金子京介・菊池グリグリの重賞回顧トーク・関屋記念編

菊池 日曜の新潟では関屋記念が行われました。こちらの回顧をしていきましょう。

オッズの大家が集結!必読の一冊



大谷 清文 (著), 奥野 憲一 (著), 互當 穴ノ守 (著)

小倉記念はマウントゴールド(5人気3着)を穴推奨に指名!
180804小倉記念穴推奨

関屋記念回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/blog/kyo_guri/view/detail/entry/187547

<天候・馬場について>

菊池 新潟は土曜から芝・ダともに良馬場でスタート。土日を通して雨の影響はなかったですね。

京介 日曜日はかなり気持ちよい晴れ間だったね。そして先週とは違って、生ぬるい風ではなく涼しい風が適度に吹いてくれた。競馬に影響するほど強い風でもなかったし、競馬をする環境としてはかなり良い、楽に感じる状況だったと思う。まあ、まだまだ暑いけれどね。

菊池 内回りは相変わらず逃げが残りますが、外回りはちゃんと外からも差しが届くようになってきた印象でしょうか。

京介 本来は新潟の外回りだと、長い直線を乗り越えるために道中は楽に運ぼうという心理が働くところがあった。だけども、前の2週間で逃げ馬が外回りでも残ってしまう結果が頻発したから、さすがに今週は向正面から先頭をつつく戦法で進めるレースが多かったよね。新潟の外回りで、平均ペースあるいはハイペースになれば、そりゃ差しが届くよ。

京介 馬場を細かく見ると、微妙に内ラチ沿いも蹄跡が増えてきたけれど、それはやや内から真ん中も一緒。内が荒れてきて差し決着が増えたわけではない、あくまで展開傾向によるものというところだね。


ブログランキング
↑他の競馬ブログもチェック!(ブログランキング)↑








<パドックについて>

菊池 15頭立てでした。上位人気は割れていましたね。パドックの印象はどうでしたか?

京介 中京記念からやってきた組は、正直疲れていたんじゃないかなと感じる部分はあったね。ちょっとお腹が緩く映る馬、腰の支えが甘くなっていた馬がいて、想定外に疲れを残している馬がチラホラ見受けられた。

京介 うれしかったのは、春先のG1連戦で消耗したのではないか?と危惧していたプリモシーンが、夏の途中でも大きく馬体重が増えていたこと。もちろん太くてこの体重になったわけではなく成長分で、体つきも良くなっていたと思うよ。

京介 総合的には、ある程度前予想で想像は付くけれども、関屋記念は当日蓋を開けてみないと各馬のダメージ具合は正直分からないというところだね。フロンティアはもっと勝負になるデキだろうと思っていたのに…。

<レース展開について>

京介 新潟芝外回り1600mのスタートは、向正面の半ば。スタンドからはちょっと離れているし、いつもこちら側は静かで、喧噪もない。スターターが旗振りをすると奇数枠の馬が一斉に入り始めた。カメラがゲートにズームアップする時には、もう偶数枠の馬を入れようとしていたね。

京介 全体にもだいぶサクサクゲート入りが進んでいて、30秒ほどでもう最後の大外枠待ち。ゲートが開いたのはものの40秒ぐらいか。だいぶ早かったね。

菊池 出遅れは9番チェッキーノが目立った程度でしょうか。好スタートは14番ヤングマンパワーと、内から4番エイシンティンクル。主張する馬もいない中で、4番エイシンティンクルが楽にハナを切って、あっという間に2馬身リード。

京介 エイシンティンクルはかなりデキも良かったし、周りの馬と比較するとこの反応は当然かなと。

菊池 2番手は内からじわっと3番スターオブペルシャ。そして外から徐々に13番ウインガニオン、さらに14番ヤングマンパワーと、5番ショウナンアンセムがその後ろの列で続きます。そのもうひと列後方が2番フロンティアと8番ロードクエスト、さらに11番チャンピオンルパン。

