菊池 土曜日の中山では中山金杯が行われました。こちらの回顧をしていきましょう。

17年12月競馬大予言新春号

★有馬記念の予想満載!
競馬大予言18年新春号はソコソコ好評発売中!
有馬記念・東京大賞典はもちろん、2月の重賞・特別まで使えるデータが盛りだくさん!
↓アマゾンでのお求めはコチラから
http://amzn.asia/f52I4lB

待望の1番人気新刊!!




中山金杯回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/143540

<天候・馬場について>

菊池 天気はよく、金曜日の雨予報も回避したのはよかったですね。

京介 いやあ、中山競馬場は盛況だったよ。随分混雑していたなあ。雲一つなく透き通る青空。それほど強い風も出なかったから、日中に暖かかったのも影響していただろうね。毎年中山金杯は地元民で盛り上がる重賞だけれども、土日月の3日のうち、一番の入場だったと思うよ。

菊池 Cコースに替わりましたが、内の傷んでいる部分は隠れきっていない印象を受けます。

京介 確かに。内ラチ沿い1~2頭分ぐらいは芝が剥げたままだったね。これはもう、すぐにボロボロになるなと思っていたんだけれど、この土曜日のうちはまだ内側を通る馬が我慢していたね。おそらくは年末開催からちょっと間隔が開いていたうちに、多少の補正はしたのでしょう。

京介 開催が進んでレース数を消化した日曜、月曜になると、勝ち負けするのはもう外を回る馬ばかりだった。


ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑








<パドックについて>

菊池 17頭立てと頭数は揃っていました。正月開催で大幅増減もチラホラ。パドックの印象はいかがでしたか?

京介 例年の中山金杯よりは、パドックの全体の気配はシャキッとしていたかな。その理由としては、どの馬も案外良くて、一気にグダっていた馬が全然いなかったためかな。

菊池 今年は追い切り日がズレずに済んだのが大きかったですかね。ナイスカレンダー!と言う感じで。

京介 そう。正月の全休日が1週前追い切りと最終追いきりとで被らず、今年の金杯も土曜日。5日ではなく6日にズラしたのが、逆算すると意外と良かったのかも。例年よりも調整しやすかった、という背景はあるだろうね。

菊池 裏を返せば、いかに例年の日程(平日単独開催)がキツイかってことでもあり。

京介 特に今回のセダブリランテスは、「いつもより体調が落ち込まなかった」というよりも、「前走よりちゃんと上向いてきた」と感じる形だったのが良かったね。金杯パドックであれだけ歩様に勢いがあって、手先に十分力が通っている馬はなかなか見ないよ。

菊池 そのあたりは、やはり外厩パワーの成せる業という面も。

京介 そして、前走大敗でベストの状態に遠いという馬は、この年末年始の休みを挟んだ日程だと、なかなか巻き返せないのはいつものこと。ダメな馬はダメなまま、といういつもの金杯だったね。

<レース展開について>

京介 中山2000mのスタートは4コーナーから直線に合流するところ。この日はかなりの入場だったようで、スタンド前にはズラッと人垣ができてだいぶ騒がしかった。

京介 だけど、馬が落ち着かないんじゃないかと思っていたのに、ファンファーレが鳴り始めてからサクサクゲートに入れていたね。ファンファーレもうるさいし拍手と歓声で沸いていたのに。だいたい40秒ぐらいで全馬がゲートに収まって、45秒にはスタートとなった。かなり早かった印象だね。

菊池 パドックから気難しい面を出していた9番ダイワキャグニーがゲートでもうるさかったですが、何とか出ましたね。そこまで大きな出遅れもなく、まずまず揃った部類だったでしょうか。

京介 17頭立てでこうまで横並びで出ると、どうしても外枠の馬は隊列不利が大きくなるよね。それにしてもデニムアンドルビーでも一歩目はスタート出たのに、カデナは全然スタート上手くならないねえ…。

菊池 14番マイネルミラノが序盤からは行けず。どの馬が行くのか?という部分は、前半の1ハロンで先行馬がお見合いのような状態に。坂でジワーッと先頭に立って行ったのが3番トーセンマタコイヤ。譲って2番手に6番セダブリランテス。ハコ内の絶好位に1番ウインブライトが納まって、外に12番フェルメッツァが続いて行きました。

