菊池 日曜日の阪神では阪神JFが行われました。こちらの回顧をしていきましょう。

17年12月競馬大予言新春号

★有馬記念の予想満載!
競馬大予言18年新春号は12月14日(木)発売
↓アマゾンでのお求めはコチラから
http://amzn.asia/f52I4lB

待望の1番人気新刊!!




阪神ジュベナイルフィリーズ回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/136695

<天候・馬場について>

菊池 土日ともに雨は降らず、気温は低かったですが、雨がなくてよかったですね。

京介 中山も寒かったけれど、阪神も大分寒くなっていたようだねえ。雨に関しては、あれだけ怖がらせていたけれども、どうやら後ろの日にずれこんだようだね。阪神JF週は本当に雨が降りにくいジンクスが今年も続いてくれた。

菊池 馬場状態ですが、今週も概ねフラットな状況だったと考えていいでしょうか。直前のレースでは、内なのかな?と思えた瞬間もありましたが、ペースが流れれば普通に外からも差しが届くといいますか。

京介 内外どちらかなのかがいつになっても良く分からないというか、ちゃんと馬場を整備し続けているという印象を受けたね。

京介 エアレーションの効果で馬場が柔らかく、蹄跡がつきやすい傾向があるんだけれども、簡単に剥げるようではなさそうだし、大外ばかりが伸びるわけでもない。常に均等な状態を保とうとしている努力を感じるよ。

京介 なのでこの週の方針としては、「ちゃんと距離が持つ馬」を正当に評価する方向で良かったんじゃないか、と思うね。


年末~来年の競馬のお供に!!



ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑







<パドックについて>

菊池 ファンタジーSを勝ったベルーガが直前で出走できなくなってしまいましたが、2勝馬も多く、実績面で言えば平均~平均強のメンバーだったかと思いますが、いかがでしょう。

京介 うーん、でもパドックを並べると上下差がハッキリしていたようには感じたなあ。今回の出走馬は2勝馬が7頭いたんだけれど、この2勝馬とそれ以外で、だいぶ開きがあったように感じた。上位人気馬はみなかなりまとも、だけど実績が下の馬の見劣り具合がキツかったなあという印象だね。

菊池 その中での優劣を見ていくパドックでしたね。

京介 リリーノーブルは正直びっくりしたな。飛節の折りが極端に深い馬なんだけれど、新馬戦の時のぎこちなさが抜けて、明らかに後肢をきれいに捌けていた。いい所に力がこもって、いい成長があったようだね。ラッキーライラックは本当に良かったし、ロックディスタウンは見た目には全く問題ないように感じた。マウレアはもう少し先かな…とは思ったね。

京介 ソシアルクラブはなかなかの馬に思えたけど、上位人気の方がレベルは高い、という差はあったと思う。そしてコーディエライトは予期した通り脾腹が寂しかった。

京介 今年の勝ち時計も、1分34秒3となかなかのタイム。1分35秒フラットにどう考えても届かない馬と、1分34秒台の勝負に絡められる馬とで、ハッキリしていたんじゃないかと思うんだよね。

<レース展開について>

京介 阪神外回り1600mのスタート地点は向正面の途中。大分ファンファーレも響くし、ちゃんと演奏が鳴り終えてから、まだしばらく鎮まるまで輪乗りを続けていた。

京介 枠入りは見たところ全く問題なかったと思う。奇数→偶数に切り替える時になぜか間が空いたけれど、誰も嫌がらずに入ったね。おおよそ52秒程でのスタートなら早い方。

菊池 バラついたスタートになりました。半分くらいが出遅れていましたか。

京介 横へ逃げる馬はいなかったけれども、とぼけたスタートの馬が多かったようだね。たたらを踏むようにちょこちょこと走っていたり。

菊池 まずは枠なりに2番ラテュロスが先頭に立とうというところ、5番ラスエモーショネスがかわして行きました。2番ラテュロスが譲って2番手ですが、そこに外から17番コーディエライトがグーンと外から浮上。

京介 ラスエモーショネスの幸騎手は気持ちを決めて強気に主張していた。ラテュロスとコーディエライトはほぼ馬なり。

菊池 そして18番ロックディスタウンも一気に前へ。ちょっと持って行かれ気味でしたかね?

