菊池 日曜日の東京では共同通信杯が行われました。こちらの回顧をしていきましょう。

18年競馬大予言春G1TR号

競馬大予言・春G1TR号はソコソコ好評発売中!
http://amzn.asia/9nMABMA

待望の1番人気新刊!!




共同通信杯回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/150917

<天候・馬場について>

菊池 東京は土曜日の雨も大したことはなく、日曜日は最高気温が久々に10℃超え。暖かかったですね。

京介 スカッと晴れて青空が広がった、本当の好天だった。ほとんど雨の影響がなかっただけでなく、朝から穏やかな気候で冷たい風があまり入り込まない日だったんだよね。これが助かった。当日はパドックでやけに発汗していた馬もいたし、東京競馬場全体にほんの少し陽気が戻った、という様子だったよ。

菊池 そんなわけで、芝・ダートともに良馬場でスタートしました。これは想定外でした。

京介 自分も、どのタイミングで重から良に変わるか?の変わりしなだと考えていたし、思っていた以上に馬場補正をちゃんとしていたな、という印象だよ。

菊池 芝は内を通った好位~中団の差し馬が台頭するシーンが多く、外を通る馬は好走したとて1着になれませんでした。

京介 1日を通してのムーア騎手の狙っていたルートをチェックしてみるとわかるけれども、ホント最内ルートの馬ばかりが連に絡んでいた日だったよね。道中はずっとインベタにへばりついて、直線も最内を通すという競馬じゃないと、直線後半で伸びて来れなかった。

京介 そもそも馬場が全面的に荒れているから、外を回る距離ロスだけでなくスタミナ消耗もある。だけどこの日の傾向を見ていると、どう見ても均等に荒れているとは言えないぐらい内外の格差が大きかったなと思うなあ。



ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑







<パドックについて>

菊池 12頭立て。僕もパドックに行きましたが、なかなか良いメンバーが揃っていましたね。

京介 ただ、正直人気上位馬が抜けているという印象もそこまでではなかったかなあ。みんなそれなりに良いパーツを持っているんだけど、グレイルは腹構えが緩く見えたり、サトノソルタスは腰周りだけでなくメリハリの甘さは感じた。甘さを抱えつつも、ずば抜けた素質で楽に抜けきるでしょうと思えた馬がいなかったのは確かだね。

菊池 まず目についたのが、ステイフーリッシュの馬体減。細いな…と思って電光掲示板に目をやるとまさかの12キロ減でした…。増えて欲しいと思っていただけに、これは堪えましたかね。パドックの気配としては、ギリギリ今回だけは持ちこたえてくれないかと期待したのですが…。

京介 そうなんだよね、そもそも450kgの馬体でホープフルSでは褒めていたわけだから…でも腰の支えがしっかりしていたし、腹構えがだいぶ薄くなっても緊張感は保持していたから、ビシッと仕上げてきたと解釈して評価はしたんだけど。やっぱりレースでの反応の悪さを考えると、前走ダメージから今回輸送減りの影響まで、いろいろ悪い材料が残ってしまったと言わざるを得ないかな。

<レース展開について>

京介 この日は結構人の入りは多かった方だと思うけど、東京1800mのスタートは2コーナー引き込み線。その奥の待避所はだいぶスタンドから遠いしかなり静か。今回もファンファーレが鳴っている途中からもうゲート入りしていたね。

京介 たった12頭とは言え38秒はだいぶ早い。奇数枠どころか最初に入った馬でも、ほとんど負担にならなかったと思っていいんじゃないか。

菊池 まずまず揃ったスタートでしたね。半馬身遅れが2番カフジバンガード、10番ゴーフォザサミットあたり。

京介 最初のスタートでは問題なかったんだけど、2コーナーに進入する時に、外側の方で9番ステイフーリッシュと11番リュウノユキナが、進路狭くなって後退してしまう。8番トッカータがなぜか右に行ってしまったためだね。

菊池 まずは内から4番エイムアンドエンド。5番コスモイグナーツは、一度は抑えたい構えを見せましたが、柴田大知騎手は馬と喧嘩するのを嫌ってか、様子を見つつ先頭に立って行きました。

京介 コスモイグナーツは陣営の苦労がうかがえるわ…。あんなぶっ飛び型の逃げ馬にはやっぱりしたくないんだね。この2頭ともにエイシンフラッシュ産駒なのが面白い。随分前向きなタイプなんだなと。

菊池 そうそう、競馬場で京介さんに話しましたけど、どうもエイシンフラッシュ産駒は競馬に前向きな馬が多く、逃げ・先行馬になってしまいがちらしいですね。僕もよそから聞いてきた話なのですが。

