菊池 日曜日に京都で行われたきさらぎ賞を回顧していきましょう。

18年競馬大予言春G1TR号

競馬大予言・春G1TR号は2月8日発売!
http://amzn.asia/9nMABMA

待望の1番人気新刊!!




きさらぎ賞回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/149170

<天候・馬場について>

菊池 先週末の京都は雨・雪の影響も受けず。寒かったこととは思いますが、無事に開催を終えて何よりでしたね。

京介 いきなり大雪のようになった先週のことを考えると、ホント何も不安のない開催だったよ。空も晴れていたしね。

菊池 京都は土日とも「芝・良」の発表でしたが、とにかく時計が掛かっていましたね。全体時計も上がりも。

京介 土曜日はそこまで遅いと思わなかった。日曜日は全レースがズブズブの重馬場かと思うほど掛かっていたよね。芝1200mが2鞍あって準オープンでも1分9秒4、1000万下で1分10秒5。

京介 どちらも上がり3Fや1Fはまともに速いのに、テンにだいぶ遅いレースだった。向正面でスピードダウンしすぎだったのは、かなり強い向かい風が出ていたためなのかな?推測でしかないけれども。

<パドックについて>

菊池 今年も少頭数のきさらぎ賞。それにしても、2勝馬がいなくて、重賞2着実績のあるオープン馬すら1頭。なかなか見たことのない低調なメンバー構成でした。パドックの映像を振り返って、そのあたりは感じられますか?

京介 1勝馬だけだと、腰の甘さと歩様の窮屈さがみんな目立つ。それとどの馬も、まだ馬体が薄いし、体のメリハリも物足りない。例年勝ち負けする2勝馬と比べて、「馬体がまだ若いな」という印象を出走全馬に持つ、というところはあったね。

京介 というか、カツジの+14kgって何だったの…。実際に腹構えがまだ微妙に緩くて、背中も上下にブレていたね。体が固まっていない、高値で安定していない状態だと、陣営が狙っているはずのレースなのにそういうことも起こるんだな、という勉強にはなったよ。


ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑







<レース展開について>

京介 京都1800mのスタートは向正面の一番奥。スタンドトモだいぶ離れている静かな場所。ファンファーレが鳴っている途中から、もう1番枠の馬を入れていたし、喧噪の影響なくサクサク入っていたね。頭数が少なかったにしても35秒でスタートを切れたのは早い。

菊池 全体的にもっさりとしたスタートですが、これは京都芝1800m特有のテンポと言いますか、まぁこんなものという感じですね。目立った出遅れはナシ。

京介 9番のダノンマジェスティはスタートが開いて体が上ずった(ゲートをあおって出た)けれども、距離としてそう大きく遅れたわけではないみたいだね。8番グローリーヴェイズも最初は微妙に劣勢。1番スラッシュメタルは、行き脚がモッサリ。

菊池 様子を見つつ6番ニホンピロタイド、やや促した5番レッドレオンが前へ。しかし、ハナを切ったのは持ったままの3番サトノフェイバーでしたね。

京介 ニホンピロタイドは控えるつもりでいたはずだけれど、ちょっと掛かる仕草も見せている。

菊池 馬なりで3番サトノフェイバーがハナへ。口を割りながら幸騎手が懸命に抑えて6番ニホンピロタイドが2番手。間の3番手に5番レッドレオン。

京介 序盤はどの馬も完全に折り合い重視。サトノフェイバーを序盤から攻め立てるような馬は皆無だった。

菊池 その1馬身後ろ、4番手内が4番ラセットで、外に10番カツジ。間に7番オーデットエール。

京介 画面がこの馬群の真ん中を映している辺りで、9番ダノンマジェスティ―は折り合いを欠き、行くのか引くのか迷っている様子。

菊池 3番サトノフェイバーが全く無理をしていないので、ペースが落ち着いたのも早かったですが、この遅い流れを察知して動いたのが8番グローリーヴェイズのM.デムーロ騎手。ジワーッと動いて一気に2番手に浮上しました。そして、抑え込む。規模は違えど、ダービーで動いたルメール騎手(レイデオロ)のようなファインプレーでしたね。

京介 うん。これを最初の300m通過ぐらいから察しているわけでしょ。これは見事なペース判断だし、そして「陣営から戦略を自由に任せてもらえている」証拠ですわ。

菊池 改めて後方グループですが、9番ダノンマジェスティは掛かり気味に浮上。後方に人気薄の2頭。

京介 このダノンマジェスティは、掛かってのモノでもあるんだけど、8番グローリーヴェイズが押し上げて行った時に馬が過敏反応して動いた分もある。そして同時に、10番カツジが併走しながら押し上げて、このダノンマジェスティが馬群内に入らないようキープしている様子がうかがえたね。

菊池 前半800mが49.3秒、1000m通過が61.3秒。少頭数のきさらぎ賞にはありがちですが、遅い流れでしたね。

京介 このペースは十分に読める。しかもこの遅いペースの中で、出遅れから折り合いもチグハグになっている9番ダノンマジェスティと、あっさり逃げて全く乱されていないマイペースの3番サトノフェイバー。こりゃ対照的だね。

