金子京介・菊池グリグリの重賞回顧トーク・クイーンS編

菊池 日曜に札幌で行われたクイーンSも回顧していきましょう。

オッズの大家が集結!必読の一冊



大谷 清文 (著), 奥野 憲一 (著), 互當 穴ノ守 (著)

アイビスSDはナインテイルズ(8人気3着)を穴推奨に指名!
180729アイビスSD穴推奨

クイーンステークス回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/185109

<天候・馬場について>

菊池 台風に気を揉んだ本州をよそに札幌はお天気の心配もなく晴れ続きだったようですね。

京介 本当は北海道の右手にも低気圧が接近していたはずだけれど、大して強くもなく進路も逸れたようだね。非常に気持ちの良い競馬日和だったようで。

菊池 開幕週、昨年は時計も速く内有利が顕著でしたが、今年はそう速い時計ではなかったですね。

京介 土日ともに逃げ馬、2番手の馬がそれなりに好走していたけれども、確かに超高速決着ではなかったし、案外外枠の差し馬も活躍できていたね。1・2番枠の馬が意外とダメだった。今週は1500mや中距離の番組が多く、芝1200m戦は少なかったためもあるのかな。

京介 やっぱり馬場を軟らかくしたことも多少影響していて、差し馬にもイーブンになるよう設えているように感じたね。

ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑







<パドックについて>

菊池 11頭立てでした。メンバーはそれなりに濃かったですね。

京介 どの馬もなかなかに良い仕上がりだったよね。今回は間隔を空けて臨んだ馬が多くて、馬体を作り込むのはおそらく別の場所でやれているのでしょう。その上で札幌は適度に涼しいし、本州に比べればだいぶ過ごしやすいようだから。使い込まれていないために、硬さもそれほど感じなかった。

京介 自分は3歳の2頭、リバティハイツとツヅミモンはどちらも良く見えたけれどね。桜花賞より上向いてきたと思ったよ。だけど海外遠征帰りのディアドラ、昨年ずっと高レベル戦で戦ってきてたソウルスターリング。この2頭の芯の強さの方を顕著に感じた。牡馬や古馬相手に戦えていた4歳牝馬は、やっぱりタフな部分があるよ。

<レース展開について>

京介 札幌芝1800mのスタートは、スタンドの真ん前。日差しが屋根で隠れて遮られるし、人も大量に出てきやすい。だけど今回は物凄い観客の数だったなあ。スタンドだけではなく、ラチ側の人が入れる箇所は観客で埋め尽くされて、全く隙間がないぐらいだったね。G1並みじゃなかった?

京介 そして今回はファンファーレが鳴り終えたかぐらいで、奇数番の馬がゲート前で準備。もちろん暴れる馬は今回もいなかったんだけど、なるべく素早くゲート入りを行おうとはしてたね。20秒チョイであと1頭、ゲートが開いたのは32秒ほどだよ。だいぶ早い。

菊池 10番ハッピーユニバンスが出遅れた以外は、概ね揃ったスタートでしたね。

京介 このゲート入りでとぼけて出遅れるハッピーユニバンスはいい加減にしてほしいけれど、その他の馬はみんな標準速めぐらいに速い、集中したスタートだった。

菊池 まともに出た10頭の中から8番アンドリエッテと9番ディアドラが後方。その前の8頭の集団からは4番ツヅミモンがハナへ。7番ティーエスクライがこれを追って、2コーナーで交わして先頭に立ちました。

京介 ツヅミモンは比較的手応えは楽でジワッとした進出。だけど絶対にハナを切りたいティーエスクライは、相当追っ付けて出していたね。1コーナーでもちょっと逃げるには態勢が悪く、リバティハイツを挟んだりしていたけれど、それでも2コーナーカーブ辺りでやっと先頭に立った。これはだいぶ足を使わせているよ。

菊池 2番手の4番ツヅミモンから、3~4馬身離れた3番手に2番ソウルスターリング。そして6番リバティハイツが続いて、11番エテルナミノルが半馬身後ろの外。このグループは一団で、1番アグレアーブル、3番トーセンビクトリー。

京介 先頭の2頭がしばらくやりあっていたことで、その後ろの折り合い付いていた組はちょっと差が開く。1コーナーの進入の時に全くロスがなく、楽にこのポジションを奪えたソウルスターリングはかなり有利。

京介 エテルナミノルは自在に動けるポジションを確保しているけれど、現時点では四位騎手は前に行かせまいとガッチリ手綱を引っ張ったままの追走。

菊池 5番フロンテアクイーンは序盤の追走がとぼけ気味?で、後方。8番アンドリエッテ、9番ディアドラは後方2番手。やや巻き返して最後方に10番ハッピーユニバンス。

京介 フロンテアクイーンは、最初ツヅミモンとリバティハイツに譲り、その後1コーナーでもエテルナミノルに譲り…と様子を窺っていたら、この位置まで下がっていた。一応脚のない追走ではなく、2コーナーでエテルナミノルの後ろを追いかけようとする意図は見える。

