菊池 日曜日の東京ではNHKマイルCが行われました。こちらの回顧をしていきましょう。

18競馬大予言春G1佳境号

競馬大予言・春G1佳境号はソコソコ好評発売中!
http://amzn.asia/4TsLlBO

新潟大賞典はステイインシアトル(9人気2着)を穴推奨に指名!
180506新潟大賞典・穴推奨


NHKマイルカップ回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/169671

<天候・馬場について>

菊池 土日ともによく晴れて良い天気でしたね。

京介 連休が終わって今原稿を書いている時、外はもう強い雨だよ。ホント最後の土日にあれだけきれいに晴れたのは素晴らしいことだわ。昼過ぎぐらいからちょっと強い風が出始めて、NHKマイルCの頃は直線向かい風だったそうだけれど、天候はずっと良かった。

菊池 馬場は引き続き良好で速い時計が出ていますが、内の方はいくらか蹄跡が見られるようになってきたでしょうか。

京介 パトロールビデオで向正面中盤から4コーナーにかけては、内ラチ沿い3頭分ほどが茶色くなってきたね。確かにハッキリ色が違うわ。軽く土煙も出ているようで。

京介 けどこの状態でも、ここのところ雨開催の日がなかったから内ラチ沿いを通って競馬しても、直線でちゃんと伸びが効く。それにこの芝の色を見て直線で馬群が横に開くし、この日の段階ではそこまで内側の問題はなかったと思うんだよ。

菊池 9Rが古馬1600万下による同コースの芝1600m戦でしたが、超スローでの上がり勝負。ディープインパクト産駒による1・3着でしたが、この流れだしな…という感もあり、参考にしにくいレースとなってしまいました。

京介 準オープンのスローペースだった流れで1分33秒台が出るんだから、少なくとも1分33秒台の前半で決着するのかな、とは推測できたけれども。

京介 ただ、パワー+スピードタイプ優勢で先行馬有利だった土曜日とはちょっと質が違って、差しがちゃんと決まるようになっていたよね。日曜日はサンデーサイレンス系統の馬ばかりが上位を占めていた。ディープ否定の予想で入ったけれども、当日はディープインパクト産駒の良い馬を探さないといけないかな、という意識には切り替えていたよ。

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑








<パドックについて>

菊池 18頭立て、今年は重賞勝ち&重賞連対馬が多く、例年より良いメンバー構成でしたね。

京介 そうだね。重賞未連対の馬ばかりの年は、どの馬も体つきがモコモコしているし完成度も低い。重賞勝ち経験のある馬は手先の効きが違うし、一度良い形で仕上がっているから皮膚も薄い。その水準と互角の仕上がりを見せる馬も多かったと思う。

菊池 皐月賞経由での参戦はなく、マイル路線を真面目に歩んだ馬が多かったのも今年の特徴でしたよね。

京介 確かに。いい前哨戦が複数できたから、同じ路線で対戦した馬同士が、またこのNHKマイルCに出てくる。だからこそ今回、自分を負かした馬がいないアーリントンC勝ち馬のタワーオブロンドンが相当な票を集めたんだろうしね。

京介 それと18番ロックディスタウンが、パドック中継が流れている時に、急に立ち上がって背中から落ちて転倒。いやこれ、唐突に慌てて走り出さなくて良かったよ。パドックのワイドモニターに映ったパドック映像を見て驚いたという話だけれども。

<レース展開について>

京介 東京芝1600mのスタートは向正面にあるけれども、今回はファンファーレが鳴り終えてもしばらく輪乗りをして、場内の歓声が一度落ち着いてからゲート入りを始めた。最初は11番ケイアイノーテックから入ったね。

京介 ゲート入りが始まるともうサクサクで、ロックディスタウンも問題なくゲートに入ったし、およそ48秒でスタート。ほとんど待たずにスタートできたと見ていいでしょう。

菊池 伸び上がるようなスタートになって1番カツジと5番プリモシーンが出遅れました。そんなにスタートの悪くなかった11番ケイアイノーテックは、行き脚が付かずモタモタして後方になりましたね。

京介 鞍上の藤岡祐介騎手は追っ付けていたのに、反応しなかった。ゲート入り最初だったのが影響しているのかな?

