菊池 日曜日に中山で行われたフェアリーSを回顧していきましょう。

17年12月競馬大予言新春号

2月の重賞・特別まで使えるデータが盛りだくさん!
↓アマゾンでのお求めはコチラから
http://amzn.asia/f52I4lB

待望の1番人気新刊!!



フェアリーステークス回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/143544

<天候・馬場について>

菊池 雨の影響を受けずに済みましたが、風は強そうでしたね。

京介 晴れてくれたのは助かったけど、この日は風がだいぶ巻いていてね。パドックも馬場側も大分寒かったなあ。特に昼過ぎは強い風が出ていたね。夕方はどちらかというと落ち着いた方だと思う。

菊池 Cコース使用の2日目。内有利という印象はなく、フラットか、少し展開が速くなると差しが決まる印象でした。

京介 この開催は馬場補正の人員をあまり動員してなかったようなんだよね。正月休みかな?(笑)。なので、日を追うごとに内側は走りにくくなって、日曜日と月曜日は明らかに外差し有利の傾向が出ていたね。

京介 それとこの日の日曜中山5R、3歳未勝利戦がここと同じ中山外回り1600mなんだけれども、風の影響もあったのか偉い速いタイムが出ていたね。1分33秒台に乗せたのは驚き。馬場が速くなったのかな?とちょっと怪しんだけれど、結局フェアリーSはこのレースより0秒8も遅かった。

菊池 そうでしたね。後から考えればこれは単にレースレベルが高かったと見るべきという感じがしますが。

京介 他の芝レースが特別速いわけじゃなかったし、この中山5レースだけレベルが高かったと判断した方が良さそう。この時期の未勝利は芝保全のためにダートの番組が増えて芝が減る。必然、数少ない芝レースに登録できるのは前走掲示板内好走馬ばかりだから、レースレベルが上がると。

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑








<パドックについて>

菊池 今年もフルゲート16頭が埋まりました。1勝馬ばかりのメンバーでしたが、パドックの印象はいかがでしたか?

京介 プリモシーンはすぐに目に飛び込んでくるぐらい良い馬だったなあ。その他は馬体の寂しい牝馬なりに整えてきた、という水準。でも、5~7年前よりも冬毛ボーボーという馬はだいぶ減った。フェアリーSで比較すると、例年よりも良かったんじゃないかとは思う。

京介 それにしても、関東馬は仕上げると体つきがカチコチに硬直してしまうのに、関西馬はよい動きでありつつどんどん伸びのいい歩様になってくるね。何でこういう所に差が出てくるんだろうなあ。

<レース展開について>

京介 中山芝1600mは1コーナー奥のスタート。スタンドからは遠い位置で静かな場所。入場人員もまばらだったし、今回はファンファーレが鳴り始めると同時の枠入りだったね。

京介 結構ゆっくりした入りだったし、案外サクサクとはいかなかったようだけどもガッツリゴネるような馬は出なかったのが幸い。ちょうど1分ぐらいでゲートは開いた。最近の重賞と比べると気持ち遅いかな、ぐらい。

菊池 7番トロワゼトワルがゲート内でうるさく、がっつり出遅れました。その他でも16番テトラドラクマや13番レッドベルローズも半馬身ほど出遅れていますかね。

京介 トロワゼトワルはロケットスタートを狙おうとしてやらかしたような…。これで3馬身ぐらいのロス。

菊池 1番サヤカチャンは押しても行き脚が付かず。4番アントルシャが好ダッシュからハナへ立ちかけますが、外から11番シスルがこれを制して行きました。そして2番手にじわっと8番グランドピルエット。

京介 サヤカチャンが行けないほどだから先行争いが速いのかと思いきや、シスルはスパッとポジションを取ってコーナーですぐペースダウンできているし、他の馬も先頭に殺到するような勢いじゃない。これは、思った以上にサヤカチャン自身の行き脚が悪すぎたという動きだね。

菊池 徐々に外から9番レネット。さらに2番デュッセルドルフ、挽回して16番テトラドラクマ。間で6番ジョブックコメンは少しコントロールに苦しむような態勢。1番サヤカチャンはこれらの後ろにいました。

京介 藤田菜七子騎手が高い位置を取ろうとしてたジョブックコメンだけど、2コーナーでテトラドラクマと接触してから折り合いを欠きはじめたね。

菊池 中団より後ろの外に14番プリモシーン。その内に5番ライレローズがいて、15番フィルハーモニー。

京介 このライレローズ辺りまでは、先頭から4馬身差。まだ十分に射程圏。

菊池 後方3~4番手から徐々に進出していくのが10番スカーレットカラー。そして13番レッドベルローズ。出遅れた7番トロワゼトワルが最後方。

京介 この後方4頭は、思った以上に行き脚が付かなかったという反応だったね。集団から遅れてバラけた追走。

菊池 前半600mが35.9秒。ペースとしては、このレースの平均~ややスローでしたね。後から見れば、差し追い込みが台頭しているのでハイペースかと思いきや、むしろ遅めの流れだったと。ただ、遅い流れなりに緩急はあまりなかったという感じでしょうか。