京介 ルメール騎手はコントロールしながら流すように折り合わそうとはしていたけれど、確実に馬はカッカしていたよね。若い馬の場合は、大外枠を引いたことが直接の敗因になる一つのパターンだね。やる気が前面に出過ぎてしまうという。

菊池 そんなわけで、前半2ハロンで先団は目まぐるしく動き、およそ3列目に1番サヤカチャン、6番マドモアゼル、7番リリーノーブルの3頭。その後ろに4番マウレア。外に11番ラッキーライラック。この2頭が中団以下のグループを牽引。

京介 ラッキーライラックの石橋脩騎手は、まず馬なりで出て他の馬の挙動を様子見していたら、自然と真ん中あたりの位置取りになったもの。ガッチリ引っ張ったわけではない。

菊池 以下は概ね人気薄グループが集団を形成。前が引っ張ったこともあり、やや縦長の隊列になっていきました。

京介 「やや縦長」が適当な表現だね。本来ならこの後ろの組は、ペースに対して追走スピードに欠いた後ろの位置取りだもの。

菊池 前半600m通過が35.3秒、800m通過が47.7秒。見た目には出入りの激しい展開でしたが、ここ4~5年と比べると遅い流れでしたね。

京介 そうそう。年を経るごとにマイル以上の距離を勝った馬の比率が増えているし、展開もこうなりがちでしょう。

菊池 3コーナーでは大きな動きもありませんでしたが、 18番ロックディスタウンはずっと行きたがっているのを何とかルメール騎手が抑え込んでいる状況。4コーナーでは、7番リリーノーブルが外に出していきました。

京介 ルメール騎手の騎乗姿勢がいいから、ピタッと一切の挙動がブレないような追走だけれども、馬には確実に力みがあったよね。

京介 リリーノーブルは4コーナー出口でもう手前を左に替えてしまっているけれど、外に馬がいないから軽く膨れても問題なかった。

菊池 坂に差し掛かるあたりで、18番ロックディスタウンは抵抗できなくなり、一気に7番リリーノーブルが先頭に躍り出ます。そこに外から追ってきたのが11番ラッキーライラック。遅れて4番マウレア。

京介 ラッキーライラックは、先頭の組の動きがハッキリしだした辺りから追い出しているし、競馬を作った馬を差すような仕掛け。

京介 マウレアの戸崎騎手は、内枠で辛い位置だったのに、4角出口以降から選択したルートが見事。仕掛けたマドモアゼルの後ろからリリーノーブルに目標を移し、壁で詰まることなく馬場の外へとスムーズに詰まらず持ち出せた。

菊池 坂を登り切るあたりでは、11番ラッキーライラックの方が交わして先頭。懸命に食い下がる7番リリーノーブル、2着は確保。4番マウレアが3着。

京介 直線で内ラチ沿いにいた馬の大半が、直線半ばに至る前にバテてしまう。残り200mになる前に、もう勝負になるのは片手で足りる程度の馬しかいなかった。大前提として、ちゃんとマイルを高いレベルで走り切る、しっかりしたスタミナがあったうえでの加速力が必要になるレースだったね。

京介 後続を引き離した上位3頭は、みな新馬→2戦目両方とも芝1600mを使い、2連勝していた馬だったね。

<結果を受けて…>

1210阪神JF結果

菊池 勝ち時計は1分34秒3。概ね平均並みの時計は出ました。

京介 序盤は前が引っ張ったと言えるけれど、確かな決め手を持つ馬がさらにレベルを引き上げた、と言える内容だった。上位3頭は展開の恩恵抜きに、自分の走破力の分でこの時計をしっかり走り切ったね。