京介 その他では14番デルタバローズが出遅れていたり、6番リョーノテソーロと7番タワーオブロンドンが接触して、タワーオブロンドンが2歩目で躓いたりしていた。

菊池 対照的に好スタートを切ったのが8番ダノンスマッシュ。逃げたいわけではないので3番テトラドラクマを待ちましたが、テトラドラクマの田辺騎手も押したりはせずにジワーっとハナへ。

京介 ダノンスマッシュは抑えて1列目。これで掛かっていないし、スピードタイプである本質的なセンスが徐々に見えてきたね。こういう折り合いの付け方ができる馬は、テンに強いタイプだけれども。

京介 テトラドラクマはスタートは普通だった。ダノンスマッシュに譲ってもらってのハナだったことに注意したい。

菊池 直後に4番フロンティア、2番ファストアプローチ。そして意外にもスンナリと高い位置を獲たのが9番ギベオン。2F目の半ばで外から追い付いてくるのが16番ミスターメロディ、15番カシアスあたり。そして、相変わらずコントロールの利かない18番ロックディスタウン。

京介 ミスターメロディが折り合いピタリ付いてサーッと進出できているのに対し、カシアスはこれまで逃げていた馬が逃げられなかったためか、どう走っていいのか分からず慌てているという挙動だったね。微妙に掛かっていたし、物見する挙動。

京介 ロックディスタウンはスタートで外へ膨れるし、道中ずっと頭の高いキリン走法。池添騎手が何とかしようとはしているけれど…。

菊池 これらをやり過ごしながら外を通りたい10番パクスアメリカーナが、ちょうど中団あたり。内を挽回してきた1番カツジ、6番リョウノテソーロが並んでいて、この後ろにようやく7番タワーオブロンドンの姿が見えてきました。

京介 カツジは煽って出たのに、良くここまで挽回してきたなあ。一応これでも脚は溜まっているように見える。

京介 その隣のリョーノテソーロは、3コーナー進入する時に目の前の9番ギベオンの内絞りを読み損ねて、まるで進路をカットされたかのように引っ張って後退。いやこれは吉田隼人騎手がおかしな操作しただけでしょ…。

京介 これで4列目内にいた7番タワーオブロンドンも内へキレ込む羽目になり、5番プリモシーンも、玉突き的に塞がれて後退してしまう。ルメール騎手は上手く対応したと思うよ。

菊池 その外に17番レッドヴェイロン、12番アンコールプリュ。後方グループは5番プリモシーン、13番ルーカス。後方2番手に11番ケイアイノーテック、最後方が14番デルタバローズ。

京介 デルタバローズも意外な最後尾だったけれど、ケイアイノーテックは全然行けずにこの位置だったんだよね。

菊池 前半600m通過が34.4秒。概ね平均ペースと見ていいでしょうね。短距離馬ではなく、マイルの逃げ馬が先導したので妙なハイペースにはなりませんでした。かといって、緩み過ぎもせず。

京介 そうだね。それでいて1列目が4頭ほど雁行、2列目もその後ろピタッとくっついて4頭雁行だから、馬群の重心は前目にあったはず。追走で脱落する馬が出るペースではなかった。

菊池 3~4コーナーでペースが緩み、馬群は徐々に凝縮。大きなひとかたまりの馬群で直線に向いて来ました。直線に向いて手応えが目立ったのが、内から5頭分あたりの位置で、馬なりのまま先頭に並びかけていった16番ミスターメロディ。さらに、その後ろの列から間を割ろうとする9番ギベオンの藤原英厩舎勢。

京介 前の組は馬群の隙間がほとんどなくて、あれだけ窮屈な形で追走していたのに、3~4コーナーで妙な不利は全くなかった。ギベオンは抜群の手応えだったね。

菊池 一方、1番人気の7番タワーオブロンドンは、3列目の内ラチ沿いあたりにいて、ちょっと怪しい気配。10番パクスアメリカーナは中団外でまだエンジン掛からず。そうこうしているうちに前は坂を登り切って、一気に9番ギベオンが先頭に立ちます。