京介 ディアドラはここまで前半一切脚を使っていない。ルメール騎手は昨年クイーンS1番人気のアドマイヤリードと同じレース運びになっているんだけれど、今年はどうか。

菊池 前半1000m通過が59秒1。ティーエスクライが強引に逃げたこともあって、速い流れで推移していきましたね。

京介 自分はこれ、まあまあ速いのは前の2頭だけのラップと思っていたけれど、パトロールビデオを見直して位置取りを確認したら、ソウルスターリングも気持ち早いぐらいだね。1分45秒台に突入する馬場ではなかったから。

京介 後ろの馬群は微妙に固まっているかな、と感じるぐらいで、事実上8~9頭立てのようなものだし、札幌のカーブは長い分キツくない。内も外も各馬思い思いに動ける。

菊池 4コーナーで7番ティーエスクライは一杯になって、先頭は4番ツヅミモンに交代。しかし、後続も早めに迫って抵抗しきれず、2番ソウルスターリングが直線を待たずに先頭、外から11番エテルナミノルが接近。後方から5番フロンテアクイーンと9番ディアドラも外を回しながら差を詰めてきていました。

京介 結局はエテルナミノルの仕掛けが、その他の騎手に仕掛けるのを判断させた感じがあるね。馬群の外から押し上げる脚も速く、もう残りは600~700mぐらいの箇所だった。差し馬は、この外を回るエテルナミノルのさらに外を狙う仕掛けでも、この流れなら大丈夫。

菊池 直線に向いて2番ソウルスターリングが好位の各馬を振り切りに掛かりますが、外からエンジンの掛かった9番ディアドラが接近すると、並ぶ間もなく差し切って、一気に千切りました。一瞬でカタが付きましたね。

京介 位置取りは「後ろ過ぎじゃない?」と思ったほどだったんだけど、4コーナーで外を回る時の脚捌きの余裕が全然違ったね。他の馬があのペースをカーブで加速するのに、案外手間取って消耗していた印象。

菊池 2~3着争いは、2番ソウルスターリングが粘るところに3番トーセンビクトリー・外から5番フロンテアクイーンが迫って3頭の叩き合い。ゴール寸前で僅かに5番フロンテアクイーンが2着に浮上。2番ソウルスターリングは3着確保が精一杯でした。

京介 勝ちに動いたソウルスターリングと、直線までまだ4番手で、最後の2着争いのために仕掛けを調整したフロンテアクイーンとの差ではあるよね。蛯名騎手は今回、意外と強気に行かなかった。

<結果を受けて…>

180729クイーンS結果

菊池 勝ち時計は1分46秒2。過去10年では3番めの時計でした。馬場レベルを考えれば、速いタイムが出た方ですかね。2着以下は0.5秒離されたので、あくまでディアドラだけが強く、その他は平凡でしたが。

京介 馬場と時計の判断はちょっと微妙だなあ。勝ったディアドラは速い。2着以下はオープンB級ぐらいの感触ではあるね。

京介 しかしディアドラは1800mでパフォーマンス落とさないか不安だったのに、スピード的に全く問題なかったね。それと洋芝も札幌も相当に得意なようで。

菊池 では、上位馬について。

ディアドラ

菊池 馬体重490キロは秋華賞を制したときと同じ数字でした。仕上がりは良さそうでしたね。

京介 ドバイ遠征帰りでこんなに早く出てきて…どうせ反動で2走ボケあるでしょ?と決めつけちゃっていたよ。立ち直るまで半年ぐらいは見ないと、と思っていたけれど、このパフォーマンスはだいぶ高い。

菊池 追走スピードで劣る分、後方からの競馬になりましたが、ひとマクリで完勝でしたね。

京介 持久力が断然だったね。前の組がやり合ってポジション争いをする割に、札幌向きの押し切りをできる馬がいなかったということか。リバティハイツもツヅミモンも期待したんだけれど、その性能が現時点では足りなかったようで。

菊池 本質的にはやはり2000m以上が良さそうですね。この秋に向けては良いスタートだったように思います。

京介 こりゃ来年の札幌始動戦は、札幌記念に出てくるんじゃないかな。

フロンテアクイーン

菊池 14キロ減で460キロでした。この体重は3歳秋のユートピアS以来です。見た目には細いという水準ではなかったですかね。

京介 うん。全く問題ないように見えたね。腹構えもフックラして肉量が落ちている様子は感じないし、かといって緊張感が落ちた弛みもなかったよ。良い仕上がりだったと分類すべきだね。

京介 ちなみにこの馬は、多少痩せ気味に見えても十分に走れるタイプだから、ここから絞り込んでも多少は我慢ができると思う。

菊池 思ったより後方からの競馬になりましたが、結果的には蛯名騎手のペース判断が良かった…とも言えないけど、そういう解釈でもいいですかね?