京介 スターオブペルシャはスタートで出負けして、内田博幸騎手が強引に押して挽回してのこの位置。しかもちょっと掛かり気味だねこれは。内田博幸騎手、最近こういうことが目について衰えが明らかにわかるんだよね…。先週のレパードSは上手くいったけれど。

京介 ウインガニオンは中京記念の通り、外枠で微妙な出足で逃げられる態勢に一度も持ち込めず。外枠からズバッと好スタートを決められたのが昨年だったけれど、ちょっと微妙な勢い。

菊池 中団やや後ろのグループに12番プリモシーン、1番ベルキャニオン。その後ろに6番リライアブルエースがいて、15番ロッカフラベイビー。後方は7番ジョーストリクトリ、9番チェッキーノ、離れた最後方に10番ワントゥワン。

京介 ベルキャニオンは過去2走の行き脚の通りなら余裕で先行できるはずなんだけど、最内枠を引いて最初に躊躇するとこういう位置になってしまう。関屋記念で内枠の不利を露骨に感じてしまうシーン。この位置取りの下げ方は2番フロンティアも同じ。

京介 ワントゥワンは出遅れていないんだけど、馬群から離れた最後尾。この位置取りしかできない馬かもしれない。中京記念のような結末になりそうな雰囲気満々だったけれど…。

菊池 600m通過が34秒2、800m45秒7、1000m通過は57秒2でした。速い流れですが、4番エイシンティンクルはムキになっているでもなく、マイペースでこのラップという感じですかね。

京介 序盤から道中まで、全く競り込まれていないからね。ウインガニオンもヤングマンパワーも、高い位置ながら折合をつけられるタイプだったのも幸いしたし、ショウナンアンセムが引いたのも助かった所はある。

菊池 コーナー区間で動くのが難しい新潟芝外回りコース。縦長は徐々に解消されつつも、隊列はそのままで長い直線へ。

京介 3コーナー進入前は馬群がやや固まり加減だけれども、コーナーで逃げ馬が若干引っ張って馬群は伸びがち。そしてそれが、残り800m標識過ぎから直り始めて、直線半ばでは馬群が横にジワリと広がると。

菊池 内回りとの合流地点あたりまで来ても4番エイシンティンクルの手応えはまだまだ楽。番手の2頭は差を詰めるどころかやや離され気味。好位勢から脚を伸ばしてきているのは14番ヤングマンパワーと、8番ロードクエスト。

京介 自分はここで2番手スターオブペルシャが伸び返せなかったのが結構ショックだったんだけれど、前半から細かく見直すとこの時点で消耗しているのも仕方なしか。

京介 ヤングマンパワーが確かな伸び脚で来た時は自分も叫ぶ態勢になっていたんだけれど…。

菊池 残り200mを切って、外から接近は12番プリモシーン。10番ワントゥワンはまだ遠く、6番リライアブルエースも追って一息。

京介 ここだね。直線半ばになってから外の伸びが効き始めた。プリモシーンは51kg、直線半ばでこの勢いで迫れば後半に惰性が残る。しかしその外にも迫る馬はいて。

菊池 残り100mで4番エイシンティンクルはさすがに苦しくなり、一気に12番プリモシーンが差し切り。さらに10番ワントゥワンが追い込んで2着に浮上。

京介 ラスト50mぐらいだったね。ワントゥワンがまさか最後にもう一伸びするとは。人気馬をほとんど消せて、エイシンティンクル-プリモシーン本線だった上にヤングマンパワーもあった自分は、ここで涙をのみました。

<結果を受けて…>

180812関屋記念結果

菊池 勝ち時計は1分31秒6。2012年のレコードに0.1秒差まで迫る好タイムでした。その2012年も牝馬のワン・ツーでしたね。

京介 2012年もメチャクチャ暑い夏だったように記憶している。猛暑、真夏日が続いて馬場が乾燥し、例年よりも速い馬場になる。関屋記念で時計の速い決着になる年は、例年よりも暑い日だからこそ、牝馬の有利が増すということなのかな。

菊池 高速決着だったので、斤量差がより活きたと言う面もあるでしょうね。

京介 それは間違いなさそう。フロンティアが全く通用しなかったのが果たしてどうだったかな、という感じか。

菊池 では、上位馬を振り返りましょう。

プリモシーン

菊池 NHKマイルCから+10キロ、見た目はいかがでしたか?