菊池 3番手に7番ブラゾンダムール。その1馬身半ほど後ろに6番オウケンムーンで、外に8番トッカータ。その後ろは1番サトノソルタス、その外に3番アメリカンワールドが並んで行きました。縦長になりながら、このあたりまでが中団。

京介 このころはもう芝の決着傾向から、完全に内ラチ沿い有利が騎手にバレていた時。相手の出方を窺いつつ、探り探りでもっとラチに近い位置で進ませたいという意図が顕著に見えていた。

菊池 そして、中団より後ろに2番カフジバンガード。2~3馬身後方に12番グレイル。等間隔で9番ステイフーリッシュ、10番ゴーフォザサミット、最後方が地方馬の11番リュウノユキナ。

京介 地方馬で序盤不利を受けたリュウノユキナはともかく、ゴーフォザサミットは出遅れたにしてもここで離されすぎでしょ…。

菊池 前半800m通過は48.0秒、1000m通過が60.2秒。逃げ馬は平均程度の流れを踏んでいて、3番手あたりからはスローで進んだという感じでしょうか。

京介 本当にこれ、決め手の足りない馬なら横山典弘騎手ぐらいの位置取りがベストじゃないかと思う。上がり33秒台を繰り出せる自信がある馬でも、この隊列の5番手ぐらいが望ましいよね。そのポジションこそ、北村宏司騎手や浜中俊騎手、ムーア騎手がいるあたりだった。

菊池 グングン飛ばしているようにも見えた5番コスモイグナーツですが、3F目からは徐々に息を入れていました。しかし、4コーナーでも、そこまで後方グループは差を詰めに掛かっていませんでしたね。ちょっと悠長に構え過ぎじゃないか?という感も。

京介 ペースから逆算する位置取りよりも、まず内ラチ沿いを進ませたい意識がチラホラ見える隊列だったなあ。別に超Hペースというわけでもないのに、縦長に過ぎる。

京介 ただ、東京競馬場の荒れ馬場開催特有の傾向でもあるんだよね。このスロー縦長隊列というのが。馬群の外を回った時の批判の方が大きいムードでもあるのかな?

京介 そして後ろの位置にいた12番グレイルとその真後ろで徹底マークの9番ステイフーリッシュは、ちょうど残り800m標識直後から真ん中集団の外を回ろうと動き始めた。でもこれは、当日なかなか伸びにくい4コーナーの馬群の外側。中団の組が動かないから仕方がない。強気に行くとしてもココしかないね。

菊池 直線に向いて、2番手以下も差を詰めてきますが、坂にさしかかっても5番コスモイグナーツは先頭を守っており、結局、坂を登り切るあたりまでは先頭で踏ん張れていました。これに迫ってきたのが2番手追走の4番エイムアンドエンドと、5番手あたりにいた6番オウケンムーン。

京介 エイムアンドエンドの位置でも十分に息が入るペースだったから、あの2番手でも脚は溜まっていた様子。

京介 オウケンムーンは序盤から終始スムーズで、有利なポジションで無駄な動きもなく、直線も進路を十分に確保できていた。最初にグッと伸びて出られたのも加速力がある証拠。

菊池 一方、後方にいた人気の12番グレイルは伸びあぐねてもがいており、これをマークしていた9番ステイフーリッシュは、追い出されてから大きく外にヨレている始末。

京介 グレイルは明らかに大トビで、ちょっと加速にモタついているねえ。すごく強い馬ならこれでも伸びるけどね…。

京介 ステイフーリッシュは、武豊騎手をマークしつつ、ホープフルSのように一番大外へ持ち出しつつ惰性をつけたかったのでしょう。あるいは、蹄跡が比較的少ないルートまで出したかったのかも。直線で外へ行った時に左鞭を2発入れていたから。だけど、どうも手応えが悪いというか、伸びる感じがしない。それで内へ修正した格好が、一見フラフラしているように見えてしまう。

菊池 残り200mで6番オウケンムーンが先頭。懸命に食い下がる4番エイムアンドエンドが2番手に浮上。その後ろにいた1番サトノソルタスが、ようやくエンジン掛かって前に迫ってきました。

京介 競馬場内のテレビ明るすぎるから、当日はサトノソルタスが抜けてきたのかと勘違いしたけれど、オウケンムーンだったんだよね。隊列的にコスモイグナーツもエイムアンドエンドも残しそうだったから、誰も先頭を応援していない。超万馬券発生か?!という変なぞわぞわしたムードになっていたなあ。

菊池 しかし、6番オウケンムーンは完全に抜け出して止まらず。1番サトノソルタスも1馬身弱のところに迫るまで。3着争いは後方から猛追した10番ゴーフォザサミットが届いたかにも見えましたが、僅かに4番エイムアンドエンドが残していました。

