菊池 土曜日に中山で行われたステイヤーズSを回顧していきましょう。

年末~来年の競馬のお供に!!




待望の1番人気新刊!!




ステイヤーズステークス回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/135252

<天候・馬場について>

菊池 土曜日の中山は、芝・ダともに良馬場で開催が始まりました。

京介 土日ともにきれいな青空が晴れ渡り、強い風もない穏やかな天気だった。肌寒さはあるけれど、厳しい寒さにならなかったのは幸いだったね。メインレースのパドックは西日っぽくなるけれども、まだ年末年始のように日差しが目に入る角度じゃない。パドックに入る人も少なく、非常にやりやすかった開催だね。

菊池 どうでしょう。久々に開幕週から内有利気味に始まった印象です。

京介 いやあ~なんだろうかね。芝根がやけに強いのかな。この日のメンバーが異様に弱かったのか、追走でバテる馬が多くて、馬群の外を回る馬が一切来れなかった。内ラチ沿い1~2頭分しか使えない日なんじゃないか?!と思うほど前有利&内有利だったよね。

京介 だけど、ぐるっと1周以上回るこのステイヤーズSは、そういう状況はほとんど関係がない。前の組は目標にされやすく、追走の中で捲って動く余地が何回もあるからね。


ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑








<パドックについて>

菊池 10頭立ての少頭数。パドック内の格差も大きかったのではないでしょうか。

京介 うーん。という印象だったよ。フェイムゲームにも不満を持つ高い目線で選ぶと、もう馬を拾えない。どの馬も腹構えが緩くて、スッキリしていない形だったから、妥協・妥協だったなあ。シルクドリーマーとシホウは、このタイミングで馬体増えてしまうのか~という。

京介 その中でアルバートだけが、いい前哨戦を叩いて腰つきも安定した形で出てきていたね。パドックの時点で、もう準備の質の差で3連覇目前という印象だった。

<レース展開について>

京介 中山の3600mは、スタンド前4コーナー寄りの坂下位置からスタート。スタンド前なんだけれども今年はそれほど喧騒が目立たなかったのかな。ファンファーレ途中からさっさと枠入りを始めていたね。

京介 1頭ずつ丁寧に入れても頭数が少ないからサクサク入って、ものの40秒ほどでゲートが開いた。奇数番枠の馬でも全然待たずに済んだほど。

菊池 まずは出ムチを入れて気合いをつけられた3番グランアルマダ。それでもハナに立つのに少し苦労したように、ここですら出足が遅いのですが、ハナを奪っていきましたね。

京介 周りに急ごうとする馬が全くいなかったよね。今回のメンバーだし。4番シルクドリーマーは出足良かったんだけれど、手綱を引いて抑えた。

菊池 2番手が4番シルクドリーマーで、1番デルマサリーチャン。そして6番シホウ、5番プロレタリアと続いて行きました。

京介 デルマサリーチャンは作戦かな。おそらく。プロレタリアトは意外と前。

菊池 人気の2頭は2番フェイムゲームを見ながら9番アルバートという態勢。2頭の後ろに7番プレストウィック。特に動きもなく、縦長の隊列でまずは丸一周回ってきました。

京介 縦長になったけれども、1周目は例年動きが無いものだし、ここではまだ展開的なものはない。

菊池 前半1000mが62.7秒。次の1000mが63.3秒という流れでした。これだけの長距離戦で少頭数なのですが、昨年よりは流れていましたね。

京介 これはグランアルマダ石橋脩騎手の意図ではある。ただ、これだけ速めた分を途中も維持するのかと思いきや、やっぱり直線ゴール板前で緩めてしまうね。あそこを同じペース配分では行けないか。

菊池 2周目の向こう正面、3コーナーを迎えるあたりで3番グランアルマダは手応えが一杯に。4番シルクドリーマーが代わって先頭へ。そして、人気の2頭。まずは2番フェイムゲームが外から動いて行きました。

京介 有力馬に騎乗する外国人騎手は、戸崎騎手の狙いはおそらく分かっていた様子。隊列に変化があるようならそこから仕掛けよう、とする雰囲気もあったしね。

菊池 4コーナーでは2番フェイムゲームが先頭に立とうという勢い。これを見ながら9番アルバートもついて行き、先行各馬には苦しい展開。

京介 有力馬がみんな手応え楽だものなあ。ちなみに、内ラチ沿いで脚を溜めようとしていた馬も、ちょっとここでは動きづらくて難しそうな様子。

菊池 直線は2頭のマッチレース。2番フェイムゲームが先頭に立ちましたが、一気に9番アルバートが並んで交わして、あとはリードする一方。

京介 ここのラップを詳しく見直せば、直線でさらにもう一段ギアを上げての伸び脚だったから、コース適性も高く地力も上だったという印象だね。

菊池 2頭の後方から迫った9番プレストウィックは3着を確保するまで。

京介 この馬は実力的に仕方ないけど、勝ちに動く様子はなく直線入着狙いの仕掛けに見えたなあ。

<結果を受けて…>

1203ステイヤーズS結果

菊池 勝ち時計は3分43秒0。アルバートは3回目の同レース制覇ですが、3度目にして勝ちタイムを更新。過去10年で見ても最速でした。

京介 この条件に限って言えば素晴らしい内容だね。この他のレースで役に立つかどうかはともかく、まだしばらく長距離戦のトップクラスを張れるんじゃないかな。

京介 そしてフェイムゲームも、展開が動いた時に即応して直線も変な止まり方はしていない。G1にたまに出る中長距離戦安定株は、この条件でもちゃんと走れるし、それほど中山&東京での得意不得意はないと証明された形だね。

菊池 では、上位馬について。

アルバート

菊池 3度目のステイヤーズSでしたが、仕上がりはいかがでしたか?

