金子京介・菊池グリグリの重賞回顧トーク・七夕賞編です

菊池 日曜日の福島では七夕賞が行われました。こちらの回顧をしていきましょう。

競馬大予言・夏競馬号が発売中!
18年競馬大予言夏競馬号

http://amzn.asia/dzYbsTJ

CBCはアレスバローズ(4人気1着)を穴推奨に指名!
180701CBC賞穴推奨


七夕賞回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/181881

<天候・馬場について>

菊池 金曜までの雨の影響がありましたか、土曜は「芝=稍重」・「ダ=重」で開催が始まりました。土曜は天候発表が雨(小雨)に変わった瞬間がなかったですが、現地はいかがでしたか?

京介 朝一番はパラパラと雨が降っていたようだね。そして午前中もちょっと天気雨のような感じで降った時がチラッとあったけど、一時的なものだったよ。ガッツリ降った場面はなくて、ちょっと蒸し暑い曇り空という様子。

菊池 オジュウチョウサンと武豊騎手を見に大勢の人が集まったようですから、天気が悪くならなくて幸いでしたね。西日本は大変なことになってしまいましたが…。

京介 福島は土日ともに平和でした。まさか大災害と言えるほど被害を出す豪雨が起きるとは。仕事柄、小倉競馬場や京都・阪神競馬場が心配だけれども、お亡くなりになった方々にはお悔やみ申し上げます。

菊池 そして日曜は「芝=稍重」・「ダ=重」で始まりましたが、新馬戦からは「芝=良」の発表に変わりましたね。

京介 いやあでも、「馬場が回復した」とは全然受け止められなかったね。全体の時計は微妙に掛かっているし、ラストの直線はどの馬もバタバタで、だいぶ足を取られている様子だったよ。とてつもなく重たい芝だったと思うよ。

京介 エアレーション&シャッタリング作業をやり過ぎて深い芝にし過ぎたんじゃないか、と勘繰るぐらいだったよ。先週の福島はこんな感じじゃなかったのに…というタイプがかなり好走していた。これだけ深い馬場だから推奨できた穴馬もいたけれどもね。オジュウチョウサンに勝たせるために馬場をいじったんじゃないか?(笑)

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑







<パドックについて>

菊池 12頭立て。今年も少頭数になりました、メンバー全体の印象はいかがでしたか?

京介 案外どの馬もきっちり仕上がっていた方だと思うよ。それでも、仕上げたとて馬体薄い馬が多くて、抜きんでた馬はいなかったと思う。これにハンデが加わると…と考えると本当に悩んだ。

菊池 サーブルオールが1頭だけ抜けた1番人気で、2~7番人気が横並びというオッズでした。サーブルオールは他の馬よりも格上に感じられましたか?

京介 1番人気診断でも触れたけれど、そういう様子には見えなかったなあ。パドック横並びでも両隣の馬(マイネルサージュ&ワンブレスアウェイ)の方が良く見えたし、この馬がキレキレの気配のようにも思えなかった。後肢の捌きの可動域が狭いのが難点で、それでいて腰もだいぶ甘い。休み明けでも走れるタイプだからなのか、一度使ってもあまりぐっと良くなった印象がなかったね。

<レース展開について>

京介 福島2000mのスタートは4コーナー側引き込み線。トランペット生演奏の昔のファンファーレ、かなり上手かったよね。聞き入ったわ。そのファンファーレが終わるとほぼ同時に1番枠プラチナバレットが入って、淀みなくその後もゲート入り。スタート位置も静かだし頭数も12頭だからだいぶ早い。30秒過ぎたかどうかぐらいでゲートが切られた。