菊池 全体的なラップとしては、速い流れではなく、平均~ややスローペースでの上がり勝負だったという解釈でいいでしょうか。

京介 本当は、能力の格差が大きい2歳戦でスローとは言いたくないけれどもね。上位3頭にとってはこの流れは楽なスロー、そして直線でバテた先行馬にとっては、この流れは平均ペース水準だったんじゃないかな。前で張った馬は、中盤で緩めてその分上がりをまとめるという能力がなかった、と言える。

菊池 では、上位馬を振り返りましょう。

ラッキーライラック

菊池 馬体重には大きな変化はありませんでした。直前は2週続けてCWで目立つ動きを披露していましたが、見た目にはいかがでしたか?

京介 いやあ良かったね。体つきもスッキリ見せつつ筋肉量の不足がなかったし、比較的大きめの馬体を過不足なくしっかり捌けている。性能の高さももちろんだけどいい仕上げだったと思う。

菊池 掛かるロックディスタウンを前に見ながら、落ち着いたレースぶりが目立ちましたね。

京介 気が張って掛かってしまう馬がいたことと対照的に評価するなら、いい感じのとぼけ方だったと思う。この気性と決め手の確かさは、もっと長い距離に出ても対応できるものでしょう。

菊池 これで3戦3勝。クラシックの主役として桜花賞を目指すことになります。

京介 石橋脩騎手の勝利ジョッキーインタビューは、どうも気が抜けたしゃべりだったけれども…。どうなんだろう、この馬の主戦として春も騎乗できるんだろうか。ここが心配だなあ。松永幹夫厩舎は、かなり石橋脩騎手を買ってる厩舎なんだけれどもね。

リリーノーブル

菊池 メンバー中、もっとも大きな494キロで出走してきました。パドック映像の印象はいかがでしたか?

京介 先ほども触れたけれど、大きな体格と同時に飛節の角度がかなり深い馬で、後肢が暴れる走りだったのが初戦。そこからいい筋肉がついて、しっかりリズム良く後肢を捌けるようになった。かなり理想的な成長をしてきたと思う。自分はもっと時間が掛かるものと思っていたよ。

菊池 中1週でしたが、前走を余力たっぷりに勝てたのが大きかったですね。

京介 レース内容としては、前走の内容は一息じゃないの?と思ったんだけど、むしろ逆に疲労が残らない形という意味で良かったのかもね。

菊池 ラッキーライラックとの勝負付けは、春に持ち越しという印象でしょうか。この馬もレースが上手なので、今後も楽しみです。

京介 完全に自らの動き出しで、ロックディスタウン相手に負かしに行ったものだしね。まさかロックディスタウンがあんなに抵抗なく下がるとは思わなかった、というところかな。そのアヤはあったかもしれない。

マウレア

菊池 輸送を挟んでマイナス4キロ。何とか力を出せる状態は維持できたでしょうか。

京介 いやー、でも今回のパドックで見比べても寂しい!手先が長く胴回りもちょっと長い方だから、なおさら細いと感じるよ。捌きもまだ硬いままだった。アユサンの下だから、春になってまたいい筋肉がついてくることに期待したいね。

菊池 勝ち馬の内を進んで良いレースができたと思います。2着馬との差は仕掛けのタイミングと言いますか。逆転できないほどの差ではない印象で。

京介 馬群の内でピタリと折り合いつつ、勝負所でいい加速力を発揮できる。立ち回り性能に優れていて、狭い所にいても余裕があるのはいい。

菊池 来年は桜花賞当時の全姉アユサンのように、栗東滞在というプランもあるでしょうね。

京介 でも自分はもっとボリュームアップを果たしてほしい、と感じたよ。いい筋肉が保証されれば、今回の上位2頭を超す馬になってもいいんだけれど…。

その他

菊池 4着はトーセンブレス。上位3頭からは離されましたが、上がり最速タイをマーク。前走の1番人気がダテではないところを見せることはできた、といった感じでしょうか。

