菊池 日曜日の東京ではエプソムCが行われました。こちらの回顧をしていきましょう。

競馬大予言・夏競馬号が予約受付開始
18年競馬大予言夏競馬号

http://amzn.asia/dzYbsTJ

マーメイドSはアンドリエッテ(10人気1着)を穴推奨に指名!
180610マーメイドS穴推奨


エプソムカップ回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/177139

<天候・馬場について>

菊池 東京はずいぶん強い雨が降る、嵐みたいになる、という予報もありましたが、どうも台風の動きが遅くなったのか土曜日は降らないまま開催を終えることができましたね。

京介 そうそう。土曜日は普通に日が出て、終日雨は降らなかった。雨っぽい様子も全くなかったね。

菊池 ただし、日曜日は朝から雨。一応、芝・ダートともに良馬場で始まり、途中には止む時間もあったりしましたが、お昼頃から強くなって、後半は悪化の一途でしたね。

京介 日曜日の午前中も、雨が降っては止み降っては止み。いやそのままとどまってくれても良かったんだけど。湿った気配が昼過ぎから徐々に強くなってきたと思ったら、7Rぐらいからだいぶ強くなりだした。さすがに作業するには傘が必須、というぐらいに降ったね。馬場発表も一気に重馬場にまで変わったし、途中から内ラチ沿いを狙う馬はほぼ皆無というほどに。

京介 だけどこの一日の間は、ずっと細身の瞬発力タイプが好走していたんだよね。直前の10R多摩川Sでややパワー寄りのタイプが逃げて押し切ったから、傾向が変わったかと考えたんだけれど、結局メインのエプソムCも細身と言える方が好走していた。サトノアーサーが重馬場発表の馬場で勝ち切るとは思わなかったなあ。


ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑








<パドックについて>

菊池 16頭立ての雨のパドック、どのような印象でしたか?

京介 傘を持ちながらで辺りが薄暗く、肌艶も確認しにくい状況だったけれど、比較的仕上がりの良い7歳高齢馬は多かったと感じたんだよね。ただし、人気の4歳馬が決して悪いというわけでもなく、むしろ良いぐらい。

京介 中でも目を惹いたのは、脚部不安明けで厳しいはずだったスマートオーディン。馬体から受ける威圧感はかなりのものだった。これはおそらく次かその次ぐらいで復調するんじゃないか。

京介 あとから見直して考えると、直近のレースで好走していた馬は、単純にみんな良かったと思う。重賞出走する過程でさらに引き上げてきた、という馬が多かったよ。

<レース展開について>

京介 東京芝1800mのスタートは、1~2コーナー途中の2コーナー寄りの位置。スタンドから遠目で雨も降っていて静かだったろうし、ファンファーレが鳴っている途中からゲート入りは始まっていた。

京介 まあ特に嫌がる馬もなくサクサク入る。こちらもマーメイドSと同様にほとんど問題なく早い入りだったし、39秒程度でのスタート。かなり早い方だったと思うよ。

菊池 伸び上がるように出た13番アデイインザライフが出遅れ。その他はそこまで目立つ出遅れもありませんでしたね。

京介 普段スタートの悪い馬でも、せいぜい半馬身程度。どの馬もいいスタートを切った方だといえるでしょう。ちなみに大外枠のサトノアーサーは、かなり行き脚が良かったね。

菊池 16番サトノアーサーが好スタート。そのほかでは2番ベルキャニオン、1番ブラックスピネルも良いスタートでした。意図的な逃げというわけではなさそうでしたが、押し出されるように9番スマートオーディンが先頭。並びかけてきた7番マイネルフロストに譲りたいように見えましたが、柴田大知騎手は引き受けてくれず2番手。

京介 武豊騎手は、先頭に出る前までは手綱をむしろ引っ張っていたほど。スマートオーディンの行きっぷりが予想以上だったようだね。想定外だという様子に見える。

京介 そしてこの時点で内ラチ沿いは雨で馬場も悪かったし、ブラックスピネルもベルキャニオンも、自分から突っ張るかのように行く馬を制す意図もなし。内の馬の主張はなかった。ちなみにマイネルミラノは2コーナーを過ぎた時点で、出脚争いで劣っていて、完全に先頭からは遅れています。