京介 もともと良く見せるタイプ。ディープインパクト産駒の牝馬なのに全然細くないし、体幹がしっかりしていて、トモ幅にちゃんと厚みがある。これが全く減らず、春よりもさらに増えている印象があった。成長は間違いなくあったよ。

菊池 前が壁にならない位置を確保して、余すことなく脚を発揮できましたね。

京介 その点は、この関屋記念が「コースレイアウト上、外枠が有利」という部分を活かした形だね。まあ、今回は出遅れもなかったんだけれど、3コーナーで一度馬群が縦に伸びて、中団から外へ向かうのも立ち回りやすかったし、一度も進路を塞がれなかった。これも「関屋記念らしさ」だね。この成功例を見ると、改めて関屋記念は「レース中不利を受けて負けた差し馬が狙い」と感じる。

京介 でもそれにしたって、持ち時計をこの水準にまで大幅に詰めたのは偉いよ。足りるとは思っていたけど、実際に勝ち切ったのは見事だわ。

菊池 京成杯AHに向かうのでしょうか。マイルCSに直行なんてプランも出てくる可能性があるかもしれないですね。秋華賞出走はあるのかどうか?

京介 夏場に2走もさせるものなのかな?だけどサマーシリーズ制覇のボーナスは確かに魅力だし、中山への輸送が有利な関東の厩舎だけに悩む所だねえ。この後の反動が出るかどうか、次第だね。秋華賞にはぜひ向かってほしい。

ワントゥワン

菊池 中京記念以来でした。状態はどのように映りましたか?

京介 肉付きはだいぶ落ちるというか、背も低くて四肢が短め。手先のバネはいいものがあるけれども、ディープインパクト産駒の牝馬だから許されるレベルの細さで、非力感はあった。この開催の新潟は馬場が非常に軽く、ひ弱に見えるタイプでもバネがあれば通用していたのは確か。

菊池 道中は離れた最後方でしたが、結果的にはデムーロ騎手のペース判断が正解だったということですね。

京介 でも今回記録した上がり3Fは32秒8でしょ。この馬の真の性能を、限界近くまで振り絞ったうえで間に合わせた印象が大きい。デムーロ騎手はこの結果を受けても「400mぐらいしか瞬発力を使えない馬だし、この馬からするとまだ仕掛けが早かった」と触れているんだよね。いやいやそんなの…非常に良いコメントだけれど、意図してのものじゃなくドハマりだったということかねえ。

菊池 今後の見通しはいかがでしょう。

京介 今回の走破タイムは褒められるし、自分の形があるのはいいけれど、やっぱり標準的な馬場、標準的な総合力が求められるレースでは評価しにくいタイプだと思いたい。ドナウブルーが勝った年の2着エイシンリターンズは、その後一切活躍する場面がなかったんだよなあ。

エイシンティンクル

菊池 今回は6キロ減で500キロでした。大きな牝馬ですね。

京介 とは言え、芦毛でトモ幅が物足りないタイプだから、あまり見映えはしない。だけど今日は、毛艶も良い方で、身のこなしが素晴らしかった。歩幅大きく素早く歩けていて、伸びもしっかりしていたね。中山の1000万下条件の時に見た馬体と全然違うし、やっぱり絶好調だったんだろうと思うよ。