菊池 隊列に大きな変化もないまま3~4コーナーもそろっと行きました。3番手外の10番カツジ、掛かり気味に浮上してきていた9番ダノンマジェスティは抑えるのが大変そうでした。そして、4コーナーで10番カツジがやや外へ振りかけたところ、9番ダノンマジェスティは大きめに膨れてしまいましたね。

京介 コーナーを下りながら回る時の挙動だね。2番手にいた8番グローリーヴェイズの僅かなブレも影響したけれど、10番カツジも微妙にフラフラとはしている。そしてあの4コーナー。カーブが急になる手前から本来は右手前に替えておくべきだったんだけど、右にカーブを切る場面で手前を替えようとしたのがまずかった。外に張り出されるような格好になっただけでなく、操舵を誤って完全に外へ膨れてしまったね。

菊池 ペースは上がらないまま直線へ。逃げた3番サトノフェイバー、2番手の8番グローリーヴェイズに、10番カツジが並びかけてきました。ここから3頭の叩き合いになるかと思いきや、10番カツジの方が止まってしまいます。

京介 馬体が増えていた影響も多少はあるでしょう。さらにレースを細かく見直せば、向正面でダノンマジェスティが押し上げてくるのを押さえこもうと、細かく脚を使っていた経緯もある。それにしても遅い流れなんだし、粘っていてほしかったけれども。

菊池 残り200mからは完全に前2頭のマッチレース。8番グローリーヴェイズがしつこく迫りましたが、3番サトノフェイバーが最後までしぶとく、ハナ差凌ぎ切りました。

京介 これはホントに序盤全く楽に行けた分が効いたでしょう。人気馬はみんな別の個所で無駄足を使っていたし。

菊池 離れた3着争いは、ラチ沿いを通った5番レッドレオンが粘り込むところ、外に出した4番ラセットがジワジワと伸びて制しました。

京介 完全に前の2頭がマッチレースになってからの盛り返しで、力の差は感じる3着だったけれどもね。

<結果を受けて…>

180204きさらぎ賞結果

菊池 勝ち時計は1分48秒8。荒れ馬場も手伝って、平凡なタイムでしたね。

京介 なんせ序盤のペースが遅かった。上がりが究極に速いわけでも、決してなかったし…。

菊池 グローリーヴェイズが動いてポジションを取りに行くシーンはありましたが、サトノフェイバーは終始楽で。賞味2ハロンの競馬。下級条件みたいなレースになっていますよね。

京介 デムーロ騎手が2番手から前をつつきに行ったのかと思いきや、そんなこともなく。道中の消耗の全くないレースになり、流れに乗って無駄な挙動をせず好位にいた組が、そのまま残ってしまったね。

京介 このレースも実際は勝ち負けした馬に抜群の工夫があったわけではなく、逆にカツジやダノンマジェスティの自滅を待つだけで良かったというスロー決着だった。

菊池 では、上位馬について。

サトノフェイバー

菊池 新馬勝ち直後の2戦目。パドックでの比較ではどう映りますか?

京介 体格がいいよね。そして体格がいい馬にありがちな緩さがあまり感じられず、新馬戦でもそうだけど今日も腰がバシッと決まっていた。大柄なのにブレない強みはまず感じたよ。京都外回りなら、なおその持ち味が生きたことでしょう。

菊池 逃げたというか、他が行かないから結果的にずっと先頭を走っていた、という感じでしょうか。とにかく、この遅いペースでも掛からずにリラックスして走れることがこの馬の強みだと思いました。

京介 それなりの伸びしろや、いくつか高いギアを持っているような印象は受けたね。

菊池 1週前のCW追い切りはかなり優秀でしたし、能力の高さは感じさせます。レースぶりも余力があって良いのですが、この楽な競馬を2戦続けたことがどうか。皐月賞となるとこんなに楽な競馬はないですから、是非ともトライアルを使って欲しいところです。正直、この馬の強みはハッキリ分かるけども、能力面で強いか弱いかを測るには材料が足りないレースになってしまったという印象です。

京介 でもまあ、ひとまずレースを勝てたことはプラスに考えたいし、とりあえずダービーまでは登場する。逃げ馬としてね。レースとして物足りない評価なのは事実だけれども。

グローリーヴェイズ

菊池 輸送がありながら8キロ増えていました。小柄な馬ですから、馬体増は良かったですね。

京介 でも本質的に肉付き全体が良化したわけではないけれどもね。まだ斜尻に見えて寂しいなあ。

菊池 M.デムーロ騎手が動いたのは超ファインプレーだと思いました。尾関調教師も、2着に負けたこと以外は満足だというコメントでしたね。結果こそ2着だったけど、地味に神騎乗だと思いました。

京介 それはある。手のうちに入れていたというのも大きいし、デムーロ騎手がたまたまドバイマジェスティの情報や弱点をちゃんと知っていたため、目標とすべき馬を間違えず前を見て競馬したというのが大きいと思うね。もしドバイマジェスティがホントに凄い馬だったとしたら、先に京都でサーッと動いていたら、本来は格好の的だもの。