京介 蛯名騎手+フロンテアクイーンの履歴を見返すと、やっぱりあの紫苑S3着の時がトラウマなのでは。手応えは良いけれど仕掛けようとすると詰まったり接触したりがあるから、慎重に行かないと…という気持ちがあったのかな。

菊池 上がり2位でなんとか2着を確保。詰めの甘さは目立ちますが、堅実でもありますね。

京介 ホント指数の通りに安定して走ってくれる、助かる馬ではあるけれどね。バチンと弾ける目立つ決め手や、いろんな勝ち運がないのが弱みでもある。

菊池 ただ、どうにもこうにも頭打ちでこれ以上はなさそうですね。

京介 確かにね。どうすればいいのやら…。まずはいい番組を選んでオープンをどこかで勝ちたい所だけど。

ソウルスターリング

菊池 過去最高体重の488キロでした。気配は悪くなさそうでしたが。

京介 胴回りがだいぶ細く見えるタイプだから、体重が増えるのは本当に歓迎。だけど今日の造りでも、脾腹はまだ寂しく見えるね。胴回りが細すぎるのに対してトモやお尻が分厚いという、アンバランスに感じるぐらいの形。古馬になって徐々に腹回りが増える流れであればいいけど。

菊池 スムーズに先行して3番手。北村宏司騎手の騎乗に咎められるところはないですね。

京介 2コーナーで3番手確保となった時に、北村宏司騎手が首を押さえつけながらの手綱さばきだったのはちょっと気がかりだね。騎手としては十分にコントロールできているんだけれども、何らかの微妙な力みがある、行きたがる部分があるということかな。4コーナーで舌越ししていて直線では顔が斜め、内にモタれているっぽいし。

京介 潜在スピードは十分なんだけれども、力みが出てしまう。それで持っていかれる。間延びしながら楽に走れない。この辺りがポイントなんだろうね。騎手が替わってむしろプラスとなった箇所は、それなりにあった3着だろうけれど。

菊池 久々に馬券になりましたが、ディアドラには完敗としか言えないですね。

京介 この札幌コースの適性の差もあったかなあ。しかしディアドラは強い。

その他

菊池 4着はトーセンビクトリー。こちらも3着争いには加わりました。ただ、この馬もこれ以上はどうでしょう、という感じで。

京介 昨年と同じような競馬をしたよね?それで似たような着順になったという内容でしょう。この馬は本当にトモに筋肉がつかないな…。馬体のメリハリが改良されないまま、現状の競馬で満足しているし、フットワークも悪い。

菊池 3歳馬は足りませんでしたね。今年は古馬が強かったという面もありましたが、やはり前走着順はともかくG1で人気になる水準じゃないと厳しいかと。メイショウスザンナが勝った15年くらい古馬が弱くないと、今年の2頭では厳しかったんじゃないかな。

京介 これは悔しいなあ。予想としては負けです。馬体のパーツを見比べたり、成長度合いを感じ取っていると、かなり評価したくなるんだけれどね。ツヅミモンのように体格が良すぎる馬がいろいろ噛み合って重賞で勝負になるのは、5歳以降なのかなあ。

<教訓まとめ>


・現4歳世代のハービンジャー産駒は、それ以前の年の同産駒よりもパフォーマンスのレベルが2段階3段階は上なので、舐めてはいけない。洋芝適性は相当高いし、ひょっとしたら成長力も並ではなさそう。

・悪い部分や課題を見つけつつも、3着に好走したソウルスターリングを考えれば、やはりG1レースとG3とでは要求される資質の差がだいぶ大きい。これだけリズムの悪い馬でも見せ場を作れるので、改めて上のクラスで戦い続けてきた馬を軽視してはいけないと感じる。

・牝馬の身で2000mの重賞で勝ち負けするエテルナミノルやアンドリエッテは、牝馬限定の1800mではやはり気後れしがち、反応の悪さを見せがち。改めて、このレースに向けては不利なローテーションだと言える。


<次走巻き返し警戒馬>

<京介>
・ツヅミモン
…10kg増えて532kg。牝馬なのにかなり筋肉量があり体格に恵まれているが、全く太くはなかった。しかし、3歳夏ごろでもこの体格で存分に走る牝馬はいないということか。スピードはある馬なのに序盤から競り込まれ、息を入れての競馬ができなかった。次走距離短縮となるなら、改めて注目したい。

<菊池> 
・ハッピーユニバンス
…必ず出遅れて後方からになるが、毎回この馬なりに脚は使っている。丹頂Sに使ってくれないか、軽ハンデでの一発があり得るならこのあたりになりそうだが…。

~~~~

菊池 では、今回の回顧はここまでです。今週はレパードSと小倉記念を京介さんと展望していきます。よろしくお願いします。