京介 自分は最初藤原英昭厩舎同士の連携プレーで、福永騎手がデムーロ騎手のために内を空けたのかと思ったけれど、惰性に乗っていれば馬群はこういう動きになる。コーナーで前と横との間隔も狭くて窮屈だったのに全く怯まず、2列目内で我慢していたデムーロ騎手が見事だったね。

菊池 懸命に食らいついていこうとする16番ミスターメロディ。この後ろのグループはイマイチ伸びがなく、勢いはむしろ外。17番レッドヴェイロン、さらにその後ろの11番ケイアイノーテック。ちなみに、この残り200m地点過ぎの攻防で制裁が2件発生していますね。

京介 ここは詳しく順を追って解説しよう。どの馬も目一杯仕掛けていて挙動不安の箇所だから、決して1頭だけが悪いわけじゃない。

京介 まず先頭に立った9番ギベオンは、デムーロ騎手が右鞭を連打して1頭分内に寄ったけれども、一度先頭に出てダノンスマッシュを1馬身ほど引き離しているから、ギリギリOKかと見なせる。テトラドラクマ、ダノンスマッシュの方に足が残っていなかったし。

京介 内の方でファストアプローチの真後ろにいたタワーオブロンドンが、それまでなぜ内側に潜ったかと言えば、スタートと3コーナーの他馬の影響でのもの。そしてファストアプローチは、坂下で内を割り切れず、微妙に絞ってきたダノンスマッシュに寄られて影響を受け、同時に内を突いたタワーオブロンドンとも少し交錯する。上り坂の途中ぐらいでタワーオブロンドンが割るのかなという反応だった時に、外から馬がグワッと殺到してきて潰され、ルメール騎手はこれ以上追い出せずに諦めたという形。

京介 道中2列目にいた4番フロンティアは、直線追い出してもジワジワとすら伸びきれず、勢いはほとんど劣る。そうしているうちに外から1番カツジ、内から7番タワーオブロンドンが伸びてきて、挟まれるような形になった。これは不利というよりも勝負所で突っ込めない弱さだね。

京介 そして外から迫ったレッドヴェイロンが、パクスアメリカーナ以下に幅寄せして玉突きのようになった事象。これはレッドヴェイロン自身はそこまで急にヨレていないし、内で抵抗しているパクスアメリカーナもちょっとササりながらも左鞭で抵抗している。だけどこの2頭より1馬身半ほど前にいたはずのカシアスが、坂上でバテて後退したタイミングと、馬群の中を突いた1番カツジが横に並んだタイミングがかち合ってしまって、一瞬横並びとなった時に玉突きっぽくなってしまったものだね。外から押されて、1番カツジも7番タワーオブロンドンも寄られて態勢を崩した。

菊池 残り100mで内~中の攻防を制した9番ギベオンに迫ったのが、内に寄りながらも伸びてきた17番レッドヴェイロンと大外一気で追い込んできた11番ケイアイノーテック。最後まで伸び脚の鈍らなかった11番ケイアイノーテックが最後にグイッと差し切ってクビ差、この戦いを制しました。

京介 NHKマイルCにしては、思ったよりも先団が密集したし、直線で横に大きくバラけるほどじゃなかったんだよね。それでゴール手前300~150m地点で不利が多数発生。出走メンバーのレベルが高く、それなりに拮抗していたから、安田記念のような衝突が生まれてしまった。

京介 だからこそ、ちょっとタイミング一つ遅れて伸びてきたケイアイノーテックが、全く不利を受けずに走れた分、運よく間に合ったという形に思えるね。

<結果を受けて…>

180506NHKマイルC結果

菊池 勝ち時計は1分32秒8。馬場のレベル的にはもっと速い決着になる可能性もあったと思いますが、テトラドラクマが平均的な流れで逃げたことにより、そこまで速い決着となりませんでしたね。