菊池 ただ、動いたまでは良いとして、その後に強気に潰しにかかれないのは、デムーロ騎手がこの馬の能力上限を分かっていて、ピタリとマークした上でのチョイ差し以外に勝つ手段なしと考えたからじゃないかと思います。やはり、能力上限は知れているんじゃないかと。

京介 うん。そこも同じ考えだね。あの叩き合いはかなり馬の能力を引き出せているもの。なまくらなゼンノロブロイ産駒と馬体を併せて、ギアが上がらないのは問題だよなあ。

ラセット

菊池 今回は穴推奨で上手くいった方でしょうか。個人的にはネオヴァンドームのイメージでの指名。2着以上を期待したので、最低限の馬券圏内確保、といったところでしたが。

180204きさらぎ賞穴推奨

京介 これは菊池くんお見事でした!モンテロッソ産駒は、相手がいろいろこけたとはいえ、芝重賞でたまに足りるぐらいの芝適性があるのかと驚いたよ。

菊池 上がりの掛かる状況下もこの馬には良かったと思います。33秒台決着、みたいな場面で活躍できそうな配合でもないだけに。

京介 ああそうか、時計&上がりが掛かる馬場状態になったことも、我慢強い血統にプラスに働いたんだね。

菊池 4戦連続で上がり最速という点は今後に向けても評価できる内容なのですが、勝ち味には遅いですね。今回は展開に翻弄されての結果ですが、勝ちに動くほどの力はないということでもあり。

京介 これだけ時計が掛かっているのに、上位2頭に対し一度置かれてから最後伸びているよね。本当に瞬発力がないよなあ…。

その他

菊池 カツジは5着。掛かり度合いはデイリー杯と同等と言いますか、許容範囲だと思います。止まり方からも敗因は距離、という解釈でどうでしょう。

京介 距離もそうだけど、あの妙な馬体増、そしてまだ甘めの体つきも影響していないか?と。重賞→重賞間がちょっと空いたら体が緩んでしまうというのは、1勝馬にはありがちだね。

菊池 ダノンマジェスティは9着。正直、松若騎手は気の毒だと思う。あれを完璧にコントロールしろというのは、なかなかキツイものがありますよね。

京介 和田騎手も気性難に手を焼いているほどの馬だし、自厩舎とは言え直前追いきりでやっと初めてまたがってみたというところでしょ?これだけ難しい馬なのであれば、もっと厩舎全体でフォローしてあげないと…。1番人気として祭り上げられて、やっつけられてしまう存在に変わってしまったのは、可哀想だったと言える。

菊池 今年は見たことない水準の低レベルなメンバー構成だったと思うのですが、結果も極めて平凡で。連勝したサトノフェイバーの評価は下げなくていいと考えますが、今後に向けてもう少し経験値になるような競馬があってほしかった…。

京介 ダノンマジェスティの騎乗ぶりや馬の若さでの自滅ばかりが言われるけれど、その他の馬も大概酷い自滅の仕方で負けているからね。ニホンピロタイドも掛かって直線失速、スラッシュメタルも行き脚が悪すぎて馬群に追いついたと思ったら外回しロス、カツジも半端な捲りで力みっぱなし。例年のきさらぎ賞だと、人気を背負ってこういうだらしない競馬をする馬はほとんどいないからね。

京介 引き締まったペース、質のレースになるほどのメンバーでないと、ここまでグダグダになるのか…と改めて感じたし、だからこそ逃げ馬である有利がなおさら大きい年だったと言えるね。

<教訓まとめ>

・最後の締めでも触れたが、低レベルのメンバーだからこそ、レースの全体時計も遅くなり、上がり性能もそれほど問われない。道中の追走で勝手に自滅する馬が増えて、スンナリ逃げた馬の有利がより大きくなる。今回古川吉洋騎手は本来行く気がなかったそうだが、「自然とスタートダッシュの能力差で有利」を予測できる方法論があるなら(テン指数比較など)、存分に活用したい。

・1戦1勝馬の「上位人気が」また大敗。今回のように仕上がりがまだぬるいだけでなく、レースで若さを見せる可能性が高い馬に、「周りの馬がよってたかってやっつけようと工夫して来るから」こそ、負ける確率がさらに高まる。仮にサトノフェイバーが1番人気だった場合は、逃げていたとしてももっと変なレース展開に絡めとられていた可能性は高い。

・朝日杯に出走できたのに、アクシデントで回避して年明け重賞に向かう、というパターンは、シンザン記念でもかなり怪しいがきさらぎ賞でもまだバシッと仕上げるのは難しい様子。間隔が開き過ぎた1勝馬というのも、評価を下げていい材料と捉えたい。


<次走巻き返し警戒馬>

<京介>
・なし

<菊池> 
・なし

~~~~

菊池 では、今回の回顧はここまでです。今週は共同通信杯とクイーンCを京介さんと、京都記念はオクノさんと展望していきます。よろしくお願いします。