菊池 楽にハナに立って、いかんなくスピードを発揮しましたね。この馬には状況が合っていた印象で。

京介 そうだと思う。時計勝負を自力で演出して残せる牝馬。性能は高いはずだよ。ただ、事前に危惧した通り、やはり上がり限界があるのかな。

菊池 京成杯AHに向かうのでしょうか。傾向としては、関屋記念よりも逃げ切りが難しい点がどうか。スワンSとか良さそうな気がします。

京介 夏場に連戦できていることに注意したいよね。ホント暑い真夏日で戦っている馬だし、秋は慎重に扱いたい。9月に使うならピークが続くのはあと一戦ぐらいではないか。

その他

菊池 4着はヤングマンパワー。過去に3・1・4着で今年も4着。馬券にはなり損ねましたが、得意レースですね。

京介 今年は余裕あるかな?と一見思ったけれど、背中のラインがしっかり緊張していて、いい歩様だったと思う。やはり全国の中で一番の得意条件だけあるし、外枠を上手く生かした立ち回りになっている。ウインガニオンが隣にいるのに、変な隊列不利にならず、4コーナーでいい押し上げ方をしていた。

菊池 リライアブルエースは6着。今回は状況的にちょっと向かなかったでしょうか。意外とイメージほど終いがキレる馬でもないという面があります。

京介 現場で間近で見ると、柔らかみはあるしいいんだけど、大トビなんだよね。いい脚を使っているんだけれど、上がり3Fは3位。横を通ったワントゥワンと比べて、トップスピードに乗せる加速が足りない部分があるのかなと。レース上がり35秒台半ばぐらいの性質のレースの方がいいねこの馬は。

菊池 展望でも予想でも書きましたが、やはり3歳牝馬の51キロは有利ですね。しかも今年のプリモシーンは実績も十分で。

京介 今回ちゃんと1番人気になったように、事前の情報として真っ先にバレやすいというのが一番の弱点だなあ。だけど力のある馬なら仕方ない、ということは覚えておくべきだね。

菊池 あとは、逃げ馬も馬券になりやすい。この点は引き続き注意したいところです。

京介 その通り。スピード持久力勝負の方がいい逃げ先行馬も、この時代になってチラホラ出てきている。持ち時計十分ならば、常に注意を払うべき。

<教訓まとめ>

・新潟競馬場は1カ月以上雨が降らなかった時期があったようで、例年よりも乾燥しており、その影響か速い時計が出がち。1分31秒台レコード決着となった年に、牝馬同士の決着となっているが、相当暑い夏だからこそ牝馬が強いという面もありそう。

・内の1~2枠を引いた先行馬は中団で揉まれる追走となりがちで、6枠より外を引いた追い込みに近い差し馬は、序盤の向正面で挽回が効く上に、4コーナー出口から直線の立ち上がりまで不利なくスンナリ運べる強みが大きい。改めて、外枠有利の利点がいつも目立つレース。

・牡馬は本当にコンパスが長く、パワーもあり、体格の大きい500kg超え巨漢馬が非常に有利。しかしキレで勝り、全体に細い骨組みで瞬発力が高い牝馬だと、ワントゥワンのようなタイプでも連対圏に突っ込んで来れる。高速決着必至の年は分類間違いしないよう注意したい。


<次走巻き返し警戒馬>

<京介>
・チャンピオンルパン
…格上挑戦。非常に捌きが淀みなく、伸びのいい歩様だったが、総合的にちょっと力が足りなかったか。かなり調子がいいと感じたので、自己条件に戻ればすぐ勝ち負け。

<菊池>
・チェッキーノ
…出遅れ後方からほぼ直線だけの競馬だったが、馬体も絞れて進境が見られた。次回がもう一度、外厩帰りのレースなら、次こそあるかもしれないと予感させる競馬だった。

~~~~

菊池 では、今回の回顧はここまでです。今週は札幌記念と北九州記念を京介さんと展望していきます。よろしくお願いします。