京介 まあそれでも、平均ペースでの1分32秒台走破は古馬オープン級と単純に見てもいいでしょう。過去10年の良馬場開催時と比較すると、ちょっと物足りなさを感じるけれども。

菊池 人気馬は不利を受けたり与えたりで、明暗が分かれましたね。そんな中、まっすぐに脚を伸ばせたケイアイノーテックが上がり最速で差し切り勝ち。

京介 逆算すると外枠有利があったよな、と思う結果だったよね。

京介 それと過去の傾向的に、前走1着馬がそこまで連勝することがなくて、前走負けた馬が巻き返す傾向の方が強いレースだったけれど、今回は前走2着・2着・3着馬同士の決着だった。こういう組み合わせになるとは正直思っていなかったなあ。

菊池 では、上位馬を振り返りましょう。

ケイアイノーテック

菊池 馬体重は12キロ減の前走と同じ456キロでした。中間に平田調教師のコメントで「減った馬体はすぐ回復」とあったので、事実だったとすると、再び輸送で減ってしまった、という感じだったんでしょうね。

京介 いい状態というよりは、ギリギリの造りだったことは感じ取れる。パドックで暴れていたわけじゃないけれど、ピリピリしていたね。腰つきがしっかり決まっていた、緊張感のある動きだったと思ったけれど。

菊池 NZTの頃と比べて馬体に変化は見られましたか?

京介 馬体の大幅な変化というわけではないね。右前脚の蹄の補正も残ったままだったし、さらに仕上げてきたというよりは、もう仕上がったという形だったと思う。

菊池 道中~直線で複数発生した渋滞の影響を受けることもなく、大外を伸び伸び走れたことが、結果的に奏功したと言えそうですね。昨年の安田記念におけるサトノアラジンのような。

京介 レベルが高過ぎて有力馬が片手に余るほどいた時の、東京マイル戦の怖さではあるね。それを、外枠からのスタートで直線外に持ち出しやすかった分、いい目を引いたということだね。

菊池 秋もマイル路線を歩むことになりますかね。輸送のない京都だともっと良さそう。

京介 ここまでマイル戦しか使っていないのか。個人的には、ここからもうちょっと成長する余地って、本当にあるのかな?と疑問を持っているよ。2歳3歳の間に重賞戦線でかなり頑張り過ぎたように思うなあ。

ギベオン

菊池 毎日杯からプラス6キロ。ここに来て成長が著しいですね。ただ、パドックでの印象としては「やっぱり中距離馬」感が。

京介 そこは確かにあったね。だけど毎日杯の時に「細すぎないかこれ?」とモニターを見て思った馬体が、今回はどっしり見せてちゃんと肉がついて来ていた。成長著しいと言える。評価を引き上げるべき体つきだったと思う。

菊池 なので、好位を追走して流れにスンナリ乗るレースセンスにはびっくり。直線半ばで先頭に立ち、勝ったかという競馬を披露。個人的には完全に見誤りました。

京介 4コーナーを回り切る時の手応えは抜群だったよね。抜け出す際の反応も上々。手前を替えてからフットワークが沈み込むまでもうほんの少し時間かかる所があったけれど、そこはレース数を使っていない若さが故の弱みで、徐々に解消されてくると思う。

菊池 これで賞金加算に成功して、ダービーを目指すそうです。

京介 いやー、こっちはぜひ期待したいよ。レース数を使わず賞金を加算できたのは大きい。NHKマイルC2着からのダービー好走は、疲れが溜まるから過去に好走がないパターンだけれど、この馬はまだ伸びてきそうな気がするんだよね。

レッドヴェイロン

180506NHKマイルC特注馬

菊池 この馬も今がまさに伸び盛りでしょうか。ガチンコ予想では特注馬に入りましたね。

京介 この馬も、アーリントンCで見た不安定さが今回は表に出ていなかった。確実に「レースを使って反動が出ず、逆に良くなった」パターンだね。腰と背中の緊張感が素晴らしかったね。