菊池 5番マイネルサージュが出遅れ。2番キンショーユキヒメも少し遅れましたか。

京介 10番レイホーロマンスは、スタートは悪くなかったけれど鞍上が追っ付けても行き脚付かずという様子。マイネルサージュは完全に後方決め打ちの様子。

菊池 まずは7番ワンブレスアウェイが積極的にポジションを獲る構えを見せました。これらを横目に離れた大外を11番マイネルミラノが気合いをつけながら行き、最初の直線半ばで先頭に。そして9番バーディーイーグルも2番手の7番ワンブレスアウェイに並んで行きました。さらに12番シルクドリーマーも。

京介 ワンブレスアウェイは主張というよりは、内の馬の行き脚がイマイチだから結構楽に前に行けたし、ここまで高い位置を取れたのなら2番手を目指そうか、という動きだったね。3番マイネルフロストが出脚イマイチで、少頭数で2番手ポジションを取れれば楽というのも見えていたはずだし。

菊池 テンからの勢いをそのままに11番マイネルミラノ。そして2番手も3頭が雁行状態で。その2馬身後ろに1番プラチナムバレット。さらに3番マイネルフロストが掛かり気味にポジションを上げて行こうというところに、12番シルクドリーマーが早くも後退気味。

京介 シルクドリーマーは現状太かったしな…。ここでほぼ脱落、もう11頭と考えても良いほど。

菊池 その後ろは内から8番パワーポケット、並んで6番サーブルオール、その外に10番レイホーロマンス。2馬身後方に4番メドウラーク、その後ろに2番キンショーユキヒメがいて、離れた最後方に5番マイネルサージュ。

京介 後ろの集団はそこまでバラけず、結構固まり加減。中団あたりの馬が、結構積極的に前を追いかける動きが見えたから、慎重に構えていた様子。

菊池 前半1000m通過が58秒2でした。昨年の58秒0には及びませんが、発表が良に変わりたての馬場。そもそも昨年はマルターズアポジーが記録した時計ですが、今年はマイネルミラノが暴走気味の逃げ。色々と意味合いが違う感もありますね。

京介 いやこれは裏切られたなあ。自分の読み違いだったんだけど、田辺騎手が乗ってのスロー逃げかと思いきや、しょっぱなから飛ばしてハイラップとは。まだ湿り気があるというか、相当重たい馬場だけにこれは昨年よりも速いと感じるぐらいだよ。追いかけている組も相当キツイだろうね。

菊池 前は息が入らないまま3コーナーへ。後方では5番マイネルサージュが徐々にポジションを押し上げ始めます。そして、逃げた11番マイネルミラノを追う2番手以下の集団も徐々に差を詰めていきました。

京介 3コーナーでは押し上げる組がほぼ一団で馬群が凝縮。1番プラチナムバレットと8番パワーポケットがラチ沿いで接触があったように、他の馬の動きなどもあって窮屈になりがちな場所だった。みんな仕掛けているしね。

菊池 この最中で1番プラチナムバレットが転倒、岩崎翼騎手が落馬しました。てっきり故障かと思ったら、前の馬に接触したことによる転倒だったそうで。

京介 隣の8番パワーポケットとずっと競り合いをしつつ、目の前はマイネルフロストが苦手な右カーブを切って微妙にゆらゆらしている最中だった。不運ではあるけれど、窮屈なままでいた岩崎騎手も咎められるべきかな…。

菊池 直線に向いて11番マイネルミラノは完全に失速。2番手から7番ワンブレスアウェイが先頭に立ちかけますが、どう見ても余力はない。かといって、その外にいる6番サーブルオールも苦しそう。

京介 そうそう。これって、マイネル軍団の作戦が大当たりした形だよね。マイネルミラノにマークを集めて飛ばして逃げ、先行勢の脚が4コーナーまでにみななくなるという。

菊池 4コーナーを通過して直線に向きますが、サーブルオールよりもその外を回ってきた追い込み馬2頭の方が、勢いに乗っているように見えます。

京介 さすがに今年のレース展開は厳しい。直線に向いてもまだ200mもあるのか…とげんなりするほど長く感じたね。

菊池 そして直線。ワンブレスアウェイに代わって先頭に立つのはブービー人気の4番メドウラークと5番マイネルサージュ。さらに内からはずっとラチ沿いを回ってきた最低人気の8番パワーポケット。