菊池 その後ろが、外に11番シャイニープリンス、内に2番ベルキャニオンと1番ブラックスピネル。16番サトノアーサーが外6番手。その後方内に10番ダイワキャグニーがいて、メイSとは位置取りが逆でしたね。

京介 向正面時点で、パトロールビデオでは集団が内ラチから3頭分ほど空けて進むスタイル。サトノアーサーが高い位置に押し上げたというより、内枠の馬が馬場の悪い内を避けたくて慎重だった分の差がある。こういう状況だと、東京芝1800mとは言え外枠の追走ロス不利はほぼなくなる。

京介 だけどダイワキャグニーもこの馬場ならいい場所を選んで積極的に行くものだと思っていたけれど…。前走と同じ待機策に回った。

菊池 外に出しながら徐々に上がっていく5番グリュイエール、中団に8番サーブルオール。この集団の後ろの方に6番ハクサンルドルフはいました。

京介 グリュイエールとサーブルオールは、先団と後方集団とが離れる流れの中で、勝ちに動いた仕掛けだね。ハクサンルドルフは逆に、前の組がバタッと止まるのを待っている。

菊池 前半800m通過が47.7秒、1000m通過が59.6秒でした。馬場状態を考えれば速い水準だったでしょうか。

京介 マーメイドSとは違うと思う。馬場の良いルートを何とか選んで通っているとは言え、コーナーでラチ沿いを通っていないし、雨にだって気遣う。やっぱりペースは速い方だったと思うよ。

菊池 3~4コーナーでは、12番マイネルミラノが内から距離ロスを抑えることで浮上しますが、他馬は軒並み馬場中央~外を目指す隊列で直線へ。

京介 だいたいこの部分、先頭の武豊騎手が狙ったルートから外を狙うか内を突くか、鞍上の判断が大いに分かれた様子だよね。横山典弘騎手は、内が大丈夫だと見て内を回って距離得を稼ごうとしたけれど。

菊池 馬群は大きく横に広がって坂へ差し掛かりますが、登り切らないうちに前の2頭は失速。抑えきれない手応えで外から浮上してきたのは16番サトノアーサーでした。10番ダイワキャグニーは内の方から脚を伸ばそうとしますが、どうも手応えがなさそう。

京介 サトノアーサーが馬場のきれいなルートを進んで早めの競馬で仕掛け、ダイワキャグニーは内を見ようとしてノメっている。いやー、本来この2頭はやるべき競馬が逆じゃないの?と思わせる対照的な流れ。

菊池 16番サトノアーサーが一気に先頭に立って残り200m、さらに外から接近してきたのが5番グリュイエール。さらに、後方から6番ハクサンルドルフが接近。内めからは8番サーブルオール。

京介 グリュイエールの福永騎手がロス覚悟で大外を回って押し上げたのに対し、ルメール騎手のサーブルオールは適度に真ん中あたりを突いた。だけども、馬場の後半にも惰性が効いて伸びたのは外の方。

菊池 サトノアーサーが押し切ろうとするところ、目立つ脚で伸びた6番ハクサンルドルフが迫りましたが、半馬身差まで詰め寄るのが精一杯。3着は5番グリュイエール。

京介 サーブルオールも内から伸びているし、このルートは全体で見ればやや外なんだけれど、後半ちゃんと伸びたのは馬場のかなり外側だった。雨が強くなった影響もあり、特定のルートをちゃんと通らないと伸びない状況だったね。

<結果を受けて…>

180610エプソムC結果

菊池 勝ち時計は1分47秒4。重馬場ですが、そこまで遅い時計にならなかったですね。

京介 これもマーメイドSと同じく、前半適度に緩めず引っ張ってくれた馬がいたから、だと思うよ。この雨だから、もうちょっと膠着するような馬群の形になってもおかしくなかったはず。比較的早い流れだからこそ、馬群もバラけて、各騎手に迷いや判断の分かれ目が出た、という状況だったかな。

菊池 馬場中央から外を通った馬が上位を独占。通った位置の差はありますが、1番人気ダイワキャグニーが伸びなかった以外、上位人気馬がしっかり人気に応えて走りました。

京介 そうなんだよ。こういう読みにくい状況でも、結局上位に好走したのは5番人気以内の馬。大穴が出そうだなと思っても、結局全然出ないのがエプソムCだよね。一番の理由は、7歳以上の高齢馬が期待を下回る走りしか見せず、人気上位の若駒が期待以上に走ったため、でもあるかな。

菊池 では、上位馬を振り返りましょう。

サトノアーサー

菊池 メイSからは増減なし。馬体の印象はいかがでしたか?