京介 前走よりも確実に良かったと感じたよ。腰の支えがビシッと決まっていて、腹構えもスッキリ。ステイヤーはやっぱり、レースを使いつつ叩いて仕上げた方が良いのかな、と感じた好仕上がりだった。

菊池 危なげない完勝劇でしたね。

京介 危なげなかったのは、周りにそれほど有力馬が出てこなかったから。もう少し頭数が多くて、この馬をちゃんとマークできる実力馬が他に出てきていたら、正直分からないけどなあ。他のレースに出た場合は、もうだいぶ反応が鈍くなっているようだし。

京介 だけどムーア騎手の口からは、絶賛の嵐だった。本当に良い手応えがあったんだろうね。ちゃんと段階を踏んで仕上げる限りは、大崩れしにくいのではないかな。

菊池  さて、今後ですが。ダイヤモンドSは59キロ以上になりそうですし、阪神大賞典に向かうのでしょうか。ひとまず有馬記念を使うというプランもありそうですが。

京介 好調の内に有馬記念を使うと、春先がしんどそうで悩ましい所だね。ぜひ天皇賞(春)に、きっちり整うように仕上げて臨んでほしいんだけれども。

フェイムゲーム

菊池 京都大賞典から16キロの馬体増でした。見た目としてはいかがでしたか?

京介 見た目としては、あんまり腹構えが良いとは思わなかったなあ。後肢の送りが左右非対称だし…。やっぱりアルバートの方が良いと思ったよ。単純にこの馬の単勝があるような仕上げじゃないなあと感じてしまったね。

菊池 この馬もアルバートと似た悩みを抱えていると思いますが。有馬記念なのか、ダイヤモンドSなのか。

京介 天皇賞(春)での好走がある馬だから、そこを遠くに目指せるローテーションを組むだろうけど…。ダイヤモンドSには出てきてほしいなあ。

プレストウィック

菊池 アルゼンチン共和国杯以来でしたが、状態はどうでしたか?

京介 体つきは柔らかいけど後肢の反応が鈍くて、それほど良いとは思わなかった。実は今回、両前肢の蹄に明らかに部分補正した跡があって、ちょっと蹄を悪くしていたのかなあと…。おそらく根詰めて仕上げた悪影響かな。だけど何とか結果は出すことができた。

菊池 上位2頭とは差がありましたが、3着は手堅く確保。十分な結果でしたね。

京介 昨年と同じぐらいに走れたと考えてもいいのかな。目の上のタンコブがどいてくれない限り、このレースで勝ち負けは望めなさそう。それに今回の激走で、蹄にダメージ残りそうだしなあ。

その他

菊池 人気どおりの順目決着。枠連220円を手堅く獲りに行くレースだったんだなと改めて感じる程度で特に感想なし…というのが正直なところ(笑)。

京介 それと、このレース以前の中山芝レースは、かなり特殊な傾向が出ていそうな雰囲気だったよね。配当が荒れまくって。そうした極端な状況であっても、このステイヤーズSは脚質恵まれがあり得ないレースだということを、改めて示したね。力のあるステイヤーはなかなか衰えないし、一度その水準に辿り着かないと連対すら難しいと。

京介 それとアルバートのように衰えのない確かな実力馬が出走を表明する限り、なかなか他路線からチャレンジしようと思う馬が出にくくなる、ということもあるかもしれないね。アルバートが出るのなら、ダイヤモンドSに向かいますわ…という馬が3~5頭ぐらいいるかも。

<教訓まとめ>


・ここ最近は馬場整備もしっかりしてきて、スタミナのある馬が崩れにくくなってきた結果、堅い配当となることが増えた。他の重賞に比べて連覇しやすくなったレースだと言えそう。

・それにしても外国人騎手の上位寡占現象が酷すぎる。おそらくムーア騎手やボウマン騎手は、アルバートやフェイムゲームがいなくなったとしても、違う有力馬をあてがわれてまた勝ち負けするのではないか。

・季節の変わり目で一気に気温が下がるシーズンだけに、休み明けで出走する馬はだいぶ余裕のある造りで出てくることが多い。アルバートのようにひと叩きふた叩きで万全の態勢で臨む方がいい。ファタモルガーナのように過去の同条件好走馬でない限り、良い仕上げでは出られないと決めつけて評価を下げるのも可。


<次走巻き返し警戒馬>

<京介>
・なし

<菊池> 
・なし

~~~~

菊池 では、今回の回顧はここまでです。今週末は3重賞。阪神JF・カペラSを京介さんと、中日新聞杯をオクノさんと展望していきます。よろしくお願いします。