京介 ここからは惰性勝負。道中仕掛けを待って楽をしていた追い込み馬2頭の勢いが良く、2頭のマッチレースとなった。

菊池 この叩き合いを制して4番メドウラークが先頭でゴールしました。

京介 メドウラークもマイネルサージュもお互いに大トビの部類だけれど、より不器用でストロークの大きいメドウラークが、後半はジワジワと伸びたね。54kgと55kgの差もあったかな。

<結果を受けて…>

180708七夕賞結果

菊池 勝ち時計は2分0秒8。全体時計は過去10年だと、稍重で行われた2012年に次ぐ2番目に遅い時計。良馬場では最も遅い時計です。何より、前半1000m58秒2に対して、後半1000mが62秒6。4秒4もの前傾ラップでした。ラスト3ハロンは12秒6-12秒9-13秒1。

京介 単騎逃げで楽だろうと見込まれていたマイネルミラノを、どの馬もオーバーペースで追いかけていたわけだね。芝が良馬場に回復したかと思いきや、馬場は相当重たいままだったと。まあ、日曜日は案外逃げ粘りも発生していたからなあ。

菊池 とにかく全馬がバテにバテて、後方にいた馬とラチ沿いを回ってきた最軽量ハンデ馬が浮上。マイネルサージュに関しては、この距離だと少し追走が忙しいくらいのスタミナキャラで、この馬の好走からもいかにスタミナが問われたかが分かるような展開。

京介 ここまで極端な競馬にしたのなら、マイネルの3頭出しの大本命は、前に行くマイネルミラノではなく、後方で待っているマイネルサージュだったということだね。しかし、そういうレース展開大歓迎だったメドウラークに、突然持ち味を引き出されてしまったと。

菊池 では、上位馬を振り返りましょう。

メドウラーク

菊池 半年以上好走のない7歳馬。状態はいかがでしたか?

京介 ここ1年ぐらい、馬体のメリハリはずっと良いし、脚捌きもスムーズなんだよね。薄くアバラも浮くぐらい、ちゃんと仕上がっていた。ただ繋の質が良くなくて反発力がないし、返し馬もモロに前脚を上から叩きつけるフットワーク。とても普通の芝重賞では評価できない走り方だったし、何より芝が良馬場だから…。まあ実際は、いくらかの要素が重なってこの馬得意の重馬場だったと考えても良かったほどなんだけど。

菊池 3年半前に4連勝した時が、2200m・2400mを含む連勝だったので、スタミナ上位という点は理解できなくもないですが…。

京介 近5走に遡っても見所がないものね。そりゃ細かいスピードや器用さがないばかりか、上がり性能が皆無と言えるレース内容ばかりだったから、評価できないのも仕方ない。

菊池 さすがに特殊な競馬過ぎて再現性はないと思いますが、サマー2000シリーズ優勝の権利を手にしました。次は小倉記念に向かいますかね。新潟記念に直行ということだと、疲労を勘ぐってしまいます。

京介 いやでも、馬体が緩い状態で勝ったわけではないから、そこまで反動を懸念、というほどではないと思うよ。また似た水準の馬場状態なら、頑張れてもおかしくはない。だけど同じ設定を用意することの方が、相当難しそうだけれども。

京介 芝の良馬場で好走するなら、やっぱり2200m以上は欲しいよね。

マイネルサージュ

菊池 ガチンコ予想では2番手!特注馬でもありました。

京介 パドックは本当に良かったね。腹ボテ体型でも下腹部の落ち込みがなく、飛節の角度が良くない馬なのに、それを感じさせない淀みない歩様。いい緊張感をもって出走していたと思うよ。