京介 中間の追い切りがかなり良かったのが目を惹いたけれど、当日も体つきは本当に良かったんだよ。ただ、雨がかなり強く降ってきた状況だったので、芝が変わっているだろうとする過程で、後方からすすむだろうし後肢がシャープで細いタイプのこの馬は、評価を下げました。いやあ~でもビックリだけどね。

菊池 好スタートから早めに抜け出して押し切り。これまでできなかった横綱相撲の競馬で強い内容でしたね。道悪も苦にしなかったようで…。

京介 この馬が道悪苦手だと言い始めた発端は、確勝レベルだと思われていたきさらぎ賞でアメリカズカップに負けた時だったと思うんだよ。あの時終いの伸びが鈍った理由に、「重馬場はホントダメ」という言い訳をしていたはず。

京介 で、実際今日も外の良いルートを通りつつも、上がり最速という脚は使えていない。だけど、状況が悪いのを覚悟しつつ、ずっと馬場の良いポジションで、しかも早めに脚を使わせるレース運びで克服できた。だけど個人的には、勝つほどとは思わなかったよ。ここまでずっと東京開催の芝が良いままだったことで、悪化しすぎなかったのが良かったと言えるかな。

菊池 この後は秋に備えての休養でしょうか。新潟記念あたりも良さそうに思いますが、毎日王冠かな?

京介 毎日王冠は良いと思うし、この馬はもっと伸びても良さそうなタイプだと思うよ。G1級とは言わないまでも、もう一つぐらいタイトルを取れてもいい。

ハクサンルドルフ

菊池 当日もしっかり売れて4番人気。状態はいかがでしたか?

京介 この馬もやや細身で後肢の捌きがシャープなタイプ。まとまりがあるけれど、パワーは皆無で、小ぢんまり見せる。あとから考えると、ホントこの開催はこういうキャラが走りまくっていた。

菊池 西園調教師は事前に道悪を望んでいたようですが、最後はダントツ上がり最速の脚で伸びましたね。

京介 直線は芝が土からえぐり取られるぐらい馬場が緩い状況だったのに、それをものともせず加速できたのは事実上この馬だけ。芝のまともな状況よりも、雨で悪化した方が良かったというのは間違いなさそうだね。

菊池 今後はどうでしょう。この馬も新潟記念あたりが良さそうな印象。或いは、馬場が悪くなるのに賭けて中京記念なんてのもアリでしょうか?

京介 自分も中京記念は向いているんじゃないかと思う。出遅れはいつもついて回るし、まっとうなスピード決着では間に合わない。おまけに外差し有利の状況が必須。なかなかそういう高額条件はないからね。

グリュイエール

菊池 2年ぶりの休養明けから2走目でした。状態はどうでしたか?

京介 どちらが良いと言われれば、前走の方が良かったね。前走はトモの張りかなり良く感じたけど、今日は斜尻がハッキリしていたし、捌きももっと硬くなっているように感じた。

菊池 福永騎手も予め外に出すと決めていたような道中の動きでしたね。

京介 良馬場のままなら競馬ぶりは全然変わっていたはず。馬群がバラけて前に馬がいない状況だったから、意を決して大外に向かうことができたね。福永騎手も良く冷静に判断している。

京介 最後の直線で回りに馬がいないから左にモタれて、2着を取り損ねたというコメントが出ているけれど、前走もラチ沿いを突いて伸びた後、舌越ししていた馬。最後の競り合いで気を抜くことがあるし、何か頼るものが欲しいタイプのようだね。できれば良馬場のままだったほうが、重賞制覇のチャンスはあっただろうね。

菊池 ここでも好勝負。重賞にメドが立った印象です。

京介 体がこのまま固まってしまうようだと厳しいけれど、休んでいた期間が長かった分を取り戻すような成長が欲しいよね。

その他

菊池 4着はサーブルオール。ちょっと苦しいところを通った分ですかね?