京介 そうだね。緩急がなかったのは、逃げたシスルがマイル未経験で、距離を持たせられるかどうか怪しかったことが一つ。それで大野騎手は最初に思いきりこそしたけれど、その後後続に脚を使わせるようなペースでは主張できなかったんだね。

京介 そして3コーナーに差し掛かる手前から、ペースは落ち着いたままでも15番フィルハーモニーが捲って先頭に並びかけてくる。これでグランドピルエットやシスルは慌てだしたような気配があった。

菊池 3~4コーナーでも馬群はあまり縮まないまま。4コーナーでは、11番シスル、8番グランドピルエット、9番レネット、15番フィルハーモニーが雁行状態。このあたりで、その直後の列まで14番プリモシーンと10番スカーレットカラーが追い上げてきていました。

京介 残り600mの標識を過ぎてからだから、それこそラスト3Fに全力振ったような仕掛けになるね。

菊池 直線入り口で、既に外から勢いに乗せきった差し・追い込み勢が台頭する気配を見せました。一気に大外からひとマクリで10番スカーレットカラーが先頭。これに内から合せるように14番プリモシーン。

京介 外の進出に合わせて2列目外にいた16番テトラドラクマも対応して動いているんだけれど、直線入口で垂れてくる15番フィルハーモニーが邪魔なのか、ちょっと馬体を擦るような進路になってしまって、4コーナーを出てからの勢いで負けてしまう。

菊池 残り200mを待たずに2頭のマッチレース。内の先行各馬は為す術なく後退していきます。

京介 2頭ともに明らかに芝の色が緑色の、馬場の4分どころより外を通っている。狙ったルートも見事。

菊池 2頭の叩き合いは坂で決着がついて14番プリモシーンが敢然と抜け出して、10番スカーレットカラーが粘るところ、13番レッドベルローズが外から差を詰めるも3着まで。

京介 レッドベルローズも前の2頭が仕掛けた直後から馬場の外を追いかけて追っているんだけど、スカーレットカラーに追いつくほどの脚色は見られなかった。現時点では一緒の競馬をして負けたと断じても良さそう。

<結果を受けて…>

0107フェアリーS結果

菊池 勝ち時計は1分34秒6。まぁこのレースとしては標準的な時計ですが、5Rの未勝利戦で1分33秒9という好タイムが出ていたんですよね。それと比較すると0.7秒も遅いわけで、馬場の割には凡戦だったと振り返った方がいいのでしょうか。

京介 でも、今回の時計が掛かった理由はテンの入りがぬるかったためだし、同日5Rの時計が出た理由はテンからかなり速いラップで入ったことだしね。凡戦とはちょっと違うかな。

菊池 上位馬が悪いというよりは、先行馬のレベルがかなり低かったという見方が妥当なのかな。

京介 そこだと思うよ。サヤカチャンが先行争いに全く参加しなかったのは残念な部分だけれど。その上で、例年の勝ち馬と比較しても今年の上位馬はまともな上がり脚を駆使している。これなら時計が多少悪くてもスロー補正考慮で評価を引き上げる考えは出来るかな、と。

菊池 では、上位馬について。

プリモシーン

菊池 10月に未勝利を勝ってから3カ月ぶりの実戦。今回は8キロ増でした。見た目に成長は感じられましたか?

京介 そうだね。スッキリ整っていたわりに幅もちゃんと増えていて、単純に良い馬だった。これまでフェアリーSはディープインパクト産駒の成績が悪いことで有名だったんだけれど、このレースに将来性のありそうなまともな産駒がいなかったためじゃないか、と考え直したね。

京介 この馬は当日の馬体重が482kg。幅も十分で体高もあり、しっかりキレイに手先を伸ばして歩ける馬は過去10年では出走してくれなかったはず。ちゃんと重賞勝ち水準に見合う素質のある馬が出れば、そりゃ勝つでしょうという結果だったんじゃないかと。

菊池 外枠でしたが、結果的にはスムーズに立ち回れて末脚も発揮しやすく。勝ちっぷりは鮮やかでしたね。

京介 そうそう。他馬が仕掛け始めている時にもピタリと折り合いつつ追走し、勝負所で窮屈になっても体力とスピードの余裕があるから全然慌てていない。外を捲って押し上げたスカーレットカラーに対し、おいでおいでを決めるような伸び返し。これは強かったね。

菊池 クラシックに向けてはローテが組みやすくなりましたね。一叩きして桜花賞でしょうか。

京介 さてどこを叩きにするのか…。今年のシルクは有力馬が多くて、使い分けをだいぶ意識していそうだからね。

スカーレットカラー

菊池 関西からの輸送で8キロ減っていました。寂しく感じられるようなところはなかったですか?

