー。挽回するように並びかけて行ったのが9番ヤングマンパワーと内から1番ソウルスターリング。

京介 そう。最初の2コーナーまでは、5頭ほどが横並びで誰も主張しそうにない流れ。その中で、ダイワキャグニーがジワッと先手かな、と思っていたんだよ。

菊池  この4頭の態勢でしたが、誰も逃げたくないという雰囲気。掛かる3番ダイワキャグニーの北村宏騎手も抑えることを諦めず、根負けしたように1番ソウルスターリングが先頭に立ちました。ルメール騎手としては不本意。逃げたくなかったんでしょうね。

京介 あそこで1馬身無理に抑えるのも、リズムが悪い感じだったし、下手に緩急をつけたくなかったのかなと感じる。馬の行く気は邪魔したくないけど肘を直角に曲げていたし、迷いはあったと思う。プランにない唐突なスピードを見せてしまったという所なのかな。

菊池 控えて3番ダイワキャグニー。その1馬身後ろに6番マッチレスヒーローで、その後ろが3頭。外から9番ヤングマンパワー。間にもぐりこんで11番ウインブライト。内に2番マカヒキ。

京介 2番手が3歳馬で3番手がダート馬。これはさすがに邪魔しないでしょう。ヤングマンパワーじゃないのか…と。そして後ろはみな57kg以上の牡馬。これだとペースを上げてくる要因が見当たらない。

菊池 この後ろが3馬身ほど開いて8番リアルスティールは折り合いスムーズ。後方は10番ワンアンドオンリーに、外12番サトノアラジン。これらを見ながら7番グレーターロンドン。後方はパラパラとヒストリカル、4番アストラエンブレムが最後方。

京介 一応、中団後ろにいる馬はみんな折り合えてはいるんだよね。出遅れを急がせたマカヒキも、掛かった様子はなさそう。

菊池 馬群は縦長で、前半800m通過が47.8秒で、1000m通過が60.0秒。昨年、一昨年と似たようなスローペースでしたね。逃げ馬不在にしても、リアルスティールを筆頭に、上位に好走した後方待機勢は1.0秒前後遅いペースで進んでいますね。

京介 ただ、このペースだったらさすがに最後尾の馬はもっと早くから動かないとね。それこそ、3コーナーに差し掛かる前辺りから。先頭から1.5秒ほど後ろでは届きっこないよ。

菊池 3~4コーナーでも大きな動きはなく、ルメール騎手は手綱をガッチリ抑えたまま。徐々に後続も差を詰めて行きました。

京介 ただ、差を詰めはしたけれど、先頭に鈴をつけに行く様子はなし。かなりみな慎重だね。

菊池 直線、1番ソウルスターリングは追い出しを我慢するところ。3番ダイワキャグニーがじわっと並びかけていきました。その外から9番ヤングマンパワー。

京介 この時点ではまだまだソウルスターリングは手応え残してるんでしょ、と思いながら見ていたけれども…。

菊池 坂の中腹から7分あたりで外の差し・追い込み勢もスパート。うちで1番ソウルスターリングが3番ダイワキャグニーに抵抗しきれないか?というところに注目が集まる中、仕掛けられての反応が抜群だったのが8番リアルスティール。そして、これについていく12番サトノアラジン。

京介 そう。ソウルスターリングは左手前のままで被せに来るダイワキャグニーに抵抗しきれない。そうこうしているうちに残り300mで直線のムードが変わってしまうんだよね。

京介 まさかの57kg以上の古馬軍団が、上がりの速い決着でグイグイ伸びてくる流れに。

菊池 坂上、残り200mを切ったあたりで、一気に内の各馬を交わして8番リアルスティールが先頭。2番手も12番サトノアラジンが浮上の構えで焦点はその後ろの3着争いへ。

京介 勢いさえつけば一気にスパッと交わせたね。ということは、逆に前の組はペースを楽にし過ぎてトップスピードを持続しきれない走りになってしまったということでもある。

菊池 3頭横並びの中で、大外の7番グレーターロンドンが僅かに届いて3着。3番ダイワキャグニーも見せ場は大いにありましたが4着。

京介 ダイワキャグニーはかなり惜しかったけれども、これで2着争いでの抵抗ができない辺り、実力が一枚落ちると考えたいね。条件も有利だしよくやった、けれども馬券には絡み切れないという内容。