京介 でもそもそも展開的に難しいと思ってしまったんだよね。この当日気配良しとの材料を踏まえて、田辺騎手が勝つつもりではない逃げを打つと気付けていれば…。あるいはスタミナ特化型に振る考えに辿り着けてもおかしくなかったんだけど。

菊池 この馬も出遅れて後方から。追走スピードでは劣るので、けっこう置かれましたが、流れはこれ以上ないほど向きましたよね。

京介 結局はマイネルフロストの、向正面から動き出す運びに、他の騎手が釣られた部分もあるのかな。向正面から結構追っ付けて前を追いかける騎手はいたものね。

菊池 個人的にはスロー想定だったので、上位人気馬ではバッサリ消した1頭です。だから真逆の展開での好走は理解しやすいですが…。この展開だったら勝ちたかったですよね。

京介 そうだよね。ただ個人的には、体のバランスがかなり悪い方の馬だと思っていたから、休み明けでも高いレベルで仕上げられる馬だと分かったのは収穫。今後も一発勝負で一変する可能性があるものと考えたい。

菊池 こちらはメドウラークとは異なり、どこかで1着を目指さないとシリーズ優勝はあり得ません。さてどうする。

京介 2着→レースを選んで1着なら、シリーズ制覇のチャンスは十分あるし、あんまりソエ腫れも球節腫れも影響してなさそうだったからなあ。非常に良い状態なのは指摘しておきたい。メドウラークよりは、軽い芝への対応力はあるよ。究極的に速くなければ。

パワーポケット

菊池 今回はマイナス6キロ。少し絞れていましたが…目はいかないですよねぇ。

京介 ちょっと絞れたぐらいじゃ…というのは正直あるしねえ。準オープンですら不振な馬の格上挑戦だから、腰の弱さはやはり顕著に出てしまう。目の前を歩いていたワンブレスアウェイよりも上の評価にするのは無理。まあ、パドック目線ではない激走だということで納得はできるから。

京介 二ノ宮厩舎から中野栄治厩舎に移って、今回が6戦目。2~3戦目ならかなり慎重に検討するけれど、6戦目だよ?障害を2戦挟みつつ、短い間隔で使い込んでいるし、「大幅な変化」を察知する方がおかしいと思うね。今回の激走は、馬体上昇でのものじゃないと捉えたい。

菊池 3歳時に3連勝でオープンに昇級。その後は3着以内が一度も無く、降級しても勝てないまま。途中、2回ほど障害でも走りました。50キロの軽ハンデでもなかなか…。

京介 パドックを前提として考えをひねり出す自分の目線からだと、どうしても手が届かない。現場でもいろいろ起こった日の、勝ち負けに至らない3着だしなあ。16頭立てだったら4着5着だったんじゃないの、と今でも思うもの。

菊池 うーん、何も出てきません(苦笑)。

京介 そこは正直仕方ないね。こういう馬でも好走が可能になってしまう、事故が起きそうな場面だったかも?とアンテナを張る意識があったかどうかだね。

京介 一応、レースを終えてからちゃんと回顧をするのなら、この50kgというのはポイントだったかな。江田照男騎手は本当に全くロスなく、丁寧に乗ってくれた。

京介 それと各競馬場の2000m戦の中でも、非常に上がりの掛かる決着になりやすい重賞だから、昔から七夕賞は「ダート勝ち&ダート経験馬」が案外穴になるよね。今年のような極端な展開じゃなかったとしても好走する時はある。そこはフォローしておいた方が良かったりするのかな…とは思った。

菊池 「マデイラ(16番人気)が来ちゃったこともあるのが七夕賞」ということを意識しましょう、という感じか…。これからは、「パワーポケットが来ちゃったことがあるのが七夕賞!」という合い言葉で覚えておきましょう。

その他

菊池 4着はサーブルオール。戸崎騎手は「乗りやすい馬。今日は乗りやす過ぎた」と、やや分かりにくいコメントを残したようですね。要するに、「ズブい馬がズブいおかげで得をしただけのレース」みたいなことを言いたかったのかな?(笑)。

