菊池 日曜日の中京では金鯱賞が行われました、今回はオクノさんと回顧していきます!

18年競馬大予言春G1号

競馬大予言・春G1TR号はソコソコ好評発売中!
http://amzn.asia/7qXGdGZ

180311フィリーズレビューの穴推奨

フィリーズレビューはリバティハイツ(8人気1着)を穴推奨に指名!

金鯱賞


展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/157610

<天候・馬場について>

菊池 土曜日は晴れていましたが、週中の雨の影響が残って「芝=重」・「ダ=重」でスタートしました。芝はお昼前に回復して稍重発表でしたね。開幕週でも、そこまで逃げ残りが目立たない中京ですが、土曜日は逃げ馬が2勝、3着1回。

オクノ 中京の道悪って、ほんと馬場差が読めなくなるから嫌なんですよねぇ。時計が掛かることは想像できたけど、開幕週ってことでそれがまた余計に読みを難しくさせるんですよ…。

菊池 そして日曜日は、朝から終日「芝=稍重」・「ダ=稍重」。メインレースまでに、逃げ馬が2着1回、4角2番手が2着1回。前残り&差しにくい馬場という感じはありましたかね。

オクノ 土曜日がその馬場でまあまあ時計がでていたので、平均的な馬場状態だということは判断できましたね。このまま回復して良になれば、差し馬は辛く、先行できる人気馬が順当に好走するのだろうなと。


ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑








<レース展開について>

菊池 大きなアクシデントはないスタートとして良い範疇でしょうか。まずは、押して押して4番サトノノブレスがハナを奪いました。2番手が6番ダッシングブレイズ。内から1番ヤマカツエース。これに外から並んで行って9番スワーヴリチャード。

オクノ まぁ、ブレスジャーニーがスタート案外で、ちょっと悲しかったなぁ。余談だけど、中京の4コーナーから直線のバンク角って改めてみるとすごいですよね。ゲートが下手な馬と上手い馬との差が結構出そう。

菊池 5番手内に5番サトノダイヤモンドがいて、その後ろの列に3番ブレスジャーニーと、2番メートルダール。その後ろが2馬身ほど離れて8番アクションスターと7番デニムアンドルビー。

菊池 3F目が13.1秒、4F目が12.9秒とガッツリ落ち込みました。ここで各馬はかなり手綱を抑えて引っ張り合いになる中、9番スワーヴリチャードが外から2番手に浮上していきます。馬群全体もギュッとしましたか。

オクノ この頭数で強い馬が折り合いを気にしつつなら、こういうドスローになってしまうよね。

菊池 前半1000m通過は63.0秒。下級条件並みの遅いペースになりましたね。逃げ馬がいなかったうえに欧州遠征を経験したサトノノブレスの逃げだから実現したペースとも言えるでしょうか。

菊池 3コーナー過ぎからは下り坂に乗じていくらかペースアップ。ここで4番サトノノブレスは早めにスパートしてリードを作りにかかります。

オクノ このへんのコントロールがさすが幸騎手って感じがしました。サトノダイヤモンドの反応があまり良くなかったですねぇ。

菊池 これに併せて後続もペースアップ。超スローのよーいドンになりました。後方でジッと構えていた2番メートルダールあたりは、完全に手遅れの状態になってしまいましたね。

オクノ メートルダールの4コーナーの立ち回りは最低でしたね。あんなに膨れたらどうしようもない。4コーナーであんなにペースアップさせたら、そりゃそうなるわなぁって感じです。小回りのドスローってほんときつい。

菊池 逃げ粘る4番サトノノブレスに唯一迫れたのが9番スワーヴリチャード。ジリジリ接近していってラスト200mを切ったあたりでゴーサイン。仕掛けられると反応は上々で、きっちり半馬身先着して見せました。