京介 トーセンマタコイヤの内田博幸騎手とフェルメッツァの田辺裕信騎手は、スタートから押して出て行った。かなり高い位置を取りに行こうという意識はだいぶあったようだね。セダブリランテスは鞍上の戸崎騎手持ったままなのに、逃げそうになるぐらいの行き脚の良さだった。

京介 しかしマイネルミラノが中団追走だとは。こんなに枠の内外の差が響くものなのかと。結構驚いたね。

菊池 3番トーセンマタコイヤが早めに息を入れてスローペースで運ぶ中、前は1コーナーの隊列のまま2コーナーへ。5番手に10番タイセイサミット。15番ショウナンマルシェと続いて、2番レアリスタ。その外、7~8番手に9番ダイワキャグニーがいました。

京介 1コーナーに接近する前から馬群はラチ沿いにて窮屈に固まる形。明らかに内側4頭分まで荒れているように見えるんだけど、騎手の意識としては「内がかなり有利だからロスしないよう進もう」という意識が見て取れる。

菊池 向こう正面で、9番ダイワキャグニーの外からスーッと浮上していったのが14番マイネルミラノ。遅い流れになりかけていたところで動いて行きました。

京介 マイネルミラノ自身はこれまで何度も試している、向正面真ん中あたりでのスパートだね。流れも膠着しているし、自分から仕掛けないとどうしようもない不利な立場からの捲り。

菊池 ちなみに、中団より後ろに11番ストレンジクォークと13番ジョルジュサンクら。17番カデナは後方から3~4頭目あたり。7番ブラックバゴは最後方待機でした。

京介 ここら辺の馬は序盤から全く仕掛けてないと見て良いぐらい。ストレンジクォークは道中微妙に掛かる様子もあった。

菊池 前半1000m通過は61.5秒。ここまでは荒れた馬場を考慮してもやや遅い流れでしたが、ちょうど1000m通過地点あたりで14番マイネルミラノが先頭に代わって、一気にペースが上がって行きましたね。

京介 マイネルミラノのこの仕掛けは仕方ない、と感じる。序盤思ったより後ろに回ってしまったし、しかもペースは思った以上に遅い。自分が残るためには早めに動かして、先行勢を慌てさせないといけないしね。だけど、前にいた有力馬はこれで慌てなかった。

菊池 14番マイネルミラノが先頭に立って3コーナーからは、ほぼ全馬が手を動かしている状態。4コーナーでようやく少し隊列が詰まってきましたが、後方にいた馬は仕掛けるタイミングが難しくなったんじゃないでしょうか。

京介 隊列も縦長になってくれないし、むしろコーナーでは馬群が外に6頭分ぐらい膨れて邪魔だしね。この膨れた中団より前にいた馬が明らかに隊列的には有利でしょう。

菊池 直線入り口。まだ14番マイネルミラノが粘っていますが、直後から絶好の手応えで進路を確保したのが1番ウインブライト。松岡騎手としては、絶好の展開でシメシメという追い出しだったのではないかと見えましたね。

京介 ウインブライトはここまでインベタロス無しで、トーセンマタコイヤの内を掬っているから勝負所でもインベタを通れている。これで十分に脚が溜まっていた。これ以上ない騎乗でしょう。

菊池 残り200mを切ったところで1番ウインブライトが先頭。14番マイネルミラノは後退して、外から再び盛り返してくる6番セダブリランテスとの一騎打ちムードに。

京介 セダブリランテスは捲りが来た後、3コーナーから結構追っ付けていて反応が悪そうだった。ウインブライトが完璧な競馬をしているから、もしやと思ったけれど、ちゃんと後半伸びてきたね。

菊池 坂を登り切るあたりで、ようやく追い付いてきた後方待機勢が殺到。その中で脚色が目立っていたのが11番ストレンジクォークと、大外の7番ブラックバゴ。間の9番ダイワキャグニーは、伸びているものの劣勢。

京介 この追い込み2頭の脚は凄かったな。どちらも前走1着馬。この冬場に良い状態で仕上げてきていた2頭だったね。

京介 ダイワキャグニーは今回は控える競馬で馬群の外。手前は素直に変えていたようだけれど、坂上で頭が上がってしまってラストのキレを発揮できなかった。

菊池 ゴール前、懸命に粘り込む1番ウインブライトでしたが、最後の一完歩で6番セダブリランテスがグーンと交わしてゴール…に見えるのは中山のアングルですね。3着は11番ストレンジクォーク。ブラックバゴは僅かに4着でした。

京介 そう!なんかこの開催、スタンダードな中山の映像がちょっとズレているんだよね。ゴール前のハナ差は内が残ったように見えるけど、実際は若干外の方が有利のよう。かなり違和感がある。来週には修正されるかな?

