菊池 土曜日に阪神で行われたアーリントンCを回顧していきましょう。

18年競馬大予言春G1号

競馬大予言・春G1TR号はソコソコ好評発売中!
http://amzn.asia/7qXGdGZ

大阪杯はペルシアンナイト(6人気2着)を穴推奨に指名!
180401大阪杯穴推奨


ダービー卿CTはストーミーシー(9人気3着)を穴推奨に指名!
180331ダービー卿CT穴推奨


アーリントンカップ回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/164798

<天候・馬場について>

菊池 土曜日の阪神は前の週と似たような推移でしたかね。雨は午後から…というか、ちょうどアーリントンCの頃に降り出すような感じで。その雨も阪神牝馬Sのレース中と比べれば弱いモノで、影響は軽微だったでしょうか。

京介 土曜日は想定以上に雨が降らなかったよね。阪神でも全然雨が降っていないままだというのは聞いていた。アーリントンCのレース中に外ラチや手すりの様子を見ると、確かにこのタイミングでパラパラッと降り出した程度のようだね。これなら影響はまずないよ。ちょっと寒く感じるぐらいか。でも強い風すらなさそうだった。

菊池 最終週でも、まだ芝は良い状態をキープしていましたね。

京介 全体に中山よりも1秒は速い馬場のように見えたね。500万下の芝1200mで1分8秒台、そして未勝利戦の芝2000mで2分1秒台か。やっぱり実感としては速いな。

京介 あとは、中山&福島とは違い、ラスト1Fがかなり速いラップでまとめているというのもポイントだね。全体に速い決着なのにこれで差しが決まるんだから、鋭い決め手を持つ馬が有利な馬場で、淡泊なスタミナ型先行馬では厳しい状況だ。

<パドックについて>

菊池 フルゲートは埋まらず13頭立てでした。ただ、上位のオッズは拮抗していましたね。パドックの印象はいかがでしたか?

京介 いやーどの有力馬も良かったな。人気薄の馬は完成度不足か馬体が薄すぎるけれど、上位馬はみなトモの張りだけでなく、胴回りの厚みがガッチリしていて弛みがない。筋力あり過ぎでも重たくなくちゃんと整っている。この完成度が素晴らしいね。その意味でどれも良かったなあ。

京介 うん?よく考えたら、NHKマイルカップは今回の上位馬同士で決着する可能性があるんじゃないかな?それぐらい、印象のいいパドックだったよ。

菊池 もちろん!ハナからこちらが主要ステップに取って代わって…というムードでしたから。

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑








<レース展開について>

京介 阪神芝外1600mのスタートは向正面の真ん中。今回もファンファーレが鳴っている途中からもうゲート入りを始めていて、どの馬も淀みなく入っていた。頭数も少なかったし、40秒程度でスタートは切られた。結構早かったね。

菊池 角度的に見にくいのもありますが、大きな出遅れはありませんでしたか。スタートのトピックとしては、4番ラブカンプーのロケットスタートと、13番ダノンスマッシュが出遅れなかったこと。

京介 出遅れはほぼなかったし、スタートでヨレた馬もいなかった。こういう気持ちのいいスタートでレースをして欲しいね。

京介 そして、スタートしてからしばらく1番パクスアメリカーナが、ちょっと躊躇する動きになっている。これは、隣2番のインディチャンプ岩田騎手が、半馬身前に出てラチ側に幅寄せしているためだね。地味に小ズルいやり口。斜行は取られにくい形だけども。

菊池 まずは4番ラブカンプー。2番インディチャンプもスタートが決まった効果か行き脚がついてしまい前へ。外から7番アリアが2番手。その後ろの列に9番ウォーターパルフェ、外に13番ダノンスマッシュも早めの浮上。

京介 インディチャンプは、特に無理はしていないし良いポジションだと思うんだよ。それ以外の先行馬は格下の馬ばかりだし、作戦としてはアリだったと思う。

京介 ダノンスマッシュは前走の反省もあったのかな?作戦としてだろうと思うけど、序盤からサーッと押し上げて好位付け。

菊池 1番パクスアメリカーナは控えて中団からやや後方よりに構えようというところ。外の10番エアアルマスはやや行きたがる素振り。この後ろに6番タワーオブロンドンがいました。