京介 見た目は確かに寂しかったよ。母父ウォーエンブレムだから線も細いし。だけど、当日現場では腰が甘すぎる?と思ったんだけれど、時計の掛かる決着になったことで、後手を踏んでも間に合う競馬ができたね。パドックで悪い部分があるだろうと察することはできたんだけど、それがあっても馬体の柔らかみを目一杯活かすことで好走できたという結果だった。

菊池 勝ち馬より先に動きましたが、なかなかしぶとかったですね。立派な持久力を見せてくれた印象。

京介 この馬からすれば、当日の馬場が差しに寄ったことはだいぶ助かったと思う。

菊池 この馬も賞金加算に成功しました。チューリップ賞あたりから桜花賞を目指すでしょうか。

京介 でもこの馬は、基本的にスピード限界、時計限界がありそうなんだよなあ。

レッドベルローズ

菊池 新馬戦から6キロの馬体減でした。状態はどのように映りましたか?

京介 隣にプリモシーンがいたからねえ。手先に良いバネはあるんだけど、思ったよりもバランスは一息で。まだトモの張りが物足りないし細いなと感じたよ。積極的にこの馬を評価するのは難しかったかなあ。

菊池 最後は良い脚を使っただけに出遅れが悔やまれますね。

京介 レースを終えてみて、改めて今回は条件がかなり良い方だったんじゃないかと思うだけにねえ。勿体ない結果ではあったなあ。

その他

菊池 4着は全く人気のない3番ハトホルでした。

京介 道中は馬群の後方でずっとモタモタ。だけど、トロワゼトワルが仕掛けて伸びているさらに後から追い出して4着に伸びてきた。ラストの坂上は一番いい伸びだったね。

京介 新馬戦を見返してなかなか良いバネがありそうな馬だと思ったし、末脚に賭けてワンチャンスを狙う競馬なら、今後もチャンスがあるんじゃないかと思う。というか、いつか500万下は脱出できそう。

菊池 トロワゼトワルは5着。最後は良い脚を使っただけに出遅れが痛恨でしたね。

京介 福永騎手はだいぶこの馬の素質を買っているような発言を見るんだけれど、現状はまだ体つきが物足りないかなあ。まだ馬体を持て余しているところがあるんでしょう。

菊池 1番人気のテトラドラクマは6着でした。

京介 中山マイルの大外枠、2コーナーは接触、4コーナーの出口も窮屈。仕掛けの差もあった。それにしては全然弾けなかった、というのもあるけど。

京介 先行して折り合えるはずだから、もう一度関東圏の重賞で期待してみたい。おそらく今回は、上手くいかなさ過ぎたという競馬だろうと見ているよ。

<教訓まとめ>


・2~3歳の世代限定戦重賞では、「レベルの高い決め手を発揮する」という部分で、どうしてもサンデーサイレンス系統の馬に軍配が上がりがち。重馬場などに変わればまた違うのだが…。ノーザンFが送り出してくる有力ディープインパクト産駒はやはりレベルが高い。

・年によって逃げ先行馬有利か差し有利なのかは変わってくるが、年明け直後の3歳牝馬はまだ馬場の影響を大きく受けてしまう。内ラチ沿いが悪い日は、今回のように内枠全滅+外枠追い込み有利と偏ってしまう。

・今年もそれなりに体格がある馬が勝ち切ったが、420kg以下の非力な馬では、直線の坂を克服できずこの舞台で何も起こせない。馬体重が2桁減ったという馬も基本的には嫌いたい。


<次走巻き返し警戒馬>

<京介>
・サヤカチャン
…比較的細くはなく腹ボテに見せるタイプなので、中山はこなせると思ったが、スタート直後のテン争いで上手く反応できなかった。今週の芝は外伸びに偏っていて、芝が枯れた部分を通らざるを得ない最内1枠は全滅していた(中山金杯で2着したウインブライトが最高着順)。明け3歳牝馬ではさすがにあのルートで仕掛けていくのは厳しすぎたか。体調は良いはず、今回はポカもあったものと考えたい。

<菊池> 
・なし

~~~~

菊池 では、今回の回顧はここまでです。今週は京成杯と日経新春杯を京介さんと、愛知杯はオクノさんと展望していきます。よろしくお願いします。