京介 とは言え、セダブリランテスは「もうちょっと距離が欲しいな」と思わせるラストの反応だった。まだ余力はありそうに見えたね。

<結果を受けて…>

0106中山金杯結果

菊池 勝ち時計は1分59秒8。昨年・一昨年は2分を切りませんでしたが、今年は2分を切る時計でした。

京介 今の馬場を考えると思った以上に速いのかな。超スローに落ちそうだったけれども、マイネルミラノが引き締まったレース展開に戻したと言える。

京介 意外だったのは、あの流れなのに4コーナー出口で変な渋滞が起こらなかったこと。垂れる馬と伸びる馬との交錯がなく、みんな良く抜けて来れたもんだなと思ったよ。

菊池 では、上位馬を振り返りましょう。


セダブリランテス

菊池 前走は10キロ絞っていましたが、今回は8キロ増でした。巨漢馬ですし、あまり気にならないレベルだったでしょうか。

京介 数字は増えていたけどちゃんと実になっていたのではないかと思うよ。余裕があるようには思わなかった。かなり陣営も手応えの良さを感じていたようだし、実際パドックでもひときわ歩様がリズミカルだったね。好仕上がりだった。馬そのものもおそらく上なのでしょう。

菊池 スローでもさして折り合いに苦労した様子がなかったのは良いですね。レース振りには成長が見られました。距離も2000m前後がいいですかね?

京介 今まで1800mの距離を使っていたけれど、やっぱりマイルに近くなるよりは2500mまでの距離で暴れてほしいねえ。かなり確りした腹構えもあるし、タフさを兼ね備えていると思うから。長い距離が良いというよりは、そういう馬に造り替えてほしい。

菊池 これで5戦4勝。まだ伸びしろはありそうでしょうか。

京介 まだまだ余裕だと思うよ。脚元や蹄に全く問題を感じないのがいいし、丁寧かつ慎重にレースを選んできたから馬体も傷んでいない。大事に使われてきてやっと実ってきたか、と判断したいね。

ウインブライト

菊池 +10キロで484キロでした。しかしながら太め感はなかったように思いますが、現場で見た感じはいかがでしたか?

京介 この馬は全く良く見せない体つきなのを前提で判断したいけれど、トモ幅は薄いし腰もハマらないし、良くこれだけ運動神経だけで走るなと感じるよ。そっちが違和感あるだけで、太目には全然思わなかったな。追い切りは確実に動いていて、返し馬の反応もいい。

菊池 前走と同様に内枠を活かして完璧な競馬だったように思います。セダブリランテスとはハンデ差が1キロあったと考えれば、悲観する内容ではないですね。

京介 馬群に怯まず、行き脚も良いし、中山でスムーズに加速に乗り切れるというはっきりした武器があるのはいいよね。今後も中山・福島G3は勝ち負け水準の馬ではあると思う。

菊池 この2走がかなり上手く行ったので、もし次走が外枠ならば、その点は少し気にしたいところです。小倉大賞典あたりなら、ハンデ据え置きで出走できそうですね。

京介 そこなんだよね。今回かなり上手く乗れたのに勝ち切れなかったのは、ちょっとがっかりする箇所なんだけれども…。小倉はどうかなあ。

ストレンジクォーク

菊池 前走の修学院Sで久々の勝利を挙げていました。中6週、状態面はいかがでしたか?