<結果を受けて…>

171008毎日王冠結果

菊池 勝ち時計は1分45秒6。時計そのものは標準程度。スローの上がり勝負だったと振り返ってよさそうですね。

京介 ルメール騎手が自ら展開を仕切って押し切ろうと思ったけれども、そういう競馬に馬自身がハマらなかった。他馬に利するようなスローを作ってしまったと。そこも指摘しておこう。

菊池 57キロ・58キロを背負った5歳・6歳牡馬によるワンツーでした。

京介 どちらかというと、ディープインパクト産駒のワンツースリーだったと捉えたいかな。緩んで直線速い、こういう競馬への対応力の高さが物凄いと改めて感じたよ。

菊池 では、上位馬を振り返りましょう。

リアルスティール

菊池 春はドバイまで行ったものの、現地で外傷性の鼻出血で取り消し。それ以来の競馬でした。

京介 トモ腰がバッチリ決まっていて、明らかに他の馬よりも一枚違う緊張感があったのは間違いない。先を見越した馬が多い中で、この馬は今回狙って仕上がっていたという印象を持った。その差は明らかにあったと思う。

菊池 道中の折り合いもバッチリでしたね。

京介 当日のデムーロ騎手が馬場読みまくりで絶好調だったんだけれど、もっと前に行くのかな?と思いきや、離れた中団で控える形。でもこれでビシッと伸びたからね。デムーロ騎手が調教で騎乗していて、手に入れていた結果だったんじゃないか。「昨年騎乗した時より良い」と好印象だったものね。

菊池 この後は天皇賞(秋)。M.デムーロ騎手はサトノクラウンとのコンビが決まっているので乗り替わりです。

京介 その通り。そこを今回のポイントにしたいね。まず、矢作調教師は1週前のデムーロ騎手騎乗の栗東坂路タイムが速すぎると怒っていたようだけど、デムーロ騎手はこれぐらいやらないと当日仕上がらないという、意見の齟齬があったらしい。

菊池 先を見据えた仕上げのはずが、仕上がり過ぎたのでは?という心配はありますね。「次は乗ってくれないのに」という点からも矢作調教師のお気持ちも分かります。

京介 デムーロ騎手はココで騎乗して次走は替わるし、矢作調教師は若干余裕を持たせた造りで出したかったということだけど、今回はキッチリどころか、ビシッと仕上がった形で出てきた。自分も天皇賞秋よりはこの1800mの方が上手く走るだろう意見を持っているけど、デムーロ騎手は「自分が乗る予定の場面で勝負をかけたかった」背景はあったはず。この馬自身も重賞勝ちから遠のいていたし。

京介 つまり、陣営やジョッキーのさまざまな思惑が交差し、毎日王冠が勝負ポイントになる馬と、そうでない馬との温度差が結構あって、それによって単勝期待値がだいぶ変わってくるということを指摘したい。

京介 ちなみにリアルスティールは、今回左前脚に大きな骨瘤が出ていた。強い追い切りを課してちょっと影響が出たのかもしれない。この中間に速い時計が出せないようだと、今回仕上げた分と脚元の反動の懸念がある。天皇賞(秋)の直前には評価を下げたいね。

サトノアラジン

菊池 こちらも安田記念以来の休み明けでした。状態はどのように映りましたか?

京介 後肢がかなり真っすぐ伸びる直飛節で、やや胴回りがモッサリ映るディープ産駒なんだけれども、今日も後肢の鈍さはあったと思うよ。いつも通りの休み明け、という印象だったね。まあ、それでもこの馬は休み明けで条件が良ければ動ける性能を持っているんだけれど。

菊池 58キロを背負っていましたが、休み明けは走りますね。

京介 ホントそうだね。この馬の場合は、後肢を広く捌けないと良くないから、馬群の外を必然的に回る大外枠もかなりプラスに働いたと思う。府中1800mの大外枠なんてかなり不利に決まっているんだけれど、それでもプラスにできるあたり、G2や準G1レベルのレースだと格上なんだろうね。

菊池 この馬も次は天皇賞(秋)を予定しています。

京介 ただ、そちら方面に進むのであれば、期待値は正直下がるんじゃないかなあと思う。器用に捌けないタイプだけに、2000mの序盤で位置取りを下げてしまうのがどうなるか。その次のマイルCSか香港マイルなら。

グレーターロンドン

菊池 こちらも安田記念以来。今回の状態はいかがでしたか?