京介 その差はある。だけど馬体的には、骨太で筋肉量があり、ガッチリしたタイプが、雨になっても浮上しなかったのが影響しているね。これだけ雨だったのに、結局ディープインパクト産駒が1着3着する結果だったし、弾ける馬に分があった。

京介 能力は間違いなくあると思うよ。2000mの方がいいと思う。ルメール騎手が「すぐ重賞を勝つ」と言えるレベルだし、ずっと乗ってくれるようなら…。

菊池 エアアンセムは5着。この馬は枠順の悪さをカバーしきれなかったかな?なかなかしぶとく頑張っていますが。

京介 7歳馬で一番調子は良かったように感じるけれど、流れがハマらなかったね。ラチ沿いが生きている状況だったらまた違ったでしょう。ワンチャンスで足りると思うけど。

菊池 ダイワキャグニーは14着と大敗しました。馬場がきつかったですかね。雨の中での競馬もよくなさそう。

京介 だけど、この血統でこんなに雨ダメなの?とはちょっと思った。返し馬の時に横山典弘騎手が内ラチ沿いを慎重に走らせていたんだよね。「何だこの返し馬、内を突くつもりなの?確認だけなのかな?」と思っていたら、本当に内を突いて…。

京介 横山典弘騎手の手応えでは、奇策を繰り出さないと勝てない水準の馬だと思っていたんじゃないの。いや、先行押し切りでサトノアーサーよりも前にいれば良かっただけなんだけど…。こればっかりは、騎手の方針の確認をしたいなあ。それと調教師も何か指示した方がいいんじゃない?

菊池 このコンビである以上、調教師が指示ってのは考えにくいですね。

菊池 さて、1番人気こそ消えましたが、それでも荒れない。やっぱりこういうレースですね、エプソムCって。

京介 その通り!だね。2場開催で騎手がかなり集まる、予定していた馬が出てきやすいというのも影響しているでしょう。

菊池 京介さんの穴推奨「なし」は正解でしたよね。

180610エプソムC穴推奨

京介 それと思った以上に高齢馬、7歳以上馬が走らない。何だよアデイインザライフのあの体たらくは…。衰えがハッキリ出てしまう時期なのかなあ。あるいは、若い4歳5歳馬が活気を見せやすい時期なのか。

京介 あとパドック的な反省として。当日の途中から雨が降り始めたとして、パドックで傘をさしてズブ濡れだったとしても、昼過ぎまで良馬場だったらこちらが思っているほど馬場はあんまり変化していない、というのはあるかもね。実際今日は、重がダメで良馬場でこそ!と言われているタイプに激走されてしまった。パドック的に今回は骨太キャラを狙って大外れだったし、朝から重馬場に替わっている状況じゃないと、重馬場特化のパドックはやらない方がいいかも。

<教訓まとめ>

・6歳馬でも厳しい傾向で、7歳以上はほぼ走らないのがエプソムカップ。今後もオープンで適度に好走している4歳5歳からちゃんと入るべき。

・開催後半の荒れ気味の馬場でもあるので、いろんな要素が噛み合って外差し優位になりがちのレース。奇策を狙って内を突く騎手もいるが、毎年数頭いて一切成功しない。細かい馬場傾向はともかく、「外伸び馬場でこそパフォーマンスがいい」タイプを1カ月前ぐらいから目付けをしておいて、このレースで上手くいくことが多い。今回のワンツーも、前走直線で大外を狙って差し損ねた馬だった。前走内捌きした馬は、今回あと一歩足りない。

・また今年も池江泰寿厩舎の所属馬が好走。関西の外回り重賞で好走するようなタイプを多数輩出している影響もありそう。


<次走巻き返し警戒馬>

<京介>
・エアアンセム
…枠なりにずっと内を回り、直線で馬場の大外へ。ラストも止まっていない。どうやら「マークする相手を間違えた」とのことで、内で頓死したダイワキャグニーを見過ぎた影響があったよう。体調はかなり良好、ワンチャンスで重賞でも通用する。

<菊池>
・バーディイーグル
…エプソムCの傾向を覆すには至らなかったが、状態は良いしこの夏の2000mハンデ重賞で出番がないか?七夕賞では道悪の助けがいるかもしれないが、一応考えておきたい。

~~~~

菊池 では、今回の回顧はここまでです。今週はユニコーンSと函館スプリントSを京介さんと展望していきます。よろしくお願いします。