京介 馬体はスッキリ幅もどっしりあるように見せて、後肢の伸びはかなり良い馬。いい状態で持って来れたと思うよ。ただ、NF天栄帰りで裂蹄テープを右前に巻いていたのがどうしても気になった。返し馬でも柴山雄一騎手がバカついていて、この勝負所でこれはちょっと…と思ってしまったんだよね。以前から強い馬だと思っていたのに、勿体なかった。小島太厩舎は冬場の仕上げにいつもミスしているなあ。

菊池 小島太厩舎は残り2か月。そのあたりもあって、押さえてはいたのですが、今回は展開も上手くいきましたね。

京介 展開は上手く行った…のかなあ。掛かるのを前を壁にして何とか宥めさせていると案外後ろになってしまい、直線入口で僅かな隙があったがために何とか突っ込んで来れたという内容だったと思う。柴山騎手も掛かる返し馬にビビッて強気に行けなかったというコメントがあるし、本来ならもう少し高い位置で競馬したかったはずだよ。直線の挽回力で何とかした3着だと思うね。

菊池 次はどこでしょうね。

京介 おそらくは中山連続開催の間に一つ、AJCC辺りは使うんじゃないかな。小島太厩舎のラストだし、ディサイファとの2頭出し敢行なんじゃないかと。

その他

菊池 4着はブラックバゴ。4コーナーでもまだ最後方でしたから、さすがに届きませんが良い脚で突っ込んできてはいました。

京介 でも結局、上位との差は外を回った分ということになってしまう。気性なのか走り方なのかは判然としないけれど、この競馬ばかりでは人気先行タイプになってしまうよね。前走の京都のように、広いコースなのに異常に時計が掛かる馬場じゃないと勝ち負けは難しい。冬場はかなり良い馬だから、今後もそこは覚えておこうと。

菊池 ダイワキャグニーは5着。今回は、何やら意図があっての競馬だったと感じさせる内容ではありましたね。馬群に揉まれながら、よく我慢して伸びてきていました。

京介 学習させる競馬としては満点の内容だったんじゃないの。とは言え遡って考えると、今回は馬体も寂しく感じさせたし、ハナから試すための捨てレースだったんじゃないかと思ってしまうなあ。こういう馬にとって厳しすぎる競馬をさせて、今後の右回り克服に役立ててほしい。

京介 そしてこういう事情を考えると、単勝5倍を切る3番人気なのは売れすぎたね。IDM
で◎になるほどだから、能力上位で評価されるのは当然なんだけれど…。

菊池 しかし近年の中山金杯は堅い。上位人気馬がある程度しっかり力を出した競馬でした。

京介 前走好走馬~前走重賞勝ち負け級が確実に走る傾向にあり、前走4着以下の馬の期待値が一気に落ちる、ダメな馬はダメなままというのが徐々にバレてきた様子があるからなあ。上位人気に馬連期待が偏り過ぎなんだよね。

京介 この配当不利を克服するためには、ストレンジクォークのような「格下だけど絶好調だから有利がある」馬を上手くピックアップできるかどうか、にかかっていると思う。そして、馬連はある程度諦めて3連複3連単を少ない点数で獲れるか、ではないかな。

<教訓まとめ>

・今年も前走好調な馬ばかりが上位に並び、前走大敗馬の巻き返しはなかった。前走1着馬が2~6着まで独占してしまっている。冬場のレースで勝ち負けできる集中力を維持していることが何よりも大事。

・年末から年始にかけて若干間が空くので、馬場状態は補正が入って案外持ち直している。おまけにスタートは横並びで決まりがち。頭数が増える程8枠が不利で、内枠の有利はより大きくなると考えていい。どんな年でも、ウインブライトのようなインベタを回る馬は上位に食い込めている。

・今年は比較的間隔が開いた放牧帰りの馬が上位に並んでいることにも注意したい。NF天栄帰りの馬が1着3着4着。厩舎に置いても馬がゆるむばかり、という時代なのかも。


<次走巻き返し警戒馬>

<京介>
・ケントオー
…意外と馬体は良かった。前走中日新聞杯で前が壁になり、今回こそとずっと馬群の外を回っていたが、それでもカデナ辺りが邪魔になって「外を回っているのに壁」が2戦続いた。2000mに路線変更してから、手応えはあるのに勿体ない形になる競馬が続いている。時計の掛かる差し馬場ならチャンスはあると思う。できれば頭数減で。

<菊池>
・なし

~~~~

菊池 では、今回の回顧はここまでです。今週は京成杯と日経新春杯を京介さんと、愛知杯はオクノさんと展望していきます。よろしくお願いします。