京介 この馬もアユサン以上にトモが寂しく、歩様が窮屈。今回は他の馬がバテた分の、離された4着だから。競馬としても走破力としても、評価されすぎていると思う。自分は今回の馬体も、レース内容も物足りないと思うよ。

菊池 モルトアレグロは5着。この馬なりに頑張った印象ですが。

京介 前に馬を置いてガッチリ構えれば折り合う、というのは実現できていた。ただ、その分仕掛けるタイミングが難しかったし、上位の速力が違いすぎた。外枠だからこそなお乗り方に悩む場面だったなあ。いい馬なんだけれど、本質短距離馬だし、やはり不利な条件だったかな。

菊池 ロックディスタウンは9着に敗れました。休み明け、大外枠、直前輸送など、厳しい条件を跳ね返せなかったですね。

京介 世間の人たちも、あるいは自分たちも、それが厳しい条件だとは思わなかったんだけれどね。こちらが思った以上に、「それで崩れちゃう?!」と感じた敗戦だった。

京介 ルメール騎手の口から、もう少し別の質の敗因が出てこないかな?と期待しているんだけれど…。直前追い切りでの遅れもあったし、中間の調整で何かなかったか、とは思う。

菊池 ソシアルクラブは8着。今回は12キロの馬体減がありました。

京介 思った以上にキツく仕上げたな、という馬体減だったね。でもパドックはぎこちなさ皆無だったし、現状はこの仕上がりで良かったのか。

京介 でも結局は出遅れて追走も見劣りしていたし、1分34秒台でグイグイ伸びる馬に全く追い縋れなかった。スピード不足、ひいては新馬戦の物足りなさに起因する追走負けだったかと思う。

菊池 ロックディスタウンが大敗してしまいましたが、概ね人気どおりの決着ではありましたね。

京介 マイル戦を2連勝、というわかりやすい距離適性の高さを持つ馬が1~3着で、勝ったのがマイル重賞勝ち馬だった。そこに、1800mしか勝っていないロックディスタウンがいろいろ騎手やら重賞勝ちやらで人気を集めたけれど、ピント外れの競馬をしてしまったと。

京介 今回のレースに対する相性や準備を追えば、非常にわかりやすい決着だったのかな、とは思うね。最後に、ロックディスタウンがここまで崩れたのはなぜか、だけ今後どこかで突き止める機会があればいいかな。


<教訓まとめ>


・札幌2歳Sを経て阪神JFを制した馬も過去には確かにいたが、間隔も開くし本来は決して理想のローテーションではない。安定感ではやはりアルテミスS組の方に軍配は上がる。

・過去10年で7勝、今年もワンツーを決めたノーザンファーム生産馬。高いレベルの競馬にも即対応できる馬を続けて輩出している信頼感は大きい。

・常に良い新馬を優先的に回してもらえるルメール騎手だが、今年の阪神JFは、ルメール騎手騎乗の新馬勝ち馬はロックディスタウン以外にいないメンバーで、ルメール騎手の騎乗選択肢は他になかった。昨年はディーパワンサ、ジューヌエコールらの選択肢から良い馬(ソウルスターリング)を選択できたが、今年は事情が少々違った。今回は過剰人気に注意、とすべきだった。


<次走巻き返し警戒馬>

<京介>
・モルトアレグロ
…力は確実にあると思うが、やはりマイル戦はこの馬の好走する部門とベクトルが違う。来年の1400m重賞を狙う心づもりで。

<菊池>
・ロックディスタウン
…やはり今回は人の都合に振り回されてしまった感がある。立て直せばこんな馬ではない…と思いたいのだが。オークスまで待つくらい、気長に考えた方がいいのかもしれない。

~~~~

菊池 では、今回の回顧はここまでです。今週末は2重賞。ターコイズS・朝日杯FSをともに京介さんと展望していきます。よろしくお願いします。