京介 だけどこの位置でも、前に行った組はともかく4番手のインディチャンプにおよそ2~3馬身差ぐらいの位置取り。それほど後ろではない。

菊池 後方に12番ラセット、内に8番イルルーメ、11番レッドヴェイロンといて、最後方に5番ピースユニヴァース。

京介 ピースユニヴァースはまあまあやれる馬だと思うんだけど、こういう戦略しかないのかなあ。勿体ない感じがするなあ。

菊池 前半600m通過は34.5秒、800m通過が46.5秒でした。短距離馬の逃げで全体的に速い流れでしたね。

京介 だけど先ほども触れたけれど、差し馬勢は少し離れていたし、35秒チョイ通過というところでしょう。見た目にはどの馬も脚は溜まっている。

菊池 4コーナーでも中団待機の人気馬はまだ溜めている中、外からジワッと浮上してきた10番エアアルマスの手応えが良く映って、やられたか?感が一瞬ありました。

京介 4コーナーで外をサーッと接近してきた手応えは、確かに良かったね。だけど同時に、内を通ってきている馬もなかなかの反応だよ。

菊池 馬群が縮まって直線、外から13番ダノンスマッシュと10番エアアルマス。そして前の馬を捌いて2番インディチャンプが一気に先頭へ。

京介 インディチャンプは道中ずっと2列目のハコ内。ここから直線もほぼ詰まらずに捌けた。

菊池 坂の入り口あたりで先頭に立つ2番インディチャンプ。13番ダノンスマッシュと10番エアアルマスはついて行くのが苦しくなり、その後ろで待機していた差し馬勢が迫ってきます。外に出しつつも追い出しをガマンしていた6番タワーオブロンドンが一気にスパート態勢。さらに大外から11番レッドヴェイロン。内の1番パクスアメリカーナは、まだ捌きつつ。

京介 インディチャンプの仕掛けから、馬群の形がガラッと変わったね。人気薄の先行馬はもう脚がない。エンジンが掛かって人気勢が伸びてくる。

菊池 坂の半ばで勢いは完全に外の6番タワーオブロンドン。一気に差し切って先頭へ。そして、ようやく捌ききった1番パクスアメリカーナが応戦しますが、こちらは外の勢いに勝てず。

京介 インディチャンプは直線3分所を抜けたあとに、岩田騎手がラチ沿いが良いと見たのかあるいはモタれたのか、ラチにへばりつく。パクスアメリカーナは目の前でウロウロするインディチャンプを無事に交わすのが若干難しかった。

菊池 3着争いは内で2番インディチャンプが粘り込みを図るところ、大外の11番レッドヴェイロンが僅かに差し切り。

京介 こちらレッドヴェイロンは人気馬を見つつ、馬群の一番大外に持ち出した馬だね。仕掛けのタイミングとしてはバッチリだったと思うし、不利はなかった。

<結果を受けて…>

180414アーリントン結果

菊池 勝ち時計は1分33秒4。淀みなく流れたこともあり、好タイムで決着しましたね。1~2着は桜花賞の2~3着相当で走っています。

京介 あの時よりも速い馬場ではないと思うし、価値は高い内容と考えていいはず。ま、今回の上位4頭はどれも優秀だと思っているよ。

菊池 では、上位馬について。

タワーオブロンドン

菊池 朝日杯FSと比較して8キロ減で出走してきました。赤木さんも1番手評価でしたね。

京介 馬体は以前から良く見せるタイプだけれど、しっかり持ち直してきた印象がある。後肢の伸びやかさのセンスは、全く衰えてなかったようだね。大きな体躯なのに緊張感をもって機敏に歩けていたよ。

菊池 ペースを把握してか、ルメール騎手は慌てず騒がず。進路を確保出来ていたとあって、ギリギリまで追い出しを我慢していた感がありましたね。

京介 朝日杯FSよりも末脚確かで、さらに終いの反応が良くなっていたと思う。改善に至ったと素直に認めるべき内容だね。

菊池 NHKマイルCに向けての見通しはいかがでしょうか。

京介 自分としては、まだ後肢のエクイロックスが残っているのが気がかり。右前の蹄正面にも何かあるようだし、ちょっとそこがな…。皐月賞から誰か路線変更でやってくる馬が相手となるかな。

パクスアメリカーナ

菊池 最終的には3番人気でしたが、こちら京介さんの推奨馬でした!

京介 自分が思っていたよりも人気したよね。それだけ現場評価は高かったのかな。時計面・記録としては他の馬の方がよかったんだけども。

菊池 中団内で溜めて、後退する逃げ・2番手の馬を捌いての2着。勝ち馬との差も僅かですし、川田騎手のコメントにあるとおり、収穫の多いレースが出来ましたよね。

京介 しかも改めて確認したけれど、本質はパワータイプの大トビ。今回序盤から狭くされて、直線もしばらく内で進路が空くまでエンジンを温めていたような追い出し。どちらもインディチャンプがいなければ…という内容だったんだよね。