京介 いや、この馬はどうにも体つきが寂しく映るなあ。肉付きが増えてこない。重賞級のメリハリのいい体つきになって来ないね。レース後に田辺騎手が「人間でいうと走り込みが足りない状態」というコメントをしたそうだけれど、これは結構いい指摘だと思うね。乗り込みで見についた筋肉量が少ない状態なんでしょう。だから機動力もないし、直線一気のバネセンスだけで走るしかない。

菊池 後方からいつもどおりの競馬。勝負所ではやや置かれ気味でしたが、何とか3着は確保しました。

京介 いかんせん56kgだからねえ。ここら辺が能力の壁なのかな。距離を縮めて、外伸び有利の馬場なら…。

菊池 賞金を加算できなかったので、使いたいところを使えるかが微妙ですね。

京介 そろそろまだ若いから、と言えるムードじゃなくなってきた。正直、この府中の富士Sで良かったんじゃないかと思うんだけれど。

菊池 叩いての上積みに期待!という感じはしないんだよなぁ。やっぱり僕は、ロンドンブリッジ系の成長力は微妙説を唱えたい。

その他

菊池 1番人気ソウルスターリングは8着でした。逃げさせられたにしても、抵抗できなかったですね。

京介 この日のルメール騎手が1番人気でぶっ飛びまくっていて、これはさすがにリズムがおかしいんじゃないか、という話はしていたんだよ。そこは当人に聞いてみないと分からない所だけど…。

京介 ただ、馬自身の履歴から含めて言えば、「休み明けなのに唐突に不本意な競馬をさせられた」というのは間違いない。オークスも持久力良しという内容だったし、根幹距離底力勝負向きのしっかりした体つきだから、ピント外れの競馬だったな、とは思う。

菊池 ちょっとかわいそうな面がありましたね。初の古馬との対戦であの展開では…。

京介 ウオッカはこの毎日王冠でどううまく乗っても勝てなかったし、正直言って変な競馬をして負けてしまうのはあまり気にしなくても良いと思っているよ。馬体はいいんだし、巻き返すでしょう。

京介 負け過ぎたことでの影響はいろいろ心配したいけれど、まあ今回の競馬で弱いだの言いすぎる必要はないね。

菊池 2番人気マカヒキは6着。復調気配は感じられましたか?

京介 馬体はもとから本当に良く見せる馬だから、今回もそれだけのものを見せてくれたのは良かった。この馬こそ本質2000m以上でしょう。なので負けたことは気にしなくても良いと思っている。

菊池 ここから天皇賞という馬も多いですが、中2週なので、関西馬は状態の維持がカギですね。

京介 でも、毎日王冠で差して8着辺りに負けても、天皇賞(秋)で大いに巻き返した例は数多いからね。レースの質が全く違うということ、ただ直線でだけ脚使っての負けは気にしなくて良いこと。ここを押さえておけばいい。

京介 逆に言えば、この毎日王冠は、やっぱり1800mとしてレベルの高いレースだということだね。1800m得意なタイプを積極的に推して、本番型の馬はずっと消す手で良かったということ。ソウルスターリングは「良い条件でしょ」とかなりの人が思ったけれども、そうではなかった。今回はそこが一番のポイントだったんじゃないかな。休み明けの3歳牝馬に責任を背負わせ過ぎた、という部分もある。

<教訓まとめ>

・毎日王冠は1800mのレース。今年は意外と東京2400mG1勝ちの底力タイプが人気を集めたが、そういう馬がサッと反応できるレースではない。そこさえ気遣って予想すれば、大きくは間違わないはず。

・次走の天皇賞秋やマイルCSに向けてのひと叩きと考えている陣営と、この1800mで賞金を獲得しないとまずいと考えている陣営との差はかなり開きがあり、当日のパドックで明確に仕上げの差が出る。だからこそ、1800m実績のあるなしはだいぶ大きい。

・ルメール&デムーロ騎手のその後の動向を読む考えも必要だったか。本番で騎乗できない馬への依頼ならば、今回が勝負と読める。中間の追い切りを見て判断はできるはず。

<次走巻き返し警戒馬>

<京介>
・マカヒキ
…やはり距離が欲しいと思うコンパスの長いタイプ。そして内田博幸騎手は相変わらずリズムが悪そう。鞍上が替わるなら。

<菊池>
・ソウルスターリング
…今回は苦い経験をさせられてしまったが、無理をせずダメージを残さない競馬になったのは不幸中の幸い。全馬が58キロを背負う天皇賞でこそ、3歳牝馬54キロのアドバンテージが活きる。

~~~~

菊池 では、今回はここまでです。今週末は府中牝馬Sと秋華賞を京介さんと展望していきます、よろしくお願いします。