京介 相変わらず戸崎騎手はコメントが優しいよね。ホントはもっといろいろ言いたいだろうけど…。結構調子が悪いシーズンの中でこういった結果だったし、レース直後は敗因を掴めていなくても仕方ないからなあ。

京介 ハービンジャー産駒にしては軽い芝向きのタイプだから、今回の馬場で踏ん張れなくても仕方ないものと捉えてもいいけれど。この次にベスト条件を引いて、戸崎騎手の次に激走しそうだから可哀想だなあ。

菊池 ワンブレスアウェイは5着に粘りました。道中2番手を追走して何とか流れ込んだ5着ですが、スタミナは示しましたね。勝ち馬からは0.7秒差ですけども。

京介 いやいや、あの流れを先行していたらさすがに止まるでしょう。けどこれは仕方ない。なぜ今回は前に行ったんだ?という人がいるけれど、今回はたった12頭立てで大した先行馬もいない。マイネルフロストが行けず、好位がぽっかり空く隊列になるんだから、そりゃたまたま良い行き脚だったら前に行くでしょう。マイネルミラノを交わせば勝てるぐらいのメンバーだし、この馬自身ちょっと競馬が不安定でズブい部分はあるしね。

菊池 レイホーロマンスは後方にいた51キロ。位置・ハンデなど状況は向いたはずですが、好走できなかったのは、やはりこのような展開だと牝馬には厳しい…ということがありそうですね。

京介 ちょっとそこは確かにそうだと考えたいけれど、この馬自身の問題として、なんか冬馬っぽいんだよな。メリハリもちょっと半端で体つきのキレもなかったと思う。夏場の暑い時期に上向いてくる牝馬は、もうちょっと動きや歩きのキレが違うんだよね。

菊池 マイネルフロストについては、この展開だから大敗したと理解しやすいですが、ガチンコ予想で無印でしたよね。そもそも良い頃の状態にないという感じでしょうか?

京介 3~4歳時はしっかりした腰つきだった馬が、腰の緩みが出てきて、後肢の捌きもだいぶ重たかったから。やっぱり動けていない状態じゃないかな、と思うよ。骨が太い鈍足馬で、筋力が足りていないようにも見える。

<教訓まとめ>

・サマー2000シリーズに組み込まれる前から、そもそも大荒れ配当になりやすい重賞だったのが七夕賞。特に雨が絡むとあさっての方向の適性が求められ、人気馬総崩れになりやすい条件でもある。今年は相当ブレた決着だったが、人気上位馬と最低人気の馬の力差がだいぶ縮まるレースだという意識は必要。

・この福島開催はシャッタリング作業をして馬場を柔らかくしたそうだが、あまりにも効果が出過ぎ。まずパワーがないと無理だし、特殊な適性を持つ馬しか上がり最速を記録できない。あと後半2週間、「道悪上手」の馬には注意すべき。

・マイネルの別脚質での馬で3頭出し、関西の橋田厩舎が福島遠征2頭出しなど、「陣営が使ってくる意図」が見え隠れした決着だった。改めて、「この七夕賞の舞台設定じゃないと走れない馬が勝負に来ている」というのを読めるかどうかが大事。


<次走巻き返し警戒馬>

<京介>
・ワンブレスアウェイ
…パドックは+12kgだったが全く太く見えず、唯一腰つきがしっかりしていた馬。反応が良すぎて前に行ってしまったことが仇になったが、夏場に上向いてきた手応えはある。牡馬相手でも2000mにチャレンジして来る意欲もあるし、新潟記念か小倉記念で要注意。

<菊池>
・サーブルオール
…展開の向いた2頭にやられてしまったものの、よく踏ん張っている方。次走改めて。

~~~~

菊池 では、今回の回顧はここまでです。今週は函館記念のみ!京介さんと展望していきます。よろしくお願いします。