京介 オウケンムーンは頭の高い走りだけど、ラストは他の馬のように手前を変えることなく最後まで伸びている。これは余力がまだあるようだね。

京介 最後の3着争いは、最後に止めたテレビカメラの角度の問題だね。判定写真のためのスリットを作成する「ラチの切れ目」がゴール板真っすぐの所にあるんだけれど、メインカメラはそのラインを画面ど真ん中に合わせてくれていない様子。そのラチの切れ目を注視すると、確かにエイムアンドエンドのハナが先にあるよ。

<結果を受けて…>

180211共同通信杯結果

菊池 勝ち時計は1分47秒4。全体時計そのものは悪くないんですよね。

京介 超スローというわけではなかったし、エイムアンドエンドもまともに走っていた。これをちゃんと交わす競馬ができたかどうか、という流れだった。

京介 グレイルとステイフーリッシュは、持久力やスタミナはまあそれなりにあるけれど、お互いに相手の脚を測りながら慎重になり過ぎて、この1分47秒半ばの「共同通信杯では当たり前の走破タイム」で走り切る大前提を見逃してしまった感じがあるなあ。グレイルはどんな競馬をしても強い、という万能感があったために、道中の追走でいろいろ間違いを起こしてしまったという構図かな。

菊池 結果としては波乱でしたが、記録面はそれなりに評価して良い内容だったと言えるでしょうか。

京介 上位2頭は内ラチ沿いを通った有利もあったけれど、他の馬の仕掛けを観察しながら最後の上がり3Fは33秒台。例年並みの評価をしてもいいんじゃないかと思うよ。

菊池 では、上位馬を振り返りましょう。

オウケンムーン

菊池 2連勝で挑んできました。パドックで比較した印象はいかがでしたか?

京介 オウケンブルースリ産駒全般に言えることだけれど、この馬も華奢で細い!お尻も小さいし腰も甘い。身のこなしは良いしなやかさがあるけれど、パーツ全体が小ぢんまりしているね。オウケンブルースリ自身、トモが抜群に大きい巨体だったけれど、飛節や後肢の管、繋などは骨太らしいゴツい所はなく、やや細いタイプだった。この馬も細くてしなやかというタイプ。もちろんそれは、いい母親との掛け合わせがないからそういう傾向になってしまうのかもね。

京介 それと今のところすぐ反動で脚元に不安が出てしまうのがオウケンブルースリ産駒なんだけど、この馬は2連勝してきても脚元には何ら問題がない。自分は新馬戦の時にこの馬を穴で評価したんだけど、この水準まで伸びていくとは正直思っていなかった。

菊池 スムーズに好位を立ち回って末脚も堅実。皐月賞に向けて面白い穴馬が出てきたという印象です。当日のパドックでは無印でしたが、資質としてはあまり評価されていませんか?

京介 どっしりとはしていないし、ディープインパクト産駒と比肩するいいバネがあるという馬でもないからね。この馬単体で1番手2番手と感じ取るには、もう少し違うアプローチが必要だったと思っているよ。グレイルやゴーフォザサミットを、例年よりモノが悪い!とバッサリ切るぐらいじゃないとたどり着けなかった感はあるかなあ。

菊池 ダービーよりは皐月賞向けの印象。コースもクリアしていますが、ぶっつけ参戦になるとプロフィールの地味さからそこまで人気にならない可能性もありますね。単勝オッズ10~20倍といったところに落ち着くのかな。

京介 自分としては、結構期待したいなあ。オウケンブルースリ産駒の体質の弱さ・すぐ反動が出る虚弱さがこの馬には出ていない。今日は見映えはしないタイプに思えたけれども、メイショウサムソンのように急に見違えて変わってくるぐらいの変化がある馬かも知れない。

サトノソルタス

菊池 1戦1勝で挑んできましたが、素材の良さはヒケを取らない印象を受けました。京介さんもパドックで高評価でしたね。

京介 これはパドックに出て間近で見たら、いいバネを感じ取れるタイプだね。あとからモニター映像で確認すると、全然いい所を見出せなかった。実際、まだちょっと馬体は若いよ。鍛え切れていない印象はどうしてもある。

菊池 ラチ沿いでじっと道中をやり過ごして直線勝負。勝ち馬とは位置取りの差で逆転も十分に可能だったと感じられます。

京介 ムーア騎手は間違いなく馬群外の有力馬の仕掛けを見ていたはずだろうからね。オウケンムーンをマークしていた騎手なんてこの日いないでしょ。

菊池 最低限の賞金加算には成功しましたが、トライアルに使う必要がありますね。上積みや伸びしろにはまだ期待が持てそうですが。

京介 その点はまだ期待できると思う。この2~3月の間に様変わりしてくれないと、そろそろ追いつけなくなるよ。次走はそれが大前提だね。

エイムアンドエンド

菊池 何とコチラ、京介さんが展望トークで穴推奨!福勝でも1740円もつきました!