オクノ 思いのほかサトノノブレスが粘るからスワーヴリチャードでも大丈夫かな?って一瞬思ったけど、がっつり追い出したらすっと加速して交わしたよね。

菊池 3着争いは外から迫った5番サトノダイヤモンドが、最低限の面目躍如で前の2頭に接近。

オクノ 最後はさすがの脚でしたね。

<結果を受けて…>

180311金鯱賞結果

菊池 勝ち時計は2分1秒6。前半1000mが63.0秒に対して、後半1000mが58.6秒の超後傾ラップになりましたね。

オクノ 稍重で、勝ち馬の上がりが33.8。前に付けていないと絶対に無理でしたよね。

菊池 さすがにこの流れではピークを過ぎたとはいえ、サトノノブレスが残りますね。

オクノ 状態は悪くなければそれぐらいの走りはできる馬ですからね。池江厩舎は池江厩舎ですよ(笑)

菊池 では、上位馬を振り返りましょう。

スワーヴリチャード

菊池 10キロの馬体増がありましたが、太い印象ではなかったですかね。成長分という解釈でいいでしょうか。

オクノ 全然太目感はなかったですよね。成長なのかなぁ。ノーザンファームの馬ってそういう感じじゃないんですよね。一口には言えないんですが…。次走は簡単にマイナス8キロとかで出てくるんですよ。

菊池 スローを想定していたんだと思いますが、高めの位置を獲りに行ったM.デムーロ騎手の判断が良かったですかね。

オクノ ものすごくコントロールが難しいタイプだとおもうんですけど、しっかり御せていましたよね。

菊池 次は大阪杯。課題の右回りでどうか?という部分が大きいでしょうか。

サトノノブレス

菊池 昨春の金鯱賞が512キロで、今回は510キロ。概ね問題ない仕上がりでしたかね。

オクノ デキに関してはものすごくよかったですよね。すごく良かった。どこにも悪いところがないなーって。

菊池 さすがに今回の好走は展開に依るところが大きそうですね。今回狙えた人が勝ち、といったところでしょうか。

オクノ G1だと荷が重いけど、G2のマイペース競馬ならこれぐらいやれますね。

サトノダイヤモンド

菊池 506キロは昨年の天皇賞(春)と同じ馬体重でした。見た目に太いという感じはなかったですかね。ただ、これまでに見せた周回よりは硬さが見られたでしょうか。

オクノ ちょっと動きが硬かったかなぁ。でも、想像していたよりも良く見えましたけどね。

菊池 ルメール騎手は慎重な運びで直線だけの競馬でしたね。今回の競馬を見て、叩いて上昇と言えるかどうか。次走の追い切りの動きに注目でしょうか。

オクノ 勝たなくてもいいわけですからね。具合がどんな感じなのかを試したかったというのはあるでしょう。

その他

菊池 ヤマカツエースは4着でした。昨年に比べると余裕残しの仕上がりだったでしょうか。

オクノ よく頑張りましたけど、ちょっと重かったかなぁ。

菊池 メートルダールはもう少し流れてくれないと厳しいですかね。単純にここだと性能で劣るという部分も多分にありそうですが。

オクノ この競馬で後方からではどうしようもないです。現状は乱ペースのG3戦があってそうですね。

<教訓まとめ>

・前哨戦と言うこともあり、少頭数になるとスロー必至。逃げる馬のアドバンテージはかなり大きい。
・同週の重賞は重要度が高くないので、大阪杯に出走する馬は本番と同じコンビで挑む可能性が高い。能力を発揮する云々以上に、本番を見据えた競馬をする可能性が高い。
・3連覇したからといってボーナスがあるわけではなく、ヤマカツエースのように今まで以上に本番を重視して緩い仕上げで出走することとなる。これは他の重賞でも、その位置付け次第で似たことが生じるはず。

<次走巻き返し警戒馬>

<オクノ> 
・特になし

<菊池> 
・メートルダール
…恐らく次は新潟大賞典。まともに力を発揮できる流れであれば好勝負は必至。

~~~~

菊池 では、今回の回顧はここまでです。今週はスプリングS・フラワーCを京介さんと、ファルコンSと阪神大賞典はオクノさんと展望していきます。よろしくお願いします。