菊池 道中は中団やや外を回って直線勝負。かなり手応えが良かったようで岩田騎手もガンガンに追っていましたが、ちょっとヨレてしまいましたね。

京介 不利多数の発端がこの馬であるかのように見えるのは、若干の不運ではある。だけど渋滞が起こった時の安田記念然り、今回のような馬群の形の時は、外枠の有利がかなり顕著になる。実際この馬も、若さを見せつつも不利を受けずに自分の脚を使えた強みが大きい。

菊池 2走続けて3着だったので、なんと、500万下からの出直しです(笑)。

京介 とりあえず下手に躓かずすぐに勝って、重賞戦線に復帰して欲しいね。

その他

菊池 4着はミスターメロディ。パドックを見たらやはり短距離馬という印象を拭えませんでしたが、見せ場は十分でしたね。

京介 そうだねえ。薄いスピード馬だとは思わなかった。今回のメンバーでマイル確実に大丈夫というメンバーに入れると、物足りなさはあった。直線の根競べで抵抗できたのは、藤原英昭厩舎の鍛錬の質が高いからこそでしょう。

菊池 5着プリモシーンは出遅れのみならず、道中から直線から何度も詰まってしまいましたね。

京介 まず出遅れ、3コーナーで後退馬が邪魔で1列分後退。直線で内を諦めたのが坂の途中ぐらい。ことごとく後手に回って、追い出しも遅れてしまった。馬体の仕上がりは素晴らしかったけれど、2走続けてへぼいレースになってしまったね。

京介 でもまあ、春のレース消耗がなかったというのをプラスに考えたい。自分はマイルじゃなくても良いと思っているよ。

菊池 パクスアメリカーナは6着でした。不利を受けた分もありますが、左回りだったせいか寄ってきたレッドヴェイロン跳ね返す勢いがなかったのも事実ですね。

京介 左回りだとどうしても内にササってしまうらしいね。川田騎手は騎乗姿勢をやや斜めに保ちながら、左鞭で必死に修正していた。だけどそういうのに気を掛けていると、大トビの馬をのびのび走らせるほうに意識が回らない。直線窮屈な態勢になってしまったら、この馬はダメだよ。

菊池 1番人気タワーオブロンドンは、12着と大敗してしまいました。この馬も終始、不運続きで。ルメール騎手もまともに終える場面があまりなかったですね。

京介 スタートの接触躓きからもう良くなかったからね。3コーナーでリョーノテソーロの内に避けざるを得ず、直線も例年のNHKマイルCより馬群が狭すぎた。

京介 レース前から逆算すると、差す馬が内側の枠に入った不利と言える。それと、重賞の2着3着馬も候補に入る高レベルメンバーだったら、馬群を捌けない事態が発生しうると考えないといけないね。「これまで上手く行っていたし、馬群を捌ける自信がある」馬ほど、こういう罠にはまるという感じか。

<教訓まとめ>


・良馬場なら例年1分32秒台決着になるのが必至で、どの馬も経験していないゾーンでの勝負になる。今回はそれに加えて、直線でもとてつもない密集振りだった。安田記念と同様に、外枠有利が生まれるのはこういったシーン。

・高速馬場で最後のゴール前までわからない、という決着になると、少し長い1800m以上の距離で好走できる強みが出る。

・逃げ、2番手、あるいは逆に追い込み馬が勝っているNHKマイルCだが、馬群の内で宥めて溜める戦法があまり上手くいかないためでもある。トップスピード持久力が大事な要素、前哨戦で馬場の大外をぶん回して好走した馬が、外枠に入ったパターンに注意すべき。


<次走巻き返し警戒馬>

<京介>
・カツジ
…この枠を引いたのが本当に不運。また出遅れて序盤脚を使って挽回、直線窮屈なルートにて接触する不利。体つきは秋に見直せるタイプだと思う。

<菊池>
・リョーノテソーロ
…骨太のパワータイプで、やはり本質はダート短距離馬。1400m以下のオープンに出走してきた際には注意したい存在。

~~~~

菊池 では、今回の回顧はここまでです。今週はヴィクトリアマイルと京王杯SCをともに京介さんと展望していきます。よろしくお願いします。