180211共同通信杯穴推奨

京介 前走大敗していた馬なので、共同通信杯の過去傾向からはとても評価しにくい馬だったろうし、これだけの人気薄になるのは仕方ない。ただ、示した通り条件好転とは言えたね。それに他馬のマークもとてつもなく甘かっただろうし。

菊池 何といってもミナリク騎手が良い位置で構えて追い出しのタイミングも完璧でしたね。完璧な結果がコレだと思うので、先々についてはあまりコメントがありませんが。

京介 最後もゴーフォザサミットを凌ぎ切る3着ではないしね。それに前脚を叩きつけるフットワークで、どうしてもエンジンの掛かりが渋すぎる。

菊池 どちらかと言えば、次走は自己条件で人気になることを逆手に取った方がいいかな?イェッツトのように。

京介 なるほど。確かにそれは考えられるね。次は重賞戦線に回るわけでもないんだから。

その他

菊池 4着はゴーフォザサミット。上がり最速の脚を発揮しましたが、さすがに後ろ過ぎましたね。

京介 あの4コーナーであれだけ置かれるのって、ちょっと馬にもとぼける部分があるのかな?それと仕上がりはやけに甘さがあったのも確かだね。

菊池 グレイルは7着でした。確かに東京での上がり勝負が得意かと言うと?とは思いましたが。それにしてもここまで負けるとは思いませんでした。

京介 ポジションは取りに行ける馬でしょ?と世間のみんなが思ったから、確かにこの大敗は自分も驚きがある。馬体や当日の返し馬は明らかに甘い所があったよ。

京介 良く考えると、寒さが厳しい時期に十分な休養を経て他馬よりも有利と感じたのに、今回も接着装蹄だったのは良くない材料と言えたのかも。四肢の曲がりも目立つし、脚長で腰の支えがいい強みを生かせなかったね。

菊池 やはり共同通信杯の57キロは厳しいですね。そして、少頭数でも8枠は苦しい。

京介 確かに、最近は「展開を動かすきっかけになる役」→「他馬に楽々制されてしまう負け役」になることが多い気がするね。来年以降も気を付けてみてみよう。

菊池 ステイフーリッシュは10着でした。結果論ですが、レースが始まる前に終わってしまった、という状態でしょうか。返し馬の後もうるさい面を出してしまっていたようですね。

京介 パドックはビッシリ仕上げてきた形で、腰の支えもいいし、430kg台にしては背丈もある。いい方じゃないの?と思ってしまったわ。なので、仕上げたのにダメだったというのはダメージが大きい。

京介 自分はあの返し馬はポジティブに思ってしまったんだよね。軽く始動してヒュッとトップスピードに乗れる、凄くいい反応に思えたけれど…。あそこから抑えられなかったのかな?

<教訓まとめ>

・今シーズンの3歳クラシック戦線は、牡馬も牝馬も、重賞を連続好走する実力馬がかなり少ない。重賞1~3着馬はほとんど次走反動が出ているし、G1を制したダノンプレミアム、タイムフライヤー、ラッキーライラック以外はみな反動負けばかり。

・重賞好走馬がすぐダメになるので、その代わりに、新馬勝ち直後の1戦1勝馬がどのレースでも好走を続けているという構図が続く。これは例年なら2歳の内に終わるはずだが、年が明けても傾向が続いている。3月中山になってもそうなるかもしれない。

・繰り返すが、どのような条件であれ別距離&別コースを連勝・圧勝する馬は単純に総合力が高い。血統や厩舎で地味扱いされるタイプほど、厩舎力ではない強みで勝てていると考えるべき。


<次走巻き返し警戒馬>

<京介>
・カフジバンガード
…1800mの微妙な距離延長ではなく、もっと距離が欲しいトビに思えた。上がり33秒台の勝負も正直向いていない。張り艶や気配は良いので、中山外回り2200mなどのレースに出走して来るなら。

<菊池>
・ステイフーリッシュ
…資質は高いがまだ精神面が追い付いてこない様子。ゆっくり立て直して秋を目指して欲しい。

~~~~

菊池 では、今回の回顧はここまでです。今週は4重賞ですので、フェブラリーS・ダイヤモンドSを京介さんと、京都牝馬S・小倉大賞典はオクノさんと展望していきます。よろしくお願いします。