菊池 NHKマイルCでの好走条件はどんなものでしょう。

京介 半分より外目の枠を引きたい。これまで追い込みに近い差しばかりしているけれど、今回の序盤の内容を見ての通り、行き脚が悪い馬ではないし、本当はもっと自在性はあるよ。今回のエアアルマスのような動き出しをするのが理想だね。もっと時計は詰まる。

レッドヴェイロン

菊池 ようやく未勝利戦を勝ったと思ったら、一気にここにぶつけてきました。このきょうだいは、勝ち味に遅いんだけども格上挑戦は苦にしませんよね。

京介 やけに人気を集めていたな…と思ったら、前走勝った未勝利戦は走破時計が1分46秒5。これは、流れこそ違うとはいえインディチャンプの毎日杯3着の走破タイムより速い時計だった。それを認められての評価だったわけね。

京介 体つきとしてはまだまだ甘さがあるけれど、股関節が柔軟で大きく捌けるのが強み。まだこの次もビシッと鍛えて変わる余地があると思う。

菊池 逃げて勝った前走から、今回は一転して後方待機策でした。結果として展開もハマり権利獲得に成功。デムーロ騎手のペース判断もまた的確でしたね。

京介 現状ではこの馬群を避けて回る戦法しかだめかな?という大味なところはあるよ。だけどその縛りがあっても、なお結果を出す鞍上の手綱さばきには脱帽です。

菊池 本番に向けては、この自在性を活かせるかどうか。まずは、鞍上をこのまま確保できるのか?という点が最大の重要ポイントでしょうか。

京介 現実、今は上位の馬に完成度で劣るから、どういう戦略で行くべきか悩む所はあるよね。府中で馬群を捌けないというのは大きな弱みだし…。

その他

菊池 インディチャンプは4着。ちょっと岩田騎手は早仕掛けでしたよね。権利獲りもあり、今回はスタートが良くて前の位置になったから仕方ない面もあるとは思いますが…。前走のような競馬なら結果は違ったんじゃないかな。

京介 道中でパクスアメリカーナを封じるためにいろいろ動いたような部分もあったと思う。だけどこれを反省とするのなら、NHKマイルだったら追い込みに徹するのかな。

菊池 ダノンスマッシュは今回に限ってゲートをしっかり出たことが、結果としてアダとなりましたよね。後方からならレッドヴェイロン的な3着があったかもしれない。

京介 結構早出しして、上位とそれほど離されていない5着か。今回は気持ち馬体が緩かったようにも映ったし、ひと締まりする余地はあると思うよ。ただ、これで上位相手にひっくり返されるとあっては、本番の戦略が難しいね。通じる力はあると思うんだけど。

菊池 エアアルマスも良い馬ですよね。ただ、コントロールが難しそうで、合う場面がどのあたりなのか?

京介 向正面で気の悪さを出したのは、ダノンスマッシュが外から駆け上がったタイミングでちょっと進路をカットされていやがったのもあるのかな。まだ落ち着きが不十分で、体つきも甘い方。センスはあるけれど、現段階では上位争いには脱落した印象がある。

<教訓まとめ>

・開催最終週、皐月賞と同じ週に回ったアーリントンC。中山は障害G1なので、こちらに上位騎手が集まりやすいし、意外と季節の変わり目で芝が生え変わって、いい馬場状態を保ちやすい。今後もレベルの高いメンバーでやれるレース、いい前哨戦になりそう。

・阪神外回りのマイル戦でペースを抑えた逃げを打てない短距離馬がリードすると、直線で馬群がバラけて人気の差し追い込み馬が力を発揮しやすい。今後のアーリントンCは、開幕週だったころよりも、ダート先行馬や内枠のケアをする必要がなくなったと考えていいかも。

・この週の土曜日は有力騎手がごっそり阪神に集まる傾向となりそう。来年以降も外国人ジョッキーの良い馬が、結果を出し続けるレースとなってしまうかも?NHKマイルCよりもこちらの方が配当は渋い、と考えるべきか。


<次走巻き返し警戒馬>

<京介>
・パクスアメリカーナ
…2着好走だが、レース内容を見直すともう一歩上を目指せる馬に見える。スタートからインディチャンプにラチ側に押し込められ一歩後退、直線もインディチャンプが目の前で左へ右へと邪魔されすぎた。外枠を引いて伸び伸び走り、自分のリズムで仕掛けられる展開なら逆転も可能。

<菊池> 
・インディチャンプ
…一瞬脚だが道中で動く器用さはあるので、NHKマイルCは出走にこぎ着けて内枠を引いたら複穴でマークしておきたい。

~~~~

菊池 では、今回の回顧はここまでです。今週はフローラSと福島牝馬Sを京介さんと、マイラーズCをオクノさんと展望していきます。よろしくお願いします。